【ものづくり】人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック加工技術の展示取材

接合、インサート成形による樹脂加工、内装・外装部品、バルブ、センサーなどへの樹脂活用

2019/06/27

要約

  人とくるまのテクノロジー展2019(会期:2019年5月22日~24日、会場:パシフィコ横浜)では、自動車の電動化、軽量化に対応するプラスチック製品の展示が多く見られた。

  本稿では、プラスチック成形加工、二次加工に関する展示で、ものづくりの参考になる製品内容を取り上げる。とくに冷却関連の配管機材であるポンプ、バルブなどの展示が目立ったが、内燃機関車、電動車ともに高熱になる部品が増えたためであろう。このほか、プラスチック加工において注目すべきメーカーのユニークな展示内容を紹介する。

人とくるまのテクノロジー展2019
会場風景
軽量プラスチックコンポーネント
エルリングクリンガー・マルサンの展示


関連レポート:
人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック材料の展示取材 (2019年6月)
オートモーティブワールド2019:クルマの軽量化技術展 (2019年1月)
第7回高機能プラスチック展2018:自動車部品の最新材料 (2018年12月)
自動車の軽量化を促進するプラスチック部品・材料 (2018年11月)