上海モーターショー2019:Ford、GM、Volvoなどの欧米メーカーの展示

米国メーカーはSUVを中心にハイエンド分野に注力、欧州メーカーは電動化をアピール

2019/05/29

要約

New Ford Escape ST-Line
中国初公開のEscape ST-Line

 上海モーターショー2019のレポートの最後は、欧米メーカー(FordGMVolvoPSA、Renault、JLR)の出展状況を報告する。

 Fordは2019年4月初旬に中国における事業計画Ford China 330計画」を発表。今回のショーでは、計画の一部として初公開4モデルを出展した。

 GMのBuickブランドはコンセプトカー「GL8 Avenir」をワールドプレミアし、EV「VELITE 6」を発売した。ChevroletブランドはSUVTrailblazer」と新型「Tracker」をワールドプレミア。そして、Cadillacブランドでは「XT6」をアジアプレミアした。

 吉利グループ傘下のVolvoは、5月に発売予定の中国生産の「XC40」を披露した。

 PSAグループは近年中国での販売台数は大幅に減少しているが、依然として中国市場に対して期待を持っており、今回のショーでは中国専用モデル「508 L」のプラグインハイブリッドやCitroënのコンセプトEVAMI ONE」を出展した。

 Renaultはワールドプレミアとなる都市型電動SUVCityK-ZE」とアジアプレミアとなるコンセプトカー「EZ-ULTIMO」の2モデルを披露した。

 JLRは8年ぶりに新型「Range Rover Evoque」を披露し、近年の中国市場における販売減少を食い止める意向。


関連レポート:

上海モーターショー2019:中国新興メーカー(2019年5月)
上海モーターショー2019:吉利、長城汽車、BYD、奇瑞、衆泰、江淮(2019年5月)
上海モーターショー2019:中国政府系メーカーの展示(2019年5月)
上海モーターショー2019:大手ドイツメーカー3社の展示(2019年5月)
上海モーターショー2019:日本、韓国メーカーの環境対応車(2019年4月)
デトロイトモーターショー2019:欧米メーカーの展示取材(2019年3月)
2018年中国市場:新車販売台数2.8%減の2,808.1万台、乗用車は前年比4.1%減(2019年2月)