上海モーターショー2019:中国新興メーカー

NIO、小鵬、奇点、合衆、大乗、零跑、愛馳、WM Motorが新型EVを出展

2019/05/22

要約

X-NV CONCEPT
NIOのSUV 「ES6」

 本レポートでは、上海モーターショー2019に出展した注目の中国新興メーカーで、近々量産/発売する新型EVやコンセプトモデルを中心に報告する。

 蔚来汽車(NIO)は、セダンプロダクトラインET Previewの「ET7」NIO Powerのサービスソリューション、220kW永久磁石式同期モーター駆動システムなどの先端技術を公開するとともに、WeChat Mini Apps (微信小程序を使った充電代行サービス「一鍵加電(One Click for Power)」を開始すると発表した。

 小鵬汽車(Xiaopeng)は、新型の2代目インテリジェントカー、EVクーペ「P7」及びEVSUVG3」を出展。

 奇点汽車(Singulato)は、トヨタのeQをベースに開発し2021年初めに量産/発売予定の微型インテリジェントEViC3」コンセプトを世界初公開した。また同時に「大型車+小型車、自動車+二輪車、乗用車+商用車」戦略、奇点モビリティエコロジーマップを発表。

 今回が国際モーターショー初参加の大乗汽車(Dorcen)は「G60S」、「E20」、「G60E」などのNEV、ガソリン車を出展するとともに、戦略モデルSUVG60S」を本モーターショーで発売した。

 零跑汽車(Leapmotor)は、量産間近の初のクロスオーバーEV SUVC-more」、初の量産モデル「零跑S01」、Razer Chromaコンセプトモデル「S01」を公開した。

 愛馳汽車(AIWAYS)は、「U5」、「Gumpert Nathalie」、「U7 ion」の3モデルを公開するとともに、ユーザー戦略を発表した。

 前身が三元系リチウム電池の研究開発事業を展開の威馬汽車(WM Motor)は、EV SUV「EX5 Pro」、「EX5 2.0バージョン」を出展。今回のショーでは「EX5 Pro」を発売するとともに、「EX6 Limited」と「EVOLVE CONCEPT」の2つのコンセプトカーを発表した。



関連レポート:

上海モーターショー2019:吉利、長城汽車、BYD、奇瑞、衆泰、江淮(2019年5月)
上海モーターショー2019:中国政府系メーカーの展示(2019年5月)
上海モーターショー2019:大手ドイツメーカー3社の展示(2019年5月)
上海モーターショー2019:日本、韓国メーカーの環境対応車(2019年4月)
NIO(蔚来汽車):中国「新興勢力」のトップランナー(2019年4月)
2018年中国市場:新車販売台数2.8%減の2,808.1万台、乗用車は前年比4.1%減(2019年2月)