起亜 (Kia)のすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

KOR


起亜 (現代系)

Ceed Sportswagon/Xceed PHEV

2020年 コンパクトワゴン/クロスオーバーのPHV
image image

KOR


起亜 (現代系)

K3 EV

2020年 コンパクトセダンのEV
image image

KOR


起亜 (現代系)

Ceed/Xceed 48V Hybrid

2020年 コンパクトハッチバック/ワゴンの48V HV
image image

KOR


起亜 (現代系)

Sorento Hybrid

2020年 中型クロスオーバーSUVのHV
image image

KOR


起亜 (現代系)

Stonic 48V Hybrid

2020年 サブコンパクトクロスオーバーSUVの48V HV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年02月24日(水)

・起亜は2月23日、MPVで新型となる2022年型「カーニバル(Carnival)」を公開した。同モデルは「Sedona(セドナ)」として販売されているミニバンの後継として2021年第2四半期に米国で発売される。
・新型「カーニバル」はSUVとファミリーカーの中間に位置し、名称も新しくなり、起亜の新しいロゴがボンネットに刻まれる米国初のモデルとして発売される。
・起亜の米カリフォルニアにあるデザインスタジオでデザインされた新型「カーニバル」は、ミッドサイズのクロスオーバーSUV「テルライド(Telluride)」、「ソレント(Sorento)」、サブコンパクトクロスオーバーSUV「セルトス(Seltos)」に見られるものと同じデザイン言語を表現している。
・前輪駆動方式の新型「カーニバル」は、最高出力290hp、最大トルク262 lb-ftの3.5L GDI V6エンジンに8速ATを組み合わせて、最大牽引能力3,500ポンド(約1,600kg)を発揮する。
・内装は3列シートで7-8人乗りとなり、洗練された作りとなっている。8人乗りバージョンのSlide-Flexシートでは、さまざまなシートアレンジが可能となっている。例えば、2列目を最前部の位置にして中央のシートをスライドさせれば、赤ちゃんや子どもがいる場合、前席から容易に手が届き、機能テーブルとして使用することもできる。
・新型「カーニバル」は、「ソレント」やミッドサイズセダンの「K5」と共通の第3世代となる新N3プラットフォームをベースにしている。


※画像をクリックすると拡大します
起亜のリリースをみる

2021年02月22日(月)

・起亜は2月15日、米国でMPVの新型「カーニバル(Carnival)」を2月23日に公開すると発表した。現行モデルは米国では「Sedona(セドナ)」として販売されているが、2022年型「カーニバル」を後継として導入する。
・新型「カーニバル」は、起亜が新たにグローバルで導入するブランド・アイデンティティを打ち出すためデザインを一新したロゴを装着した初のモデルとなる。
・米国以外では従来から「カーニバル」の名称で販売しており、これに合わせて、米国での名称を変更した。
・3列シートで7-8人乗りとなる「カーニバル」は、ミッドサイズのクロスオーバーSUV「テルライド(Telluride)」、「ソレント(Sorento)」、サブコンパクトクロスオーバーSUV「セルトス(Seltos)」と同様に大胆で角ばった外観デザインとなる予定。
・荷室容量がクラス最高となる新型「カーニバル」は最高出力290hpのV6エンジンを搭載し、セグメント初のブラインドスポットモニターなど幅広い先進運転支援システム(ADAS)を備えているという。

※画像をクリックすると拡大します
(Kia press release on February 15, 2021)

2021年02月18日(木)

・起亜は2月17日、新型「K8」の外観の画像を公開した。社名変更後の新生起亜ブランドとして初めてのモデルで、新しいデザインアイデンティティーを体現し、新ロゴマークを付けている。
・新型「K8」は中型セダン「K7」(別名「Cadenza」)の後継車で、スポーティー性、最新性能、滑らかな外観を融合したモダンで革新的なセダンとなっている。
・フロント部分では、フレームのないフロントグリルがバンパーと一体化して広くすっきりとした印象を与えている。光の動きを表現するようにデザインされたダイヤモンド模様が特徴的だという。
・新型「K8」の全長は「K7」より長い5,015mm。全長にわたって大胆な流線形が描かれ、スポーティなデザインとなっている。また、窓ガラスの開口部(DLO)とドアの下段部に沿ってリアランプまでクローム仕上げが施されている。
・Kia Global Design Centerの代表でSenior Vice PresidentのKarim Habib氏は「新型『K8』はイノベーションとエレガンスさを核心に置いて設計された。先代の『K7』に敬意を表しつつ未来を見据えたモデルとなっている」と述べた。
・新型「K8」は2021年後半に発売される。詳細は今後発表される。


※画像をクリックすると拡大します
起亜のプレスリリースをみる