GMといすゞ、1億7,500万ドルを投じて米オハイオ州に新工場を設立へ  [ 米国 ]

・GMは11月21日、いすゞとの合弁会社DMAXが合計1億7,500万ドル(約190億円)を投資し、米国オハイオ州モンゴメリー郡北西部ブルックビルに新しいディーゼルエンジン部品工場を設立すると発表した。100人の雇用を創出する。・新工場の敷地面積は25万1,000平方フィート(約3,300平方メートル)。生産を拡大する同エンジン部品は、オハイオ州モレーン(Moraine)工場でDMAXが生産するディーゼルエンジン向けの重要部品となる。・ブルックビル新工場は機械加工工場となる。新工場が設立されると、GMの重量級ピックアップトラックを生産するフリント(Flint)工場に6.6Lディーゼルエン...
<2019年11月22日(金)>