スバル、2018年度通期の売上高は2.2%減の3.2兆円  [ 日本 ]

・スバル(SUBARU)が10日に発表した2018年度(2018年4月-2019年3月)の通期連結決算は、売上高が前年度比2.2%減の3兆1,605億円となった。 ・営業利益はリコール関連費用の増加や販売台数の減少などが響き、前年度比48.5%減となる1,955億円。親会社株主に帰属する当期純利益は32.9%減の1,478億円となった。 ・世界販売は前年度比6.3%減の100万台。海外は年度前半にフルモデルチェンジ前であった「フォレスター(Forester)」の出荷台数が減少したことで4.3%減の86万5,000台、国内は「インプレッサ(Impreza)」「SUBARU XV」「レヴ...
<2019年05月10日(金)>