ホンダに84億円の罰金  [ 米国 ]

・米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は8日、ホンダが2件の3,500万ドルの罰金、合計で7,000万ドル(約84億円)を支払うと発表した。調査の結果、早期警告報告義務に違反して、死亡、傷害、ワランティクレーム情報を連邦政府に報告しなかったため。・罰金に加えて、ホンダは同意指令に基づき監視要求に従うことが求められる。ホンダは、早期警告報告要求に合致する手続きを書面で作成し、従業員を少なくとも毎年教育し、報告義務に順守しているか第三者の監査を2回受けなければならない。NHTSAのリリースをみる
<2015年01月10日(土)>