クライスラー、90万台をリコール、火災の恐れで  [ 米国 ]

・クライスラーは11日、バニティミラーライトの配線不具合で火災が発生する恐れがあるとして、89.5万台をリコールすると発表した。 ・再組立の際に配線ミスを防ぐために、配線のためのスぺーサーをディーラーで無料で装着する。 ・対象車種は、2011~2014年型のジープ「グランドチェロキー(Grand Cherokee)」とダッジ「デュランゴ(Durango)」。 ・対象台数は、米国で65.1万台、カナダで4.6万台、メキシコで2.3万台、NAFTA以外で17.5万台。 ・なお、クライスラーは1日にもイグニッションスイッチの不具合で約69.6万台のリコールを発表していた。 クライスラーのリリー...
<2014年07月15日(火)>