米国EPA、ガソリンの硫黄成分規制を発表

[ 米国 ]
・米国環境保護庁(EPA)は3日、2017年までにガソリンに含まれる硫黄のレベルを30 PPMから10 PPMへ減少させる規制を発表した。
・EPAは2000年に、ガソリンに含まれる硫黄のレベルを300 PPMから30 PPMへ減少させた。しかしながら、硫黄成分が排気ガスを減らす触媒コンバーターにダメージを与えることが分かってきていた。
・EU、日本、韓国、カリフォルニア州では、ガソリンに含まれる ...

このほかにも・・・グローバルな最新ニュースがストックされており、簡単に検索して閲覧できます。

全ニュースを見られる無料のお試しはこちらをクリック

政策、米国に関するニュース

政策、米国に関するレポート