米国EPA、ガソリンの硫黄成分規制を発表  [ 米国 ]

・米国環境保護庁(EPA)は3日、2017年までにガソリンに含まれる硫黄のレベルを30 PPMから10 PPMへ減少させる規制を発表した。・EPAは2000年に、ガソリンに含まれる硫黄のレベルを300 PPMから30 PPMへ減少させた。しかしながら、硫黄成分が排気ガスを減らす触媒コンバーター...
<2014年03月07日(金)>