Q8 (Audi)

 ニュース
2021年06月01日(火)

・雷丁汽車(LETIN)は5月30日、公式Wechatで新型電気自動車(EV)「芒果(Mengo)」の量産第1ロットが山東省の濰坊工場から全国各地の末端市場へ輸送され、正式に販売されると発表した。
・「芒果」は5ドア4人乗りの小型EVで、全5グレード設定され、補助金適用後の販売価格は2.98-5.49万元。
・雷丁汽車の公式サイトでは3バージョンの装備情報が公開されている。車体サイズは全長3,620×全幅1,610×全高1,525mmで、ホイールベースは2,440mm。
・最高出力が25kW/35kW、最大トルクが105Nm/125Nmの永久磁石同期モーターと11.52kWh/17.28kWh/29.44kWhのリン酸鉄リチウムイオン電池を組み合わせ、対応するNEDCモードでの航続距離はバージョンにより130km/185km/300kmとなる。
・9インチのFOTAインフォテインメントシステムと7インチの液晶インストパネルを採用。死角検知(BSD)、車線変更アシスト(LCA)、ドアオープン警報システム(DOW)、後退時車両検知警報(RCTA)の4つのインテリジェント運転支援システムを搭載する。
・雷丁汽車は2021年年末までに、中国各都市をカバーする販売網を構築し、各種体験型店舗が数千店に達する計画だとしている。

雷丁汽車の公式Wechat1/2およびモデル情報に基づく

2021年04月23日(金)

・いすゞのベトナム法人Isuzu Vietnamは4月16日、ベトナムでピックアップトラックの新型「D-MAX」を発売したと発表した。同モデルは既にタイ、オーストラリア、フィリピン等の海外市場で発売されている。
・新型「D-MAX」は頑丈で躍動的な外観を持つ。ラグジュアリーな内装に先進技術と卓越した安全性も特徴となっている。
・1.9L Ddiエンジンを設定し、6速ATまたは6速MTと組み合わせる。 最大出力は150 PS、最大トルクは350Nm。前輪駆動または四輪駆動が選べる。
・車体サイズは全長5,265×全幅1,870×全高1,790mm。ホイールベースは3,125 mm。旧型よりも全幅が10mm広くなったが、全長は30mm短くなった。しかしながら、ホイールベースが30mm長くなったことで、車に安定感が生まれキャビンも広くなった。
・3バージョン(Prestige 1.9 MT 4×2、Prestige 1.9 AT 4×2、Type Z 1.9 AT 4×4)を用意。価格は6億3,000万ドン(約295万円)から。

※画像をクリックすると拡大します
いすゞ(ベトナム)のプレスリリースをみる

2021年04月16日(金)

・一汽VWアウディは4月12日、上海モーターショー2021への出展ラインナップを発表した。26モデルを出展する。
・世界初公開となるハイエンドミッドサイズSUV「Q5L」は、設計、空間、コネクテッド、運転制御などの面でいずれも大幅にアップグレードした。
・PPEプラットフォームをベースとして開発され、一汽奥迪銷售公司(FAW Audi Sales Co., Ltd)が販売する予定の中大型電気自動車(EV)コンセプトカーも今回のモーターショーで世界初公開する。
・4月11日に発売したミッドサイズ電気SUV「eトロン(e-tron)」の中国製モデルと「eトロン スポーツバック(e-tron Sportback)」の輸入モデル、「R8クーペ」、「RS Q8」なども出展する。
・一汽VWアウディは今後、アウディの4つのEVプラットフォーム(縦置きプラットフォームのMLB evo、エントリークラス向けのMEB、ハイエンドEV用PPE、高性能EV用のJ1)を活用しコンパクト車から高級モデルまで製品のラインナップを全面的にカバーしていく。
一汽VWアウディのリリースに基づく