Q8 (Audi)

 ニュース
2022年08月05日(金)

・広汽集団傘下の広州巨湾技研有限公司(Guangzhou Greater Bay Technology Co., Ltd.、以下、巨湾技研)は8月1日、広東省西部の沿海地区で初の超急速充電「XFC (eXtreme Fast Charging)」ステーション(広東省湛江市・博皇家具站)の運営を開始したと発表した。
・このXFCステーションでは、超急速充電スタンド1基と急速充電スタンド4基を組み合わせて設置する。超急速充電スタンドの最大出力は600kW、5分間の充電で航続距離200km超を可能にする。互換性については、「1+N」スタイルを採用し、広汽埃安(Aion)、吉利極氪(ZEEKR)、テスラなど急速充電機能を備えた複数のモデルに対応する。
・巨湾技研のXFC急速充電技術のCレートは最高6Cに達し、0-80%の充電に要する時間はわずか8分である。
・また、巨湾技研のXFCバッテリー(3C)は2021年に量産が始まっており、同年にこれを搭載した「埃安V Plus」の70超急速充電版モデルを発売している。
広汽集団のWeChat公式アカウントに基づく

2022年06月28日(火)

博泰車聯網技術(上海)股份有限公司(Pateo)は、南京領行科技股份有限公司[Nanjing LingHang Technology Co., Ltd.](T3出行)と戦略的提携を締結したと発表した。両社はスマートコックピット、高精度測位、将来計画などで協業する。スマートコックピット分野では、それぞれのモビリティサービスやAIアルゴリズムにおける優位性を活用してスマート化・標準化したスマートコックピットを開発し、配車サービスにおけるスマートコックピットの事業化を推進する。高精度測位分野では、データモニタリング、運転ガイド機能における役割を検討する。また、PATEOはさらにT3出行と共同でデータの潜在的付加価値を探索し、両社の競争力を高める。(2022年6月21日付プレスリリースより)

2022年06月10日(金)

博泰車聯網科技(上海)股份有限公司[PATEO CONNECT+ Technology (Shanghai) Corporation](PATEO)は、クアルコム(Qualcomm Technologies)とスマートコックピットの領域で提携すると発表した。両社は第4世代Snapdragon (驍龍)コックピットプラットフォームをベースに、車両のスマート化、コネクテッド機能、SOAアーキテクチャ、統合コックピット及びセンターコントローラを基にしたマルチドメインの融合を行い、ソリューションを開発する。(2022年6月7日付プレスリリースより)