ams-OSRAM AG

会社概要

■URL

https://ams-osram.com/

■本社所在地

Tobelbader Strasse 30, A-8141 Unterpremstaetten, Austria

業容

-ams OSRAMはセンサー、ライト等の光学製品を手がけるサプライヤー。主な市場は自動車、BtoC製品、ヘルスケア、産業機械等。

-主な製品はライトやセンサー、ドライバー監視システム、動体検知システム、インテリア・エクステリアランプ、ディスプレイライト、照明ソリューション、投光機能、LiDAR等。

-2019年8月、amsはOSRAMの株式を1株当たり38.5ユーロで取得する提案を発表、同社の買収取引を開始した。当初の提案は成功しなかったものの、その後amsは1株当たり41.0ユーロで取得する2回目の提案を実施、2020年1月に合意に達した。2020年7月にはEU規制当局より認可を得て、OSRAMを約27億ユーロで買収した。2021年5月、両社は合併後「ams OSRAM」として事業運営を開始。

-ams OSRAMは現在、セミコンダクター部門とランプ&システム部門の2部門で事業を運営。前者は旧amsの全事業と旧OSRAM Optical Semiconductor事業、後者は旧OSRAM Automotive and Digital事業をそれぞれ継承している。

資本構成

-スイス証券取引所上場

主要製品

半導体製品 (Semiconductors)
-ハンズオン検知システム向け静電容量センサー (Capacitive sensors for hands-on-wheel detection systems)
-ドライバー監視システム用アクティブステレオビジョンシステム (Active stereo vision for driver monitoring systems)
-ドライバー監視システム用ストラクチャードライトシステム (Structured light technology for driver monitoring systems)
-ドライバー監視システム用ToFセンサー (Time of Flight technology for driver monitoring systems)
-車室センシングシステム用投光イルミネーター (Flood illuminator for in-cabin sensing systems)
-動作検知システム用近接センサー (Proximity-based solutions for gesture sensing systems)
-動作検知システム用3DToFセンサー (3D Time of Flight technology for gesture sensing systems)
-反射赤外線方式車室検知システム用VCSEL投光イルミネーター (VCSEL flood illuminator for IR in-cabin sensing applications)
-モーター制御システム用磁気誘導型位置センサー (Inductive position sensors for inductive motor control systems)
-角度位置センサー (Position sensors for angle and rotary position sensing applications)
-LiDAR用VCSELアレイソリューション (VCSEL arrays and driver technology for lidars)
-LiDARシステム (LiDAR systems)
-投光システム用マイクロレンズアレイソリューション (Micro Lens Array projection technology for projection lighting)
-バッテリーマネジメントシステム用センサーソリューション (Battery sensing solutions for battery management systems)

ランプ&システム (Lamps & Systems)
以下用途向けLED、赤外線システム、レーザー、光検出器、センサー:
-インテリジェントフォワードライティング (Intelligent forward lighting)
-配光可変ヘッドランプ (Adaptive driving beams (ADB))
-標準型フロントロービーム (Standard front low-beams)
-標準型フロントハイビーム (Standard front high-beams)
-デイタイムランニングランプ (Daytime running lights)
-フォグランプ (Fog lights)
-リバースランプ (Reverse lights)
-レーザーランプ (Laser lights)
-リアテールランプ (Rear tail lights)
-リアストップランプ (Rear stop lights)
-センターハイマウントストップランプ (Center High Mounted Stop Lights (CHMSL))
-方向指示器 (Static and dynamic turn indicators)
-ミラー用コントロールイルミネーション (Control illumination for mirror applications)
-V2Xコミュニケーションシステム (Car2X communication systems)
-エクステリアアンビエントライティングシステム (Exterior ambient lighting systems)
-LiDARシステム (Lidar systems)
-エクステリアセンサーシステム (Exterior sensing systems)
-ボタン・スイッチ・ディスプレイ・パネル用イルミネーションシステム (Functional illumination systems for buttons, switches, displays and panels)
-読書灯・ドームランプ・フロアイルミネーション向けアンビエントホワイトランプ (Ambient white lighting for reading lights, dome lights and floor illumination)
-足元灯・ルーフランプ・マテリアルイルミネーション用アンビエントRGBランプ (Ambient RGB lighting in footwells, roof lights, and material illumination)
-ディスプレイ用エッジバックライトシステム (Edge backlighting systems for automotive displays)
-ディスプレイ用ダイレクトバックライトシステム (Direct backlighting systems for automotive displays)
-ヘッドアップディスプレイ (HUD) (Head-up displays)
-ウィンドウプロジェクションシステム (Window projection systems)
-ロゴプロジェクションシステム (Logo projection systems)
-アンビエントライトセンシングシステム (Ambient light sensing systems)

沿革

amsの沿革

1981年 Austria Mikro Systeme International Gesellschaft m.b.H.がAmerican Microsystems Inc. (AMI) and VOEST Alpine AGの合弁会社として設立。
1982年 100㎜のウエハ工場を設立。5μmテクノロジーによる初の100㎜ウエハを製造。
1986年 ASICおよびファウンドリビジネス、通信、自動車、産業市場へ注力。Austria Mikro Systeme International Gesellschaft m.b.H. のチップを搭載した初の商用 ABS システムを自動車市場向けに発売。
1992年 有限会社(GmbH)から株式会社(AG)に変更。
1993年 株式を公開し、ウィーン証券取引所に上場。
2000年 Permira社が大株主となり、上場廃止。通信、産業、医療技術、自動車市場への戦略的方向転換を行った。
2001年 austriamicrosystems AGに社名変更。
2004年 スイス証券取引所に上場 (ticker symbol: AMS)。
2011年 Texas Advanced Optoelectronic Solutions Inc. (TAOS)を買収。
2012年 austriamicrosystems AGとTAOSのブランド名をams AGに統一。
2015年 CMOSISを買収。
2017年 HeptagonとPrinceton Optronics Inc.を買収。
2020年 OSRAM Licht AGを買収。

 

OSRAMの沿革

1919年 白熱ランプメーカーのAEG、Siemens & Halske AG、Deushe Gasgluhicht AGの3社が共同で設立。
1993年 Sylvania North Americaを買収。
2013年 Siemens AGからスピンオフし、独立事業体に。フランクフルトおよびミュンヘン証券取引所に上場。
2014年1月 Valeoに、同社との合弁会社Valeo Sylvaniaの株式を104百万ドルで売却。
2016年7月 一般照明事業のランプ(Lamps)部門の売却を発表。
2016年10月 Novita Technologiesの買収完了
2016年11月 TVILIGHT B.V. Groningen, Netherlandの株47.5%取得。
2017年2月 Maneri-Agraz Enterprises, USAビジネス取得。
2017年5月 ドイツベンチャ―キャピタルFluxunit, in agrilution GmbH 経由でLED技術での戦略的投資を行った。
2017年7月 LED Engin社 (San Jose, USA)を買収。
2017年7月 カナダLeddarTech社への戦略的投資を行った。
2017年9月 米国Digital Lumens社買収。
2020年7月 amsが同社の買収を発表。

補足 1