欧州自動車メーカーのEV戦略: ダイムラーが新ブランド設立

規制の厳格化により、電気自動車へ戦略転換が本格化

2016/12/14

要約

  電気自動車(以下、EV)は、持続可能な未来向けた重要なテクノロジーとしてこれまでしばしば喧伝されてきたが、欧州の自動車メーカーまたは欧州市場において重要視されることはなかった。欧州自動車工業会よると、2015年に欧州で登録されたEVおよびハイブリッド車は420,340台で、これは全登録車両のおよそ3.0%を占めるにすぎない。しかし、2020年からの排ガス規制目標値、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼルスキャンダル、EV市場におけるテスラモーターの台頭に伴い、欧州の自動車メーカーはEVに関する戦略の修正を余儀なくされた。

  パリモーターショー2016では、このような戦略変更が色濃く表れ、同モーターショーでは各自動車メーカーは、EVに対する関心を高めることを目指して多彩なEVを出展した。ダイムラーとフォルクスワーゲンの両社は、今後10年間にわたりEVラインナップを拡充し、EVの販売台数を大幅に増やす計画を発表した。同時に、EVセグメントにおける投資および開発を維持するための研究計画の詳細を発表した。

  本レポートでは、欧州自動車メーカーの将来におけるEV開発戦略の要因と背景を示すとともに、EVに関する最新動向を纏める。

パワートレイン別登録車両の分布
2015年のパワートレイン別登録車両の分布
出典:欧州自動車工業会
Mercedes-Benz Generation EQ
パリモーターショー2016に出展されたMercedes-BenzジェネレーションEQ
出典:Mercedes-Benz
将来発表予定の主なEV各モデルの概要
主なEVの発売予定


関連レポート:
テスラモーターズ:2018年までに500,000台の車両を生産する計画を加速 (2016年10月)



EVへ向かわせる3つの要因

  欧州市場では最近まで、EVセグメントは重視されていなかった。International Council on Clean Transportation(国際クリーン交通委員会)によると、2015年の総販売台数でEVの構成比が2%を超えた国は、欧州ではノルウェーとオランダだけであった。これには、両国が大規模な経済的インセンティブを提供したことが寄与している。欧州では、EVの登録台数が4%を上回ったことはこれまで一度もない。欧州自動車メーカーが急に電気自動車への取り組みを強化しているのは、来るべき排出規制の強化、VWのディーゼルスキャンダルやテスラの台頭といった複合的な要因による。



主たる要因:厳格化する排ガス規制

Real world emission differences
報告されたCO2排出量と実走行の各種発生源との乖離を示したグラフ
出典:国際クリーン交通委員会

  欧州で、EVへの移行を推し進めている主な要因が、2021年にEUに導入される新車1kmあたり平均95gというCO2排出量目標値である。2014年と2015年に販売された新車のCO2平均排出量を比較した場合、それぞれ123.3g/kmと119.6g/kmであった。2015年の走行距離1kmあたりの平均排出量を具体的に自動車メーカー別に見てみると、ダイムラーが123g/km、PSAが105g/km、BMWが126g/kmであった。欧州の各自動車メーカーはこれらの数値および将来の目標に適合しないことで課せられる罰金を回避するために、さらに多くのEVを開発し、発売している。

  この問題をさらに複雑しているのは、排ガスの試験方法が、現行の欧州新燃費測定方法(NEDC)方法から、世界統一小型車排出ガス・燃費試験法(WLTP)に移行することが2017年に予定されていることである。WLTPは、実走行シナリオにより近い車両の排出量と燃費の値を規定することで、NEDC内で生じる若干の誤差を取り除くものである。国際クリーン交通委員会によると、公式のCO2値と実走行の値との乖離は、2014年の場合、約40%であった。したがって、WLTPへ変更されることにより、欧州の自動車メーカーが排ガス目標に適合することがさらに困難になる。



VWのディーゼルスキャンダルにより、ユーザーがディーゼル車を敬遠

  ディーゼル車は性能および燃費の面で好評であったが、VWのディーゼルスキャンダルによって、欧州の自動車メーカーをEVに向かわせた。VWのディーゼルエンジンの実走行での排出レベルが、規制基準を数倍も上回っていたことが発覚したことで、フォルクスワーゲンとディーゼル車の両方に対する消費者の不信感を招いた。LMC Automotiveおよび欧州自動車工業会が発表した数字によると、2016年は、2009年に始まる景気低迷以来、新型ディーゼル車の西欧市場のシェアが50%を切る最初の年となる、とされる。欧州でディーゼル車に対して定着してしまったイメージと相まって、欧州自動車メーカーはEVを訴求することを模索している。



発展を続けるテスラがEV市場の競争相手に

Tesla Model 3 unveil
テスラ Model 3
出典:テスラ

  車両の技術水準の高さと、CEOのElon Musk氏による大胆な発表で知られるテスラモーターズが自動車市場で大きな存在感を発揮し始めた。テスラは2012年にフルサイズ高級セダン Model S、2015年にフルサイズクロスオーバーSUV Model Xを発売した。両モデルとも、性能、スタイリング、および搭載テクノロジーで多くの注目を集めた。欧州では特に、ノルウェーおよび英国で販売補助金とブランド全般の訴求によってノルウェーと英国で成功を収めた。

  テスラの人気をさらに裏付けるものとして、予約開始後1週間でモデル3の予約数が325,000台を超え、予約分の売上高は約140億米ドルに上った事実がある。これにより、Model 3は、「発売後1週間で過去最高のヒット商品」となった。テスラの発展は、業界の新参者に対する認識を覆すものであった。例えば、ダイムラーは以前、テスラの株式を保有していたが、テスラのバッテリーパックをスマートビークルとMercedes-Benzの両車に搭載していた。テスラの台頭から、欧州自動車メーカーも電気自動車市場でのシェア拡大を目指しているため、テスラをライバル視するようになった。







ドイツメーカー:パリでEVの戦略およびモデルを発表

  パリモーターショー2016では、ドイツ自動車メーカーが自社の新型EVの戦略、モデルおよびコンセプトを発表したことから、今回のショーはドイツメーカーにとって重要なイベントの役割を果たした。

欧州の主要自動車メーカーが発表したEV戦略の概要

EVの各目標 EVのモデル数 各メーカーの販売に占める割合 推定EV販売台数目標 2015年度EUの
平均CO2排出量
(g/km)
目標年度
ダイムラー(Mercedes-Benz) 10車種発売 ゼロエミッション車を販売台数の15~25% 年間最大100万台 124 2025
フォルクスワーゲン 30車種発売 販売台数の20~25%(2025年)
販売台数の3分の1(2030年)
年間最大100万台 121 2025
BMW N/A BMWおよびMINIの
合計販売台数の15~25%(PHVを含む)
年間50万台以上 126 2025
PSA 7車種のPHVと
4車種のEV
N/A N/A 105 2021
ボルボ 毎年1車種以上 2020年までに販売台数の10% 100万台(累積) 123 2025

ルノー
N/A N/A 150万台(日産との累積) 112(ルノー日産) 2020
ジャガー 新モデルの半分に
EVを設定
N/A N/A 178
(ジャガーランドローバー、
2014年の平均値)
2020



ダイムラーはEVの多様性を重視

Mercedes-Benz B-Class Electric Drive
Mercedes-Benz Bクラス エレクトリックドライブ
出典:Mercedes-Benz

  2007年、ダイムラーはsmart fortwo エレクトリックドライブのパイロットプロジェクトで、自動車メーカーとして初めてEVの量産を開始した。それ以来、ダイムラーは複数のセグメントで多様なEV車を開発し、2015年には9モデルが販売されている。これらのモデルには、2013年に発売された限定生産されたスポーツカー SLS AMGエレクトリックドライブ、2012年の発売の第3世代smart fortwo エレクトリックドライブ、Mercedes-Benz初の量産型EVであるBクラスエレクトリックドライブが含まれる。同社はまた、三菱ふそうキャンターE-CELLトラックなどの電気商用車の試験も実施し、S 500やGLE 500などのPHVを発売した。また、smartブランドは、内燃機関エンジン車とバッテリー駆動車とをその全てのモデルで提供する唯一のブランドである。



ダイムラーは新しいサブブランド Mercedes-Benz EQを発表

Mercedes-Benz Generation EQ2
パリモーターショー2016に出展されたMercedes-BenzジェネレーションEQ
出典:Mercedes-Benz

  ダイムラーはこれまで多種多様な車両を開発してきたが、同社のCEO、Dieter Zetsche博士がMercedes-Benzが2025年までに達成すべき2つの目標で掲げたように、EVを重視していく。その目標とは、少なくとも10車種のEVを発売することと、ゼロエミッションビークルの構成比をMercedes-Benz販売台数の15%~25%に引き上げるというものである。これらの目標を達成するために、ダイムラーは2018年までにグリーンテクノロジーに70億ユーロを超える投資を行う予定である。ダイムラー研究開発責任者、Thomas Weber氏は、独紙の取材に対して、「2025年までにEVに100億ユーロを投じる」と述べた。ダイムラーは、計10億ユーロを投資して同社のバッテリー生産ネットワークを世界規模で拡張し、そのうちの少なくとも5億ユーロをドイツ、ザクセン州カーメンツの第2バッテリー工場建設に振り向ける。

  パリモーターショー2016では、Dieter Zetsche博士はEQブランドを紹介し、「これは製品、サービス、テクノロジーおよび技術革新によって、包括的な電気モビリティエコシステム」提供することに主眼を置くものである」と述べている。将来のMercedes-BenzのEVはすべて、関連する製品およびサービスとともに、同ブランドで販売される。同社はSUV、セダン、クーペおよび他の車両タイプに使用できるEQブランド向けのEV専用のプラットフォームを開発した。



Mercedes-Benz: Generation EQコンセプトによって電気モビリティを強調

  2016年のパリモーターショーで発表されたMercedes-BenzジェネレーションEQコンセプトSUVクーペは、Mercedes-Benzの新しい電気モビリティブランドEQを象徴する。この生産モデルに近いコンセプトは、新開発のEVプラットフォームに、子会社のDeutsche Accumotiveが開発した高効率の70kWhリチウムイオンバッテリーからなるドライブトレインを搭載する。搭載する電動AWDシステムは、最大300KWの出力と700Nmのトルクを発揮する。量産モデルの航続距離は、最大500kmに達する見込み。ダイムラーは、量産モデルをドイツのブレーメン工場で生産し、2020年までに生産開始予定であると発表。また、ジェネレーションEQには、さまざまな運転支援システムと車両通信テクノロジーが搭載されている。



フォルクスワーゲンが意欲的なEV戦略を発表

Audi e-tron quattro concept (MarkLines)
フランクフルトモーターショー2015に出展されたアウディe-tron quattroコンセプト。アウディは、同コンセプトをベースにした量産モデルを2018年に発売予定。

  フォルクスワーゲンは従来、電動パワートレインに主眼を置いていなかったが、ジェッタハイブリッド、アウディA3 Sportback e-tron、パサート GTEなど、多くのハイブリッドおよびプラグインハイブリッドモデルを発売している。アウディはフランクフルトモーターショー2015に出展したアウディe-tron quattro conceptをベースにして、全車ブリュッセルで生産する電動SUVを2018年に発売する計画。2016年6月には、VWのグループの中期経営戦略(Volkswagen Strategy 2025)の一環として、EVの年間販売台数に対する構成比を20~25%に引き上げることを目標とした戦略の詳細を発表した。

  パリモーターショーの前に、フォルクスワーゲンはEVの年間目標販売台数を100万台に設定し、2025年までに30種類のピュアEVを投入すると発表した。フォルクスワーゲンは、2030年までに同社製の車両の3分の1がEVになると見込んでいる。フォルクスワーゲンは数十億ユーロ投資計画を開始し、EV開発を行う予定。VWグループのTransform2025+プログラムによると、e-モビリティイニシアチブの資金を調達するために、特定の少量生産モデルの生産を中止することにより25億ユーロの資金を捻出する。また、2025年のEVの販売目標を達成するには、計150ギガワット時分のバッテリーの生産が必要となるため、同社は中核となるバッテリーテクノロジーの開発に向けた戦略上の選択肢も模索している。



I.D.コンセプト:将来のフォルクスワーゲンのEVの基礎

  フォルクスワーゲンは、パリモーターショー2016でEVのコンパクトコンセプトカー「I.D.」を発表した。I.D.は168馬力のモーターと、1回の充電で400~600kmを走行可能な電力を供給できるバッテリーを搭載。I.D.はモジュラーエレクトリックドライブ(MEB)プラットフォームを採用したフォルクスワーゲン初のクルマであり、様々な出力のモーターと様々な容量のバッテリーを搭載することが可能。2025年に自動運転技術が実用化されたときには、I.D.も完全自動運転に対応可能になる。I.D.の量産モデルは2020年に発売される予定で、価格はフル装備のフォルクスワーゲン・ゴルフと同等の3万米ドル程度となる見込み。

  パリモーターショー2016では、ポルシェパナメーラ4 Eハイブリッドも発表された。パナメーラの最も注目すべき特徴は、バッテリーのリチウムイオンセルを改善することにより、電気モーターのみで約50kmの航続距離を達成できるようになり、CO2排出量が56g/kmであるという点である。パナメーラ4 Eハイブリッドのパワートレインは、2.9リッターV6ツインターボエンジンと100kWモーターと組み合わせることで総出力462馬力、最大トルク700Nmを発揮し、最高速度278km/h、0-100km/h加速4.6秒を実現した。

Volkswagen ID Concept
フォルクスワーゲンI.D.コンセプト
出典:フォルクスワーゲン
Porsche Panamera 4-e hybrid
ポルシェパナメーラ Eハイブリッド
出典:ポルシェ



BMWの主要EVモデルをiブランドに集約

  BMW iブランドは、モビリティおよび持続可能性に対するニーズに応える、都市型軽量EVコンセプトを開発するために作り出された。BMWは、ミニクーパーサブコンパクトカーをベースとしたMini EモデルEV 500台以上を実地試験用に導入することによって、2009年にEVセグメントに参入した。この試験から得られた情報がBMW i3都市型EVに応用され、2013年にBMW初の量産ゼロエミッション車、そして初のiブランド車として発売された。BMWはそれに続き、2014年にi8プラグインハイブリッドEVスポーツカーを発売。BMWは、BMW iブランドのEVテクノロジーをBMWのコアブランドに結集して、iPerformanceという名称で一連のプラグインハイブリッド車を発売した。iPerformanceモデルには、330eコンパクトラグジュアリーカーおよび740eフルサイズセダンも含まれる。

BMW i3
BMW i3
BMW i8
BMW i8



BMW:引き続き iブランドの発展および拡充を図る

  BMWは2016年3月、「Strategy Number One > Next」という将来の戦略計画の詳細を発表した。この計画ではEVと自動運転技術の開発に注力する。BMWは、2016年末までにピュアEVまたはハイブリッドプラグインで構成されるiPerformanceブランドに7つのモデルを設定することでBMW i モデルの拡充を図る予定である。同社はまた、よりポピュラーなモデルのEV化も進めている。BMWの最高経営責任者、Harald Kreuger氏は、ブルームバーグのインタビューで、2025年までにプラグイン電動車の販売台数がBMWとMINIブランドの総販売台数の15%~25%を占めると予測している。

  BMWはパリモーターショーに新型EVを出展しなかったが、将来のデザイン変更および新型車に関する詳細を発表した。2016年5月、同社は、2016年末に発売される2017年モデルのBMW i3は33kWhのバッテリーを搭載し、これにより通常の走行条件での走行距離も約180kmに伸びると発表した。パリモーターショーの直前に、BMWはブルームバーグに対して、次世代のBMW X3コンパクトSUVと、MINIの各モデルのすべてをEV化すると発表した。またBMWは2018年にBMW i8ロードスターを、2021年にiNextをそれぞれ発売する。iNextは、EVモデルで自動運転技術とデジタルコネクティビティを備える。



他の欧州自動車メーカーのEV事業のこれまでと今後の戦略

  パリモーターショー2016の前後に、ドイツの自動車メーカー各社がEV戦略を発表したが、他の欧州自動車メーカーもそれ以前に同様のEV戦略を発表した。ルノーは技術的なメリットとスタイル上のコンセプトに主眼を置き、ボルボおよびPSAはプラットフォームの開発に注力した。



欧州のEV市場のリーダーとしてルノー

Renault 2009 Frankfurt Motor Show concepts
フランクフルトモーターショー2009年に出展されたルノーのEVコンセプトカー
出典:ルノー
Renault Zoe
ルノーゾエ
出典:ルノー



  ルノーの電気自動車セグメントへの参入は、フランクフルトモーターショー2009で初めて発表された。このとき、ルノー社長兼CEO Carlos Ghosn氏は、4台のEVコンセプトカーを披露し、同社が2012年までにEVのフルラインナップを設定すると発表した。同社は、2011年にフルエンスZ.E. セダン(韓国ではSM3 Z.E.としても知られている)とカングーZ.E. バンを発売し、2012年にトゥイージー 都市型EVとゾエ ハッチバックを発売してこの目標を達成した。ルノー ゾエは、日常の移動手段として使える、初の手ごろな価格帯のピュアEVとしてあらゆる顧客のニーズに対応できるように設計されたEVである。

  早くからEVを重視してきたルノーは、2010年から2015年にかけてEVの販売で他の欧州自動車メーカーをリードしてきた結果、欧州においてEV市場のリーダーとなった。2015年には、ルノーのEVが23,086台登録され、欧州で23.6%の市場シェアを獲得している。ルノーゾエは、2015年に18,453台が新規登録され、19.2%の市場シェアを獲得し、欧州で最多販売台数を誇るピュアEVとなった。ルノーカングーZ.E.は2015年に4,325台販売され、商用EVセグメントで42.6%の市場シェアを獲得して、欧州で最多販売台数を誇る商用EVとなった。Carlos Ghosn氏は、2016年までにルノー日産アライアンスで累積150万台のEVを販売すると予測していたが、その後、2020年のマイルストーンを修正している。

ルノーの戦略:技術革新とスタイリングを重視

Renault Trezor Concept
ルノートレゾアコンセプトカー
出典:ルノー

  ルノーは、パリモーターショー2016にゾエの最新モデルを出展したが、このモデルには、同社の「Z.E.40」と呼ばれる新型バッテリーをして搭載している。バッテリー容量は約41kWhで、ゾエの標準バッテリーの22kWhから約2倍に増加している。この容量増加はバッテリーセル内の化学反応を変更して、バッテリーのエネルギー密度を増加させることで実現した。これにより、新型ルノーゾエは実走行で約300kmの航続距離を達成している。

  ルノーはまた、パリモーターショーで同社の電気スポーツカーのノウハウと最新のスタイリングと融合させたトレゾア2シーターEVコンセプトGTクーペを発表した。トレゾアはフォーミュラE マシンから派生したモーターを搭載し、最高出力350hp、最大トルク380Nmを発揮し、0-100km/h加速は4秒以下を実現している。このコンセプトカーは、冷却システムを個々に備えたデュアルバッテリーシステムとブレーキエネルギー回生システムを搭載している。







PSAは新型車両プラットフォームで排ガス目標達成に注力

  PSAプジョーシトロエンは2016年5月、「イノベーションデー」でEV化戦略を発表した。PSAは、2020年までに同社の製品ラインナップの60%以上でCO2排出量を100g/km未満に低減し、同年にCO2平均排出量91g/kmを達成するという目標を打ち出した。同社は、2019年に2種類の高効率で、モジュール式を採用し、様々な動力源に対応したプラットフォームを開発することにより、2021年までにPHVを7モデル、EVを4モデルそれぞれ発売する予定。Efficient Modular Platform(EMP2)は中型車および上級モデル、並びにPHVモデルに採用される予定。Common Modular Platform(CMP)は都市型コンパクトカー、コンパクトSUVおよびセダン向けに設計され、バッテリー式EVに採用される予定である。

PSA EMP2 Plug-in image
PSA EMP2プラグインハイブリッドプラットフォーム
出典:PSA
PSA CMP Battery Electric Platform. Source: PSA
PSA CMPバッテリー式EVプラットフォーム
出典:PSA



  EMP2プラットフォームのPHVでは、80kWモーターと、150~200馬力のガソリンエンジンを併用する。また、4WDアプリケーション用にリアアクスルに80kWのモーターをもう1台搭載可能である。EMP2プラットフォームは、12~13kWhのバッテリーを搭載することにより、すべて電気モードで60kmの航続距離を実現する。CMPプラットフォームのEVは、走行モードによっては、航続距離が最大450kmに達すると見込まれている。このプラットフォームには50kWhのリチウムイオンバッテリーと、7kWの車載充電器、115馬力モーターが搭載される。



Volvoは最新の車両プラットフォームを中心に電動化戦略を展開

  ボルボは、2015年10月から開始された電動化戦略でSPAおよびCMAベースの車両の全ラインナップにプラグインハイブリッド車を導入することを目指す。両プラットフォームとも、車室内のスペースや荷室スペースに影響を与えなることなく、さまざまな電動化レベルを実現できる。今後数年間、ボルボは毎年1車種以上の充電可能な新型電動車を発売し、最終的にモデルごとにプラグインハイブリッド2車種またはバッテリー式EVを提供できるようになる。ボルボは、2019年に同社初のピュアEVを発売する予定。ボルボの社長兼CEO、Hakan Samuelsson氏は、「当社は2020年までに、ボルボの全世界における販売台数の10パーセントを電動モデルが占めるようになると確信している」と述べている。また、ボルボは、2025年までにEVを累計100万台販売することを目指す。

  この戦略の一環として発売される最初の2車種のプラグインハイブリッドモデルは、XC90およびS90 T8ツインのエンジンモデルである。これ以外に、ボルボは2016年5月に、40シリーズをベースとしたSUVコンセプト40.1とセダンコンセプト40.2の2種類のコンセプトカーを出展した。複数の情報筋によると、両方のコンセプトカーのバッテリーバージョンは1回の充電で少なくとも320km走行可能と見込まれている。これらのコンセプトカーもさまざまなコネクティビティサービスや安全機能を備えている。

Volvo 40.1 Concept SUV. Source: Volvo
ボルボ40.1コンセプトSUV
出典:ボルボ
Volvo 40.2 Concept Sedan. Source: Volvo
ボルボ40.2コンセプトセダン
出典:ボルボ



ジャガーランドローバーはEVセグメントにロサンゼルスで参入

  2013年、ジャガーランドローバーは1630万ポンドを投じて、さまざまな分野の12のテクノロジーパートナーと共同で先進パワートレイン研究プロジェクトに着手した。このプロジェクトはハイブリッドのあらゆる要素およびバッテリー式EV技術を研究することを目指した。その結果、3台のConcept_eデモ車両と、内製のモジュラー式電動ドライブモジュール(eDM)が開発された。2015年、同社は英国コヴェントリー市ウィットレイ(Whitley)にある先端技術デザインセンターを2倍に拡張し、超低排出ガス車両の開発を促進すると発表。2016年11月、ジャガーランドローバーのCEO、Ralf Speth氏は、英国政府がグリーンテクノロジー支援資金として3億9000万ポンドを拠出すること発表したのを受け、英国でEVを製造する計画に言及した。

  ジャガーランドローバーは、ロサンゼルスオートショー2016で同社初のEV、I-PaceコンセプトSUVを発表し、同社の努力の成果を示した。主な特徴として、
1. 同社開発の90kWhバッテリーを搭載してNEDCサイクルで500km以上の航続距離を実現。
2. 2台のモーターにより総出力395馬力、最大トルク700Nmを発揮する。
3. また、50kW DC充電器を使用することで、2時間強でフル充電が可能である
などが挙げられる。Ralf Speth氏は「オートモーティブ・ニュース」に対し、Iペースの組み立てをマグナ・シュタイヤ―(Magna Steyr)のオーストリア工場で行い、2018年に発売予定と述べた。さらに、ジャガーランドローバーは2020年までに同社の新モデルの半分にEVバージョンを用意すると発表した。

Jaguar Land Rover Concept_e
ジャガーランドローバーConcept_eリサーチデモンストレーター車
出典:ジャガーランドローバー
Jaguar I-Pace Concept
ジャガーIペースコンセプト
出典:ジャガーランドローバー


EV促進に向けた欧州自動車メーカーの活動

  欧州の各自動車メーカーは、EVセグメントを支援するために、新しいEVモデルの開発以外に、さまざまな投資、提携および活動も行っている。

充電インフラおよび充電技術の開発

  EVセグメント強化に欠かせない要素は、充電インフラの改善である。ディーゼルスキャンダルに関してフォルクスワーゲンと米国の各関係機関との和解が図られた結果、フォルクスワーゲンは向こう10年間にわたってゼロエミッション車用のインフラ、アクセスおよび周知に向けて20億米ドルを投資することに同意した。ポルシェは現在、800ボルト充電システムを開発しており、これによって、理論上、航続距離400kmに相当する電力を20分以内に充電できるようになる。

  欧州の各自動車メーカーもEVインフラの開発および改善に向けた提携を進めている。例えば、2015年12月、BMWと日産は提携を強化し、日産リーフとBMW i3の両モデル共用の高速充電器120台を全米19州に設置した。2014年9月、ルノー、日産、BMW、フォルクスワーゲンは、英国およびアイルランド全土に充電ステーションを設置する英国急速充電ネットワークプロジェクトで協力することで合意した。

ルノーはコネクテッドサービスを活用して利便性を向上

  最新のルノーゾエでは、ルノーは所有者にZ.E. TripとZ.E. Passの2種類の無料サービスを提供する。2016年10月にドイツ開始されたZ.E. Tripは、その後EUの他の国でも開始されたが、これはドライバーがすべての公共の充電ポイントを見つけられるように、ルノーのRリンクナビゲーションシステムを利用する。Z.E. Pass サービスはZ.E. Tripを補完するサービスであり、このサービスでは、ほとんどの公共充電ポイントに関するアクセスおよび支払いオプションが提示される。ルノーはZ.E. Passをボッシュと共同で開発し、同サービスを2016年9月にドイツで開始し、続いて欧州全土で開始した。


------------------
キーワード:
EV、電動化、ダイムラー、VW、ルノー、PSA、ボルボ

<自動車産業ポータル MarkLines>