デトロイトモーターショー2016(1):米国メーカーの展示取材

様々なセグメントの多様なモデルを出展; Chevrolet Bolt、Buick Envision、 Chrysler Pacifica

2016/02/04

要 約

Gears
"Gears"と称するFCAの展示
Fordの展示を見る人々
Fordの展示を見る人々

 2016年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー2016)は2016年1月11日から24日まで開催された(一般公開は16~24日)。来場者は81万5,575人で、この13年間で最多であった。


 今年のデトロイトモーターショーへの出展にあたり、米国3社を含む多くのメーカーが斬新な展示方法を考案した。デトロイトで強い印象を与えることに重点を置き、約2億ドルがショーの展示に投じられた。たとえばFordの展示には2階建てのLEDの壁が出現し、FCAは円形の3-D映像スクリーンを設置。巨大なスクリーンは、他の多くのメーカーの展示にも見られた。


 米国3社は様々なセグメントのモデルを出展し、柔軟性の高さを示すとともに、特定の市場についてはその地位をさらに強化した。GMはBolt EV をはじめとする多様なクロスオーバーと、ハッチバックのCruzeを発表した。FCAはミニバンのPacificaを世界初披露し、ミニバンセグメントに変革を起こそうとしている。そしてFordは、改良型Fusionの高性能車、プラグインハイブリッド車、プレミアム車を出展した。


 本レポートは、デトロイトモーターショー2016を取材した3本のレポートの1本目で、GM、Ford、FCAなど米国メーカーが出展したモデルを紹介する。今後掲載する予定の2本目は欧州メーカー、3本目はアジアメーカーが開発したモデルを取り上げる。


関連レポート: デトロイトモーターショー2015
米国メーカー: 市場回復に自信を示す米国メーカーは高級車と高性能車を出展 (2015年2月)
欧州メーカー: 各ブランドの強みを示すモデルと未来を見据えたコンセプトを出展 (2015年2月)
日本・韓国・中国メーカー: ピックアップトラックと高性能車で存在感を発揮 (2015年2月)



GM: Bolt、Cruzeハッチバック、Buick Envision、GMC Acadiaなど多様なモデルを出展

GMは従来と同じように、多様なモデルをデトロイトモーターショーに出展した。今年のChevroletブランドの展示は新しいスタイルで、注目モデルの展示に十分なスペースを割り当て、Chevrolet Boltのミニシアターも開設した。GMの各ブランドの製品担当者が一定時間毎にプレゼンテーションを行い、各モデルを紹介するほか、安全性や電気自動車といった特定のトピックについて解説していた。

2017年型Chevrolet Bolt EVクロスオーバー

Chevrolet Bolt
Chevrolet Bolt EV

Chevrolet Boltのコンセプト車は2015年のデトロイトモーターショーに出展されたが、量産モデルはデトロイトに来る前に2016年国際家電見本市(CES)で公開された。Boltは、「十分な航続距離を有し、一般大衆に手が届く価格の電気自動車の提供」というGMの約束を実現している。Boltの航続距離は200マイル以上、直流急速充電装置を使えば、30分の充電で90マイル走行できる。240Vの通常の充電器を使うと、50マイル走行分を2時間以下で充電できる。

Chevrolet Bolt EV Bolt のモーターの最高出力は200 hp、最大トルクは266 lb-ft で、0-60 mph 加速は7秒未満である。960ポンドのリチウムイオン電池は床下に収納しているため、車内スペースが増え、後部に16.9立方フィートの荷物スペースを確保することができた。
Bolt のもう一つの特徴は、ドライバーがアクセルペダルから足を離すと作動する回生ブレーキシステムを備えていることである。また、コネクティビティ機能を支えるものとして、中央に設置された10.2インチのディスプレイ、CarPlayとAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステム、リアカメラミラー、サラウンドビジョンシステム、オプション設定の4G LTE によるWi-Fiホットスポット機能等がある。
2017年型Chevrolet Bolt の生産は、2016年後半からミシガン州にあるGMのOrion組立工場で行われる。競合車は日産Leaf、BMW i3、Ford Focus Electric、Kia Soul EVなど。

Chevrolet Bolt 車内
Chevrolet Bolt 車内
Chevrolet Bolt トランク内部
Chevrolet Bolt トランク内部

2017年型Chevrolet Cruze ハッチバック

米国では2015年、小型ハッチバックの販売台数が9%増加した。Chevroletはデトロイトモーターショーに2017年型Cruzeハッチバックを出展し、同ブランド最量販車のハッチバックバージョンで拡大する需要を取り込もうとしている。2008年から現在までにChevrolet Cruzeを約350万台販売したChevroletは、ハッチバックバージョンが若者を引き付けることを期待している。

Chevrolet Cruze ハッチバック Cruzeのハッチバックバージョンは、セダンバージョンから標準の1.4L 直列4気筒ターボエンジンを引き継いだ。このエンジンの最高出力は153 hp、最大トルクは177 lb-ftで、高速燃費は40 mpgとなる見込み。変速機は 6速MT と 6速AT が設定される。
Cruzeのハッチバックバージョンは、セダンバージョンと同じくホイールベースは106.3インチだが、ルーフと後部の構造は異なる。リアゲートの上部にはスポイラーが組み込まれ、テールランプはラップアラウンド型。後席の後ろには22.7立方フィートの荷物スペースがあり、後席を倒すと47.2立方フィートに拡大する。
2017年型Chevrolet Cruzeハッチバックの販売は、2016年秋から始まる予定。生産はメキシコのRamos ArizpeにあるGMの工場で行われる。Cruzeの競合車は、Ford FocusとHonda Civicのハッチバックバージョンのほか、Hyundai Elantra、Volkswagen Golf、Mazda3など。
Chevrolet Cruze ハッチバック
Chevrolet Cruze ハッチバック
Chevrolet Cruzeハッチバックの後部
Chevrolet Cruze Hatchbackハッチバックの後部

2016年型Buick Envision小型ラグジュアリークロスオーバー

Buick Envision
Buick Envision

Buick Envisionは2014年末から中国で販売されているが、デトロイトモーターショー2016で北米デビューを果たした。2016年型Envisionは、ビッグスリーが中国から輸入する初めてのモデルとなる。そのため、米国ではやや否定的な視線も集めたが、Envisionは中国で好調な販売を続けているモデルであり、Buickブランドとしては米国に中型クロスオーバーを投入する必要があった。

Buick Envision 2016年型Buick Envisionは、最高出力252 hp、最大トルク260 lb-ftの2.0L 直列4気筒ターボエンジンを標準搭載、6速ATと組み合わせる。中国仕様はこれとは少し異なり、2.0Lか1.5Lの直列4気筒ターボエンジンを選択できる。クラス初のハイパーストラットフロントサスペンションにより、ステアリングフィールが向上。また、Buick初のアクティブツインクラッチ付き4WDシステムを採用する。
浮かんでいるように見えるラップアラウンド型のインストルメントパネルは、Envisionの車内を一つの流れのように表現する。標準装備のフロントシートは電動で8方向、ランバーサポートは4方向に調節できる。コネクティビティシステムには、8インチのBuick IntelliLinkディスプレイを標準装備し、OnStarと4G LTEにもオプションで対応。標準装備の安全システムには、リアビューカメラ、フロントパークアシスト、車線変更警報、リアクロストラフィックアラート等が含まれる。
2016年型 Buick Envision は 2016年第 2四半期に米国で発売される予定。競合車は Acura RDX、Audi Q5、Lincoln MKCなど。Buick Envisionは中国の煙台市で生産される。

Buick Avistaスポーツクーペコンセプト

Buickはデトロイトモーターショーのプレスデーの前の日曜日に、2年連続でサプライズのコンセプト車を発表した。昨年のBuick Avenirコンセプトと同様、Buick Avistaは、現代的なデザインと高い性能を融合させることにより、Buickブランドの将来の方向性を示すデザインコンセプトである。

Buick Avista Concept 2+2シーターの クーペは、ホイールベースが110.7インチ、フロントトレッドが63インチ、リアトレッドが62.9インチで、躍動感あふれるスタイルである。クロームでアクセントが施されたフロントフェンダーベントは、Buickのシンボル、フェンダーポートの進化形である。Avenirと同様、Avistaも前後に引き伸ばした流れるようなボディラインを有し、今にも走りださんばかりである。ドアとリアサイドウィンドウの間のBピラーがなく、Avistaの流線形のスタイルがさらに強調される。
Avistaの車内も流れるようなラインでまとめられ、ワイドスクリーンのインストルメントパネルとセンターコンソールの両方にタッチスクリーンを備えている。シート、コンソール、ドアに施されたフェーディングパターンは、動きと流れをテーマとしたデザインを強調。車内の各所に使用されるカーボンファイバーとアルミニウムのアクセントが、Avistaの高性能機能を連想させる。

Buick Avista コンセプト
Buick Avista コンセプト
Buick Avista コンセプト車内
Buick Avista コンセプト車内

2017年型GMC AcadiaフルサイズクロスオーバーSUV

米国経済が回復しガソリン価格が下がると、自動車市場で急拡大したセグメントの一つがクロスオーバーである。GMが2017年型となる新型GMC Acadiaを投入するのは、この市場の動向とAcadiaの堅調な需要を活用するためである。Acadiaの2015年の販売台数は過去最高の9万6,393台にのぼった。

GMC Acadia
新型 GMC Acadia (Denaliバージョン)
GMC Acadia 車内
GMC Acadia車内 (Denaliバージョン)
新型 GMC Acadia 2017年型GMC Acadiaは旧モデルよりも小型で、700ポンド軽量である。サイズが小さく、重量が減ったため、燃費が改善され、乗用車に近い感覚のモデルとなった。パワートレインには、最高出力194 hp、最大トルク190 lb-ftの2.5L直列4気筒エンジンと、最高出力310 hp、最大トルク271 lb-ftの3.6L V6エンジンが設定された。GMC初のStop/Startシステムの採用により、高速燃費は直列4気筒エンジン搭載車が28 mpg、V6エンジン搭載車が25 mpgとなる見込み。
様々な用途向けに多様なグレードが用意され、その中にはプレミアムバージョンのAcadia Denali、オフロード向けのAll-Terrainバージョン等がある。また、ユニークな機能としては、標準装備のリアシートアラートは、後部座席に荷物や子供が置き去りにされた場合にドライバーに警告し、オプション設定のTow Vision Traileringシステムは、トレーラーの取り付けや監視を支援するシステムである。
2017年型 GMC Acadia は2016年春から販売される予定。生産はテネシー州Spring Hillで行われる。
ホイールベース (インチ) 全長 (インチ) 全幅 (インチ) 全高 (インチ) 車両重量 (ポンド)
2017 Acadia 112.5 193.6 75.4 68.7 3,956
2016 Acadia 118.9 200.8 78.9 72.6 4,656


FCA:Chrysler Pacificaの初公開でミニバンセグメントを変革

 展示スペースのデザインを刷新し、展示場所も移したFCAは、"Gears"と称する今年のデトロイトショーの展示において、各ブランドの周囲を光輪のような円形のスクリーンで囲んだ。このスクリーンには、各ブランドの重要ポイントと中心モデルが映し出された。Chrysler Pacificaの周囲には多くの人々が集まり、ミニバンセグメントに注力するというFCAの将来の方向に関心が寄せられた。

 

2017年型Chrysler Pacificaミニバン

Chrysler Pacifica Chrysler Pacifica (PHV)

 2017年型Chrysler Pacificaの世界初公開は、ミニバンセグメントに大変革を起こそうとするFCAの意気込みを示すものだった。旧モデルの名称であるTown & Countryを採用せず、Pacificaという名前を付けたことにより、FCAはミニバンラインを刷新する一方、かつてのクロスオーバーモデルPacificaの名前を採用して、ブランドの一体感を強化しようとした。

 

Chrysler Pacifica  Pacificaがミニバンセグメントを変革しようとしているのは、パワートレインの設定にも表われている。ガソリンエンジン車に標準搭載されるのは、3.6L V6 「ペンタスター」エンジンで、最高出力は287 hp、最大トルクは262 lb-ft。プラグインハイブリッド車(PHV)も設定され、PacificaはPHVが選択できる初のミニバンである。PHV用のエンジンは3.6L V6 「ペンタスター」ハイブリッドエンジンで、最高出力は248 hp、最大トルクは230 lb-ft。Pacifica Hybrid (バージョン名はハイブリッドだがパワートレインはPHV) の市街地燃費は80 MPGe(ガソリン等価換算燃費)となる見込み。2種のエンジンは、メキシコの Saltillo エンジン工場で生産される。
 乗客の快適性、安全性、車両の多機能性は、ミニバンにとって重要な特性である。Pacificaはミニバンセグメントで最大の室内スペースを誇り、FCAのStow 'n Goシステムにより多様なシートと収納の組み合わせを利用することができる。オプション設定のサラウンドビューカメラは、車両の周囲360度の状況をモニターする。エンターテインメント機能のオプションでは、新開発のUconnect Theaterにより、後席乗員は2つの 10インチの HD タッチスクリーンで映画やストリーミングコンテンツを楽しむことができる。
 2017年型Chrysler Pacifica は、カナダ・オンタリオ州にあるFCAのWindsor組立工場で生産される予定。ガソリン車は2016年春に、ハイブリッド車は同年下期に発売される見込み。

 

Chrysler Pacifica 車内 Chrysler Pacifica 車内 Stow'n Goによるシートアレンジ Stow'n Goによるシートアレンジ

 

2017年型Fiat 124 Spiderロードスター

 2015年11月にロサンジェルスモーターショーで初公開された2017年型Fiat 124 Spiderは、デトロイトモーターショー2016にも出展された。124 Spiderを投入する主な目的の一つは、スタイリッシュな高性能モデルによってFiatブランドを北米に浸透させることである。新型124 Spiderは、六角形のグリル、「パワードーム」と呼ばれるフードの膨らみ、水平に長いリアランプ、後方から見るとV型に見えるユニークなリアフェンダーなど、初代モデルのデザインの特徴を採用している。

 

Fiat 124 Spider Fiat 124 Spider Fiat 124 Spider 後部 Fiat 124 Spider 後部
Fiat 124 Spider 車内 Fiat 124 Spider 車内

 

Fiat 124 Spider  124 Spiderはイタリアの Termoli で生産する1.4L 直列 4気筒ターボエンジン「マルチエア」を搭載。最高出力は160 hp、最大トルクは184 lb-ft である。変速機は6速MTまたは6速ATを組み合わせる。フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションとリアのマルチリンクサスペンション、そして軽量フレームにより乗り心地は向上し、道路騒音は低減される。
 マツダのMX-5 Miata(日本名ロードスター) と同じプラットフォームを使用する124 Spiderは、広島県にあるマツダの工場で生産される。2017年型Fiat 124 Spiderは2016年夏から世界販売される予定。

 

 



Ford:改良型Ford FusionやLincoln Continentalを出展

 Fordの今年の展示は、同社が記者会見で表明した決意、すなわち「自動車会社」から「自動車およびモビリティ会社」へ変わるという意志を反映し、従来よりカジュアルでオープンな展示だった。展示の中心で注目を集めていたのはFord Fusionで、その前のスペースには様々なライフスタイルにふさわしいFordのモデルが展示された。2階にはFordの高性能モデルが集められていた。

 

2017年型Ford Fusionセダン

 Fordのラインナップの中で販売台数が3番目に多いモデルとして、改良された2017年型Ford Fusionは、幅広い顧客に訴求するため、新たなバージョンを用意した。たとえば、Fusion V6 Sportは高性能を求めるドライバーをターゲットとし、Fusion Platinumはラグジュアリーな内装と快適性を重視したバージョンである。

 

Ford Fusion V6 Sport Ford Fusion V6 Sport Ford Fusion Energi Ford Fusion Energi (PHV)

 

Ford Fusion  新バージョンのFusion V6 Sportは高性能セダンで、2.7L V6 ツインターボエンジン「EcoBoost」を搭載。最高出力は325 hp、最大トルクは350 lb-ftである。これは、トヨタ Camryやホンダ Accord が搭載する3.5L V6エンジンを、最高出力で約50 hp、最大トルクで約100 lb-ft上回る。最高級バージョンの Fusion Platinum は、レザーを使用した内装とステアリングホイール、ユニークなフロントグリル、19インチのポリッシュアルミホイール等を採用している。
 Fusionには様々な運転支援システムが設定されており、Fusion Platinum には標準装備されている。それには、歩行者検知機能付きプレコリジョンアシスト、死角検知システム、アダプティブクルーズコントロール、車線維持アシスト等が含まれる。改良型Fusionは新開発のギアシフトダイヤルも搭載するが、これによって車室スペースと収納スペースが拡大している。
 2017年型Ford Fusionは2016年夏に発売される予定。新バージョンの Fusion V6 Sport は数週間遅れて投入される。生産 はメキシコのHermosilloにあるFordの工場で行われる。

 

1.5L I4 EcoBoost Engine 1.5L 直列4気筒EcoBoostエンジン 2.7L V6 EcoBoost Engine 2.7L V6 EcoBoost エンジン 2.0L Plug-in Hybrid Engine 2.0L プラグインハイブリッド用エンジン

 

パワートレイン 1.5L I4 EcoBoost 2.7L V6 EcoBoost 2.0L Plug-in Hybrid
Fusionのバージョン Standard V6 Sport Energi
最高出力 181 hp 325 hp 188 hp
最大トルク 185 lb-ft 350 lb-ft 129 lb-ft

 

2017年型Ford F-150 Raptor SuperCrewフルサイズピックアップトラック

Ford F-150 Raptor SuperCrew  デトロイトモーターショー2015でFord F-150 Raptor SuperCabを初公開したFordは、今年は同社の最量販車であるF-150 のSuperCrewバージョンを発表した。SuperCabとの違いは、SuperCrewは4つのフルサイズのドアを備え、後席乗員のためのレッグルームが広い点である。この違いを実現するため、SuperCrewのホイールベースは、SuperCabの標準グレードより12インチ長い145インチである。
 2017年型Ford F-150 Raptor の両バージョンは、ミシガン州のDearbornトラック工場で生産される。発売は2016年秋の予定。

 

Ford F-150 Raptor SuperCrew Ford F-150 Raptor SuperCrew Ford F-150 Raptor SuperCrew トラック荷台 Ford F-150 Raptor SuperCrew トラック荷台

 

2017年型Lincoln Continentalフルサイズラグジュアリーセダン

 Fordの高級車ブランド、Lincolnは2015年のニューヨークモーターショーに、フラッグシップ車、Continentalのコンセプトカーを出展した。今年のデトロイトモーターショーに出展されたContinentalの量産モデルは、落ち着いた高級感を漂わせながら、顧客に「より人間らしい、個人的な体験」を提供してくれるようだ。たとえばドライバーが車両に近づくと、ダッシュボードのランプ、テールランプ、ヘッドランプ、足元ライトが点灯する。

 

Lincoln Continental Lincoln Continental Lincoln Continental 車内 Lincoln Continental 車内

 

Lincoln Continental  Lincoln Continentalの車内の様々な装備により、快適な体験が提供される。オプション設定のPerfect Position Seatsは30方向に調節でき、マッサージ、ヒーティング、クーリング、サイエクステンション(大腿部拡張)機能等を備える。Active Noise Controlシステムと防音合わせガラスは、外部の騒音を低減する。レザーシート、レザーで覆ったコンソールとインストルメントパネル、ウッドやアルミニウムの装飾は、Continentalの高級感をさらに高める。
 クラスで最もパワフルな車にしようとしたわけではないが、2017年型Lincoln Continentalはブランド初の3.0L V6ツインターボエンジンを搭載し、最高出力400 hp、最大トルク400 lb-ftを発生する見込み。オプション設定の運転支援システムや360度カメラシステムにより、ドライバーの通勤時のストレスが緩和される。
 2017年型Lincoln Continentalはミシガン州のFlat Rock工場で生産され、2016年秋に発売される予定。競合車は、BMW 5-series, Lexus LS, Infiniti Q60, Cadillac XTSなど。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>