PSA, Renault, Fiat, 欧州GM, 欧州Ford, Volvoの新型車装備

駐車支援システム、自動ブレーキ、スマートフォンとの連携機能の搭載拡大

2015/01/22

要 約

Volvo XC90
Volvo XC90のコックピット (Volvo Cars プレスリリースより)

 以下は、PSA, Renault, Fiat(注), 欧州GM, 欧州Ford, Volvo が、2014年3月以降に欧州市場で発売した新型乗用車の主要装備の設定概要である。取り上げた新型車は合計12車種で、ブランド別ではRenault、Fiat、Opel/Vauxhall, Fordが各2車種、Peugeot、Citroen、DS、Volvoが各1車種である (一部改良車3車種を含む)。

 VolvoのフラッグシップSUVであるXC90は、2つの世界初の装備を含む先進的な安全装備を多数搭載した。その他の新型車は小型車が多いが、先進的な運転・駐車支援装備の搭載が拡大。車載インフォテインメントシステムとスマートフォンとの連携機能の採用も拡大した。

 走行安定性装備では、道路状況やドライバーの嗜好に応じて走行モードを選択できるMode selectorの設定が拡大。燃費向上装備では、アイドリングストップ機構のStart/stop systemの搭載が、クーペやクロスオーバーなど多様な車種で拡大した。

 視認性確保では、消費電力が少ないLED headlightsの採用が拡大。DS3はLEDとキセノンを組み合わせたヘッドランプを採用した。また、冬季にフロントガラスに付着する氷や霜を除去するHeated windshieldの搭載が拡大した。

 駐車・運転支援装備では、システムが駐車可能なスペースを検知し、駐車のためのステアリング操作も行うPark assistの設定が拡大。先行車との衝突が避けられないと判断すると、自動ブレーキをかけるAuto brakeは小型車にも拡大した。また、Volvo XC90は、渋滞時等の低速走行時にアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作を自動化するQueue assistを設定した。

 快適・利便性装備では、スマートフォンと車載システムを連携させ、スマートフォンのアプリケーションを車載ユニットで利用できるSmartphone integrationの設定が拡大した。

(注) Fiatは、2014年12月に、社名をFCA Italyに変更した。

PSA, Renault, Fiat, 欧州GM, 欧州Ford, Volvo が新型車に設定した主な先進装備

(2014年3月以降に欧州発売した新型車)
走行安定性
(燃費向上を含む)
Mode selector Fiat Panda Cross/500X, Volvo XC90
Start/stop system DS3, Citroen C4 Cactus, Peugeot 108, Renault Megane CC, Fiat 500X,
Opel/Vauxhall Adam Rocks/Corsa, Ford Focus, Volvo XC90
視認性確保 LED headlights DS3, Ford Mondeo, Volvo XC90
Heated windshield Fiat Panda Cross, Opel/Vauxhall Corsa, Ford Focus/Mondeo, Volvo XC90
運転・駐車支援 Park assist Citroen C4 Cactus, Opel/Vauxhall Adam Rocks/Corsa,
Ford Focus/Mondeo, Volvo XC90
Auto brake DS3, Fiat Panda Cross/500X, Ford Focus/Mondeo, Volvo XC90
Queue assist システム
(渋滞時運転支援システム)
Volvo XC90
快適性・利便性 Smartphone integration Peugeot 108, Renault Twingo, Fiat 500X,
Opel/Vauxhall Adam Rocks/Corsa, Volvo XC90

 新型車装備レポートシリーズ
 ドイツ3社の新型車装備 (2014年10月掲載)、米国の新型車装備 (2014年7月掲載)、
 日本の新型車装備 (2014年7月掲載)、  Hyundai/Kia の新型車装備 (2014年3月)、
 欧州メーカーの新型車装備 (2014年1月掲載) 



PSA:DS3は自動ブレーキ、Peugeot 108はスマートフォンとの連携機能を採用

Citroen C4 Cactus
Citroen C4 Cactus (PSAプレスリリースより)

 PSA は、Citroenから独立した上級ブランドであるDSの小型ハッチバックDS3に、LEDとキセノンを組み合わせたヘッドランプNew Xenon Full LED Signatureを採用。また、20 mph以下で作動する自動緊急ブレーキActive City Brakeも搭載した。

 小型クロスオーバーハッチバックのCitroen C4 Cactusには、車体の傷を防ぐとともに独特のデザイン性を付加する車体パネルのAirbump、助手席のエアバッグを天井に設置したPassenger air bag in roofなどユニークな装備を採用。

 小型ハッチバックのPeugeot 108には、車内の7インチタッチスクリーンでスマートフォンの操作ができるMirror Screen機能を搭載した。


PSA:2014年3月以降に欧州発売したPeugeot/Citroen/DS ブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
DS3 Citroen
C4 Cactus
Peugeot
108
Supermini
hatchback
Small
crossover
hatchback
Supermini
hatchback
14年 5月 14年 7月 14年 7月
走行安定性
(燃費向上を含む)
Gear shift indicator/Gear efficiency indicator
Stop & start
視認性確保 Automatic lights ○△ ○△
New Xenon Full LED Signature (下表1) ○△
Front fog lights with cornering function ○△
LED Daytime Running Lights
3D LED rear lights
Electrochrome rear view mirror ○△
Automatic windscreen wipers ○△ ○△
衝突安全性 Driver and front passenger front airbags, side airbags,
front and rear curtain airbags
Passenger airbag in roof (下表2)
Automatic hazard light activation
運転支援
駐車支援
Rear parking sensors ○△ ○△
Front parking sensors
Reversing camera ○△
Park assist self-parking system
Cruise control with speed limiter
Active City Brake (下表3) ○△
快適性
利便性
Airbump (下表4)
Easy Push gear selection
7 inch Touch Drive Interface
7" touchscreen with Mirror Screen functionality (下表5)
Bluetooth handsfree
Citroen eTouch Emergency & Assistance System
Citroen Multicity Connect (下表6)
eMyWay (インフォテインメントシステム) ○△
資料:2015年 1月上旬の Peugeot/Citroen/DS online catalog (英国)
(注) 1. DS3 は一部改良車だが、新装備を搭載しているため、取り上げた。
2. Peugeot 108は、同時期に発売されたCitroen C1と姉妹車。装備搭載状況はPeugeot 108のもの。

 

PSA:主な先進装備

(1)
New Xenon Full LED Signature
 LEDとキセノンを組み合わせた新デザインのヘッドランプ。3個のLEDモジュールと1個のキセノンモジュールを使用。視認性が向上するほか、ハロゲンランプと比べると、消費電力がロービームで35%、ハイビームで75%抑制される。寿命はハロゲンランプの20倍の約2万時間。方向指示器は、作動させると光が内側から外側に流れるように動き、車両が曲がる方向を示す。
(2)
Passenger airbag in roof
 助手席のフロントエアバッグの位置を、従来のダッシュボードから天井に移動 (Citroen によれば世界初)。エアバッグが作動すると、天井からフロントガラスに沿って展開する。これにより、助手席前のスペースが増え、8.5Lのグローブボックスなど、収納を充実させることができた。
(3)
Active City Brake
 20 mph 以下で走行中に作動する自動緊急ブレーキ。システムは、フロントガラスの上部に装着されたレーダーで先行車との距離をモニターし、その距離が急に縮まり、衝突の危険があると判断すると、自動でブレーキをかける。
(4)
Airbump
 車両の両サイドと前後部に装着されたパネル。独特のデザイン性を付加するとともに、軽微な傷を防ぐ実用性も併せ持つ。熱可塑性ポリウレタン樹脂 (TPU) 製で、小さなエアカプセルを内蔵し、日常的な軽微な衝突や接触で車体が傷つくのを防ぐ。特別なメンテナンスは不要で、擦り傷等による修理費を低減できる。
(5)
7" touchscreen with Mirror Screen functionality
 Mirror Screen 機能により、スマートフォンを車内の7インチタッチスクリーンで操作することができる。接続可能なスマートフォンであれば、データ交換用のアプリケーションをダウンロードし、車内のUSBポートに接続すると、ナビゲーション、電話、アドレスブック、音楽、インターネットラジオ等を利用可能。
(6)
Citroen Multicity Connect
 年額制の3G接続サービス。7" Touch Drive interfaceで各種アプリケーションをダウンロード・操作できる。たとえば、Trip Advisorによるホテルやレストランの検索、Fuelによる最短距離・最安値のガソリンスタンドの検索、Michelin Trafficによる交通情報等が利用可能。

 

 



Renault: Twingoにスマートフォンとの連携機能、Megane CCにR-Linkを標準装備

Renault Twingo
Renault Twingo (Renaultプレスリリースより)

 Renault は小型ハッチバックのTwingoに、車載システムと連携させたスマートフォンを、車内のタッチスクリーンとして利用するR&Go applicationを標準装備した。一方、一部改良したMegane Coupe-Cabrioletには、7インチのタッチスクリーンを採用するインフォテインメントシステムR-Linkを標準装備。TwingoもオプションでR-Linkを選択することもできる。


Renault:2014年3月以降に欧州発売したRenault ブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Renault Twingo Renault Megane
Coupe-Cabriolet
Supermini
hatchback
Coupe-
Convertible
14年 3月 14年 4月
走行安定性
(燃費向上を含む)
ECO mode system
Stop & Start
Energy Smart Management (エネルギー回生機構)
視認性確保 LED daytime running lights
Automatic headlights
Fog lights with cornering function
Rain sensitive front windscreen wipers
衝突安全性 Driver & front passenger front and side airbags
運転支援
駐車支援
Rear parking sensors
Cruise control
Lane departure warning
快適性
利便性
Automatic Dual Zone climate control
Heated front seats
R&Go application(下表1)
Renault R-Link (下表2)

資料:2015年 1月上旬のRenault online catalog (英国)
(注) Megane Coupe-Cabriolet は一部改良車だが、新装備を搭載しているため、取り上げた。

 

Renault:主な先進装備
(1)
R&Go application
 Android およびApple iOS を使用するスマートフォンと、Renault車の車載システムをシームレスに連携させるアプリケーション。車内のラジオユニットに備えられた受け台にスマートフォンを設置し、アプリケーションを起動すると、スマートフォンを車内のタッチスクリーンとして使用できる。電話、マルチメディア、ナビゲーション、車両情報の表示等の機能が利用可能。
(2)
Renault R-Link
 Renault のインフォテインメントシステム。7インチのタッチスクリーンを採用し、ナビゲーション、ラジオ、Bluetooth接続による電話、オーディオストリーミング、モバイル機器の接続等の機能を提供。また、50余の様々なアプリケーションをダウンロードして使用できる。操作はタッチスクリーン、音声、ステアリングスイッチ (Megane CCはセンターコンソールに置かれたジョイスティック)で行うことができる。

 

 



Fiat:Panda CrossにはAll Terrain Selector、500XにはMode selectorを標準装備

Fiat Panda Cross
Fiat Panda Cross (Fiatプレスリリースより)

 Fiat(注) は、Panda 4x4をベースとする小型クロスオーバーPanda Crossに、4WDシステムの駆動モードをAuto, Off-road, Hill descent controlの3種から選択できるAll Terrain Selectorを標準装備。冬季にフロントガラスの凍結を溶かすHeated front windscreenも設定した。

 Fiat 500のクロスオーバーバージョンの500Xには、道路状況やドライバーの嗜好に応じて走行モードを選択できるMode selectorを標準装備。Fiatのインフォテインメントシステムで、スマートフォンとの連携も可能なUconnectも設定した。

 また、両モデルに、時速5-30kmの低速走行時に作動する自動緊急ブレーキをオプション設定した。

(注) Fiatは、2014年12月に、社名をFCA Italyに変更した。

Fiat:2014年3月以降に欧州発売した Fiatブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Panda Cross 500X
Small
crossover
Small
crossover
14年 秋 14年末
走行安定性
(燃費向上を含む)
Torque on demand all-wheel drive
Electronic Locking Differential function
All Terrain Selector (下表1)
Mode selector (下表2)
Start & Stop
視認性確保 Daytime Running Lights with LED Technology
Fog lights with cornering function
Electrochromatic rear view mirror
Rain and dusk sensor
Heated front windscreen
衝突安全性 Driver and Passenger Airbags, Head Protection Side Bags
7 airbags
運転支援
駐車支援
Rear Camera
Rear Parking Sensors
Cruise control
City Brake Control/Brake Control (下表3)
Blind Spot Assist
Lane Assist
快適性
利便性
Dual-zone automatic climate control system
Heated front seats
Blue & Me System (with USB and Aux-In)
Uconnect (インフォテインメントシステム) (下表4)

資料:2015年1月上旬の Fiat online catalog (英国)
(注) 500XはOpening Edition の装備搭載状況。

 

Fiat:主な先進装備
(1)
All Terrain Selector
 走行条件やドライバーの好みにより、4WDシステムの駆動モードを3種から選択することができる。AUTOは、路面のグリップ状況に応じ、前後輪のトラクションを自動的に配分する。OFF-ROADは、4輪それぞれにトルクを配分し、路面に対するグリップ力が最も大きい車輪に駆動力が伝わるようにする。HILL DESCENT CONTROLは、急勾配の坂道や悪路を下る場合に最適なステアリング操作を可能にする。
(2)
Mode selector
 道路状況やドライバーの嗜好に応じて、3つの走行モードから最適なものを選択できる。選択された走行モードに応じて、エンジン、ブレーキ、ステアリング、変速機の挙動が変化する。AUTOは日常の走行向けで、燃費が良く、快適。SPORTはダイナミックな走行向けで、レスポンスが高く、パワフル。ALL WEATHERは濡れた路面や滑りやすい状況で、トラクションと車両の安定性を最適にする。
(3)
City Brake Control/
Brake Control
 低速走行時の自動緊急ブレーキ。時速5-30kmで作動。先行車および前方の障害物との衝突の危険を検知し、警報を発する。ドライバーが適切な対応をしないと、自動的にブレーキをかけ、衝突の回避または被害の軽減を図る。
(4)
Uconnect
 Fiatのインフォテインメントシステム。5インチまたは6.5インチのタッチスクリーンを備え、Bluetooth、Aux-in、USB等により各種デバイスを接続できる。新機能のUconnect Live systemを利用すれば、スマートフォンを連携させ、スマートフォンのアプリケーションを車載システムで使用可能。たとえばFacebookやTwitterによる友人との交流、Deezerによる音楽ストリーミング配信、TuneInによるインターネットラジオ等を楽しむことができる。

 

 

 



欧州GM:Opel のAdam RocksとCorsaにAdvanced park assistとIntelliLinkを設定

Opel Adam Rocks
Opel Adam Rocks (Opel プレスリリースより)

 GM は、Opel/Vauxhallの小型クロスオーバーAdam Rocksと小型ハッチバックCorsaに、縦列駐車と直角駐車のステアリング操作を自動化するAdvanced park assistや、スマートフォンとのシームレスな連携が可能なインフォテインメントシステムIntelliLinkを設定した。

 Adam Rocksには、キャンバストップであるElectrically operated folding canvas roofを標準装備し、オープンエアも楽しめるモデルとした。Corsaには、Opel/Vauxhall Eyeと称するフロントカメラシステムを設定。先行車に近づきすぎると音と表示で警告するForward Collision Alert、道路標識を認識するRoad Sign Recognition、車線逸脱を警告するLane Departure Warning等を設定した。


欧州 GM:2014年3月以降に欧州発売したOpel/Vauxhall ブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Opel/Vauxhall
Adam Rocks
Opel/Vauxhall
Corsa
Small
crossover
Supermini
hatchback
14年 9月 14年 10月
走行安定性
(燃費向上を含む)
Cornering brake control
Shift-up indication light
Start/stop
視認性確保 Bi-xenon headlights with cornering lights
Automatic lighting control
High Beam Assist
LED daytime running lights
Electro-chromatic anti-dazzle rear view mirror
Heated windscreen
Rain sensitive windscreen wipers
衝突安全性 Driver's and front passenger's airbags, Front seat side-impact airbags
Full-size curtain airbags
Adaptive brake lights
運転支援
駐車支援
Rear parking distance sensors
Rear view camera
Advanced park assist (下表1)
Side blind spot detection
City mode button providing lighter steering at parking speeds (下表2)
Cruise control
Opel/Vauxhall Eye Front Camera System
Road Sign Recognition
Lane Departure Warning
Following Distance Indication
Forward Collision Alert (head-up warning) (下表3)
快適性
利便性
Heated steering wheel
Heated front seats
Flex-Fix bike carrier system
Electrically operated folding canvas roof
IntelliLink (インフォテインメントシステム) (下表4)

資料:2015年 1月上旬の Opel/Vauxhall online catalog (英国)
(注) Opel Adam Rocksは、英国ではVauxhall Adam Rocks Air と呼称される。

 

欧州GM:主な先進装備
(1)
Advanced park assist
 システムが駐車可能なスペースを検知し、駐車のためのステアリング操作を行う。ドライバーはアクセル、ブレーキ、ギアのみを操作する。縦列駐車にも直角駐車にも対応可能。
(2)
City mode
 ダッシュボードの City Mode スイッチを押すと、車速感応型電動パワーステアリングの低速時のアシスト量を増加させることができる。これにより、市街地での低速走行時や駐車のための運転時のステアリング操作が楽になる。
(3)
Forward Collision Alert
(head-up warning)
 このシステムは、先行車との距離が設定距離より近くなり、衝突の危険を検知すると、警報音およびディスプレイ上の警告に加え、フロントガラス上に赤色の警告を映し出して、ドライバーの注意を促す。
(4)
IntelliLink
 Opel/Vauxhall のインフォテインメントシステム。Android および Apple iOS を使用するスマートフォンとシームレスに連携させることができる。7インチのタッチスクリーンを備え、USB および Bluetooth との接続やオーディオストリーミングを提供。各種アプリケーションを使用して、ナビゲーション、インターネットラジオ、SMSやメールの音声入力および読み上げ機能等も利用できる。

 

 



欧州Ford:FocusとMondeoに自動緊急ブレーキとFord SYNCを採用

Ford Mondeo
Ford Mondeo (Fordプレスリリースより)

 Ford は小型車のFocusと中型車のMondeoに、コーナリング時に各輪へのトルク配分を調整し、アンダーステアを抑えるTorque Vectoring Controlを標準装備。駐車のためのステアリング操作をシステムが行うActive Park Assist、30 mph以下の低速走行時に作動する自動緊急ブレーキActive City Stop、インフォテインメントシステムのFord SYNC等を設定した。また、Focusには、30 mph超の走行時に作動する自動緊急ブレーキActive Braking systemも設定した。


欧州 Ford:2014年3月以降に欧州発売したFord ブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Focus Mondeo
Small
hatchback/
estate
Mid-size
saloon/
hatchback/
estate
14年 10月 14年 10月
走行安定性
(燃費向上を含む)
Torque Vectoring Control
Self-levelling Rear Suspension
Start-Stop System
Ford Eco Mode driver information system
視認性確保 Automatic headlights ○△
Bi-xenon headlights with adaptive front lighting and jetwash
Dynamic LED Headlamps
Dynamic LED Adaptive Headlamps
Auto High Beam
LED day running lights
Rain sensitive windscreen wipers
Heated Front Windscreen ○△
Auto dimming rear view mirror ○△
衝突安全性 Driver's and front passenger's airbag, Front seat side airbags,
Side curtain airbags, Driver's knee airbag
Inflatable Rear Seatbelts
運転支援
駐車支援
Rear Parking Sensors, Rear Park Assist ○△
Front Parking Sensors
Rear View Camera
Active Park Assist, Park Out Assist (下表1)
Traffic Sign Recognition
Adaptive Cruise Control
Blind Spot Information System
Cross Traffic Alert
Lane Departure Warning
Lane Keeping Aid
Driver Alert
Active City Stop (下表2) ○△
Active Braking system (下表3) ○△
快適性
利便性
Dual-zone Electronic Automatic Temperature Control
Heated front seats ○△
Multi-Contour Seats with Active Motion massage function (下表4)
Heated Steering Wheel
Ford MyKey
Ford SYNC2 with 8" colour touchscreen (下表5)
Emergency Assistance

資料:2015年 1月上旬の 欧州 Ford online catalog (英国)
(注) Focus は一部改良車だが、多くの先進装備を搭載しているため、取り上げた。

 

欧州Ford:主な先進装備
(1)
Active Park Assist, Park Out Assist
 駐車可能なスペースを検知すると、駐車のためのステアリング操作はシステムが行う。縦列駐車にも直角駐車にも対応可能。さらに、Park Out Assist は駐車スペースから出る際のステアリング操作も行う。
(2)
Active City Stop
 自動緊急ブレーキで、30 mph以下の低速時に作動する。たとえば渋滞時ののろのろ運転の場合、先行車が突然止まったことをシステムが検知すると、自車の速度が30 mph 以下であれば、システムは自動的にブレーキをかけ、衝突を回避または衝突被害を軽減する。
(3)
Active Braking system
 自動緊急ブレーキで、30 mph 超 (自動車専用道路など) で走行している場合に作動する。レーダーで前方に衝突の危険があることを検知すると、ドライバーに警告する。ドライバーが反応しないと、ブレーキの圧力を予め高め、衝突の危険が迫るとブレーキをかけて減速する。
(4)
Multi-Contour Seats
 前席に設定される快適シート。11個のクッションが波動状に動き、太ももや臀部、腰部にマッサージ効果を提供する。筋肉と血管に刺激を与えることにより、筋肉の疲れや痛みを軽減する。
(5)
Ford SYNC2
 Ford のインフォテインメントシステム SYNC の第2世代。大幅改良されたFocusに初搭載。8インチのカラータッチスクリーンと音声コマンドにより、電話、オーディオ、エアコン、ナビゲーションの操作が直感的にできるようになった。

(注) Ford のインフォテインメントシステム SYNC は、第2世代まではOS に Windows を使用する Microsoft 製。2015年から搭載予定の第3世代は、QNX Software Systemsの OS を使用する Panasonic製に変更する。

 

 



Volvo: XC90に新開発の安全装備を搭載

Volvo XC90
Volvo XC90 (Volvo Cars プレスリリースより)

 VolvoはフラッグシップSUVのXC90に2つの世界初の安全装備を採用した。Run-off protectionは、車両が道路を逸脱した場合にシートベルトの締め付け等で乗員の脊椎損傷を防ぐ。Auto brake at intersectionsは、交差点で曲がる際に対向車との衝突の危険を検知して自動ブレーキをかける。また、同モデルには、渋滞時ののろのろ運転をほぼ自動化する渋滞時運転支援システムQueue Assistや、歩行者・自転車の検知機能付きの自動緊急ブレーキCity Safetyなど多数の運転支援装備を搭載した。

 Volvo は、2020年までに同社の新型車での交通事故の死亡者または重傷者をゼロにするという目標を掲げている。新型XC90は、この目標の達成に寄与する重要なモデルの一つとしている。

Volvo Cars:2014年3月以降に欧州発売したVolvo ブランド乗用車の主要装備

◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Volvo XC90
Flagship SUV
14年末
走行安定性
(燃費向上を含む)
Electronic All Wheel Drive System with Instant Traction
Roll Stability Control
Drive Mode Settings
Adjustable Steering Force
Four Corner Electronic Air Suspension
Start/Stop
視認性確保 LED Active Bending Headlights with Active High Beam
Automatic Headlight Levelling System
Front LED Foglights with Cornering Function
T-shaped LED daytime running lights
Autodimming Interior and Exterior Mirrors
Heated Front Windscreen
Rain Sensor with Automatic Windscreen Wiper Activation
衝突安全性 Dual Stage Driver and Passenger Airbags
Side Impact Protection System Airbags (Front Seats), Inflatable Curtains
Adaptive Brake Lights including High Level LED Brake Lights
運転支援
駐車支援
Rear Park Assist
Park Assist Pilot - Automatic Parallel and 90°Parking
Parking Camera 360°Surround View
Hill Descent Control
Cruise Control
Adaptive Cruise Control with Distance Alert
Queue Assist with Automatic Steering (下表1)
City Safety (includes Pedestrian and Cyclist Detection
and Front Collision Warning with Full Auto Brake)
Blind Spot Information System with Cross Traffic Alert
Lane Keeping Aid
Rear Collision Mitigation (下表2)
Driver Alert Control with Lane Departure Warning
Road Sign Information Display
Run-off road protection (下表3)
Auto brake at intersections (下表4)
快適性
利便性
Heated Front Seats, Heated Rear Seats, Heated Steering Wheel
2-Zone Electronic Climate Control
4-Zone Electronic Climate Control ○△
Head-Up Display in Windscreen
Power Operated Tailgate with Handsfree Opening
12.3" Active TFT Crystal Driver's Information Display ○△
9" Center Console Touch Screen
Sensus Connect (インフォテインメントシステム) (下表5)
Premium Sound by Bowers and Wilkins (下表6)

資料:2015年 1月上旬の Volvo Cars online catalog (英国), Volvo Cars press release 2014.7.22/2014.12.5

 

Volvo Cars:主な先進装備
(1)
Queue Assist
 渋滞などで低速で運転している場合、Queue Assist を作動させると先行車に自動的に追従する。アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作を自動的に行い、渋滞時の安全かつ快適な走行を可能にする。
(2)
Rear Collision Mitigation
 後方を向いたレーダーが、後方からの衝突の危険を検知すると、乗員を保護するために、あらかじめシートベルトの締め付けを強める。さらに、ライトを点滅させて、後続車のドライバーに警告する。また、衝突した場合の衝撃を緩和するため、ブレーキを作動させる。
(3)
Run-off road protection
 道路を逸脱したことを車両が検知すると、前席のシートベルトの締め付けを強め、車両が動いている間はその状態を維持する。また、シートとシートフレームの間にある衝撃吸収装置により、車両が地面に激しく着地した時に乗員が受ける垂直方向の力を緩和し、脊椎損傷を防止する。乗員が受ける垂直方向の力は、従来の車より3分の1減らすことができる。Volvoによると世界初の機能。
(4)
Auto brake at intersections
 ドライバーが交差点で、直進する対向車の前で曲がろうとする場合、本システムは潜在的な衝突を検知して自動ブレーキを作動させ、衝突の回避や衝突の衝撃を緩和する。市街地の交差点や幹線道路など、制限速度が高い地域で起こりやすい状況に対処する。Volvoによると世界初の機能。
(5)
Sensus Connect
 Volvoのインフォテインメントシステム。クラウドベースの各種機能が利用可能。インターネットラジオ、インターネット接続のナビゲーション、駐車場検索、音楽ストリーミングサービス、Apple および Android デバイスの車内タッチディスプレイでの操作、インターネット接続用の WiFi ホットスポットの提供、等が利用できる。
(6)
Premium Sound by Bowers and Wilkins
 英国のオーディオ機器メーカー Bowers & Wilkins と共同開発した最上級オーディオシステム。1,400WのクラスDアンプと19個の Bowers & Wilkins のスピーカーを搭載。車内オーディオシステムとしては初の通気型サブウーファーも搭載。サブウーファーは車体と一体化することで、車内空間全体を巨大なサブウーファーとしている。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>