インドの日系部品メーカー:日系自動車メーカーの能増対応や取引先拡大を目指す

愛三工業、エイチワン、カルソニックカンセイ、セーレン、テイ・エステック、ティラド、デンソー、住友理工、リケンなどの動向

2014/11/21

要 約

India map
(地図をクリックすると拠点マップが開きます)。

インド市場概況:6月より回復

 インドの2013年の自動車生産台数は388万台(前年比6.3%減)、新車販売台数は324万台(同9.6%減)と、景気低迷、高金利、燃料高などの影響からマイナスとなった。減少傾向は2014年4月頃まで約2年間続いたが、5月の政権交代に伴う景気回復への期待から新車販売・生産は6月からプラスに転じた。ただ、1~9月累計では新車販売台数は238万台で前年同期比3.4%減、生産台数も290万台で前年同期比2.4%減となっている。


日系部品メーカーの進出

 こうしたなか自動車メーカー各社の中期的な増産計画を受けて、日系部品メーカーの新規進出、生産能力拡充、事業計画強化などの動きが続いている。新会社設立では、現地部品メーカーとの合弁も多くみられる。

 投資地域は、Haryana州、Rajasthan州、Uttar Pradesh州、Delhi首都圏などの北部、Tamil Nadu州、Karnataka州、Andhra Pradesh州の南部、Maharashtra州、Gujarat州の西部や、中部のJharkhand州に広がっている。


新規拠点設立

新規工場建設
(J=合弁会社)
日系自動車メーカー向け
安定供給や増産への対応
カルソニックカンセイシロキ工業(J)、セーレン、テイ・エステック、東洋シート(J)など
日系自動車メーカー以外への供給 ナブテスコ(ボルボ系向けJ)、アルプス電気富士通テン(J)など (現地メーカー向けにも納入)
日系部品メーカーに供給 小倉クラッチ、菊和、共進
販売会社設立 主取引先以外への事業拡大 トヨタ紡織
市場開拓 ルネサスエレクトロニクス

生産能力増強など(現地メーカーなど日系メーカー以外への取引拡大を図る動きが多い)

第2工場建設 愛三工業エイチワン東洋ゴムなど
第3工場建設ほか 尾張精機矢崎総業(9拠点目)
設備・建屋の増設 アルファアーレスティエイチワン、カネミツ、武蔵精密
新製品投入 民族メーカーと合弁会社設立 新日鉄住金(高張力鋼)、ティラド(カーエアコン)、豊田通商樹脂(コンパウンド)、リケン(カムシャフト)
既存工場に設備増設 パイオラックス(現代自動車向けに開閉機構部品)

事業体制の強化/進出中止・延期

合弁会社や技術提携先を完全子会社化 FCC河西工業日立金属
テクニカルセンターの開発技術者増員 デンソー
生産拠点の新規進出を中止・延期 クラリオン、GMB、市光工業など

 以下は、インドにおける日系部品メーカーの最近動向である(収録対象は、2014年10月までの約14カ月間)。


日系部品メーカー動向関連レポート:

メキシコへの新規進出 (2014年10月)、メキシコでの工場拡充・ブラジルでの動向 (2014年10月)
タイ編 (2014年9月)
インドネシア編 (2014年6月)、ベトナム/マレーシアなど編 (2014年6月)、欧州編 (2014年7月)、米国編 (2014年3月)
中国編(下):華南・華北・東北などでの動向 (2014年3月)、中国編(上):華東・華中地域の動向 (2014年3月)
インド編 (2013年8月)



生産拠点、販売会社の新規設立:カルソニックカンセイ、テイ・エステック、東洋シート、トヨタ紡織、パナソニックなど

 

会社名 活動内容
アルプス電気
車載用スイッチ生産の拠点を整備
アルプス電気は、ALPS Electric (India) Pvt. Ltd.(Haryana州Gurgaon市)でパワーウィンドウスイッチ、ミラースイッチなど車載用スイッチの現地生産を開始するために、同市内に新拠点を整備。現地での生産要求に応えるもの。2014年1月に営業部門が旧拠点から移転。2014年5月から一部製品の検査などを開始。本格的な生産は2015年以降に開始予定。インド現地メーカーおよび外資系自動車メーカーへの供給を計画。
市光工業
インドの大手部品メーカーとの合弁会社設立計画を中止
市光工業は、2010年にインドの大手ランプ・ミラーメーカーFiem Industries Ltd.との合弁会社設立を計画していたが、中止となったことが2014年1月に明らかになった。
小倉クラッチ
カ-エアコン用クラッチの生産販売会社設立、2015年に生産開始
小倉クラッチは、2014年6月に生産販売子会社OGURA CLUTCH INDIA PVT.LTD(Haryana州)を設立。資本金は約3億3千万円。2014年夏にニューデリー近郊のレンタル工場で生産準備に着手し、量産開始は2015年秋を予定。まず日系コンプレッサーメーカー向けに初年度10万台を生産。2017年度には60万台まで生産規模を拡大する計画。将来的には輸送機器用、一般産業用の各種クラッチ・ブレーキ等の製造及び販売も計画。
カルソニック
カンセイ
カーエアコン用コンプレッサーの新工場を設置し、2014年9月に生産開始
カルソニックカンセイは、51%を出資するCalsonic Kansei Motherson Auto Products Limited(Haryana州)にカーエアコン用コンプレッサーを生産する新工場を設置し、2014年9月から出荷を開始。これまではタイから完成品を輸入していたが、需要が拡大するなか現地生産により日系自動車メーカーへの安定供給を図る。2015年下期には年産約60万台を計画。
菊和
アルミ精密ダイカスト部品の工場設立、2014年6月に量産開始
菊和は、Kikuwa India Private Limited(Andhra Pradesh州)の新工場を建設し、アルミ精密ダイカスト部品の量産を2014年6月に開始。二輪・四輪車用部品などを販売。2014年度の従業員は50名と小規模でスタートし、市場の拡大に合わせて設備を増強。第2工場建設も視野に入れる。
キャタラー
メタル触媒の生産販売会社を2014年3月設立、2015年12月に生産開始
キャタラーは、2014年3月にCATALER INDIA AUTO PARTS PVT. LTD.(Karnataka州)を設立。2015年12月に二輪車用のメタル触媒を生産開始予定。年間100万個の生産を目指し、現地メーカー、日系メーカーに売り込む。現在は、タイ工場から供給しているが、現地生産により競争力を高める。二輪車用で採算を確保し、将来は四輪車用も計画。
共進
カシメ加工、切削加工部品などの合弁会社を2014年に設立、2015年5月に生産開始
共進は、2014年9月に現地部品メーカーと折半出資でカシメ加工や切削加工部品会社UNIPRODUCTS KYOSHIN (INDIA) LTD.(Haryana州)を設立。資本金は約700万円。賃借工場に設備を日本の工場から移転し、2015年5月をめどに生産開始。インドの日系部品メーカーへの納入のほか、欧州やアフリカへの輸出を計画。2017年の売上高目標は1億円。欧米やアジアの部品メーカーを開拓し、日本の工場での受注増にも繋げる。
クラリオン
現地生産は、部品調達のハードルが高く困難
クラリオンは、2014年4月に販売会社Clarion India Private Limited(New Delhi市)を設立し、現地生産も視野にいれていたが、ハードルが高いとしている。現状ではインド国内での部品調達先がなく、中国や東南アジアからの輸入では関税がかかり難しい。(2014年4月報道)
GMB
インドでの現地会社設立を延期
GMBは、韓国子会社のGMB KOREA CORP.を通じて部品販売会社MUMBAI GMB CO., LTD.(Maharashtra州Mumbai市)を2013年12月に設立し、将来的に物流・生産拠点を確保するための現地調査活動を行う計画だったが、2014年7月に設立延期を決定。インドの経済情勢や需要動向を総合的に判断したもの。
シロキ工業
合弁会社を設立し、ウィンドレギュレーターなどを2015年1月に生産開始
シロキ工業は、合弁会社のSHIROKI TECHNICO INDIA PVT. LTD. (Haryana州)を2014年7月に設立。資本金は3億ルピー(約5.2億円)。シロキ工業が50%+1株、残りをインド部品メーカーのTECHNICO INDUSTRIES LTD.が出資。スズキ向けにウィンドレギュレーター、シート部品を2015年1月に生産開始予定。投資額は約20億円。2015年度に売上高19億ルピー(約33億円)を見込む。
住友ゴム
タイヤの新工場建設を2014年中に意思決定
住友ゴムは、現地販売会社Falken Tyre India Private Limited(Haryana州)で2013年4月からファンケルブランドのタイヤ販売を行っており、販売代理店を2014年半ばの約650店から年末までに約800店に拡大し、2015年には68万本の販売を計画。また、重要市場であるため、新工場の建設を2014年中に意思決定する意向。
セーレン
シート生地工場が2013年末に量産開始
セーレンは、SEIREN INDIA PVT. LTD.(Karnataka州)の新工場で2013年末にシート生地を生産開始。2016年には月20万メートルを生産する計画。同社は、世界全体でのシート生地生産量を2013年の月産368万メートルから2016年までに476万メートルまで引き上げる計画。その一環としてインドとインドネシアに新たに生産拠点を立ち上げた。インドネシアでは2016年に同21万メートル生産する計画。
テイ・エステック
シート生産の新工場設立、2014年2月に稼働
テイ・エステックは、TS TECH SUN RAJASTHAN PRIVATE LIMITED(Rajasthan州)の新工場を2014年2月に稼働。ホンダの乗用車第2工場(年産能力12万台)建設に対応し、シートおよび内装品の供給体制を整えた。既存工場と合わせた生産能力は2倍に増加。投資額は約15億円。
東洋シート
シート用機構部品の合弁会社設立、2015年に量産開始
東洋シートは2014年8月、インドの自動車シート大手のBharat Seats Ltd(BSL)を傘下に持つRelan Group of Industriesとシート用機構部品の合弁会社Toyo Sharda India(New Delhi)設立で合意。資本金は約1億円で折半出資。納入先のマルチ・スズキに近いHaryana州のBSLの工場で、2015年8月から量産開始。年産能力はリフターが15万個、リクライナーが20万個。
トヨタ紡織
シートなど内装部品の営業合弁会社設立
トヨタ紡織は、自動車部品事業を行うレラン・グル-プ(Relan Group of Industries)と内装部品の営業活動を行う合弁会社TOYOTA BOSHOKU RELAN INDIA PRIVATE LIMITED(Maharashtra州)を2013年11月に設立。資本金は約1.4億円。トヨタ紡織アジアとSharda Motor Industries Limitedの折半出資。営業活動を強化し、トヨタ以外の売上高比率を高め、シート事業の拡大を図る。
ナブテスコ
商用車用部品の合弁会社に生産ライン新設、ブレーキバルブを2014年6月に生産開始
ナブテスコは、2013年1月に設立した合弁企業Minda Nabtesco Private Limited(Uttarakhand州)に生産ラインを新設。2014年6月から商用車用ブレーキバルブを生産開始。初受注した、ボルボと提携している現地の商用車メーカーEicherに納入。初年度は6000台分を納入する。2013年から2015年度までの3年間に3.5億円を投じて生産ラインを増強し、年産5万台を計画。合弁会社の資本金は約5.7億円。出資比率はインドのNK Mindaグループが51%、ナブテスコオートモーティブが49%。
日鍛バルブ
エンジンバルブ生産工場を2014年8月に立ち上げ
日鍛バルブは、2013年6月にエンジンバルブの生産子会社Nittan India Tech Private Limited(Andhra Pradesh州)を設立。日系二輪車メーカーの現地化ニーズに対応。資本金は約10億円。新工場に日本の本社工場から生産ライン2本を移管し、2014年8月から二輪車向けにエンジンバルブを生産。年500万本を供給する。2015年には2ラインを更に日本から移管し、年産900万本に増強する計画。四輪車向けの需要の動向を見て、更に生産設備を整える方針。
パナソニック
鉛蓄電池の合弁会社を2014年11月に設立
パナソニックは、インドのミンダ インダストリーと二輪・四輪車用鉛蓄電池および産業用蓄電池の開発・製造・販売を行う合弁会社Panasonic Minda Storage Batteries India Pvt. Ltd. (New Delhi) を2014年11月に設立。資本金は16億インドルピー。出資比率はパナソニック60%、UNO MINDA 40%(2015年4月時点)。工場は、ミンダがUttarakhand州に持つ既存拠点を活用し、2015年10月以降に稼働。年産能力は、2018年に200万個を予定。
日立化成
摩擦材の合弁会社工場が2013年に稼働
日立化成は、合弁会社Allied JB Friction Private Limited(Rajasthan州)の工場が2013年7月に稼働。二輪車・四輪車用摩擦材、ブレーキパッドを生産し、日系メーカーに納入。合弁会社の資本金は7億6100万インドルピー。出資比率は、日立化成グループ51%、Allied Nippon Limited 49%。
富士通テン
車載用マルチメディア製品の合弁工場が2013年9月稼働
富士通テンは、合弁会社FUJITSU TEN MINDA INDIA PVT. LTD.(Haryana州)の工場を2013年9月に稼働。資本金は5億2500万インドルピー。出資比率は富士通テン51%、UNOMINDAグループが49%。当初は高級車向けのライン装着用のCDチューナーやディスプレイオーディオを生産し、日系および、現地自動車メーカーに販売。年産能力は45.5万台。今後、市場の動向を見ながら工場の拡張やナビゲーション、スピーカー、ECUなど製品の拡充を検討。
ルネサス
エレクトロニクス
半導体製品の販売・開発子会社設立、2014年4月に営業開始
ルネサスエレクトロニクスは、販売会社のルネサス エレクトロニクス・シンガポールの100%子会社として、Renesas Electronics India Pvt. Ltd.(Karnataka州Bangalore 市)を設立し、2014年4月営業開始。四輪車や白物家電向けのマイコンとアナログ半導体、パワー半導体を組み合わせたキット・ソリューションなどの販売・マーケティングや二輪車向けソリュ-ションの開発を行う。

 

 



生産能力増強・新製品の追加、新会社設立:エイチワン、新日鉄住金、ティラド、住友理工、パイオラックス、リケンなど

 

会社名 活動内容
愛三工業
2014年夏に第2工場稼働、燃料ポンプモジュール、スロットルボディを生産
愛三工業は、AISAN AUTO PARTS INDIA PVT. LTD.(Andhra Pradesh州)の第2工場(Tamil Nadu州Chennai市)が2014年夏に稼働。燃料ポンプモジュールやスロットルボディを生産。稼働当初の年産能力はおのおの約10万個。エンジン工場の増強を図っているトヨタ自動車など現地の日系メーカー向けに供給。
アルファ
現地子会社に増資し、設備投資の拡大、財務基盤を強化
アルファは2014年5月、キ-セットやドアハンドルを製造、販売するAlpha Security Instruments (India) Private Limited(Tamil Nadu州)に約1.36億円を増資。生産能力増強のための設備投資の拡大や財務基盤を強化する。増資後の資本金は、約3.2億円。
アーレスティ
工場建屋を増設し、アルミダイカスト部品の生産能力増強
アーレスティは、Ahresty India Private Limited(Haryana州)のアルミダイカスト部品の生産能力を2015年度までに2013年度比2割以上引き上げる。日系自動車メーカーからの需要増に対応し工場建屋を増設して、3機の鋳造マシンを追加し、2014年7月から生産を開始。2015年度に全面稼働する計画。今後は、ガソリン車向け部品に加えて、ディ-ゼル車向けの受注も目指す。
エイチワン
既存工場のプレス、溶接の生産能力増強、新工場も2014年に稼働
エイチワンは、H‐ONE India PVT.,Ltd.( Uttar Pradesh州)の既存工場に溶接のバルクヘッド・ラインを増設し、2013年11月に稼働。また、600トンTDM(タンデムプレス加工)、300トンTDMのプレス機を増設し、2014年5月に稼働。骨格部品の年間生産台数が10万台分を超えフル生産が続いており、取引先のホンダの生産拡大に対応するとともに、生産性の向上を図る。プレス機の投資額は約2億円。加えて、新工場(Rajasthan州)を建設し、2014年1月に二輪車と四輪車部品の溶接ラインが稼働。さらに建屋を整備し2014年後半には四輪車部品溶接ラインを増設する。2016年には2500トンTRF(トランスファ加工)プレスを導入。これにより二輪・四輪用部品の受注拡大を図る。
尾張精機
第3工場を建設し、MT用シンクロナイザーリングの生産能力拡充
尾張精機は、Owari Precision Products (India) Private Limited (Karnataka州)に第3工場を新設し、MT用のシンクロナイザーリングを2015年から生産する。投資額は約2.3億円。年産能力は450万個。既存2工場の年産能力250万個の1.8倍となる。供給先の日系メーカーの現地調達拡大ニーズに対応。
カネミツ
プーリのボス部一体成型加工品の前工程ラインを新設
カネミツは、2014年度にJBM Kanemitsu Pulleys Private Limited(Haryana州)でエンジン部品などに使われる鋼板製プーリのボス部一体成形加工品の前工程ラインを1ライン新設する。内製化によるコスト低減や生産能力増強を図る。
新日鉄住金
合弁工場で高張力鋼板を2014年5月から生産
新日鉄住金は、TATA STEEL LIMITEDとの合弁会社Jamshedpur Continuous Annealing & Processing Company Private Limited(Jharkhand州)で高張力鋼板の生産を2014年5月に開始。資本金は約158億円。出資比率はTATA STEEL 51%、新日鉄住金49%。工場はTATA STEELの基幹拠点のJamshedpur製鉄所の構内に建設し、設備投資額は約370億円。新日鉄住金から最新鋭設備と最先端の製造技術を提供。年産能力は60万トン。
住友理工
(旧東海ゴム)
住友理工、防振ゴムの第2工場が2013年11月稼働
住友理工(旧東海ゴム工業)は、インド南部のバンガロール近郊に防振ゴム工場をもつTokai Rubber Auto-Parts India Private Ltd.(Karnataka州)の第2工場をRajasthan州に建設。投資額は約13億円。2013年11月から防振ゴムの量産を開始。インド北部のマルチ・スズキやホンダなどの日系メーカー向けに供給する。段階的に生産量を増やし2015年~2016年にフル稼働を予定。売上高は、2015年度に約11億円を見込む。
ティラド
カーエアコン生産の新合弁会社設立、2014年中に工場建設
ティラドは2013年12月、タタグループ部品メーカーとの合弁子会社Tata Toyo Radiator Limited (TTR) が、オーストラリアの大手部品メーカーAir International Thermal Systems (AITS) との間で、折半出資で 合弁会社(Maharashtra州)設立の契約を締結したと発表。2014年中に工場を建設し、カーエアコンの生産を開始する。納入先は、タタ・モーターズなど地場系自動車メーカー。事業資金規模は約3億円。
豊田通商
合成樹脂コンパウンド事業の合弁会社設立、2014年6月から本格生産
豊田通商は、合成樹脂コンパウンド事業の合弁会社Samvardhana Motherson Nippisun Technology Limited.(デリー近郊、Uttar Pradesh州)を2013年3月に設立。資本金は約1.6億円。出資比率は豊田通商グループが31%、日本ピグメントシンガポールが19.5%、マザーソンスミシステムスが49.5%。インド南部のTamil Nadu州Chennai近郊に工場建設し、2014年6月から稼働。日系部品メーカーや地場サプライヤーに合成樹脂の着色やコンパウンド製品を供給。2019年までに売上高40億円を計画。
パイオラックス
現代自向けに開閉機構部品を2014年から生産
パイオラックスは、PIOLAX INDIA PRIVATE LIMITED(Andhra Pradesh州)で樹脂ファスナーを生産しているが、グローブボックス用開閉機構部品を2014年から生産。現代自動車がインド、トルコで生産する小型車向けに受注。
三井金属
自動車排ガス用触媒の第二製造拠点設立、2015年4月に稼働予定
三井金属鉱業は2014年2月、Mitsui Kinzoku Components India Private Limited(Haryana州)の自動車排ガス用触媒の第二製造拠点(Gujarat州)の設立を発表。操業開始は2015年4月(予定)。二輪車を中心とした自動車用触媒と汎用エンジン用触媒を製造する。投資額は第一期が約7億5900万円。
武蔵精密
四輪用鍛造部品の生産能力を2014年に増強
武蔵精密工業は、Musashi Auto Parts India Pvt. Ltd.(Haryana州)工場のカムシャフト、ギア、デファレンシャルなどの四輪用部品の年産能力を2014年春に12万台分から24万台分に増強。主要取引先のホンダのインド第2工場の稼働に合わせて生産体制を拡充。
矢崎総業
インドで9拠点目の工場が2014年に稼働
矢崎総業は、インドで9拠点目のワイヤーハーネス工場をGujarat州に建設。2014年中に稼働する。
リケン
カムシャフト製造の合弁会社設立、工場稼働は2015年12月予定
リケンは、2014年9月に鋳鉄製カムシャフトの合弁会社AMTEK RIKEN CASTING PRIVATE LIMITED(Rajasthan州)を設立。資本金4.3億円。リケングループとインドAMTEKグループの折半出資。新工場は2015年12月に稼働予定。投資額は3億円。リケンが開発した付加価値の高い軽量型カムシャフトも製造する。年産能力は2017年に300万本。ダクタイル鋳造部品も併せて生産。売上高は2017年に10億円程度を見込む。

 

 



事業体制・開発体制強化:FCC、河西工業、日立金属、デンソーなど

 

会社名 活動内容
FCC
クラッチの合弁会社を解消し完全子会社に
FCCは2014年9月、合弁会社FCC RICO LTD(Haryana州)を完全子会社化すると発表。Rico Auto Industries Ltd.との合弁を解消し、全株を2014年11月に約87億円で取得する。二輪・四輪車市場の拡大が見込まれる中、事業基盤を強化し、更なる経営の効率化、管理体制の強化及び意思決定の迅速化を図る。とりわけ二輪車用クラッチ、部品を主力事業とし、シェアの拡大を目指す。
河西工業
内装部品生産の合弁会社を解消し、完全子会社化
河西工業は、内装部品を生産するAntolin Kasai TEK Chennai Private Limited(Tamilnadu州)の合弁を解消し、完全子会社化。2013年のGrupo Antolin 社との提携関係解消に伴うもので、2014年10月末までにAntolin社の保有する50%の全株式を364.7万ユーロ(約5.5億円)で取得。インドでの生産量の拡大を見込み、単独で事業基盤を強化する。
デンソー
インドで開発技術者を5割増員
デンソーは、2015年度までに中国、インド、タイ、ブラジルに設置する4箇所のテクニカルセンター合計で技術者を2014年比5割増の約600人に増員する。現地ニーズを吸い上げ、自動車メーカーの開発の現地化に対応し、地域最適製品の設計を強化し、受注拡大を目指す。インドのコアテクニカルセンターはデリーにある。
日立金属
インドの地場自動車用鋳物製造会社を子会社化、高靱性ダクタイル鋳鉄を生産
日立金属は、韓国子会社の南陽金属(Nam Yang Metals)とHitachi Metals Singapore Pte. Ltd.が2014年4月、技術提携先のインドのRPS VIKAS Castings Pvt. Ltd.(New Delhi市)およびGarima Vikas Metals Pvt. Ltd.(Rajasthan州)に51%出資して子会社とし、自動車用鋳物の高靱性ダクタイル鋳鉄「HNM」を現地生産する。高付加価値鋳物の急速な需要拡大に対応し、供給体制を強化する。Garima Vikasの社名をHNV Castings Private Limited へ変更。同社を存続会社としてRPS VIKASを2014年度中に吸収合併する。
ユーシン
仏Valeoのインド法人持分の取得を中止
ユーシンは2014年1月、仏Valeo社が50%を所有するインドMinda Valeo Security Systems Private Limited(以下MVI)の株式取得を中止すると発表。この株式取得は、2013年5月のValeo社のアクセスメカニズム事業買収契約で合意していたものだが、MVIが敵対的な姿勢を取り、取得に相当の期間を要すると予想され、その影響を考慮。

資料:各社広報資料, 各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>