長安汽車集団:2020年までにグループ販売600万台の達成を目指す

グローバル研究開発体制を構築、自主ブランドモデルを積極投入

2012/10/31

要 約

グループ販売の推移 長安汽車集団の販売台数は2011年以降、マイナス基調が続いている。政府による販売促進策の打ち切りや民族系ブランド(中国メーカー独自の自主ブランド)全体の低迷などが影響し、2011年の通年販売は前年比15.6%減の201万台、2012年1~9月までの累計販売は前年同期比8.5%減の140万台となった。

 グループ販売が伸び悩む中、長安汽車集団では自主ブランドによる市場シェア拡大を目指し、新モデルの積極投入を推進している。2011年初めに5ヵ国9ヵ所から成るグローバル研究開発体制が構築され、現在までに同体制下で開発された「逸動(Eado)」や「悦翔V3(Alsvin V3)」など多数の新モデルが市場投入されている。長安汽車集団は2020年までに生産・販売台数を600万台に拡大すると表明しており、そのうち60%は自主ブランドの売上によって達成する計画。

 外資系メーカーとの合弁事業では、Fordの投資が拡大している。現在、Fordが出資する長安フォードマツダと江鈴汽車では計5つの合弁工場を建設中で、最終的にFordの中国における完成車の生産能力は120万台に達する予定。また、江鈴汽車が大型トラックメーカーの買収を決定したことで、Ford製のトラックが中国市場に導入される可能性も取り沙汰されている。

 PSAとの合弁会社では生産拠点の整備や販売網の構築を進めており、2020年までに生産・販売ともに100万台を達成する計画。2012年6月にはその第1段階として「DSライン」の輸入販売をスタートした。

 一方、日系メーカーとの合弁では、反日デモの影響から9月の販売台数が軒並みマイナスに落ち込んだ。10月にマツダは改良車、スズキは新モデルを投入したが、一部日系メーカーでは引き続き生産調整を行っており、予断を許さない状況が続いている。

関連レポート2012年北京モーターショーでの長安汽車の展示(2012年5月)



販売台数:2012年もマイナス基調が継続

 2011年のグループ販売は前年比15.6%減の201万台に落ち込み、当初の販売目標である240万台には届かなかった。「以旧換新」(買い替え奨励策)や「汽車下郷」(農村部の自動車普及策)など、政府主導による各種販売促進策が2010年末で打ち切られたことが響いたとされる。「汽車下郷」では微型バンや軽型トラックが補助金対象に指定されていたが、長安汽車集団はグループ全体で主要な微型バンを多数ラインナップしており、2009~2010年までのグループ販売に大きく貢献していた。

 2012年以降も依然としてマイナス基調が続いており、1~9月の累計販売は前年比8.5%減の140万台となった。民族系ブランドや商用車全体が低迷していることに加え、9月に発生した反日デモの影響で日系ブランドが販売減となったことも要因と見られる。

長安汽車集団 モデル別販売台数(工場出荷ベース)

(単位:台)
社名 分類 モデル 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-9月
2012年
1-9月
乗用車合計 651,698 1,458,787 1,843,991 1,576,033 1,184,980 1,134,601
長安汽車 轎車 奔奔(Benni)シリーズ 39,036 42,385 78,955 90,056 70,781 53,197
志翔(Zhixiang) 1,153 3,961 4,069 0 0 0
悦翔(Alsvin)シリーズ 28 60,424 103,980 56,672 45,433 36,304
CX30 - - 3,145 15,525 9,724 7,493
CX20 - - 4,449 42,091 29,877 34,268
逸動(Eado) - - - - - 22,031
睿騁(Raeton) - - - - - 63
MPV CM8 2,589 2,124 0 0 0 0
傑勛(Joice) 509 644 15 0 0 0
SUV CS35 - - - - - 365
微型バン 268,720 545,158 722,859 509,895 389,320 372,001
小計 312,035 654,696 917,472 714,239 545,135 525,722
長安
フォード
マツダ
轎車 蒙迪欧(Mondeo) 39,621 44,402 51,586 64,511 42,323 47,364
福克斯(Focus) 112,552 134,360 172,270 188,961 141,578 105,892
新福克斯(New Focus) - - - - - 81,624
嘉年華(Fiesta) - 47,379 75,199 63,990 47,301 38,139
Mazda2 13,692 22,674 21,681 9,037 7,667 2,546
Mazda3 29,225 48,228 68,617 74,022 49,434 55,922
沃爾沃S40(Volvo S40) 5,666 6,143 5,537 5,104 3,824 1,804
沃爾沃S80L(Volvo S80L) - 8,353 11,554 9,780 7,113 3,912
MPV 麦克斯(S-MAX) 3,918 4,600 5,049 3,195 2,775 1,408
小計 204,674 316,139 411,493 418,600 302,015 338,611
長安スズキ 轎車 羚羊(Cultus) 47,291 59,677 41,644 52,243 39,494 27,914
雨燕(Swift) 16,328 31,994 50,989 42,469 30,808 28,883
天語(SX4) 38,886 50,409 65,651 67,424 53,105 35,138
奥拓(Alto) 21,618 0 0 0 0 0
新奥拓(New Alto) - 7,989 41,729 57,872 46,500 41,258
小計 124,123 150,069 200,013 220,008 169,907 133,193
江鈴控股 轎車 陸風風華(Landwind S-Drive) 3,265 801 -4 1 1 0
MPV 陸風風尚(Landwind Fashion) 741 914 472 996 745 265
SUV 陸風(Landwind)ブランドのSUVモデル 4,095 3,833 12,540 13,021 9,672 8,570
宝威(Baowei) 2,765 3,451 4,311 10,792 8,273 8,818
小計 10,866 8,999 17,319 24,810 18,691 17,653
昌河汽車 轎車 北斗星(Wagon R) - 76,138 71,339 58,158 39,722 48,925
利亜納(Liana) - 3,848 3,984 18,510 15,527 5,462
派喜(Splash) - - - 459 1 1,948
愛迪爾(Ideal) - 3,137 1,334 3,809 2,316 2,770
微型バン - 52,662 62,349 39,022 29,480 22,604
小計 - 135,785 139,006 119,958 87,046 81,709
哈飛汽車 轎車 賽馬(Saima) - 5,809 3,191 2,636 2,264 1,650
路宝(Lobo) - 24,940 17,204 3,564 2,523 4,486
賽豹(Saibao) - 3,907 1,184 327 327 281
微型バン - 158,443 137,109 71,891 57,072 31,296
小計 - 193,099 158,688 78,418 62,186 37,713
商用車合計 209,679 411,015 534,807 432,507 348,376 268,897
トラック(シャシー含む) 179,683 374,807 480,147 371,990 302,828 226,764
セミトレーラー 0 0 46 77 58 93
バス 29,996 36,208 54,614 60,440 45,490 42,040
長安汽車集団合計 861,377 1,869,802 2,378,798 2,008,540 1,533,356 1,403,498
(注) 1. 本レポートでは便宜上、各社とも略称を使用する。各社正式名称は以下の通り: 長安汽車(重慶長安汽車股份有限公司)、南京長安汽車(南京長安汽車有限公司)、河北長安汽車(河北長安汽車有限公司)、北京長安汽車(北京長安汽車有限公司)、江鈴控股(江鈴控股有限公司)、江鈴汽車(江鈴汽車股份有限公司)、長安重型汽車(太原長安重型汽車有限公司)、長安スズキ(重慶長安鈴木汽車有限公司)、長安フォードマツダ(長安福特馬自達汽車有限公司)、長安跨越車両(重慶長安跨越車両有限公司)、長安客車(保定長安客車製造有限公司)、昌河汽車(江西昌河汽車有限責任公司)、昌河スズキ(江西昌河鈴木汽車有限責任公司)、合肥昌河汽車(合肥昌河汽車有限責任公司)、哈飛汽車(哈爾浜哈飛汽車工業集団有限公司)、哈飛汽車股份(哈飛汽車股份有限公司)、長安PSA(長安標致雪鉄龍汽車有限公司)
2. 江鈴控股のデータには江鈴汽車、昌河汽車のデータには昌河スズキの販売台数が含まれる。
3. 商用車のデータには長安汽車と江鈴控股、昌河汽車、哈飛汽車、長安客車、長安重型汽車、長安跨越車両の販売台数が含まれる。
4. 昌河汽車と昌河スズキ、哈飛汽車の3社は元々、中国航空工業集団の傘下に所属する自動車メーカーであった。2009年11月に中国航空工業集団と中国兵器装備集団が双方の自動車事業を再編して新・長安汽車集団を設立した際、3社とも同新集団の傘下に編入された。
5. 長安フォードマツダは2012年初めに3代目「Ford Focus」(中国名:福克斯)を導入、「新福克斯(New Focus)」の名称で2代目との併売を開始した。
6. 「Mazda3」の2011年及び2012年1~9月のデータには、2代目「Axela」の中国仕様車「Mazda3星騁(Mazda3xingcheng)」の販売台数も含まれる。同モデルは現在、1代目と併売されている。
7. 長安フォードマツダは、2006年から重慶第1工場でVolvoモデルの生産を開始した。「S40」は2015年、「S80L」は2018年に契約期間が満了となる。
8. 長安スズキの「天語(SX4)」は、ハッチバックが「天語SX4(Tianyu SX4)」、セダンが「天語尚悦(Tianyu Shangyue)」とモデル名が分けられている。

 

 



生産体制:国内外で新規拠点の建設を推進

国内生産体制

長安汽車集団 完成車生産能力一覧

(単位:台)
社名 工場 2012年10月時点 計画 生産モデル
長安
汽車
長安汽車 重慶江北工場 *30万 *30万 長安之星S460(Chana Star S460), 長安之星2(Chana Star 2), 長安金牛星(Chana Jinniuxing)等
重慶渝北工場 40万 40万 逸動(Eado), 奔奔Mini(Benni Mini), 奔奔Love(Benni Love), 悦翔(Alsvin), 悦翔V5(Alsvin V5), CX30, CX20, 睿騁(Raeton), CS35等
長安汽車
魚嘴千億汽車城
(重慶市江北区)
30万
(2011年3月稼動)
80万
(2015年)
小排気量車, 新エネルギー車
南京長安汽車 江蘇省南京工場 *30万 *30万 長安之星(Chana Star)シリーズ
河北長安汽車 河北省定州既存工場 *21万 *50万
(2015年)
長安星光4500(Chana Star Light 4500), 長安星卡(Chana Star Truck), 新長安之星(New Chana Star)等
河北省定州新工場 *21万
北京長安汽車 北京工場 2010年9月着工 20万
(2012年第1期完工)
→50万
(2015年第2期完工)
[予定] 悦翔V5(Alsvin V5), 睿騁(Raeton)
江鈴控股 江西省昌北工場 5万 5万 陸風(Landwind)X8, 陸風X9, 陸風X6, 陸風風尚(Fashion); [予定] 陸風X5
江鈴
汽車
江西省既存工場 *20万 *20万 馭勝(Yusheng), 宝威(Baowei), 宝典(Baodian), 江鈴凱鋭(Kairui), 新世代全順(New Generation Transit), 経典全順(Classic Transit)等
江西省小藍工場 2007年11月着工 *20万
(最大30万, 2013年前半稼動)
[予定] 新一代全順(all-new Ford Transit), U375
長安重型汽車
(山西省太原工場)
*1.5万 *5万 トラック, トラクター, 特殊車両
長安スズキ 重慶第1工場 25万 25万 天語SX4(Tianyu SX4), 天語尚悦(Tianyu Shangyue), 雨燕(Swift), 新奥拓(New Alto), 羚羊(Cultus)
重慶第2工場 2012年4月着工 10万
(2013年末第1期完工, 稼動)
スズキの新モデル2車種
長安フォードマツダ 重慶第1工場 25万 25万 蒙迪欧-致勝(Mondeo-Zhisheng), 経典福克斯(Jingdian Focus), 麦克斯(S-MAX), 沃爾沃S40(Volvo S40), 沃爾沃S80L(Volvo S80L)
重慶第2工場 15万
(2012年2月稼動)
15万 新福克斯(New Focus); [予定] 全新翼搏(New Ecosport), 全新翼虎(New Kuga)
重慶第3工場 2012年8月着工 35万
(2014年後半稼動)
[予定] 中高級車
浙江省杭州工場 2012年8月着工 25万
(2015年稼動)
[予測] 林肯(Lincoln)
江蘇省南京工場 24万 24万 Mazda3星騁(Mazda3xingcheng), Mazda3, New Mazda2, 嘉年華(Fiesta); [予定] CX-5
長安跨越車両 重慶江北工場 *5万 *5万 勛竜(Crossover), 帥豹(Spruce Leopard), 威豹(Power Leopard), 星豹(Star Leopard)
重慶万州現有工場
重慶万州新工場 *15万
(2011年10月稼動)
*15万
長安客車 河北省定州工場 *1万 *1万 バス
昌河汽車 昌河
スズキ
江西省景德鎮工場 10万 20万 北斗星(Wagon R), 浪迪(Landy), 愛迪爾A+(Ideal A+)
江西省九江工場 10万 20万(2015年) 利亜納(Liana), 派喜(Splash)
合肥
昌河
汽車
合肥新工場 *15万
(2011年11月稼動)
*30万(最大40万)
(2013年第2期着工,2015年稼動)
福瑞達(Freedom), 福運(Fuyun)
哈飛汽車 哈飛汽車股份
(黒龍江省ハルビン工場)
35万 *50-60万 賽馬(Saima), 路宝(Lobo), 賽豹(Saibao), 哈飛駿意(Hafei Junyi), 新民意(Hafei Minyi), 路尊小霸王(Luzun), 民意(Minyi Pick-up), 中意(Zhongyi Pick-up), 悦翔V3(Alsvin V3)
威海分公司
(山東省威海工場)
5万
長安PSA 広東省深セン工場 2011年11月着工 *20万
(2013年半ば稼動)
[予定] DSライン, PSAブランド, 長安ブランド, 長安PSA独自の自主ブランド
(注) 1. 「*」印は商用車の生産能力または商用車を含む生産能力。
2. 江鈴汽車は2013年8月までに「全順(Transit)」の生産を小藍工場に移管する予定。

 

海外CKD拠点

長安汽車

国名 提携先 生産拠点 生産モデル
マレーシア Berjaya Corporation Berhad Oriental Assemblers Sdn. Bhd.
所在地:Johor Baru
奔奔(Benni) *現地名:ERA CV6, CM8 *現地名:ERA CM8, 長安星卡(Chana Star Truck) *現地名:ERA Star
イラン Pars Industrial Development Foundation (PIDF) 共同建設した生産ライン 奔奔(Benni)
ナイジェリア PAN Nigeria Limited PANの傘下工場
所在地:Kaduna
悦翔(Alsvin)

江鈴汽車

ベトナム Ford Vietnam Ltd. Haiduong Assembly Factory
所在地:Nam Sach, Hai Duong
江鈴汽車が新世代全順(New Generation Transit)のCKD部品を輸出

哈飛汽車

マレーシア Naza Group of Companies Naza Automotive Manufacturing Sdn Bhd (NAM)
所在地:Gurun
路宝(Lobo) *現地名:Naza Forza
ベトナム Vinamotor Vinamotorの傘下工場 1列シートトラック
イラン KERMAN Group KERMANの傘下工場 路宝(Lobo)等

長安跨越車両

ベトナム Sanyang Motor Vietnam Co., Ltd.(SMV) SMVの傘下工場 長安新豹(Xinbao)
アメリカ Tiger Truck LLC 合弁工場
所在地:Poteau, Oklahoma
長安星豹(Star Leopard) *現地名:Champ, 長安星卡(Chana Star Truck) *現地名:Star

 

長安汽車、パラグアイに生産ライン建設を計画

 長安汽車は2012年10月、パラグアイの現地企業と生産ラインの建設プロジェクトに調印した。両社はパラグアイに生産ライン1本を建設し、長安汽車ブランドの商用車を生産する計画。現地企業は販売も請け負い、2年以内に旗艦店を含む27店舗の販売網を構築する。パラグアイが国外メーカーの生産ラインを導入するのはこれが初めてになるという。

 

哈飛汽車、2014年にブラジルでKD生産開始

 哈飛汽車は2012年8月、ブラジルで自動車貿易を手掛けるCN Autoと技術移転に関する協議書を締結した。哈飛汽車が技術移転とKD部品の提供を行い、CN Autoが独自資本で生産ラインを建設する。KD生産のほか、販売についてもCN Autoが請け負うという。CN Autoはブラジルの東南に位置するエスピリトサント州(Espirito Santo)に年産5万台の生産ラインを建設する。敷地面積は100万平方メートルで、2013年に着工、2014年の稼動を目指す。当初は「新民意(Hafei Minyi)」シリーズを中心に生産する計画。
 哈飛汽車は2005年にブラジル市場に進出して以来、現地ユーザーの好評を得て売上を伸ばし、保有台数は現在4万台超に達している。CN Autoとは2008年から提携しており、現在までに70店余りの販売網を構築したという。

 

 



自主ブランド事業:研究開発体制を強化し、新モデルを積極投入

グローバル規模の研究開発体制を構築

 長安汽車は2011年1月に9ヵ所目となるR&Dセンターを米国で立ち上げ、グローバル規模の研究開発体制の構築を完了した。現在は中国(重慶・上海・北京・ハルビン・江西) とイタリア(トリノ)、日本(横浜)、英国(ノッティンガム)、米国(デトロイト)の5ヵ国9ヵ所で自主ブランドのR&Dセンターを稼動している。重慶は研究開発本部として全体計画の策定やシステムの統合などに従事し、上海は工程設計やグローバル人材の登用、北京は政策や法規、新エネルギー技術の研究開発に取り組んでいる。また、ハルビンや江西ではグループ傘下の自主ブランドメーカーである哈飛汽車や昌河汽車の研究開発をサポートする。

 一方海外拠点では、イタリアがデザイン設計、日本が内外装、英国がパワートレイン、米国がシャシーの研究開発に注力している。5ヵ国9ヵ所全てのR&Dセンターが24時間体制で連携を取り合い、研究開発の体制強化を進めているという。長安汽車はグローバル規模の研究開発を通じて自主開発能力を向上すると共に、企業のコア・コンピタンスを高めていく方針。

 

新モデルの積極投入で市場シェア拡大を目指す

 長安汽車は2012年以降、自主ブランドの新モデルを積極的に投入している。9月末までに「欧諾(Honor)」や「逸動(Eado)」、「悦翔V3(Alsvin V3)」など計4車種の自主ブランドモデルが発売された。そのうち3月に発売された「逸動(Eado)」は、長安汽車が2011年フランクフルトモーターショーに唯一の中国メーカーとして出展した際、初公開された中級セダン。設計はイタリア、内装は日本、シャシーは米国、パワートレインは英国のR&Dセンターが担当した。「欧諾(Honor)」や「悦翔V3(Alsvin V3)」、また発売予定の「睿騁(Raeton)」なども5ヵ国9ヵ所のR&Dセンターを通じて開発された新モデルで、グローバル基準の自主ブランドモデルを投入することで市場での競争力向上を促進する意向と見られる。

長安汽車 新モデル投入状況・計画

乗用車 発売時期 概要
逸動(Eado) 2012年3月  中級セダン。パワートレインの自主ブランド「Bluecore」の1.6L自然吸気エンジン(最高出力92kW、最大トルク160Nm)を搭載。吸排気連続可変バルブタイミング機構(DVVT)とBoschのアイドリングストップ機構(STT)を採用しており、燃費は6.2L/100km。トランスミッションには5速MTまたはアイシン精機から輸入した4速マニュアルモード付AT(6月に追加設定)を組み合わせる。2012年は4.5万台、将来的には10~20万台の販売目標を達成する計画。2013年には1.5L直噴ターボエンジンとDCTの搭載モデルも追加設定する予定。
悦翔V3
(Alsvin V3)
2012年6月  3年を費やして開発されたエントリーセダン。マルチポイントインジェクション(MPI)を採用した1.3L全アルミ製エンジン(最高出力69kW、最大トルク121Nm)を搭載、燃費は5.6L/100km。
悦翔V5
(Alsvin V5)
2012年9月  既存モデル「悦翔(Alsvin)」を改良したエコノミーセダン。DOHCやDVVT技術を採用した「Bluecore」ブランドの1.5Lエンジン(最高出力84kW、最大トルク145Nm)を搭載。また、チャイナ・ユニコムの3Gサービス「沃(Wo)」を利用した車載情報システム「In Call」を標準装備した。
CS35 2012年10月  長安汽車が自主開発した初の都市型コンパクトSUV。2011年フランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトカー「S101」の量産車で、2012年北京モーターショーで初公開された。「逸動(Eado)」とプラットフォームを共有し、パワートレインにも同じく「Bluecore」ブランドの1.6L自然吸気エンジンを搭載する。トランスミッションには5速MTまたはアイシン精機の4速マニュアルモード付AT(2013年初頭に追加発売)を用意した。
睿騁(Raeton) 2012年11月  2012年北京モーターショーで初公開された中高級セダン。全長4,920mm×全幅1,825mm×全高1,500mmで、軸距は2,800mm。1.8Lターボエンジンまたは可変バルブタイミング機構(VVT)を採用した2.0Lエンジンを搭載する。
商用車 発売時期  概要
欧諾(Honor) 2012年2月  社用向けのコンパクトMPV。中小企業のユーザーがビジネスや通勤時に使用することを想定した。最大の競合モデルは上汽通用五菱汽車の「五菱宏光(Wuling Hongguang)」。パワートレインには1.3Lまたは三菱の1.5Lエンジンを搭載。アイドリング時の車内騒音は42dBで、時速80kmで走行した場合も68dBと静か。3,500Lの車室空間を確保しており、シートは5、7、8座席から選択できる。
新長安之星
(New Chana Star)
2012年10月  微型車「長安之星(Chana Star)」の3代目。全長3,980mm×全幅1,620mm×全高1,890mmで、軸距は2,560mm。1.2Lエンジンを搭載、最高出力は72kW、最大トルクは119Nm。現行の「長安之星」シリーズと併売される。

江鈴控股 新モデル投入状況・計画

乗用車 発売時期 概要
陸風X5
(Landwind X5)
2013年初頭  陸風ブランドでは初となるモノコックボディを採用した都市型SUV(内部コードE31)。全長4,568mm×全幅1,855mm×全高1,708mmで、軸距は2,660mm。パワートレインに三菱の2.0Lターボエンジン「4G63T」(最高出力130kW、最大トルク250Nm)を搭載、盛瑞伝動股份有限公司(Shengrui Transmission Co., Ltd.)の8速ATを組み合わせる。8速ATの採用は国内のSUVでは初となる。2012年広州モーターショーで発表された後、2013年初頭に市場投入される見通し。

江鈴汽車 新モデル投入状況・計画

商用車 発売時期  概要
域虎(Yuhu) 2012年7月  ハイエンドピックアップ。車体サイズは2WDが全長5,325mm×全幅1,828mm×全高1,710mm、4WDが全長5,325mm×全幅1,905mm×全高1,815mmで、軸距は3085mm。ガソリンエンジンまたはFordの2.4Lディーゼルエンジン「JX4D24」を搭載。安全性能として、BoschのEBD付きABS(8.0バージョン)を標準装備する。
J10 2013年
後半以降
 ピックアップ。既存のピックアップモデルのプラットフォームをベースに開発される。
N800 2013
~2014年
 中型トラック
J12 2014年
後半以降
 海外市場の開拓を目指し、既存のピックアップをベースに開発する右ハンドルモデル。2014年後半に生産を開始する予定。投資総額は3,930万元に上るという。

哈飛汽車 新モデル投入状況・計画

商用車 発売時期  概要
新民意
(Hafei Minyi)
2012年4月  商用微型バン「民意」のフルモデルチェンジ車。全長3,735mm×全幅1,510mm×全高1,890mmで、軸距は2,370mm。排気量970ccのエンジンを搭載、5速MTを組み合わせる。2014年にブラジルでKD生産を始める予定。

 

 



Fordとの合弁事業:新モデル投入に向け投資を拡大

長安フォードマツダの分割計画を当局が承認

 長安汽車、Ford、マツダは2012年8月、3社の合弁会社である長安フォードマツダを2社に分割する計画が国家発展改革委員会の承認を得たとする共同声明を発表した。

 発表によると、Fordとマツダは各社ともに長安汽車と折半出資の合弁会社を新たに設立する計画。両社とも現在(3社合弁)より出資比率が拡大するため、合弁会社での発言権が増すことになる。但し新合弁の設立までには、引き続き中国商務部や国家工商行政管理総局など関連機関での審査に通過する必要があるという。

分割計画の概要

分割前
社名 長安福特馬自達汽車有限公司(Changan Ford Mazda Automobile Co., Ltd.)
出資比率 長安汽車50%、Ford35%、マツダ15%
本部所在地 重慶市
生産拠点 完成車:重慶第1~3工場、杭州工場、南京工場 *重慶第3工場と杭州工場は現在建設中
パワートレイン:重慶市に建設中のエンジン工場とトランスミッション工場、南京市にある既存のエンジン工場(長安福特馬自達発動機有限公司)
生産モデル Fordブランド、マツダブランド、Volvoブランド
分割後
社名 長安福特汽車有限公司(長安フォード)
Changan Ford Automobile (temporary name)
長安馬自達汽車有限公司(長安マツダ)
Changan Mazda Automobile (temporary name)
出資比率 長安汽車50%、Ford50% 長安汽車50%、マツダ50%
本部所在地 重慶市 江蘇省南京市
生産拠点(予測) 完成車:重慶第1~3工場、杭州工場
パワートレイン:重慶市に建設中のエンジン工場とトランスミッション工場
完成車:南京工場
パワートレイン:南京市にある既存のエンジン工場(長安福特馬自達発動機有限公司)
生産モデル Fordブランド マツダブランド
(注) 1. 重慶市に建設中のエンジン工場は、2011年6月に北部新区で着工された。生産能力40万基を整備し、2013年に稼動を開始する予定。既存工場(長安福特馬自達発動機有限公司)の35万基を含めると、長安フォードマツダ全体の生産能力は75万基に達するという。
2. エンジン工場に続き、2011年9月に重慶市でトランスミッション工場が着工された。2013年第4四半期に稼動を開始し、重慶工場の生産モデル向けに6速ATを製造する予定。初期生産能力は40万基に達するという。長安フォードマツダがトランスミッション工場を建設するのはこれが始めて。
3. 分割後の生産拠点は報道ベースの予測であり、公式発表はされていない。杭州工場にはマツダも出資しており、最終的な帰属先は不確定とみる報道もある。
4. 現在南京工場で生産している「嘉年華(Fiesta)」は、分割後に長安フォードの傘下工場に移管される予定。

 

Ford、中国市場への投資を拡大

 Fordは2015年までに中国市場へ新モデル15車種と先進パワートレイン20機種を投入すると表明しており、現地パートナーと共に新工場の建設を加速している。2011年には重慶市にエンジン工場とパワートレイン工場を着工。2012年にも2月に重慶第2工場を稼動したほか、8月に重慶第3工場と杭州工場を相次いで着工した。これら新規の投資額は総計で31億米ドルに上っている。

 新モデル15車種のうち、第1弾モデルの「新福克斯(New Focus)」が2012年4月に発売された。下表では2014年後半の投入が発表された高級車ブランド「Lincoln」も含め、メディアの予測を交えて投入予定の新モデルをまとめた。

Fordブランド

導入形態 モデル 発売時期 概要
現地生産 新福克斯
(all-new Ford Focus)
2012年4月  重慶第2工場に投入された3代目「Ford Focus」。2012年5月に旧型を改良した「経典福克斯」が投入され、現在新・旧型モデルが併売されている。新型はハイエンド、旧型はミドルエンドの中級車市場でシェア獲得を目指す意向。
全新翼虎
(all-new Ford Kuga)
2012年11月  コンパクトSUVの3代目「Ford Kuga」(「Escape」の中国仕様車)。2012年10月に北京で現地生産車が公開された。1.6Lまたは2.0Lの「EcoBoost」ターボエンジンを搭載。テレマティクスシステム「SYNC」やヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)「MyFord Touch」も装備する。2012年広州モーターショーで発売される見通し。
全新翼搏
(all-new Ford Ecosport)
2013年初め  小型SUVの2代目「Ford EcoSport」。2012年末に重慶第2工場で生産が開始され、2013年初めに市場投入される見通し。1.0Lの「EcoBoost」3気筒エンジンまたは吸排気連続可変バルブタイミング機構(Ti-VCT)を採用した1.5Lエンジンを搭載。
新一代全順
(all-new Ford Transit)
2015年  「経典全順(Classic Transit)」のフルモデルチェンジ。Fordが第2株主として30%を出資する江鈴汽車の小藍工場で生産する。
U375 2015年  「T6」プラットフォームをベースとするフォードの新型SUV。江鈴汽車の小藍工場で生産する。
輸入 探険者
(Explorer)
2013年  中型SUV。「Ti-VCT」を採用した3.5LのV6エンジンを搭載。当初は輸入販売から初め、2015年に江鈴汽車で現地生産を開始する見通し。4WDの最適な設定を選べる電子制御システム「Terrain Management System」を搭載する。
全新福克斯ST
(all-new Ford Focus ST)
2013年  2012年北京モーターショーでアジア初公開となった3代目「Ford Focus ST」(「Ford Focus」の高性能車)。2.0Lの「EcoBoost」4気筒エンジンに6速MTを組み合わせる。Fordの独工場で生産し、中国市場に輸出する。

Lincolnブランド

導入形態 モデル 発売時期 概要
輸入 MKZ/MKS/MKX/MKT/
領航員(Navigator)
2014年後半  左記5車種を投入する計画と報じられている。そのうち、「MKZ」は現地生産される可能性が高いとされる。

(注) 現地メディアでは上記モデルのほか、「蒙迪欧(Mondeo)」と「麦克斯(S-MAX)」のフルモデルチェンジ車、「嘉年華」(Fiesta)のマイナー/フルモデルチェンジ車、「鋭界(Edge)」の現地生産車を投入する計画と報じている。既存モデル以外にも、「Ka」(コンセプトカー「Start」ベース)や「金牛星(Taurus)」、「野馬(Mustang)」、「B-MAX」、「C-MAX」、「Galaxy」、「Flex」の投入が推測されている。

 

Ford、トラック事業に参入の見通し

 Fordが第2株主として30%を出資する江鈴汽車は、2012年8月に山西省太原市の大型トラックメーカー、長安重型汽車を自社傘下に再編すると発表した。長安重型汽車は長安汽車集団の直属メーカー(長安汽車集団80%、中国兵器装備集団20%)であったが、再編により江鈴汽車の完全子会社となる。江鈴汽車は今回の再編に対しFordから大きな支持が得られたとしており、メディアではFord製のトラックが将来的に中国市場に導入される可能性が高いと見ている。

 



PSAとの合弁事業:「DS」ラインの輸入販売を開始

 長安汽車集団とPSAは2011年11月、広東省深セン市に合弁会社「長安標致雪鉄龍汽車有限公司(Changan PSA Automobiles Co., Ltd.、以下長安PSA)」を設立した。資本金は40億元で両社が折半出資する。現在はCitroenの高級車シリーズ「DS」ラインの輸入販売のみ行っており、現地生産は2013年半ばに開始する予定。両社は中国の自動車ユーザー、特に高級車志向のユーザーが個性を重視する時代になったと見ており、デザインに特徴のある独創的な「DS」ラインを投入することで、市場シェアのさらなる拡大を目指すとしている。

モデル投入計画

第1段階/輸入販売  2012年6月にBクラス「DS5」とAクラス「DS4」、9月にA0クラス「DS3」の輸入販売を開始。Citroenの「DSライン」が中国市場に投入されたのはこれが初めて。
第2段階/現地生産化  2013年半ばに完成車工場が稼動、「DS」ラインの現地生産を開始。当初の現地生産化率は50%とする計画。「DS5」の生産から始める予定で、生産開始後は輸入販売を停止する。
第3段階/既存・新ブランド投入  将来的に長安汽車集団とPSAの傘下ブランド、及び長安PSA独自の自主ブランドも投入する計画。

生産体制の整備

完成車工場  長安PSAは2007年6月に生産停止となった哈飛汽車の深セン工場を引き継ぎ、同工場を基盤とする新たな生産拠点を建設中。敷地面積は新規に取得した工場用地を含めて130万平方メートルに達している。「DS」ラインの生産設備は全て新設する計画で、哈飛汽車の既存設備や用地については、合弁独自の自主ブランドの生産に充てる見通しとも報じられている。2013年半ばに完成車20万台の生産能力を整備し、稼動開始となる予定。
エンジン工場  2012年5月に完成車工場の南側で着工された。敷地面積は約2.45万平方メートル。第1期工事で機械加工ライン4本と組立ライン1本を建設する。初期生産能力は20万基とする計画。
R&Dセンター  完成車、エンジン工場と共に現在建設中。将来的に長安汽車集団及びPSAの既存のR&Dセンターと設計や技術資源の共用を図る考え。

販売網の構築

 2012年6月に南京で最初の専売店「DS Store」が開業して以来、現在までに深センや北京、上海、広州など各地で計9店舗が相次いで開業している。計画によると、2012年末までに全国24ヵ所の主要都市で「DS Store」24店舗を設立する予定。その後、2013年末までに55都市で80店舗、2014年末までに75都市で130店舗、2015年末までに111都市で200店舗の販売体制へと拡張していく。2020年までに生産・販売ともに100万台の達成を目指す。

 

 



日系メーカー(スズキ・マツダ)との合弁事業:反日デモが生産体制と販売に影響

 9月に発生した反日デモの影響を受け、長安スズキの重慶工場では一時操業を昼間のみに短縮する減産措置が採られた。長安フォードマツダの南京工場(マツダ車を生産)でも国慶節の長期休暇を2日間前倒しして休業に入ったが、これについては2013年に投入する「CX-5」の生産準備の為であったと説明している。連休が明けた8日には2工場とも通常生産を再開したことが確認されたが、今後も予断を許さない状況は続くと見られる。

 日系ブランド全体が低迷したことで、9月単月の販売はマツダ、スズキの合弁ともに落ち込むこととなった。長安スズキは前年同月比48.3%減の1万649台、マツダは現地生産している「Mazda2」と「Mazda3」の販売が同27.7%減の4,299台となった(数値は全て工場出荷ベース)。

 販売が落ち込む中、10月にマツダは改良車、スズキは新モデルを投入した。以下は両社の新モデル投入状況と計画をまとめたもの。

マツダの新モデル投入状況・計画

モデル名 発売時期 概要
新Mazda2 2012年10月  3代目「Mazda2」(日本名:Demio)の改良車。フロントグリルを広げてフェイスデザインを変更した。南京工場のある江蘇省では9月22日から先行販売されていた。
CX-5 2013年  新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載したクロスオーバーSUV。中国では2012年北京モーターショーで初公開された。7月から長安フォードマツダの販売網を通じて輸入販売を開始しており、2013年に同社の南京工場で現地生産を始める予定。
新Mazda3 2014年  3代目「Mazda3」(日本名:Axela)。2013年半ばに海外で発表、2014年までに中国で現地生産を開始する見通しと報じられている。

 

スズキの新モデル投入状況・計画

モデル名 発売時期 概要
北斗星X5 2012年10月  昌河スズキが生産する既存の「北斗星」をベースに開発されたクロスオーバータイプの小型車。全長3,664mm×全幅1,610mm×全高1722mmで、軸距は2,485mm。車室空間は3,230L、ラゲッジスペースは890Lを確保した。1.4L「K14B」エンジン(最高出力70kW、最大トルク112Nm)を搭載、5速MTを組み合わせる。
Ertiga n.a.  7シートMPV。長安スズキで現地生産する見通しと報じられている。

(注) 長安スズキは2015年までに「Ertiga」、SUV、Bクラス車を含む新モデル7車種を投入する計画。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>