ITS World Congress 2022(2):サステナビリティ・ソリューションの深化

データ、インフラ、EVを活用するクリーン環境に向けたプロジェクト

2022/11/28

要約

ITS World Congress 2022 exhibition entrance
ITS World Congress 2022 会場入口

 2022年9月18日から22日まで、米国カリフォルニア州ロサンゼルスでITS(Intelligent Transportation Systems/インテリジェント交通システム)世界会議2022が開催された。ITS世界会議は当初、2020年にロサンゼルスで開催される予定であったが、コロナウイルスのパンデミックにより延期となった。ITS世界会議2022には、64カ国から6,000人以上の出席者、300社以上の企業が参加し、5日間にわたって180回のパネルセッションと教育セッションが行われた。ITS世界会議2022のテーマは「交通による変革(Transformation by Transportation)」であり、インテリジェント交通システムと技術によって生み出される可能性のある変化が重視された。

 気候変動への関心が高まる中、ITS世界会議2022では、いくつかのパネルでサステナビリティに焦点が当てられた。あるセッションでは、交通システムにおけるサステナビリティ向上のためのデータ活用にスポットが当てられた。また、別のパネルでは、市街地や都市環境におけるサステナビリティソリューションの重要性が強調された。全体セッションでは、各地域でのサステナビリティのためのITSソリューションについて短いディスカッションが行われた。最後に、あるセッションでは、サステナビリティとモビリティを測定し、改善するための具体的なプロジェクトが紹介された。

 本稿は、ITS世界会議2022で発表された内容を紹介する2回のレポートの2回目である。本稿では、交通システムや技術に関連したサステナビリティをテーマに議論が行われたパネルセッションを紹介する。1回目のレポートでは、安全性をテーマにしたセッションを取り上げた。

 

関連レポート:
ITS World Congress 2022(1):道路の安全性に対する関心の高まり(2022年11月)
2030年までの電動化 - 自動車メーカー各社の計画(2022年11月)
米国市場:半導体生産拡大とEV普及に向けた政策(2022年10月)
自動車業界のカーボンニュートラルに向けた取り組み(2022年7月)