ITS World Congress 2022(1):道路の安全性に対する関心の高まり

交通事故死亡者の増加に伴う、先進技術、道路設計の見直し、新しい戦略の必要性

2022/11/16

要約

ITS World Congress 2022 main stage
ITS World Congress 2022 メインステージ

 2022年9月18日から22日まで、米国カリフォルニア州ロサンゼルスでITS(Intelligent Transportation Systems/インテリジェント交通システム)世界会議2022が開催された。ITS世界会議は当初、2020年にロサンゼルスで開催される予定であったが、コロナウイルスのパンデミックにより延期となった。ITS世界会議2022には、64ヵ国から6,000人以上の出席者、300社以上の企業が参加し、5日間にわたって180回のパネルセッションと教育セッションが行われた。ITS世界会議2022のテーマは「交通による変革(Transformation by Transportation)」であり、インテリジェント交通システムと技術によって生み出される可能性のある変化が重視された。

 ITS世界会議2022で議論された懸案事項の1つは、安全性向上の必要性である。複数のセッションにおいて、道路交通で利用される技術が向上しているにもかかわらず、米国の交通事故死者数が増加している傾向に焦点が当てられた。全体セッションでは、道路交通の安全性を向上させて交通事故死者数の増加傾向に歯止めをかけ、安全システムアプローチの利用を促進する必要性が強調された。もう1つの教育セッションでは、安全性を向上させるための、企業、学術機関、政府機関によるプロジェクト、技術、取り組みが紹介された。最後に、1つのセッションで各州の交通部門の代表者が、安全と、各組織が実施している対策についての見解を示した。

 本稿は、ITS世界会議2022で紹介された内容に焦点を当てた2回のレポートの1回目である。本稿では、現在の交通環境における安全性をテーマにしたパネルセッションと、道路交通の安全性を向上させる方法に焦点を当てる。

 

関連レポート:
オートモーティブワールド秋2022:自動運転、ADAS(2022年10月)
人とくるまのテクノロジー展2022名古屋:自動運転・ADAS(2022年8月)
WCX 2022 (1) データと自動化により、増加する最新の車両機能と課題(2022年5月)
Mobile World Congress 2022 バルセロナ (3) 5G、V2X(2022年5月)