ホンダ フィット ハイブリッド分解調査:HEV用1.5Lエンジンの解説

高膨張比(アトキンソン)、可変バルブタイミング/リフトなど

2020/11/05

要約

分解作業は埼玉自動車大学校の協力で行われた
フィット ハイブリッドの分解作業は埼玉自動車大学校の協力で行われた。
車両グレードはe:HEV CROSSTAR FF

  本レポートは埼玉県産業振興公社・次世代自動車支援センターの主催で2020年9月16~17日(車両分解見学会)、10月1~2日(分解部品展示確認会)に行われたホンダ フィット ハイブリッド分解研究会を取材したものである。

  2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダ フィットは、ハイブリッド機構を刷新し、上級車のシステムを取り入れた。分解エンジンはハイブリッド専用の1.5L(ガソリン車は1.3L)で、ハイブリッド機構の変更により発電用途が主体となったが、高速巡行などエンジン動力のみでも走行する。エンジン/モーターの動力混合は急坂・急加速など、ごく限られた条件のみで行う。

 

関連レポート:
ホンダ フィット ハイブリッド分解調査:電動コンポーネント (2020年10月)
マークラインズオンライン展示会2020:電動化関連技術 (2020年9月)
オートモーティブワールド2020:低燃費エンジン技術 (2020年2月)
東京モーターショー2019:日産、ホンダと三菱自の電動車の出展 (2019年11月)