北京モーターショー2020:吉利汽車、長城汽車、BYD

Geelyグループの電動コンセプトカー、長城汽車初のEVピックアップ、BYD王朝シリーズのEVとPHVなど

2020/10/08

要約

長城汽車のブース

 本レポートでは、民営自主ブランドの代表格であるGeelyグループ(吉利集団)、長城汽車、BYDの2020年北京モーターショーの展示概況を報告する。主に新エネルギー車(NEV)に焦点を当てるとともに、一部の主要な内燃機関車も取り上げる。

 Geelyグループは、吉利汽車、Lynk & Co、Polestar、Geometryなどのブランド車を北京モーターショーで披露した。 この中でも、吉利汽車のコンパクトセダン「Xing Rui(星瑞)」の周囲には多くの人が集まっていた。また、傘下ブランドのLynk & Coのコンセプトモデル「ZERO concept」及びEVプラットフォーム「SEA」を発表したほか、Polestarのコンセプトモデル「Precept」も注目を集めていた。長城汽車では、新プラットフォーム「Lemon(檸檬)」及び「Tank(担克)」をベースとした新型車を多数披露。また、長城ピックアップトラックのグローバル化戦略を発表した。BYDは、2021年モデルの唐DM、漢EV、宋PLUSのほか、ブレードバッテリー、DM-pプラットフォーム、1.5Lターボ高性能エンジンなどの技術を展示した。

関連レポート

北京モーターショー2020:新興EVメーカー(2020年10月)
北京モーターショー2020:外資メーカーの新エネルギー車(2020年9月)
中国市場2020年上半期:新車販売台数は前年同期比209万台減の1,023万台(2020年7月)
2020年1-2月の中国新車販売台数は前年同期比42%減、トップの上汽グループは半減(2020年3月)
長城汽車:2019年に4大ブランドの体制を整え、部品メーカーを再編(2020年1月)
吉利(Geely):ブランド拡充と生産能力の増強、CASE戦略を推進(2019年10月)
上海モーターショー2019:吉利、長城汽車、BYD、奇瑞、衆泰、江淮(2019年5月)