東風汽車:CASEで一汽、長安との協力体制、アフリカ地域に積極的に進出

東風ホンダは堅調、仏系と韓国系メーカーは不調

2019/12/24

概要

東風汽車グループの販売台数

 2017年11月に東風汽車公司から社名変更した東風汽車集団有限公司(以下、東風汽車グループ)は、湖北省武漢市に本部を置く中国自動車販売台数第2位(2018年)の政府系グループ企業である。東風汽車グループは、毎年着実に販売台数を伸ばしてきたが、2017年より減少傾向となり2018年は前年比7.0%減の378.3万台で2014年と同水準までに落ち込んだ。グループの販売台数の約7割は、外資合弁に依存している。

 国営企業の改革や再編が推進される中、第一汽車グループ、東風汽車グループ、長安汽車の中国政府系企業の3社で戦略的枠組み協定を2017年12月に締結。将来を見据え、技術革新、サプライチェーン、海外展開、新しいビジネスモデル分野などの領域で協力体制を構築する。


 東風汽車グループは2019年年初に「双400(営業利益400億元、販売台数400万台)」を掲げているが、2019年1-10月は前年同期比6.1%減の285.1万台で目標達成には厳しい状況である。頼みの外資合弁メーカーも東風ホンダを除き、軒並み前年同期比割れの結果となっている。このような中、東風PSAの株主でもあるPSAは2019年12月18日にFCAとの合弁を発表した。

 

 


関連レポート:

中国武漢国際商用車ショー2019:東風、一汽、陝汽、福田、江淮、江鈴(2019年11月)
SAE China 2019 (1):中国大手OEMのCASE対応とDiDiの高精度地図への取り組み(2019年11月)
CTIシンポジウム中国 2019 :電動化、インテリジェント化におけるパワートレイン技術(2019年11月)
中国のNEV提携相関図(2019年7月)
上海モーターショー2019:中国政府系メーカーの展示(2019年5月)