【ものづくり】第11回生産システム見える化展・第2回自動化省人化ロボット展:自動車ライン実績品

高機能あんどん、視線見える化、作業要領書ソフト、誤ピッキング防止手甲、音声検査、ヒト型ロボットなど

2019/08/01

要約

  第11回生産システム見える化展と第2回自動化省人化ロボット展(会期:2019年7月24日(水)~7月26日(金)、会場:東京ビッグサイト)は、日本能率協会主催で 専門家向けの展示会として開催された。第11回生産システム見える化展には46社、第2回自動化省人化ロボット展には14社が出展した。また、メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019として工場関係の展示会が同時開催されており、これらを併せると790社の出展となっている。そのため製造業関係者が多く来場し、出展企業と商談を行っていた。

  本稿では、自動車メーカーあるいはティア1メーカーで実際に使用されている最新機器やツールを選んで取材した。

来場登録所 入場口
メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019
来場登録所
第11回生産システム見える化展2019
第2回自動化・省人化ロボット展2019
入場口


【ものづくり】関連レポート:
人とくるまのテクノロジー展2019名古屋:高性能化、軽量化、コスト低減 (2019年7月)
第12回大田区加工技術展示商談会:自動車部品の量産品・試作展示 (2019年7月)
2019インターモールド名古屋:新工法、軽量化、コスト低減など(2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック材料の展示取材 (2019年6月)
第10回生産システム見える化展2018:生産合理化ツール (2018年7月)