【ものづくり】人とくるまのテクノロジー展2019名古屋:高性能化、軽量化、コスト低減

マフラー触媒、低トルクシール、自動車用FPC、排気ダクト、冷間鍛造VA、調光樹脂窓など

2019/07/25

要約

  人とくるまのテクノロジー展2019名古屋(会期:2019年7月17日(水)~7月19日(金)、会場:ポートメッセなごや)は、自動車技術会主催で開催された。本展示会は今回で28回目、年2回横浜と名古屋で開催される。名古屋での開催は5年目で377社の参加となった。自動車会社、部品会社、材料会社の各社が最新技術を披露する場となっており、専門家向けの展示会である。本稿では高性能化、軽量化、コスト低減技術など自動車産業の課題に応える要素技術を取材した。

入場口風景 会場風景
人とくるまのテクノロジー展2019名古屋
入場口風景
人とくるまのテクノロジー展2019名古屋
会場風景


【ものづくり】関連レポート:
第12回大田区加工技術展示商談会:自動車部品の量産品・試作展示 (2019年7月)
2019インターモールド名古屋:新工法、軽量化、コスト低減など(2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック材料の展示取材 (2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:軽量化、コスト低減に対応する技術 (2019年5月)
名古屋ものづくりワールド2019:軽量化、要素部品、次世代3Dプリンター (2019年4月)