【ものづくり】第10回生産システム見える化展2018:生産合理化ツール

改善コンサル、ビデオ編集ソフト、動線見える化、故障現場レコーダー、高速度カメラ、加工業生管システム

2018/07/26

要約

 第10回生産システム見える化展(会期:2018年7月18日(水)~7月20日(金)、会場:東京ビックサイト)は、日本能率協会主催で 品質(Q)コスト(C)納期(D)の改善を対象にした専門展示会として開催、今年は42社が出展した。また、メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018として工場関係の展示会が同時開催となっており、それらを併せると658社の出展となっている。そのため製造業関係者が多く来場し出展企業と商談を行っていた。自動車専門の出展はほとんどなかったが、自動車産業の工場運営技術は他産業に比べて進んでおり、特別講演会としてトヨタ自動車の「自工程完結」、セミナーでは日産自動車の「設備保全で実現する生産コスト削減」、「経営に直結!自社で進める工場改革」の2つのテーマの講演があり、他業界の製造関係者が多数、受講していた。本稿では、自動車産業の作業改善、設備保全、生産管理で使える最新機器を中心に取材した。

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018
展示会
第10回生産システム見える化展2018
入場登録所



【ものづくり】関連レポート:
人とくるまのテクノロジー展2018名古屋 (2018年7月)
第11回大田区加工技術展示商談会:高度な加工技術で自動車部品の量産に対応 (2018年7月)
第22回 機械要素技術展:自動車産業の課題に応える技術 (2018年6月)
2018 金属プレス加工技術展/金型展 名古屋:軽量化対応プレス技術など (2018年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:自動車の革新を支える材料技術の最新動向 (2018年6月)