【ものづくり】第11回大田区加工技術展示商談会:高度な加工技術で自動車部品の量産に対応

ブレーキバルブ高速加工、純アルミヒートシンク、内径摩擦圧接、二次加工、熱間鍛造

2018/07/10

要約

 第11回大田区加工技術展示商談会(会期:2018年7月6日、会場:大田区産業プラザPiO)は、大田区産業振興協会と大田区工業連合会の共催で、今年は102社が出展し、ものづくりネットワークを活かした展示商談会がおこなわれた。ものづくりのまち大田区は、高度な加工技術を有する中小企業が集積する。カテゴリーは機械加工、樹脂成形、溶接、表面処理、開発設計組立などに分かれて展示があり、比較しやすいブースレイアウトになっていた。東京都内でも、まだまだ自動車部品の量産が行われており、自動車産業の課題に応える技術の展示を取材した。

第11回大田区加工技術展示商談会
入場口風景
第11回大田区加工技術展示商談会
会場風景



【ものづくり】関連レポート:
第22回 機械要素技術展:自動車産業の課題に応える技術 (2018年6月)
2018 金属プレス加工技術展/金型展 名古屋:軽量化対応プレス技術など (2018年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:自動車の革新を支える材料技術の最新動向 (2018年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:軽量化加工技術と樹脂材料 (2018年5月)
試作市場2018 / 微細・精密加工技術展2018:自動車産業の課題に対応 (2018年5月)