【ものづくり】第22回 機械要素技術展:自動車産業の課題に応える技術

軽量化マグネシウム技術、ハイドロフォーミング、バルブボディ非破壊検査機、画像検査人型ロボット

2018/06/26

要約

 第22回機械要素技術展M-Tech(会期:2018年6月20日~6月22日、会場:東京ビックサイト)はリード エグジビジョン ジャパン主催で、歯車、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門商談会として開催された。今年は過去最多の2580社が出展した。また、最新レベルの技術動向が学べる技術シンポジウムが同時開催され、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業関係者が多く来場し、出展企業と商談を行っていた。

 特徴としては、全国ほとんどの都道府県の工業振興会の展示ブースがあり、町工場の技術の博覧会のような様相でもある。また海外からの出展も420社あった。とくにタイ企業のブースではコモディティ化した自動車部品がずらりと並べられ、購買関係者が製品を手に取って品質の品定めをしている様子も見かけられた。海外製部品の採用拡大が感じ取れる。そういった中で自動車産業の課題に応える日本固有の技術の展示を取材した。

第22回機械要素技術展 2018
会場風景 (都道府県のブースが多い)
第22回機械要素技術展 2018
タイのブース (自動車部品が多い)



【ものづくり】関連レポート:
2018 金属プレス加工技術展/金型展 名古屋:軽量化対応プレス技術など (2018年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:自動車の革新を支える材料技術の最新動向 (2018年6月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:軽量化加工技術と樹脂材料 (2018年5月)
試作市場2018 / 微細・精密加工技術展2018:自動車産業の課題に対応 (2018年5月)
2018国際ウェルディングショー:自動車の高剛性や軽量化に対応する製造技術 (2018年5月)