【ものづくり】試作市場2018 / 微細・精密加工技術展2018:自動車産業の課題に対応

ダイカスト品や大型プレスの簡易型試作、鏡面樹脂型、バリ取り機、中国現調など

2018/05/18

要約

  「第9回試作市場2018」と「微細・精密加工技術展2018」(会期:2018年5月10日~11日、会場:東京都大田区産業プラザPiO)は日刊工業新聞社主催で、同時開催された。本展示会は日本が誇る世界のトップクラスの「高度なモノづくり力」、特に高度な技術力を駆使した「試作加工」分野と、「微細加工」「超精密加工」といった技術分野へ国内外から来場者を呼び込み、商談の機会を創出したい考え。65社の出展と、実践的な技術セミナーが同時開催されるイベントとして、研究開発や設計、生産、製造に関わるエンジニアが来場している。

  自動車産業に特化した展示ではなかったが、その中で自動車産業の抱える課題にマッチした展示品を取材した。

精密加工技術展2018入場口 精密加工技術展2018会場全景
試作市場2018 / 微細・精密加工技術展2018 入場口 第9回試作市場2018 会場全景

 

関連レポート:
2018国際ウェルディングショー:自動車の高剛性や軽量化に対応する製造技術 (2018年5月)
TECHNO-FRONTIER 2018:自動車産業の課題に応える加工技術 (2018年4月)