西欧市場:経済情勢が落ち着き、自動車市場は安定化する見込み

緩やかだが着実な成長の兆し、事業のさらなる再編は必要

2013/10/17

要 約

西欧乗用車販売予測
資料: LMC Automotive Global Car and
Truck Forecast, September 2013

 西欧の自動車市場は、ようやく底を打ったという兆しを見せている。今後数年は経済全般が上向き、徐々に販売が増加する見込み。自動車メーカーの経営トップからも、西欧市場は安定化してきた、とする楽観的な声が聞こえる。この情勢に対応するべく、各社は今後数年の間にモデルの改良や新モデルの投入を行うと発表している。一方、西欧における過剰な生産能力は現在も問題で、一部のメーカーは需要に見合った規模にするため、大規模な再編を実施している。


 LMC Automotive社も、西欧の乗用車市場は中・長期的に見て、緩やかに成長する可能性があると予測している。「しかしながら、2013年の西欧の乗用車販売は1,140万台の見込みで、2007年より350万台も少なく、2014年も若干の増加しか見込めない」と同社は述べている。2013年の販売予測は2012年実績より3.2%減少し、2014年はわずか1%強だが増加に転じる見込み。

関連レポート:
・フランクフルトモーターショー 2013 (1):BMW、VW、Daimlerの展示取材, 2013年9月
・フランクフルトモーターショー 2013 (2):欧州・アジアメーカーの展示取材, 2013年9月
・欧州6社2013年上半期実績と通期見通し:独3社は世界販売記録更新を見込む, 2013年8月
・VW:2013年上半期の新車販売は480万台, 2013年7月
・PSA:欧州依存からの脱却を目指し、新興市場へ展開, 2013年6月
・FIAT:2016年までに欧州市場で収支均衡の達成を狙う, 2013年5月
・欧州メーカーのEV/HV計画:VWとDaimlerがPHVを積極投入, 2013年4月
・Renault:2013年は自動車部門の黒字化を目指す, 2013年4月
・欧州6社:域外市場への進出とコスト削減を目指す, 2013年3月