BMW、次世代電動ドライブシステムをJLRと共同開発へ   [ ドイツ ] [ 英国 ]

・BMWグループは6月6日、次世代電動ドライブユニット(EDU)の開発でJLRと協力すると発表した。研究開発と生産計画の共有で効率化が図れ、サプライチェーン全体の共同購買でスケールメリットを活かせる。 ・BMWとJLRの合同チームはミュンヘンに拠点を置く。両社それぞれの工場でのEDU生産を念頭に第5世代動力ユニット開発を推進する。 ・JLRはウルヴァーハンプトン(Wolverhampton)のエンジン生産センター(EMC)が生産を担当する。電動パワートレインシステムをJRLの各国工場に供給するため、バーミンガム近郊のHams Hallバッテリー組立センターがEMCを支援することが最近...
<2019年06月07日(金)>