ダイムラー、エストニアの配車サービス会社タクシファイに投資  [ エストニア ]

・エストニアの投資機関Invest in Estoniaは5月30日、ダイムラーが中心となりエストニアにある配車サービス会社のタクシファイ(Taxify)に1億7,500万ドル(約192億円)を投資すると発表した。
・今回の投資にはダイムラーの他に欧州のベンチャーキャピタルKorelya Capital、フィンテックのTransferWiseを創設したTaavet Hinrikus氏が新たに加わる。この他、既存の投資家としては中国の配車サービスの滴滴出行(Didi Chuxing)などが参画している。タクシファイの時価総額は今回の投資ラウンドで10億ドルに達するという。
・タクシファイは今回の投資を利用して欧州市場とアフリカ市場の開発と拡大を目指すとしている。また、タクシファイの取締役会にはダイムラーから役員が送り込まれる。
・タクシファイは2013年に2人の兄弟によってが設立され、現在は4大陸30以上の都市で業務を展開している。毎日10万台以上の車両がタクシファイを利用して配車されている。
Invest in Estoniaのリリースをみる

<2018年06月05日(火)>