FCA US、8速AT増産のために2億6,600万ドル投資  [ 米国 ]

・FCA US(旧クライスラー)は22日、燃費の良い8速ATを増産するためにインディアナ州のココモ・トランスミッション(Kokomo transmission)工場へ2億6,600万ドルを投資すると発表した。・この発表に先立ち、FCA USは8日、ココモ市の市議会に投資をサポートするための減税を要請していた。新規の投資はココモ工場に新しい設備を購入して生産能力を拡大するのに使用される予定。・ココモ市議会の減税承認が得られれば直ちに着工され、2016年第3四半期に完成する計画。この投資による新規雇用はない。FCA USのリリースをみる
<2014年12月25日(木)>