NHTSA、現代自動車へ1,735万ドルの罰金  [ 米国 ]

・米国運輸省のNHTSAは7日、現代自動車が2009~2012年型「ジェネシス(Genesis)」のブレーキ不具合をタイムリーに報告しなかったことに関して、1,735万ドルの罰金を支払うことと、同意審決に示されたNHTSAの監視要求に従うことに合意したと発表した。・現代自動車が2012年には2009~2012年型「ジェネシス」のブレーキシステムの重要部品に使用されているブレーキ液が腐食を十分に防いでいないことに気づいていたと、NHTSAは気付いた。・現代自動車はリコールをせず、ブレーキ液を交換しないとどんなことが起こるか説明をしないで、ディーラーに対象車のブレーキ液を交換するよう指示した...
<2014年08月11日(月)>