オーストリア

 サプライヤー

検索結果 292


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Benteler Group (Benteler Automobiltechnik GmbH) Schillerstraße 25-27 5020 Salzburg Austria 主要部品メーカー image
Miba AG Dr.-Mitterbauer-Str. 3, 4663 Laakirchen, Austria 主要部品メーカー image
3M Oesterreich GmbH Kranichberggasse 4, 1120 Vienna, Austria image
Aalberts Surface Treatment Ges.m.b.H. Gewerbestrasse 21, A-5261, Helpfau-Uttendorf, Austria image
abatec GmbH Oberregauer Straße 48, A-4844 Regau, Austria image
ab Metallwaren GmbH 4523 Neuzeug, Ahornstrasse 1, Austria image
AB Mikroelektronik GmbH Josef-Brandstaetter-Strasse 2, A-5020 Salzburg, Austria image
ABW Automatendreherei Brueder Wieser GmbH Gewerbestrasse 2, A-4882, Oberwang, Austria image
ACH solution GmbH Gewerbepark 5, A-4652 Fischlham, Austria image
Adient Automotive GmbH & Co OG Helmut Naue Platz 1, 8974 Mandling, Austria image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年04月12日(月)

・MANは8日、オーストリアのシュタイヤー(Steyr)工場の従業員の大半がWSA Beteiligungsによる工場存続計画に反対票を投じたと発表した。
・MANとWSAが共同で策定したこの計画は、シュタイヤー工場での車両生産をMANと他企業からの受注の見通しと照らし合わせ、従業員の大部分を維持することを目的としていた。
・MANは現在、シュタイヤー工場の閉鎖計画を再開している。これまでの計画はWSAによる買収がベースとなっていたため、今後は退職プランを再交渉する。
MANのリリースをみる

2021年04月07日(水)

・車両開発向けの仮想化技術を提供するオーストリアのVirtual Vehiclesは3月30日、バッテリー開発のLIBERTYプロジェクトで機械的セル統合、衝突安全性、熱暴走解析といった安全関連トピックスを主に担当すると発表した。
・このプロジェクトは欧州委員会と参加業界が推進するHorizon 2020プログラムから助成される。プロジェクトの予算は1,100万ユーロ、期間は3年半で、スペインの技術コンサルタント企業IKERLANが事務局を務める。
・このプロジェクトは18分という超急速充電で最大航続距離500kmを実現するバッテリーを開発する。耐用年数は10年程度で内燃機関搭載車両と同等である。バッテリーを急速充電しても残りの耐用年数には影響しない。バッテリーを車両で使用した後の2次利用についても構想の中で計画されている。
Virtual Vehicles press release

2021年03月08日(月)

Miba Groupは、グループ傘下のSEP AutomationZKW Elektronik向けにDLP(デジタルライトプロセッシング)電子モジュール生産用の全自動のロボットベースのシステムを実装したことを発表した。1年のシステム開発を経てプレミアム照明システムのメーカーであるZKWに生産システムが納入され、稼働を開始した。電子モジュールの組み立てに加えて、データの取得と処理も重要な役割を果たす。各プロセスのパラメータは自動的にデータベースに保存され、処理される。最新のロボット、製造プロセス、およびテスト施設は、最適なプロセスの安定性と製品品質を実現するために連携して機能する。(2021年38日付プレスリリースより)