オーストリア

 サプライヤー

検索結果 289


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Miba AG Dr.-Mitterbauer-Str. 3, 4663 Laakirchen, Austria 主要部品メーカー image
3M Oesterreich GmbH Kranichberggasse 4, 1120 Vienna, Austria image
Aalberts Surface Treatment Ges.m.b.H. Gewerbestrasse 21, A-5261, Helpfau-Uttendorf, Austria image
abatec GmbH Oberregauer Straße 48, A-4844 Regau, Austria image
ab Metallwaren GmbH 4523 Neuzeug, Ahornstrasse 1, Austria image
AB Mikroelektronik GmbH Josef-Brandstaetter-Strasse 2, A-5020 Salzburg, Austria image
ABW Automatendreherei Brueder Wieser GmbH Gewerbestrasse 2, A-4882, Oberwang, Austria image
ACH solution GmbH Gewerbepark 5, A-4652 Fischlham, Austria image
AGM Durmont Austria GmbH Wiesengasse 55, A-8230 Hartberg, Austria image
A. Haberkorn & Co. GmbH Werndlstrasse 3, Box 208, A-4240 Freistadt, Austria image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年05月21日(木)

・ジャガー・ランドローバーは20日、新型コロナウイルスの影響で一時休止していた英国ソリフル (Solihull)工場の生産活動を、ソーシャルディスタンシング措置を実施して再開したと発表した。
・対策として、温度カメラによる体温チェック、人と人との間の2 メートルの距離維持、個人用防護具装備、一方通行システムの導入、工場の清掃強化などを実施する。さらに従業員全員に再利用可能な自社製フェイスバイザーも提供する。
・また、スロバキアのニトラ (Nitra)工場、オーストリアのグラーツ (Graz)工場5/18週に、英国ウルヴァーハンプトン(Wolverhampton)のエンジン工場では5/11週に生産を再開した。
このほか英国ヘイルウッド (Halewood)工場68日から1シフト制で生産再開予定。キャッスル・ブロムウィッチ (Castle Bromwich)工場は新年型車導入に向けた活動を実施中だという。
JLRのリリースをみる

2020年04月30日(木)

・マグナ(Magna)28日、トヨタの2020年型「スープラ (Supra)」向けに複合スペースフレームリフトゲート補強ソリューションを開発したと発表した。
・スペースフレームは、この種の複合材料を自動車用リフトゲートに初めて適用したもので、スチール製よりも10%の質量削減を達成している。
・複合スペースフレームは、連続ガラス繊維で巻かれ、ポリウレタン熱硬化性樹脂が注入された発泡コアからなる管状フレームで、マグナはサイドドアモジュールにこの技術を適用する可能性を調査している。またその他の材料革新など、自動車メーカーが大量生産と設計目標を達成できる可能性についても調査を実施している。
・このソリューションは、チェコのリベレツ (Liberec)にあるマグナの外装部品工場で開発された。リベレツ工場ではスペースフレーム補強材を含むトヨタ「スープラ」向けリフトゲートモジュールを生産し、オーストリアのグラーツ (Graz)の組立工場で製品が組み込まれる。
マグナのリリースをみる

2020年04月27日(月)

・ジャガー・ランドローバー4月は23日、英国のソリフル (Solihull)工場とスロバキア、オーストリアの工場を皮切りに、518日から順次生産を再開すると発表した。
・中国では販売台数が回復し始めており、JLR常熟(Changshu)合弁工場2月中旬から生産を再開している。
・各国でソーシャルディスタンスのガイドラインを緩和し、世界各地で販売店が営業を再開しているため、他の工場での生産再開も近々確定するという。
・同社は従業員の健康と福祉が最優先事項だとしており、安全な職場復帰を支援するためのガイドラインを作成している。事業全体にわたって厳格なソーシャルディスタンスを保つための手段を採用する予定で、現在は従業員が仕事に復帰する際の保護と安心を確保するためのさまざまな手段を検討している。
・また、引き続き新型コロナウイルスの状況を注視し、各地域の関係当局の指示に従うとしている。
JLRのリリースを見る