Kumho Tire Co., Inc.
[錦湖 (クムホ) タイヤ (株)]

会社概要

■URL

http://www.kumhotire.com/eng/main/main.asp

■本社所在地

658, Eodeung-daero, Gwangsan-gu, Gwangju, Korea

業容

-錦湖 (クムホ) アシアナグループ傘下から、2018年中国・青島双星集団傘下へ。

-韓国国内のタイヤシェアは、Hankook Tire, Kumho Tire, Nexen Tireが90%を占める。

資本構成

(2017年12月31日現在)

主要株主 出資比率 (%)
Qingdao Doublestar Group 45.00
Woori Bank 7.78
合計 52.78

主要製品

タイヤ (Tires)
スポーツ
エコ&スタンダード
SUV/RV
スタッドレス
トラック/バス用

チューブ (Tubes)

フラップ (Flaps)

沿革

1960年09月 会社設立。
1974年09月 光州 (Gwangju) 工場が竣工。
1976年11月 韓国のタイヤメーカーで初めて年産100万本を突破。
1981年09月 光州 (Gwangju) に中央技術研究所を設立。
1989年10月 全羅南道の谷城 (Gokseong) 工場が竣工。
1990年10月 米国オハイオ州に「Kumho American Technical Center」(KATC)を設立。
1994年02月 韓国のタイヤメーカーで初めてISO9001認証を取得。
1996年11月 中国の南京工場が竣工。
1998年06月 英国に「Kumho Tire Europe Technical Center」(KETC)を設立。
2002年11月 世界で初めて26インチ高性能タイヤを開発。
2003年06月 錦湖産業 (株) よりタイヤ事業部が分社、錦湖タイヤ (株) 設立。
2003年11月 本社をソウル市から光州 (Gwangju) 市に移転。
2003年12月 京畿道の平澤 (Pyeongtaek) 工場が竣工。
2005年02月 韓国証券取引所に上場。
2006年07月 中国の天津工場が竣工。
2006年09月 中国の天津に「Kumho Tire China Technical Center」(KCTC)を設立。
2006年10月 世界で初めて32インチSUV用タイヤを開発。
2007年05月 中国の南京にトラック・バス用ラジアルタイヤ工場の建設を開始。
2007年06月 ベトナムの天然ゴム加工工場が完成。
2007年07月 中国の長春 (Changchun) 工場が竣工。
2008年03月 ベトナムのタイヤ工場が完成。
2008年03月 米国に「Kumho Tire Georgia, Inc.」を設立。
2008年05月 京畿道の龍仁 (Yong-in) 市に研究所を着工。
2008年11月 中国の南京 (Nanjing) 工場が完成。
2013年09月 京畿道の龍仁 (Yong-in) 市に中央研究所を開設。
2015年01月 中国の南京 (Nanjing) 工場の移転が確定。新工場着工。
2016年05月 米国ジョージア州にてMacon工場の竣工式を開催。
2018年07月 中国・青島双星集団傘下へ。

補足 1