三桜工業 (株)

会社概要

■URL

http://www.sanoh.com

■本社所在地

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-23-23

業容

-自動車用チューブメーカー (ブレーキ用/燃料システム用/エンジンシステム用チューブ、ブレージング製品他)。

-直噴エンジン用のフューエルインジェクションレールを増産し、2020年に世界市場シェア25%を目指す。

-2013年10月、独Geiger Automotive GmbHの全株式を取得することにより、エアシャッターガイド等樹脂機能部品を強化。

業績ハイライト

-2017年3月期、連結売上高133,794百万円 (0.1%増)、営業利益6,004百万円 (6.8%減)、経常利益5,389百万円 (22.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,074百万円 (前期は営業損失を計上)

-赤字転落したドイツの子会社のガイガー・オートモーティブの生産体制を見直し、2017年にも黒字転換する。ガイガーは現在、エンジンルーム内への外気流入量を調整するエアーシャッターガイド事業で、受注増に対応しきれず外部メーカーに生産の一部を外注しており、コストアップによって収益を圧迫している。この影響により2017年3月期の欧州セグメントは1,193百万円の営業損失を計上している。

-自動車メーカーの完成車工場内にブレーキチューブの最終加工作業を行うための新たなソリューションを開発した。ロボットなどを活用したコンパクトな生産ラインを、完成車工場内に設ける。

-主力製品のブレーキチューブで現在より4分の1程度コンパクト化を実現する新たな生産ラインの開発に着手した。めっき工程で完全無排水処理する独自技術を開発し、排水設備を不要とするなど、設備の小型化にめどをつけた。

資本構成

-東京証券取引所第1部上場 (2017年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
トヨタ自動車株式会社 8.08
神鋼商事株式会社 5.96
本田技研工業株式会社 5.39
スズキ株式会社 4.31
有限会社竹田コーポレーション 4.04
株式会社三菱東京UFJ銀行 3.82
株式会社めぶきフィナンシャルグループ 3.35
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 3.08
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 2.77
アルコニックス株式会社 2.10
42.91

主要製品

車輌配管 (Tubes for chassis)
集合配管 (Cluster tubes for brake and fuel lines)

樹脂燃料配管 (Plastic fuel tubes)
-エンジンジャンパー (Plastic tubular parts for engine)
-タンクジャンパー (Plastic tubular parts for fuel tank)
-ORVRチューブ (ORVR: On board Refueling Vapor Recovery tubes)
-インタンクチューブ (In-tank tubes)
-ブリーザーチューブ (Breather tubes)
-ベーパーリターンチューブ (Vapor return tubes)
-キャニスタードレーンチューブ (Canister drain tubes)
-ベンチレーションパイプ (Ventilation pipes)
-フィラーネック (Fuel filler necks)

ブレーキチューブ (Brake tubes)

ブレーキバキュームチューブ (Brake vacuum tubes)

金属チューブ (Metal tubing)
-ダブルチューブ (Brazed steel tubing)
-シングルチューブ (Welded steel tubing)

表面処理 (Surface treatment)
-PAコート (PA coated tubing)
-PCコート (PC coated tubing)
-PVdFコート (PVdF coated tubing)

樹脂チューブ (Plastic tubing)
-単層樹脂チューブ (Mono-layer tubing)
-多層樹脂チューブ (Multi-layer tubing)
-コンボリュートチューブ (Convoluted tubing)

クイックコネクター (Quick connectors)

パワートレイン (Powertrain)
フューエルインジェクションレール (FIR) (FIR Fuel injection rails)
高圧タイプフューエルインジェクションレール (FIR) (High-pressure fuel injection rails (FIR))
インテークパイプ (Intake pipes)
ウォーターパイプ (Water pipes)
オイルクーラーパイプ (Oil cooler pipes)

環境、安全 (Environment and safety)
EGRパイプ (Exhaust gas re-circulation pipes)
プリテンショナーパイプ (Pretensioner tubes)
バックル、ショルダーアジャスター (Automotive seat belt buckles & shoulder adjusters)

Geiger Automotive GmbHの樹脂製品
ファンシュラウド (Fan shrouds)
エアーダクト (Air ducts)
リザーバータンク (Reservoirs)
プレッシャーパイプ (Pressure pipes)
サクションパイプ (Suction pipes)
シェイカースコープ (Shaker scoops)
フューエルフィラーネックパイプ (Fuel filler neck pipes)
オイルディップスティックガイドチューブ (Oil dipstick guide tubes)
クイックフィッティングパイプユニオン (Quick-fitting pipe unions)
ラジエータータンク (Radiator tanks)
ウォッシャータンク (Windscreen washer tanks)
クーリングウォーターパイプ (Cooling water pipes)
ウォーターフィラーネック (Water filler necks)
エアフラップコントロール付きエアダクト (Air ducts with air flap control)
エアーシャッターガイドシステム (Air shutter guide system)

沿革

1939年04月 東京都港区に大宮航空工業株式会社設立。
埼玉県大宮市に大宮製作所を建設。航空機機体部品を製造。
1942年12月 茨城県古河市に古河製作所建設。
1945年09月 竹田産業株式会社に商号変更。機械器具製造販売。
1952年03月 三櫻工業株式会社に商号変更。
1956年08月 小型モーターを製造。
1961年10月 株式を東京証券取引所に上場。(市場第二部)
1968年07月 滋賀県甲賀郡甲南町に滋賀工場建設。
1969年03月 株式会社三田製作所 (現 フルトンプロダクツ工業株式会社) (現・連結子会社) 設立。
1970年03月 中部三櫻株式会社 (現・連結子会社) 設立。
1976年10月 福岡県嘉穂郡頴田町に九州工場建設。
1979年09月 インドネシアにP.T.サンオーインドネシア (P.T.Sanoh Indonesia)設立。
1980年07月 フィリピンにサンオーフルトン (フィリピンズ) インコーポレーテッド (Sanoh Fulton (Philippines) Inc.) 設立。
1980年11月 米国にサンオーマニュファクチュアリングコーポレーション (Sanoh Manufacturing Corporation) (現 連結子会社) 設立。
1982年10月 埼玉県北埼玉郡北川辺町に埼玉工場建設。
1985年06月 マレーシアにユナイテッドサンオーインダストリーズ Sdn.Bhd. (United Sanoh Industries Sdn. Bhd.) 設立。
1986年06月 米国にハイセンインコーポレーテッド (Hisan Inc.) 設立。
1989年01月 クイックコネクター製造開始。
1990年06月 タイにエイブルサンオーインダストリーズカンパニーリミテッド (現・エイブルサンオーインダストリーズカンパニーリミテッド (1996)) (Able Sanoh Industries (1996) Co., Ltd.) (現 連結子会社) 設立。
1990年08月 メキシコにサンオーインダストリアル デ メキシコ S.A. de C.V. (Sanoh Industrial de Mexico S.A. de C.V.) (現 連結子会社) 設立。
1990年09月 マルチプロダクツ工業株式会社設立。
1990年12月 中国三桜株式会社 (現 連結子会社) 設立。
1991年05月 英国にブリストルベンディングサンオーリミテッド (Bristol Bending Sanoh Ltd.) 設立。
1993年06月 ECD三桜株式会社 (現 連結子会社) 設立。
1993年12月 茨城県古河市に本店移転。
1997年03月 タイにエイブルサニットインダストリーズ (Able Sanit Co., Ltd.) (現 連結子会社) 設立。
1997年04月 インドにSTIサンオーインディアリミテッド (STI Sanoh India Ltd.) 設立。
1998年12月 東京証券取引所の市場第一部に指定。
1999年04月 中国に広州三桜制管公司 (Guangzhou Sanoh Seikan Co., Ltd.) 設立。
1999年12月 中国に上海三桜電機製造有限公司 (Shanghai Sanoh Mechanical Manufacture Co., Ltd.) 設立。
1999年12月 ドイツにサンオーヨーロッパ GmbH (Sanoh Europe GmbH) 設立。
2000年08月 タイにサンオーインダストリーズ (タイランド) Co., Ltd. (Sanoh Industries (Thailand) Co., Ltd.) 設立。
2001年01月 フランスにサンオーヨーロッパ (フランス) Eurl (Sanoh Europe (France) Eurl) 設立。
2003年07月 米国にSanoh MTC Inc.設立。
2004年02月 中国に三櫻 (無錫) 汽車部件有限公司 (Sanoh Industrial (Wuxi) Co., Ltd.) 設立。
2005年04月 中国に上海三櫻汽車管路有限公司 (Shanghai Sanoh Automotive Tube Fabrication Co., Ltd.) 設立。
2005年10月 中国に三櫻 (武漢) 汽車部件有限公司 (Sanoh Industrial (Wuhan) Co., Ltd.) 設立。
東京都渋谷区に本店移転。
2009年03月 マルチプロダクツ工業株式会社を吸収合併。
2010年10月 中国に三櫻企業管理 (上海) 有限公司 (Sanoh (Shanghai) Management Co., Ltd.) (現 連結子会社) を設立。
2011年08月 中国に天津三櫻飛躍汽車部件有限公司 (Tianjin Sanoh Leap Industrial Co.,Ltd.) (現 連結子会社) を設立。
2012年4月 Sanoh India Private Limitedを設立。
2012年6月 ロシアにSanoh Volga Limited Liability Companyを設立。
2012年8月 ベトナムにSanoh Vietnam Co., Ltd.を設立。
2012年10月 ロシアのSanoh Rus Limited Liability Companyの全株式を取得。
三櫻 (東莞) 汽車部件有限公司 [Sanoh Industrial (Dongguan) Co.,Ltd.] を設立。
2012年12月 三櫻企業管理 (上海) 有限公司の社名を三櫻 (中国) 投資有限公司に変更。
2013年04月 ロシアにSanoh St.Petersburg Limited Liability Companyを設立。
2013年07月 ロシアにSanoh Izhevsk Limited Liability Companyを設立。
2013年09月 中国に三櫻 (重慶) 汽車部件有限公司を設立。
2013年10月 ドイツのGeiger Automotive GmbHの全株式を取得。
2014年03月 韓国にSanoh Korea Co., Ltd.を設立。
2015年01月 中国にGeiger Automotive Shenyang Co., Ltd. (Geiger Shenyang) を設立。
2015年05月 メキシコにGeiger Automotive de Mexico S. de R.L. de C.V. (Geiger Mexico) を設立。
2015年08月 中国に三櫻 (瀋陽) 汽車部件有限公司 [Sanoh Industrial (Shenyang) Co., Ltd.] を設立。

補足 1