上海汽車:2025年までにモビリティサービスを含む総合プロバイダーを目指す

電動化、インテリジェント/コネクテッド、シェアリング及びグローバル化を推進

2018/07/19

要約

高速道路型と生活道路型の自動運転が拡大する

 上海汽車集団(以下、上海汽車グループ)は、上海市に本部を置く、中国最大規模の自動車メーカーグループで、初めて外資OEMと合弁を締結した自動車グループ企業でもある。傘下には、完成車メーカー以外に部品メーカー、自動車関連サービス、自動車金融などに関する多くの企業を抱える。なお、中国大手OEM及び外資系OEMと取引のある大手部品メーカーの華域汽車系統股份有限公司(HUAYU Automotive Systems Company Limited)は上海汽車グループの傘下企業。

 2018年の販売目標は、グループ全体で725.5万台、営業収入9,115億元を掲げる。2020年に中国国内において技術面も含めて自動車グループのトップ、2025年には、グローバルで競争力と影響力のあるモビリティサービス及び製品の総合プロバイダーを目指すとしている。十三五期間(2016年-2020年)は、電動化、インテリジェント/コネクテッド、シェアリング、グローバル化の4つの領域の強化を推進するために、各分野のトップレベルの企業との提携や新たな取り組みに挑戦している。





関連レポート:
北京モーターショー2018:上海汽車、東風汽車、第一汽車などの大手メーカー (2018年6月)
GM:Opel売却などグローバル事業を再構築、北米・中国に経営資源を集中 (2017年9月)  
VWグループ(下): 新経営戦略「Together – Strategy 2025」を実施 (2017年6月)
VWグループ(上):2017年に売上高最大4%増、営業利益率6-7%を見込む (2017年5月)



上海汽車グループの概要:グループを構成する企業とブランド、販売台数

 上海汽車グループは、上海市に本部を置く、中国最大規模の自動車メーカーグループで、初めて外資と合弁を締結した自動車グループ企業である。傘下には、完成車メーカー以外に部品メーカー、自動車関連サービス、自動車金融などに関する多くの企業を抱える。VWとGMとそれぞれ合弁を締結し乗用車を生産している。自主ブランドモデルは、栄威(Rowe)、名爵(MG)などの乗用車はもちろんのこと、商用車まで幅広く取り扱う。



上海汽車グループにおける主なグループ企業の相関関係図(%は出資比率)

上汽車集団における主なグループ企業の相関関係図



上海汽車グループの主なメーカー及びブランド

主なメーカー名 2017年販売台数(千台) 前年比(%) 主なブランド/モデル
上汽VW 1,730 3.6 VWブランド:途安 (Touran)、輝昴 (Phideon)、桑塔納浩納 (Gran Santana)、全新桑塔納 (New Santana)、新波羅 (New Polo)、全新帕薩特 (New Passat (NMS))、凌渡 (Lamando)、朗逸 (Lavida)、朗行 (Gran Lavida)、勁情/勁取 (Polo GP 2Box/3Box)、昊鋭/速派 (Skoda Superb/New Superb) 、途昂(Teramont)
333 0.9 Skodaブランド:昊鋭/速派 (Skoda Superb/New Superb)、明鋭 (Octavia)、晶鋭 (Fabia)、柯迪亜克(Kodiaq)、昕動(Spaceback)
上汽GM 1,999 6.3 別克 (Buick) 、科帕奇 (Captiva)、凱迪拉克(Cadillac)、昂科威 (Envision)、昂科拉 (Encore)、創酷 (Trax)、探界者 (Equinox)、威朗 (Verano)、英朗 (Excelle) 、閲朗 (Yuelang)、科沃茲 (Cavalier)、科魯茲 (Cruze)、君威/別克新君威 (Regal/New Regal)、賽欧/新賽欧 (Sail/New Sail)、邁鋭宝 (Malibu)
上汽GM五菱 2,150 0.9 五菱シリーズ、宝駿シリーズ
上汽乗用車 552 62.3 栄威シリーズ、名爵(MG)シリーズ
上汽大通 71 54.2 大通 (Maxus) シリーズ
南京Iveco 70 -7.2 Dailyシリーズ、Venica小型バス、Ouba、特装車
上汽Iveco紅岩 40 157.9 トラック:金剛(KINGKAN)、杰獅(GENYON)、杰卡(GENTRUCK)
上汽申沃客車 1 -39.6 SUNWINバス
(資料:MarkLines データベースより作成)


中期計画: 電動化、インテリジェント/コネクテッド、シェアリング、グローバル化を推進


カーシェアリング EVCARD

 上海汽車グループは、十二五計画期間 (2011~2015年) で中国開発車と自主ブランド車の生産/販売をグループ全体の40%シェアを目指す目標を掲げた。2015年時点の自主ブランド車の販売台数(商用車含む)シェアは40%に達しなかった。
 2017年の上海汽車グループの年次報告書によると、グループ全体の販売台数(商用車含む)は693万台、営業収入8,706億元、営業コスト7,452億元。2018年は販売台数725.5万台、営業収入9,115億元、営業コスト7,793億元を目指す。

 2020年までに電動化、インテリジェント/コネクテッド化、シェアリング、グローバル化の4つの領域を推進し、中国国内において技術面も含めて自動車グループでトップとなり、2025年までにグローバルで競争力と影響力のあるモビリティサービス及び製品の総合プロバイダーを目指すとしている。







電動化/EV化

CATLとのバッテリー合弁会社設立 ・2017年6月に寧徳時代新能源科技有限公司(Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.:CATL)との合弁による生産拠点建設プロジェクトの鍬入れ式が江蘇省常州溧陽で行われた。
・上海グループとCATLが設立した会社は、時代上汽動力電池有限公司(Contemporary SAIC Power Battery Co., Ltd.)と上汽時代動力電池系統有限公司(SAIC Contemporary Power Battery Systems Co., Ltd.)の2社。時代上汽は資本金20億元。主にリチウムイオン電池、リチウムポリマー電池の開発、生産、販売、アフターサービスを行う。一方、上汽時代は資本金3億元。主に電池システムの開発、生産、販売を行う。
・駆動用バッテリーの生産能力は36GWh(360億ワット時)、総敷地面積は約130万平方メートル。第1期建設の投資額は約100億元、敷地面積は53万平方メートル。稼働開始は2018年末の予定である。稼働開始時の生産能力は、18GWh (180億ワット時)となる予定。
バッテリーリサイクル事業 ・2018年3月にCATLとバッテリーリサイクル分野に関する戦略提携の覚書への調印を発表。両社は新エネルギー車(NEV)バッテリーリサイクル分野で事業展開し、NEV産業チェーンを共同で構築する。
パワーモジュールの設計開発 ・独インフィニオン(Infineon)と電動車市場向けにパワーモジュールの開発と生産を行う合弁会社(上海英飛凌汽車効率半導体(上海)有限公司(SAIC Infineon Automotive Power Semiconductors (Shanghai) Co., Ltd.)を2018年3月に設立した。
・生産拠点は、インフィニオン無錫工場の敷地内。総投資額16億元で2018年下期に量産開始。



自動運転

自動運転向け制御ユニットの生産・開発 ・オーストリアのTTTechと先進運転支援システム(ADAS)および自動運転向け電子制御ユニットの開発、生産に関する合弁契約を2018年3月に締結した。
・2018年に量産、販売される初のインテリジェント運転技術を備えた栄威(Roewe)モデルに電子制御ユニットが搭載される。
自動運転テスト拠点の設立 ・2016年5月に同済大学とインテリジェントコネクテッド拠点に関する協力協定が締結された。上海市にある同済大学嘉定区内に国内で最初のインテリジェントコネクテッド拠点の建設が進められており、2018年7月に全面完成する。
・敷地内は、自動運転に対応し、完全に封鎖されたエリア、交通を制限したエリア、模擬実験室、様々な路面状況を備えたテストコース等を備える。計画では完全に封鎖されたエリアは11万平方メートル、制限されたエリアは80万平方メートル。5G通信環境での自動運転については、華為(Huawei)と共同で取り組む。
自動運転技術に関する取り組み ・米国カリフォルニアにあるSAIC Innovation Center, LLCが、中国OEMとして初となる同州における公道での自動運転テスト車のナンバーを2017年6月に取得。2015年にシリコンバレーに設立のSAIC Innovation Center, LLCは、スタンフォード・コンピューター・フォーラムやマサチューセッツ工科大学科学人工知能研究室(CSAIL)と組み、ディープラーニングによる自動運転の研究等を行っている。



インテリジェント/コネクテッド

コネクテッドカーへの取り組み ・上海汽車グループ、華為、中国移動(China Mobile)の3社で、次世代のつながる車に関する枠組み協定が2017年6月に締結された。3社で次世代のインテリジェントコネクテッドカーのモビリティサービスのために、C-V2X(Cellular based Vehicle to Everything)技術を構築する。
・2018年6月のモバイル・ワールド・コングレス上海2018で5Gを利用した遠隔操作による無人運転走行を実演。
・会議では、「グリーンモビリティサービス」戦略への転換を提案。具体的には、上海汽車グループはO2O(Online to Offline)をベースに、クルマと交通、通信など業界を越えて技術を融合し、自動車の全ライフサイクル及びモビリティサービスのニーズに対応する。
高精度地図領域での提携 ・2017年10月に高精度地図サービス大手の武漢光庭信息技術股份有限公司との提携に合意。光庭信息及び傘下の中海庭数据技術有限公司を合弁事業のベースとし、インテリジェントドライブ高精度地図分野の業務開拓や能力を加速させる。
Mobileyeとの提携 ・2018年1月、Mobileyeと自動運転技術分野での提携をさらに進める協定書を締結。両社は自動運転技術共同開発計画を策定すると同時に、上海汽車グループが独自開発する自動運転車にMobileyeのチップを搭載する。
AI実験室の設立 ・2018年6月29日に「上汽集団AI実験室」が設立した。上海汽車のクラウド計算プラットフォームやビッグデータプラットフォームを活用して人工知能アプリケーションとソリューションを提案。スマートモビリティ、スマート製造、スマートドライブに重点を置き、上海汽車グループの4つの領域における戦略に対してコア技術を提供する。
・計画では「上汽集団AI実験室」はAIコア技術を自主開発し、グループ傘下各社のAIアプリケーショングループ設立を支援し、サポートする。また各社のAIアプリケーションにトレーニングプラットフォームを提供することで、各社が抱える問題点や弱点に対し解決策を提案する。



シェアリング/その他

カーシェアリング事業 ・上汽グループの子会社でEVカーシェアリング事業を展開する「e享天開」と上海国際汽車城グループ傘下のEVカーシェアリング会社「EVCARD」が2016年6月に合併し、新会社「環球車享」となった。持株比率は、上汽グループが51%、上海国際汽車城グループが49%。
・カーシェアリングプラットフォーム「EVCARD」を通じて、シェアリングサービスが提供される。2017年時点で、60都市に2.7万台の車両、173万人の登録会員を有する。2018年は5.5-6万台規模の車両の運営を予定し、うち25%は上海に投入する。
物流プラットフォーム ・上海汽車グループの子会社で物流事業を展開する「安吉物流」が2017年に人工知能実験室を設立した。
・物流プラットフォーム「車好運」では、企業や個人の効率的な車両の輸送や車両倉庫管理サービス、配送業務のマッチングなどを提供する。
・貨物車両はNEVに力を入れており、2018年には1,000台、3年以内に7,000台の導入を計画。

(資料:SAIC発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)



海外展開:新興国に工場を建設

上海汽車の海外販売台数

 2004年に初の「フォーチュン500社番付」に選出され、13年連続でランクインしている上海汽車グループは、2017年は41位となった。上海汽車グループは、十三五期間(2016-2020年)の目標にグローバル化を掲げる。
 海外での自主ブランド車の販売・輸出台数は、2015年に減少したものの、その後2年連続で増加。2017年は前年比31.8%増の17万台となった。近年アジアを中心に積極的に工場を建設し、小型モデルをメインにセダン、SUV、ピックアップトラックなど幅広い車型を投入。2017年にはタイ語対応の車載ネットワークシステム「i-Smart」が搭載されたMGモデルが発表された。









上海汽車自主ブランドの販売台数上位5カ国

国名 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
タイ 3 155 2,640 8,727 12,029
英国 0 2,326 3,152 4,192 4,441
チリ 2,183 1,751 1,523 1,852 3,035
オーストラリア 0 0 0 0 600
サウジアラビア 1,716 2,410 2,022 1,561 532

(資料:MarkLines データベースより作成)

*上記販売台数は輸入を含む



海外生産工場の主な動向

タイ
(
上汽正大)
・2014年にCP Motor Holdingとの合弁のRayong工場で「MG6」が生産開始。第2工場の建設を2016年に発表。
・第2工場は、東部チョンブリ県SrirachaのHemaraj Eastern Seaboard工業団地に建設される。新工場の敷地面積は437ライ(約70万平方メートル)で投資額は100億バーツ(約350億円)、年間生産能力は10万台。
・若者をターゲットとしたコネクテッドカーのSUV「MG ZS」が、中国に続き2017年12月にタイで生産が開始された。
インドネシア
(上汽通用五菱インドネシア)
・2015年に「五菱ブランド」モデルの生産工場の建設が発表された。総投資額は7億米ドル。敷地面積は60ヘクタールで、うち30ヘクタールに工場を建設、残り30ヘクタールはサプライヤーパークになっている。工場完成後の年産能力は12万台。
・2017年にMPV「五菱Confero S」がライオフとなった。
インド
(上汽インド)
・「MGブランド」モデル生産の工場建設が2017年6月に発表された。工場はグジャラート州ハロルにあるGMの工場を買収。2017年から5年間で200億ルピーの投資を行う。第1期の生産能力は8万台で、2019年の稼働を計画。
(資料:SAIC発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)


メーカー別計画:SUVモデル/NEVの拡充と生産体制の強化

 上海汽車グループは、他の政府系OEMグループ企業と比べて自主ブランド車の販売台数が多い。自主ブランドモデルを扱う上汽GM五菱汽車の2017年販売台数は200万台程度で、外資合弁メーカーの上汽VWや上汽GMの販売台数と同等となっている。

 MPV最量販モデル「五菱宏光(Wuling Hongguang)」の生産/販売を手掛ける上汽五菱は、2017年7月に初のEV「宝駿E100」を投入した。今後、小型EVの生産をさらに加速するために、既存の青島工場を拡張する予定。自主ブランド車の栄威(Roewe)及び名爵(MG)を扱う上汽乗用車は、2015年以降のモデル拡充により販売台数を伸ばしている。新モデルは、中国で人気の車型SUVはもちろんのこと、NEVやコネクテッドカーなど、幅広いラインナップを展開している。小型商用車を扱う上汽大通汽車は2017年に初のSUVを発表。小型MPVモデルの生産に対応するために、新たに工場を建設中である。

 外資合弁メーカーでは、上汽VWがVWブランド及びSkodaブランドともSUVモデルを拡充。また、人気セダンの朗逸(Lavida)と人気SUV途観(Tiguan)のNEVの投入を計画している。これら新モデルの投入にともない既存工場の拡張工事が行われている。2018年6月にAudiによる上汽VWの1%の株式取得が複数メディアで報じられた。今後Audiブランドの導入が進めば、上汽VWは低価格帯から高価格帯までのモデルを取り扱うことが可能となり、幅広い層のユーザー獲得が可能となる。
 上汽GMは、「コネクティビティ2025戦略」を発表し、テレマティクス、クラウドプラットフォームによるサービスの提供、半自動運転、V2X、5Gネットワークなどに対する具体的な方向性を提示するとともに、2023年までに20モデルのNEVの導入を発表している。

上海汽車グループにおける主なメーカー
別販売台数 上海汽車集団の車型別割合推移


自主ブランド:NEVとコネクテッドカーを積極的に投入

上汽GM五菱

 広西チワン族自治区に本社のある上汽GM五菱汽車の主要ブランドは五菱(Wuling)と宝駿(Baojun)で、いずれもSUVの積極的な導入以降に販売台数が上昇した。しかしながら、微型バン市場の縮小の影響を受け、五菱ブランド車の販売台数は、2015年以降下降し続け2017年は前年比21.4%減の87.9万台。なお、五菱ブランドの「五菱宏光(Wuling Hongguang)」は2017年のMPV最量販モデルである。

 一方宝駿ブランドは、2015年7月に初のSUV「宝駿560」、2017年2月には若者ターゲットとした小型SUVの「宝駿510」を投入。グループ全体で電動化を推進するなか、2017年7月には初のEV「宝駿E100」を発売した。2017年の宝駿ブランド車の販売台数は、前年比33.6%増の101.6万台と好調で、宝駿ブランド車の販売台数が、五菱ブランド車を超えた。宝駿ブランドのEVモデル「E100」は、広西チワン族自治区柳州市の工場から生産が立ち上がり、その後、山東省青島市の工場でも生産を開始。青島工場ではNEV8万台の生産能力増強を行う。

五菱ブランドと宝駿ブランドの
乗用車販売台数 Baojun510
Baojun510



上汽GM五菱汽車に関する欧米の外資Tier1との近年の提携は下記の通り。

フォルシア ・上汽GM五菱汽車に出資する広西汽車集団傘下の五菱汽車とフォルシアが、2017年7月合弁会社「佛吉亜柳州汽車座椅有限公司(Faurecia Liuzhou Automotive Seating Co., Ltd.)」の設立を発表。資本金は1.5億元。双方が75百万元を出資し、各々50%の株式を保有する。合弁先で生産されるシートは、主に上汽GM五菱汽車に搭載される。
・さらに2017年11月に五菱汽車とフォルシアが「佛吉亜柳州汽車内飾系統有限公司(Faurecia Liuzhou Automotive Interior Co., Ltd.)」の設立を発表。新会社で生産される内装部品(インストルメントパネル、センターコンソール、ドアパネル、防音製品等)は、上汽GM五菱汽車モデルにも搭載される。
コンチネンタル ・2018年4月に安全システムとシャシーの分野での研究開発(R&D)を協力して進めていく枠組み契約を締結。両社は共同研究チームを設置するとともに、合同R&Dセンターの開設も併せて発表。関連部品の生産を進める。
(資料:SAIC発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)



上汽乗用車

 上汽乗用車の自主ブランド(栄威、名爵)の販売台数は2015年まで下降したが、2016年は前年比89.2%増の32.2万台。 名爵ブランドはミドルクラスセダン「MG GT」、栄威ブランドでは、SUV「RX5」が2017年の販売台数増に貢献した。「RX5」は、EV及びPHVも展開されており、2018年1-5月は前年同期比22.1%増の10.3万台で引き続き販売が好調である。上汽乗用車が展開するコネクテッドカーには、Alibabaと共同で開発したオープンプラットフォーム「AliOS」をベースとしたインテリジェントモビリティシステム斑馬智行(Banma)が搭載されている。

MGブランドと栄威ブランドの
乗用車販売台数

 販売増に対応すべく、上汽乗用車は既存工場の拡張や新工場の建設を推進している。2018年1月に生産拠点の一つである河南省鄭州工場の第2期建設を発表。2020年に年産30万台から60万台に増強される。また、2018年4月には新工場プロジェクトが開始された。福建省寧徳市に建設される総投資額50億元ほどの新工場は2019年の稼働が予定されている。












2018年に予約が開始された電動インテリジェントコネクテッドカー「Marvel X」 MG6 PHV
2018年に予約が開始された電動インテリジェントコネクテッドカー「Marvel X」 MG6 PHV



上汽大通

 上汽大通汽車は、上汽グループ傘下の小型商用車の製造/販売を行うメーカーで前身は上海汽車商用車。2018年の販売台数目標を13万台に掲げる。英国の商用車「MAXUS」の商標権とプラットフォーム技術を買収し、2015年に社名を「上汽大通汽車」に変更した。

 上汽大通汽車の2017年の販売台数は前年比54.2%増の7.1万台。2018年は13万台を目標に掲げる。モデルラインナップのうち小型バスの扱いが多い上汽大通汽車は、2017年に初のSUVモデル「D20」を投入した。また、中国のライフスタイルの変化に対応しキャンピングカーも展開。2018年1月には、国内最大のキャンピングカーの研究開発及び製造拠点の落成式が江蘇省溧陽市で行われた。完成後は2.5万台の生産能力を備える。すでに展開しているMPVモデルに関しては、新たに南京市のハイテクパークに小型MPVの生産拠点建設プロジェクトが進んでおり、2018年下半期に生産ラインが完成する。第1期は15万台、第2期は2020年に稼働し、完成後は年産40万台の工場となる。

上汽大通汽車の販売台数推移 北京モーターショー2018で出展されたコンセプトカー「TARANTULA」
北京モーターショー2018で出展されたコンセプトカー「TARANTULA」


外資合弁ブランド:SUVの拡充と人気モデルのNEVの投入を計画

上汽VW

 中国乗用車市場で販売台数トップを誇る上汽VW(VWブランド、Skodaブランド)の2017年の販売台数は、前年比3.1%増の206.3万台。他社が中国で人気の車型SUVを続々と投入するなか、上汽VWの車型はセダン・ハッチバックの割合が多かったが、2017年にVWブランドでSUVの途昴(Teramont)を導入。Skodaブランドでは、柯迪亜克(Kodiaq)を投入することで、SUVの割合は、2016年の17.6%から2017年には30.6%に上昇した。VWは2018年をSUV元年と位置付け、いくつかの新型SUVの投入を計画している。2018年8月に投入予定の若者をターゲットとした小型SUV「Tharu」は、VWとSAICで共同開発されたモデル。同モデルは、中国から発信するモデルとして2020年よりロシアやメキシコ、アルゼンチンで生産が予定されている。
 2018年6月にAudiが上汽VWの株式1%取得と複数メディアで報じられた。今後、上汽VWによるAudiブランドの導入が進めば、幅広い層のユーザーの取り込みが可能となる。なお、2016年11月に上汽VWでもAudiブランドを扱う動きがあったが、既存の合弁先である一汽VWのディーラーからの強い反発により凍結となっていた。

上汽VWのブランド別販売台数 上海汽車集団の車型別割合推移



2018年に上汽VW導入済み及び予定のモデル
モデル名 車型 投入時期 概要
朗逸(Lavida) セダン 5月 2018年4月の北京モーターショーで発表されたコンパクトセダン。Lavidaは、2017年のセダン・ハッチバックカテゴリーにおける最量販モデルでロングセラーモデルでもある。
朗逸(Lavida)EV セダン 下半期-2019年 人気モデルLavidaのEVモデル。早ければ2018年末頃に導入予定。
Tharu SUV 8月 VWとSAICで共同開発の若者をターゲットとした小型SUV。2020年よりロシア、メキシコ、アルゼンチンでも生産開始。
帕薩特(Passat) セダン 11月 中型セダンのPassatの新型モデル。
T-Cross SUV 下半期-2019年 2018年7月下旬に一汽VWより発売予定の「探歌(T-ROC)」より小型のSUV。
途観(Tiguan) L PHV SUV 下半期 TiguanのロングホイールモデルのPHV版。
(資料:各種報道及びVW発表をもとにMarkLinesが作成)

フルモデルチェンジされた上汽VW Lavida 上汽VWのTeramone
フルモデルチェンジされた上汽VW Lavida 上汽VWのTeramont



 若者をターゲットとするSkodaブランドの2017年の販売台数は、前年比0.9%増の33.3万台。2016年に上汽VWはSkodaブランドに対して、5年間で約150億元の投資を発表。また、2020年までにSkoda車の倍増を目標に掲げている。2017-2019年には新型4モデルの投入を計画しており、2018年上半期時点で既に3モデルが導入されている。(2018年に柯珞克 (Karoq)、柯米克 (Kamiq) を導入済み。)



工場拡張計画(VW及びSkoda)
寧波工場の拡張 ・2017年12月に寧波工場の第2期建設が完了し、同時に生産能力60万台となった。
・2期の総投資額は190億元で、VWブランド及びSkodaブランドのSUVを増強。
安亭工場の拡張 ・上海嘉定区の安亭第2工場の拡張が2016年に発表された。拡張後の生産能力は年産36万台。
・拡張中の工場では、Lavidaファミリー及びLavida EVの生産が計画されている。
儀征工場
2期プロジェクト稼働
・江蘇省儀征工場の2期プロジェクトが2018年5月に稼働。2019年の完成予定。NEV30万台の生産能力を備える。
(資料:SAIC発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)
北京モーターショー2018でワールドプレミアされたKAMIQ KAMIQの内装
北京モーターショー2018でワールドプレミアされたKAMIQ KAMIQの内装



上汽GM

 上汽GM の2017年の販売台数は、前年比6.3%増の199.9万台。SUVの車型割合が伸び悩むなか、「別克 (Buick) GL6」の投入によりMPVの割合が5.2%から10.5%へと上昇した。GL6は、ビジネスユースとして人気の高いMPV「GL8」の下位モデルで、主なターゲットをファミリー層としている。
 展開する3ブランド(Buick、Chevrolet、Cadillac)のうち最も好調なブランドのCadillacは、モデル拡充により、2016年は倍増の11.2万台。2017年は前年比55.6%増の17.4万台となった。具体的には、2016年にSUV1モデル、2017年にセダン・ハッチバック3モデルの新型車が導入されている。2018年は、さらに新型車及び改良車を15モデル投入する計画で、このうちSUV及びMPVが半分を占める。

上汽GMのブランド別販売台数 上汽GMの車型別割合推移



 上汽GMは電動化計画に関して2016年9月時点で2020年までにエコカー10車種を発売としていたが、2018年6月上旬に、2023年までに当初の予定より倍増すると表明。なお、2018年6月現在導入済みの電動車は、Cadillac CT6とBuick VELITE 5 のPHVとなっている。
 2017年3月には「コネクティビティ2025戦略」を発表し、テレマティクス、クラウドプラットフォームによるサービスの提供、半自動運転、V2X、5Gネットワークなどに対する具体的な方向性を示した。本戦略で、2019年に導入予定の半自動運転システム「スーパークルーズ(Super Cruise)」が搭載されたCadillac CT6が、2018年6月開催のCES Asia2018で披露された。

NEVモデルの投入強化

・2016年9月時点は2020年までにエコカー10モデルだったが、2018年6月に2023年までにNEV20モデルの投入と改めて発表された。
・2018年第3四半期に若者向けのEVの投入が発表された。

コネクティビティ2025戦略 ・2017年3月に発表されたコネクティビティ2025戦略で上汽GMのIoTの方向性を示した。具体的には下記の通り。
・2017年:新型モデルに対して、新世代テレマティクスシステムを搭載し、クラウドベースの自動車向けアプリケーションとサービスを提供。また、車載テレマティクスシステムの「OnStar」の基本サービスを最長で5年間無料とする。
・2018年:クラウドプラットフォームにOTA(無線通信経由)アップデートを導入し、最新のアプリケーションやセーフティサービスを持続的に提供。
・2019年:半自動運転システムの「Super Cruise」を導入し、安全に使用できる状況を確認した上で、ハンズフリーでの運転を可能とする。
・2020年:V2Xの技術開発を推進し、モビリティの安全性を向上。
・2021-2025年:5GネットワークやAR(拡張現実)、AI(人工知能)など最新技術の開発を推進し、高度自動運転を実現。
バッテリーパック組立工場の稼働 ・2017年に稼働開始予定だったバッテリー組立工場が、2018年に稼働し6月から量産が開始となった。本工場は、GMグループで2番目の工場となる。運営は、上汽GM動力バッテリーシステム発展センターが行っている。
(資料:上汽GM発表をもとにMarkLinesが作成)

VELITE 6 PHV VELITE 6 PHV
VELITE 6 PHV


上海汽車グループの中国販売台数(工場出荷台数)

(台)

メーカー 車種 モデル 2015年 2016年 2017年  2017年
1-5月
 2018年
1-5月
上海汽車乗用車
上海/儀徴工場
SUV MG GS
43,678
48,937
33,414
15,780
9,047
栄威 RX5 (Roewe RX5)
0
90,033
237,635
84,695
103,382
栄威 RX8 (Roewe RX8)
-
-
-
0
3,684
栄威 W5 (Roewe W5)
3,286
1,948
9
9
0
基本型乗用車
(セダン・ハッチバック)
MG3
14,692
11,828
10,159
5,372
3,952
MG350
1,097
432
0
0
0
MG-5
1,676
89
0
0
1
MG550
1
0
-1
0
0
MG6
2,584
2,210
8,409
1,095
39,716
MG7
2
0
0
0
0
MG750
31
0
0
0
0
栄威 550 (Roewe 550)
17,146
17,295
2,455
2,449
0
栄威 750  (Roewe 750)
128
9
0
0
0
栄威 950 (Roewe 950)
1,548
5,104
3,760
1,239
1,081
栄威 E50 (Roewe E50)
412
1,495
-1
-1
1
栄威 Ei5 (Roewe Ei5)
-
-
-
0
5,107
合計
86,281
179,380
295,839
110,638
165,971
上海汽車乗用車
南京工場
SUV MG ZS SUV
0
0
70,325
23,115
41,147
基本型乗用車
(セダン・ハッチバック)
MG GT
7,745
17,325
13,055
6,933
5,093
MG360
0
123
1,440
374
2,070
栄威 350 (Roewe 350)
51,294
42,151
13,058
9,792
1,144
栄威 i6 (Roewe i6)
0
0
63,770
21,184
38,640
栄威360 (Roewe 360)
24,697
82,738
49,964
27,518
18,275
合計
83,736
142,337
211,612
88,916
106,369
上海汽車乗用車
鄭州工場
SUV 栄威 RX3 (Roewe RX3)
0
0
14,585
0
30,394
上汽大通汽車
(旧 上海汽車商用車)
MPV 大通 (Maxus) G10
13,985
18,573
27,019
10,771
11,170
大通 (Maxus) V80
2,118
408
0
0
0
SUV 大通 (Maxus) D90
0
0
5,005
0
3,677
軽型トラック
0
0
11,455
2,569
28,710
軽型バス
18,950
27,142
27,638
9,701
11,559
合計
35,053
46,123
71,117
23,041
55,116
上汽依維柯紅岩
商用車
セミトレーラー セミトレーラー (25t-40t)
870
655
1,142
739
325
セミトレーラー (40t以上)
3,255
5,727
8,089
4,717
2,776
重型トラック
1,257
2,439
7,477
1,933
8,294
重型トラック (シャシー)
3,326
6,696
23,309
8,741
17,523
合計
8,708
15,517
40,017
16,130
28,918
南京依維柯汽車 軽型トラック
36,280
38,715
39,007
18,345
0
軽型バス
40,688
37,057
31,300
11,970
13,606
軽型バス (シャシー)
32
0
0
0
0
合計
77,000
75,772
70,307
30,315
13,606
上海申沃客車・
Volvo
軽型バス
331
2
0
0
0
大型バス
806
1,525
837
256
47
大型バス (シャシー)
239
120
0
0
38
中型バス
515
360
376
43
0
中型バス (シャシー)
212
0
0
0
0
合計
2,103
2,007
1,213
299
85
上汽通用五菱汽車 MPV 五菱宏光 (Wuling Hongguang)
655,531
650,018
537,003
226,510
214,313
五菱征程 (Wuling Zhengcheng)
23,407
17,611
5,050
4,652
2
宝駿 360 (Baojun 360)
-
-
-
0
8,003
宝駿 730 (Baojun 730)
321,069
370,169
270,797
115,907
60,050
SUV 宝駿 (Baojun) 510
0
0
363,949
72,197
196,235
宝駿 (Baojun) 560
145,007
321,555
150,055
85,076
0
宝駿 530 (Baojun 530)
-
-
-
0
46,106
基本型乗用車
(セダン・ハッチバック)
宝駿 310 (Baojun 310)
0
50,028
215,606
69,150
86,102
宝駿 610 (Baojun 610)
-
-
-
0
1
宝駿 630 (Baojun 630)
24,646
13,832
4,393
1,217
2,738
宝駿 E100 (Baojun E100)
0
0
11,446
0
9,652
宝駿 楽馳 (Baojun Spark)
12,150
4,975
4
2
0
微型トラック
241,886
251,981
255,237
121,327
142,667
微型トラック (シャシー)
513
0
0
0
0
微型バン 栄光V (Rongguang V)
0
197,184
0
0
66,760
五菱栄光 (Wuling Rongguang)
193,661
113,312
71,426
37,522
24,893
五菱鴻途 (Wuling Hongtu)
1
0
0
0
0
五菱之光 (Wuling Sunshine)
227,995
135,496
82,198
45,508
34,723
五菱之光V (Wuling Sunshine V)
0
4,016
10,498
8,231
2,217
宏光V (Hongguang V)
194,141
0
172,356
85,765
0
合計
2,040,007
2,130,177
2,150,018
873,064
894,462
上汽VW MPV 途安 (Touran)
32,494
46,703
30,798
9,145
16,116
SUV 柯迪亜克(Kodiaq)
0
0
44,960
3,502
23,885
途昴(Teramont)
0
0
76,050
13,306
37,933
途観 (Tiguan)
255,751
242,160
332,402
131,245
129,072
野帝 (Yeti)
22,981
26,350
13,296
6,778
8,107
柯米克 (Kamiq)
-
-
-
0
402
柯珞克 (Karoq)
-
-
-
0
8,906
基本型乗用車
(セダン・ハッチバック)
Cross Polo
14,909
7,815
3,909
1,622
707
輝昴 (Phideon)
0
3,307
13,554
1,085
11,543
桑塔納 (Santana)
18,702
0
2
2
0
桑塔納浩納 (Gran Santana)
20,241
35,525
18,695
9,468
5,754
晶鋭 (Fabia)
17,073
12,272
13,416
6,636
2,674
新波羅 (New Polo)
162,830
171,508
170,431
63,360
57,751
全新桑塔納 (New Santana)
237,276
282,815
270,440
103,907
111,192
全新帕薩特 (New Passat (NMS))
205,794
188,214
159,547
69,927
77,858
明鋭 (Octavia)
150,028
155,098
130,193
50,311
42,547
凌渡 (Lamando)
104,214
143,145
141,385
48,030
60,774
朗逸 (Lavida)
379,069
478,857
457,114
196,961
179,595
朗行 (Gran Lavida)
93,763
69,274
55,549
23,402
17,267
勁情/勁取 (Polo GP 2Box/3Box)
1,128
827
172
118
132
昊鋭/速派 (Skoda Superb/New Superb)
18,448
41,692
42,548
15,837
18,810
昕鋭(Rapid)/昕動 (Rapid Spaceback)
70,932
94,676
88,596
40,531
32,603
合計
1,805,633
2,000,238
2,063,057
795,173
843,628
上汽GM MPV 別克 (Buick) GL6
0
0
17,500
0
11,824
別克 GL8/新別克 GL8 (Buick GL8/New Buick GL8)
78,985
79,600
145,129
55,401
64,133
SUV 科帕奇 (Captiva)
32,357
21,956
7,982
2,031
0
凱迪拉克 XT5 (Cadillac XT5)
0
34,775
63,748
26,158
35,989
昂科威 (Envision)
163,023
275,383
239,234
104,365
95,243
昂科拉 (Encore)
82,013
71,945
40,101
16,545
8,795
創酷 (Trax)
50,736
37,636
16,899
7,818
3,829
探界者 (Equinox)
0
0
54,470
11,971
30,265
基本型乗用車
(セダン・ハッチバック)
Velite 5
0
0
1,499
186
538
威朗 (Verano)
49,336
177,202
186,438
58,158
80,868
英朗 (Excelle) GT
269,703
370,372
416,990
163,945
102,946
英朗 (Excelle) XT
20,510
3
0
0
0
閲朗 (Yuelang)
0
0
13,327
0
11,931
科沃茲 (Cavalier)
0
50,786
188,319
62,471
95,980
科魯茲 (Cruze)
246,088
189,106
81,012
24,731
27,018
凱越 (Excelle)
176,242
105,033
0
1
1
凱迪拉克 ATS (Cadillac ATS)
0
0
55,767
20,320
26,027
凱迪拉克 CT6 (Cadillac CT6)
0
0
12,109
3,812
7,443
凱迪拉克 XTS (Cadillac XTS)
0
0
41,900
17,311
28,912
楽風RV (Lova RV)
4,544
13,714
3,409
2,203
938
楽騁 (Aveo)/愛唯欧 (New Aveo)
5,943
3
0
0
0
君威/別克新君威 (Regal/New Regal)
110,637
69,300
63,469
23,337
33,494
君越/新君越 (LaCrosse/New LaCrosse)
85,005
80,966
99,741
36,299
33,601
景程 (Epica)
1
3
0
0
0
不詳
53,086
76,757
0
0
0
賽欧/新賽欧 (Sail/New Sail)
216,545
140,284
125,750
46,043
68,836
邁鋭宝 (Malibu)
80,222
85,180
123,890
31,862
48,842
合計
1,724,976
1,880,004
1,998,683
714,968
817,453
総合計
5,863,497
6,471,555
6,916,448
2,652,544
2,956,002
(資料:MarkLinesデータセンター)


LMC販売予測:上海汽車グループの販売は堅調に伸び、2021年には330万台となる見込み

LMC Automotive、2018年第2四半期)

 LMC Automotiveの販売予測(2018年第2四半期)によると、上汽グループの自主ブランドの2018年ライトビークル販売は、前年比8.4%増の310万台になる見込み。その後は堅調な伸びで2021年には330万台に達すると予測している。  オックスフォードエコノミクス(OE)によると、中国の成長率は2010年以降加速して伸びているが、2018年は金融政策と財政政策の引き締めにより緩やかに減速し、6.4%にとどまると見ている。2019年にはさらに減速し、6%程度と予測している。

 2018年4月の中国乗用車販売台数は、前年同月比11.6%増の196万台。小型商用車(LCV)は2.5%増となり、ライトビークル全体では10.4%増の225万台となった。

 ライトビークル販売の4月季節調整済み年率換算台数(SAAR)は3,070万台で、3月より6%増えた。卸売販売は4月に急増したが、これは第1四半期の低迷後にディーラーが在庫を補充した結果である。

 中国政府は5月22日、完成車の関税を2018年7月1日から25%または20%から15%に減税し、自動車部品も同時に一律6%に減税すると発表した。

 これにより乗用車の関税率は7月より現行の25%から15%に引き下げられるが、自動車業界では乗用車市場全体への影響について疑問視している。減税が輸入車の需要を刺激し、現地生産車が不利になるのか、という点が重要である。

 保険データに注目すると、輸入車は中国でニッチ市場ということが明らかで、2017年には約113万台の車両が登録しているものの、乗用車市場全体のわずか4.7%にすぎない。2017年に登録された国内生産モデルは2,300万台で、輸入車が国内自動車市場へ大きな影響を与えると想定するのは困難である。

 モデル別に見ると、五菱宏光(Wuling Hongguang)は2017年の通年販売が18%減少したにもかかわらず、トップの座を維持した。 タイ市場では、SAIC Motor-CPが100億バーツを投資して、Chonburi県のHemaraj Eastern Seaboard工業団地に第2工場を開設し、ASEAN域内におけるMGの生産拠点にすることを目指している。新設する組立工場は年間10万台の生産能力を備え、MG3、MG5、MG6、MG GS、MS ZSの5モデルを生産する予定。

 インドネシア市場で五菱ブランドは新型モデルWuling Confero Sの発売により、2017年に大幅な販売増を達成することができた。



上海汽車グループの市場・ブランド別販売予測

(台)

COUNTRY GLOBAL MAKE 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
SAIC Group Baojun
490,722
755,584
1,016,338
1,034,509
1,111,686
1,219,165
1,289,296
Wuling
1,537,291
1,369,818
1,138,726
1,149,725
1,102,545
1,063,602
1,020,841
Roewe
106,452
247,685
392,697
549,380
550,896
584,884
604,086
Maxus
36,171
48,800
75,354
124,872
156,177
186,909
189,944
MG
70,065
73,876
139,731
149,583
152,940
164,047
175,759
Yuejin
36,280
38,925
39,007
28,108
45,674
45,174
33,870
SAIC
7,800
17,448
13,341
15,093
15,078
15,839
16,033
Chevrolet
12,150
4,975
4
0
0
0
0
Total
2,296,931
2,557,111
2,815,198
3,051,270
3,134,996
3,279,620
3,329,829
China Baojun
490,722
755,584
1,016,246
1,025,669
1,098,416
1,203,703
1,274,098
Wuling
1,537,134
1,369,800
1,133,768
1,138,554
1,091,961
1,052,445
1,010,264
Roewe
102,399
243,536
387,793
538,683
537,773
570,038
587,442
Maxus
34,844
46,123
71,117
121,267
153,397
176,035
178,658
MG
60,048
60,854
121,192
118,225
113,551
116,473
122,705
Yuejin
36,280
38,715
39,007
27,972
45,495
44,992
33,673
SAIC
7,745
17,327
13,055
14,353
14,944
15,700
15,882
Chevrolet
12,150
4,975
4
0
0
0
0
China sub-total
2,281,322
2,536,914
2,782,182
2,984,723
3,055,537
3,179,386
3,222,722
India MG
0
0
0
0
10,603
19,859
28,062
Thailand MG
3,412
7,314
11,580
22,132
19,553
19,149
17,259
Maxus
85
26
16
104
428
8,525
8,918
Roewe
367
1,005
433
542
962
1,079
844
Wuling
157
18
0
9
13
12
12
Thailand sub-total
4,021
8,363
12,029
22,787
20,956
28,765
27,033
Indonesia Baojun
0
0
92
8,840
13,270
15,462
15,198
Wuling
0
0
4,958
11,162
10,571
11,145
10,565
Indonesia sub-total
0
0
5,050
20,002
23,841
26,607
25,763
Iran Roewe
0
75
80
5,130
6,919
8,331
10,046
MG
1,630
140
120
56
70
77
84
SAIC
0
50
79
679
70
72
79
Iran sub-total
1,630
265
279
5,865
7,059
8,480
10,209
UK MG
2,603
3,826
4,441
6,349
6,096
5,396
4,708
Roewe
548
366
0
0
0
0
0
UK sub-total
3,151
4,192
4,441
6,349
6,096
5,396
4,708
Chile Roewe
1,523
1,852
3,262
3,902
3,995
4,149
4,401
Australia Maxus
767
1,542
2,580
2,693
1,903
1,896
1,910
MG
0
0
228
1,408
1,695
1,711
1,726
Roewe
0
0
372
243
205
198
207
Australia sub-total
767
1,542
3,180
4,344
3,803
3,805
3,843
Peru Roewe
461
521
543
554
668
685
724
SAIC
55
60
61
61
64
67
72
Peru sub-total
516
581
604
615
732
752
796
Philippines MG
0
0
0
170
281
319
342
Yuejin
0
210
0
136
179
182
197
Roewe
0
0
0
39
62
72
82
Philippines sub-total
0
210
0
345
522
573
621
New Zealand Maxus
475
1,032
1,325
787
449
453
458
MG
14
13
9
24
40
50
54
Roewe
14
2
0
0
0
0
0
New Zealand sub-total
503
1,047
1,334
811
489
503
512
Colombia Roewe
256
117
167
184
192
200
208
Italy MG
0
2
0
0
0
0
0
Hungary MG
1
0
0
0
0
0
0
Kazakhstan Roewe
79
0
0
0
0
0
0
MG
189
182
0
0
0
0
0
Kazakhstan sub-total
268
182
0
0
0
0
0
Uruguay Roewe
12
0
0
0
0
0
0
Ukraine Roewe
15
8
0
0
0
0
0
MG
15
0
0
0
0
0
0
Ukraine sub-total
30
8
0
0
0
0
0
Singapore Maxus
0
11
161
0
0
0
0
Spain MG
4
1
1
0
0
0
0
Netherlands Maxus
0
0
5
0
0
0
0
Source: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Quarter 2, 2018)
(注)1.データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
  2.本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ


------------------
キーワード

上海汽車、SAIC、上汽集団、上海汽車グループ、自主ブランド、NEV、新エネルギー車、電動化、コネクテッドカー、自動運転、カーシェアリング、上汽五菱、上汽乗用車、上汽大通、上汽VW、上汽GM

<自動車産業ポータル マークラインズ>