トヨタがダイハツを完全子会社化:ダイハツはグループの小型車開発を担当

低燃費・低コスト車技術を活用し、ダイハツが主体となって新興国事業を強化

2016/03/08

要 約

アギア
トヨタがインドネシアで販売する低燃費車「アギア(AGYA)」、
ダイハツが企画・開発・生産するモデルで、ダイハツから
OEM供給を受けている (写真:Toyota Astra Motor)
 

 トヨタとダイハツは、2016年1月、トヨタがダイハツを100%子会社とし、ダイハツが、これまで培ってきた軽自動車技術をベースにトヨタ・ダイハツの小型車開発を担当すると発表した。ダイハツは、これまでもトヨタと共同開発した車両の受託生産やダイハツ車のOEM供給を行ってきたが、これからは全面的にトヨタグループの小型車開発を担当し、開発した車両を販売する地域も拡大していく方針。

 ダイハツは、ミラ イースをベースとするAセグメントプラットフォームを開発した。同プラットフォームベースで、インドネシアで販売するトヨタ・アギア(AGYA)、ダイハツ・アイラ(AYLA)を開発・投入し、販売は好調。さらに、同プラットフォームベース車をフィリピン(トヨタブランド車)、マレーシア(ダイハツブランド車)に投入した。今後の両社の協業の方向性を示すと思われる。タイにも、ダイハツが開発した小型車を投入する計画。

 ここ2~3年、アジアを含む新興国市場での販売は失速しているが、トヨタグループは、ダイハツの低燃費・低価格のモノづくりのノウハウを活かし、新興国事業を強化していく方針。


関連レポート:
インドネシア:2016年下期に経済政策の効果で販売好転か(2016年3月)



トヨタはダイハツを完全子会社化、ダイハツがグループの小型車開発を担う

トヨタは、2016年8月の予定でダイハツを完全子会社にし、グローバル戦略を一本化して、両ブランドで小型車事業を強化すると発表した(2016年1月発表)。

トヨタの小型車開発は、これまでミドルクラスの車両開発を軸に、その技術を小型車に応用するという進め方であった。しかしTNGAの取り組みを通して「小型車づくりの難しさを痛感し(豊田社長)」、低コスト化や小型・軽量化のノウハウで一日の長があるダイハツに任せるとの決断に至った、としている。

ダイハツは、トヨタと異なり軽自動車を起点に小型車を開発している。TNGAとは軸が違う、ダイハツならではのクルマづくりを行う、としている。

一方、ダイハツは次世代技術への対応を迫られており、独自に行うにはかなりのリソースが必要になるので、その面からも今回の決定が大きなメリットを産む見込み。

ダイハツブランドは今後も存続し強化していく方針。ダイハツは、BMWのMiniブランドのような役割を担いたいとしている。今後は、グループとして、トヨタ、レクサス、ダイハツの3ブランド体制で、各ブランドの個性を明確にしていく(北米で2003年から販売してきたサイオンブランドは廃止される)。

トヨタとダイハツ:ダイハツを完全子会社化し、両ブランドで小型車事業を強化

完全子会社化 トヨタとダイハツは、株式交換によりダイハツを完全子会社化し(2016年8月の予定)、同一の戦略のもと、小型車事業においてより選択と集中を進め、両ブランドにおける「もっといいクルマづくり」を一層進化させることで合意した。
小型車戦略 トヨタブランド、ダイハツブランドの差別化を進め、それぞれの顧客にとっての最適な商品ラインアップを拡充する。
ダイハツが進めてきた、軽自動車を基盤・基点とした商品企画・技術開発のノウハウ・プロセスをさらに進化させ、小型車領域での両ブランドの商品を開発する。
技術戦略 トヨタとダイハツは、技術戦略を開発初期段階から共有する。
トヨタは環境・安全・安心・快適技術面での技術開発を進め、ダイハツはパッケージング力、低コスト技術、低燃費技術に加え、先進技術の低コスト化・コンパクト化を推進する。
ダイハツ独自のクルマづくりのノウハウをトヨタグループ内で共有し、上位車種でのコスト競争力にも貢献する。
地域戦略 新興国市場においては、それぞれの事業基盤を活用しあい、ダイハツが主体となって、開発・調達・生産といったモノづくりをスピーディーかつ効率的に推進する。
国内事業では、トヨタの販売のノウハウやインフラも相互活用し、ダイハツブランド力向上と収益力の両立を図る。

資料:トヨタ・ダイハツ共同プレスリリース 2016.1.29

トヨタ社長のスピーチ骨子

小型車開発の
難しさ
トヨタはTNGAの取り組みを進めるに際して、小型車づくりの難しさを痛感した。環境問題の高まりや新興国市場の長期的発展性などから、従来以上に小型車の重要性は高まっている。
トヨタは、北米市場向けなどのミドルクラス以上のクルマづくりや、環境技術を始めとした先端技術開発は比較的得意としているが、小型車においてはそこまでの存在感を示せていない。
こだわりを捨て、
ダイハツに
まかせる
小型車のノウハウを今以上に得ていかなければ、将来に向けたブレークスルーはできない。
トヨタにも、これまで取り組んできた小型車の歴史と誇りがあるが、そうしたこだわりや自前主義を封印してでも、小型車についてはダイハツにまかせる決断をした。
ダイハツ社長のスピーチ骨子
小型車戦略 これまで国内外で手掛けてきたBoon/Passo、Xenia/Avanzaのような姉妹車よりも、デザイン・仕様を差別化し、両ブランドの個性が際立つ「もっといいクルマ」を提供していく。
技術戦略 「次世代技術で世界をリードする」トヨタと、「技術の小型化や低コスト化」が得意なダイハツが、将来の技術戦略をその初期段階から一緒に作り上げる体制とする。それにより、小型車や軽自動車にも次世代技術をよりタイムリーに、より低価格で搭載できるようになる。
新興国戦略 新興国においては、ダイハツが主体となり、独自のモノづくりのノウハウを活かし、事業を展開・牽引していく。両ブランドのものづくりの基盤を相互に活用し、事業の立案・開発・調達・生産にいたるプロセスを、より迅速かつ効率的に進めていく。

資料:トヨタ・ダイハツ共同プレスリリース 2016.1.29

トヨタ:製品群ごとに7つのカンパニー体制へ移行

トヨタは2016年3月に、組織体制を変更し、製品群ごとに7つのカンパニー体制へ移行すると発表した。グローバル販売1,000万台と、各地域でのミニマムシェア10%を維持するために、市場要求への即応性向上を図るとしている。
7つのカンパニーのうち、車両群を担当するカンパニーはCompact/Mid-size/CV/Lexusに分かれ、この分類はTNGAに対応するとされる。しかし今後ダイハツが開発する小型車は、軽自動車ベースでTNGAとは軸が違うとしており、3月の発表の7つのカンパニー制とは別枠の位置づけになっていると思われる。

トヨタ新体制の概要図

  参画する車体メーカー
ヘッドオフィス 本社機能
ビジネスユニット 継続 第1トヨタ(日米欧とアフリカ担当)  
第2トヨタ(新興国市場担当)  
新設した7つの製品軸のカンパニー 先進技術開発カンパニー  
Toyota Compact Car Company トヨタ自動車東日本
Mid-size Vehicle Company  
CV Company トヨタ車体
Lexus International Co. トヨタ自動車九州
パワートレーンカンパニー  
コネクティッドカンパニー  

資料:トヨタプレスリリース 2016.3.2
(注)トヨタ自動車東日本は、岩手工場でカローラフィルダー、アクアなど、宮城大衡工場でカローラアクシオなど、東富士工場でセンチュリー、クラウンセダンなどを生産している。



現在までのトヨタとダイハツの協業

 ダイハツは、既に十数年にわたり、トヨタと共同開発した車の受託生産、トヨタへのダイハツ車OEM供給を行ってきた。2015年4~12月期に、国内で11.9万台、海外(インドネシア)で20.9万台、合計32.7万台のトヨタ車を生産した(前年同期は36.3万台)。2011年9月から、日本国内でトヨタ初の軽自動車としてダイハツ製軽自動車のOEM供給も行っている。

これまでのトヨタとダイハツの協業(受託生産とOEM供給)

トヨタ車 ダイハツ車 ダイハツの役割 開発
国内生産 2002年6月~ Succeed/ProBox 受託生産 トヨタ
2004年5月~ Passo(注1) Boon 共同開発/受託生産 トヨタ&ダイハツ
2006年1月~ Rush Be-go(注2) OEM供給 ダイハツ
bB 共同開発/受託生産 トヨタ&ダイハツ
2006年5月~ Sienta 受託生産 トヨタ
2011年9月~ PIXIS SPACE Move Conte OEM供給 ダイハツ
PIXIS VAN HIJET Cargo
PIXIS TRUCK HIJET Truck
PIXIS EPOCH Mira e: S
2015年7月~ PIXIS MEGA Wake
トヨタ車 ダイハツ車 ダイハツの役割 開発
海外生産 (全てインドネシア) 2003年12月~ Avanza Xenia 共同開発/受託生産 トヨタ&ダイハツ
2006年12月~ Rush Terios(注2) OEM供給 ダイハツ
2008年1月~ Town Ace/Lite Ace Gran Max OEM 供給(日本へ輸出)
2013年9月~ AGYA AYLA OEM供給
資料:ダイハツの「会社概況データブック 2015」
(注) 1. Passo/Boonは、2016年に2回目のフルモデルチェンジを計画。衝突回避支援システムを設定する予定だが、Passoも「Toyota Safety Sense C」ではなく、ダイハツが採用している「スマートアシストⅡ」を設定するとされている(いずれのシステムも、レーザーレーダーと単眼カメラを搭載する)。
2. ダイハツが日本で販売するBe-goの、海外モデル名がTerios。
3. ダイハツは、富士重工にも軽自動車をOEM供給している。

 

ダイハツのAセグメントプラットフォーム車を東南アジア地域に展開

 両社が2013年にインドネシアで発売したトヨタAGYA、ダイハツAYLAは、ダイハツがミラ イースの技術を生かして開発したAセグメントプラットフォームを使用した。車格は異なるが、Yaris/Viosの半額という低価格で販売している。

 このAセグメントプラットフォームをベースとする車は、フィリピン、マレーシアにも展開されている。今後の両社の協業の方向性を示すものと思われる。

「ミライース」ベースのAセグメントプラットフォーム車を展開

日本  2011年9月にミライースを発売。当時のガソリンエンジン車トップであるJC08モード30.0km/Lの低燃費と79.5万円(消費税込)の低価格で発売。2014年7月のマイナーチェンジで、やはり発売時ガソリン車トップの35.2km/Lの低燃費を実現した。
インドネシア  ダイハツが「ミラ イース」で培ってきた、低燃費・低価格の技術やノウハウを応用したグローバルAプラットフォームをベースに、インドネシア政府のLCGC(Low Cost Green Car)政策に適合する小型車を開発。ダイハツはAYLAのモデル名で、トヨタはダイハツからOEM供給を受けAGYAのモデル名で発売した。
フィリピン  2014年2月、トヨタとダイハツは、インドネシアでダイハツが生産する小型車AYLAのフィリピンへの輸出を開始した。LCGC車として初の輸出。トヨタがWigo「ウイーゴ」のモデル名で発売した。
マレーシア  2014年9月、ダイハツはAYLAをベースとし、マレーシア市場に最適化しプロドゥアで生産するAXIA(アジア)を発売した。マレーシア政府が推進するエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)政策に適合する同国初のクルマとなった。

 

トヨタがインドネシアで販売する主要車種の価格

価格(百万ルピア)
小型乗用車 Agya 113~136
Etios Valco 149~176
Yaris 228~269
Vios 280~317
乗用車 Corolla Altis  408~444
Camry 560~759
価格(百万ルピア)
ミニバン Avanza 184~214
IMV Fortuner 442~557
Kijang Innova 314~427
Hilux S Cab 199~322
Hilux D Cab 383~440
資料:Toyota Astra Motor
(注) 1. 2016年3月上旬の為替レートは、1,000ルピア=8.65円。このレートで換算すると、AGYAの販売価格は、97.8万~117.4万円。
2. Camryの最上級車はHybrid車。

 なお、上記のミラ イースベースのAセグメント車のうち、インドネシアとマレーシアで販売する車種は、それぞれの国のエコカー政策適合車。アジアでは全体需要・トヨタの販売とも減少しているが(後出)、エコカーについては、タイでの認定車生産(全メーカー分)は2014年の24.2万台から2015年34.2万台に増加。インドネシアでのLCGC(全メーカー分)2015年販売台数は前年比7,000台減少したが、市場に占めるシェアは14.0%から16.3%に拡大しているなど、好調を維持している。

 トヨタとダイハツは、タイで販売する新たな小型車を開発する計画とされる。

 

東南アジア3カ国のエコカー

認定基準概要 トヨタ・ダイハツ適合車の販売
タイ Eco-Car  燃費20km/L以上の車を、5年以内に年10万台生産するなど。  トヨタ車ではYaris(1200cc車)が2013年に認定を受けた。2015年に3.5万台販売。
 タイ全体では、2014年に24.2万台、2015年に34.2万台を生産した。
インドネシア LCGC (Low Cost Green Car)  燃費20km/L以上、ガソリンエンジンの排気量は1200cc以下、ディーゼルエンジン1500cc以下、車両価格上限など。  2015年に、トヨタのインドネシアでの総販売台数33.3万台のうちAGYAが5.6万台。
 ダイハツは、総販売台数16.1万台のうち、AYLAが3.5万台。
 トヨタグループは、インドネシアでの2015年LCGC総販売台数16.5万台のシェア55%を占めた。
マレーシア EEV (Energy Efficient Vehicles)  セグメント(=車両重量)ごとに燃費の基準を定めた。従って、大型車も適合する可能性がある。HV、EV、代替燃料車なども含む。  ダイハツは、2014年9月にAXIA(アジア)を投入した。2015年の乗用車販売台数15.6万台のうち、10.2万台がAXIAであった。

 

 



トヨタの地域別販売台数:アジア他新興国市場が低迷

東南アジア主要国の総販売台数 以下に、今回のトヨタとダイハツの決定の背景にあると思われる、新興国での販売低迷の状況を見てみる。

 トヨタは、2012~2015年の4年連続で販売台数世界1位となったが、連結販売台数は2014年度・2015年度連続で減少する見込み。中国を含む世界小売販売台数も伸びていない。2015年度の地域別連結販売台数は、北米で5.7%増の287万台、オセアニアで前年並みの25万台だが、他の地域は全て減少する見通し。

 北米頼みの状況が続いており、アジアでの販売は2009年度の98万台から2012年度168万台に急拡大したが、その後毎年減少が続き、2015年度は132万台(2014年度比11.3%減)の見通し。

トヨタの販売台数

(1,000台)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 見通し 前年度比
連結 販売 台数 日本 2,163 1,913 2,071 2,279 2,365 2,154 2,120 -1.6%
北米 2,098 2,031 1,872 2,469 2,529 2,715 2,870 5.7%
欧州 858 796 798 799 844 859 840 -2.2%
アジア 979 1,255 1,327 1,684 1,609 1,489 1,320 -11.3%
中南米 231 281 289 364 413 422 390 -7.6%
オセアニア 251 248 223 271 259 250 250 0.0%
アフリカ 184 209 214 259 267 245 200 -18.4%
中近東 466 569 550 741 824 830 760 -8.4%
その他 7 6 8 5 6 8
世界合計 7,237 7,308 7,352 8,871 9,116 8,972 8,750 -2.5%
中国を含む小売販売台数 8,139 8,423 8,334 9,692 10,133 10,168 10,050 -1.2%
資料:トヨタ連結決算資料
(注) 1. 連結販売台数は、持分法適用の対象となる中国現地生産車を含まない。
2. 小売販売台数は、中国の現地生産台数を含む(ダイハツと日野も含む)。トヨタの2015年暦年での中国販売は、前年比8.7%増の112.2万台で過去最高を記録。2016年販売計画は、2.5%増の115万台。
3. 2015年度販売見通しは、2015年度第3四半期決算発表(2016年2月)での発表値。

 

東南アジア:インドネシア・タイの大市場が不振

東南アジア主要国の販売台数 2015年の、東南アジア主要6カ国の総販売台数(全体需要)は約300万台で前年比4%減。2年連続のマイナスで、ピークであった2013年比では13%減少した。インドネシア、タイの2大市場の低迷が響いている。タイ市場は、ピークであった2012年比でほぼ半減している。

 2016年1月実績速報でも、インドネシアで84,885台(前年同月比11.7%減)、タイで51,821台(9.9%減)、マレーシアで44,591台(11.9%減)と主要3カ国がいずれも大幅減で、6カ国の市場の回復の見通しはたっていない。

 

 



LMC Automotive 生産予測:トヨタグループの2019年ライトビークル生産は1,050万台

(LMC Automotive社、2016年1月予測)

トヨタグループ主要国別生産予測 2016年1月のLMC Automotive社予測によると、トヨタグループのライトビークル生産は、2015年の989万台から2016年に1,004万台へ1.5%増加、2019年には2015年比5.8%増加し1,047万台になる見込み。LMC Automotive社は、トヨタグループのASEANと中南米での販売は2015年から数年間スローダウンし、グループ生産台数は1,000万台前後にとどまると予測している。しかし同社は、トヨタグループは長期的には海外販売の成長に支えられて世界生産を拡大させると予測する(日本での販売拡大は予測されていない)。

 日本での生産は、2013年と2014年に400万台を超えたが、2015年から2019年の間は400万台を下回り、2019年には380万台に減少する見込み。同調査会社は、トヨタグループは海外生産の強化を進めており、日本からの輸出が急速に拡大することはないと見ている。

 北米では、2015年米国での生産は133.6万台であったが、2019年には124.7万台に減少する。カナダでの生産は、2015年から2019年の間56万台から60万台で推移。生産する車両の大半が米国向けであるメキシコでの生産は、2015年~2018年は10万台~16万台だが、2019年には2018年比倍以上の30.5万台に急増する見込み。

 中国での生産は2015年に100万台を超えたが、2016年~2019年は100万台以下で推移する見込み。LMC Automotive社は、2019年以降に再度生産台数100万台に達すると予測している。

トヨタグループの2019年ライトビークル生産台数は1,050万台(LMC Automotive

GLOBAL MAKE 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
Toyota Group Toyota 8,536,403 8,427,916 8,325,672 8,393,625 8,266,693 8,518,716 8,842,156
Daihatsu 979,972 1,029,292 881,708 934,803 909,391 887,058 869,091
Lexus 504,303 598,692 618,347 645,356 655,767 677,284 689,506
Hino 70,962 76,871 66,460 64,657 65,085 64,081 67,913
Total 10,091,640 10,132,771 9,892,187 10,038,441 9,896,936 10,147,139 10,468,666
Japan Toyota 3,008,346 2,796,901 2,704,924 2,739,634 2,652,749 2,696,695 2,672,244
Daihatsu 675,514 703,677 639,760 692,218 648,616 593,688 553,670
Lexus 418,067 494,616 518,623 495,146 509,875 528,561 534,631
Hino 60,022 65,931 53,382 40,907 40,472 38,365 41,497
Japan sub-total 4,161,949 4,061,125 3,916,689 3,967,905 3,851,712 3,857,309 3,802,042
USA Toyota 1,288,714 1,335,556 1,332,166 1,304,177 1,286,900 1,285,868 1,192,439
Lexus 0 0 4,088 50,415 49,737 47,787 54,730
USA sub-total 1,288,714 1,335,556 1,336,254 1,354,592 1,336,637 1,333,655 1,247,169
China Toyota 857,732 963,981 1,007,253 952,256 885,426 920,065 988,994
Thailand Toyota 863,917 732,027 642,340 669,370 699,558 743,985 787,709
Hino 264 0 189 67 88 89 100
Thailand sub-total 864,181 732,027 642,529 669,437 699,646 744,074 787,809
Indonesia Toyota 421,054 394,284 354,158 368,537 370,474 384,246 382,943
Daihatsu 304,048 325,555 241,858 242,209 260,094 292,589 314,469
Hino 2,682 3,438 4,676 14,822 14,997 15,626 16,007
Indonesia sub-total 727,784 723,277 600,692 625,568 645,565 692,461 713,419
Canada Toyota 419,100 475,052 492,845 486,297 495,398 477,934 463,089
Lexus 86,236 104,076 95,636 99,795 96,155 100,936 100,145
Canada sub-total 505,336 579,128 588,481 586,092 591,553 578,870 563,234
India Toyota 173,773 147,717 158,709 165,523 213,789 260,210 332,419
Mexico Toyota 63,677 71,248 107,243 155,150 136,767 130,218 305,018
Turkey Toyota 102,260 131,504 115,893 156,843 212,125 226,048 246,129
UK Toyota 179,233 172,215 187,328 179,694 163,932 168,458 219,063
France Toyota 192,135 207,283 218,985 212,629 208,801 239,646 218,523
Taiwan Toyota 170,257 200,498 179,650 176,704 181,996 186,353 188,550
Hino 2,486 2,770 2,915 2,362 2,452 2,531 2,548
Taiwan sub-total 172,743 203,268 182,565 179,066 184,448 188,884 191,098
Brazil Toyota 134,721 150,241 158,322 142,940 148,890 160,596 169,344
South Africa Toyota 155,233 138,356 125,088 147,765 152,599 151,651 164,711
Russia Toyota 43,122 51,392 39,511 52,363 63,785 72,114 78,961
Argentina Toyota 94,468 95,959 79,632 74,900 72,787 77,559 77,871
Malaysia Toyota 72,750 80,505 78,933 61,972 63,701 67,009 70,066
Hino 5,508 4,732 4,086 5,906 6,448 6,842 7,132
Malaysia sub-total 78,258 85,237 83,019 67,878 70,149 73,851 77,198
Czech Republic Toyota 69,383 69,997 91,199 88,170 82,757 80,038 68,789
Philippines Toyota 34,869 42,040 50,518 54,799 56,237 63,273 67,523
Vietnam Toyota 33,949 34,880 44,406 49,700 53,952 59,955 63,214
Hino 0 0 1,212 593 628 628 629
Vietnam sub-total 33,949 34,880 45,618 50,293 54,580 60,583 63,843
Pakistan Toyota 37,828 41,379 64,141 63,094 57,088 58,171 60,565
Austria Toyota 0 0 0 0 0 433 13,497
Venezuela Toyota 8,930 3,220 3,553 3,533 4,074 5,025 7,002
Daihatsu 410 60 90 376 681 781 952
Venezuela sub-total 9,340 3,280 3,643 3,909 4,755 5,806 7,954
Portugal Toyota 1,631 805 1,734 2,029 2,201 2,232 2,359
Kazakhstan Toyota 0 750 286 690 707 934 1,134
Australia Toyota 109,321 90,126 86,855 84,856 0 0 0
資料: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast" (January 2016)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載にはLMC Automotive社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細なデータのご用命、お問い合わせはこちらのページへ。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>