ブラジル:経済低迷により2015年販売見通しは21%減の278万台

各社は減産で対応する一方、市場の将来性を見込んで生産拠点は増強

2015/08/31

要 約

ブラジルの自動車販売台数

ブラジルの自動車生産・輸出台数

 ブラジルでは、国内経済の低迷により需要が減少し、自動車市場の縮小が続いている。主要輸出先のアルゼンチンとの自動車貿易は相互依存の関係にあり、景気低迷の影響も相互に受けている。また、政府の保護主義的な政策が、自動車産業に影響を及ぼしている。


 世界第4位のブラジルの自動車市場は、2012年に過去最高の380万台を記録した後に低迷。2014年は前年比7.1%減の350万台にとどまった。同年の生産台数は前年比15.3%減の315万台、うち輸出は41.1%減の33万台。国内需要低迷と主要輸出先であるアルゼンチン向け輸出の減少により、生産も減少した。

 2015年に入ってからも低迷が続き、ブラジル自動車工業会 (ANFAVEA) は、2015年初頭に発表した2015年通年見込みを4月と6月の2度にわたって下方修正。最新の予測では、販売を前年比20.6%減の278万台、生産を17.8%減の259万台と予測。輸出見込みは1.0%増の34万台を維持している(中大型商用車を含む)。

 ブラジル政府は国内生産を保護するため、2017年末まで輸入車に対する工業製品税 (IPI) を30%ポイント引き上げている。また2013~17年の新自動車政策では、研究開発への投資や製造工程の現地化を条件に、上記のIPI税率引き上げを減免するとして、国内生産の振興を図っている。

 現地生産を行うOEM各社は、需要低迷に対応して相次いで生産調整を行っている。その一方、ブラジル市場の将来性を見込んだ競争力強化のための中長期的投資計画や、IPI税率引き上げを免れるための現地生産化も進めている。


 LMC Automotiveが2015年第2四半期に発表した予測によると、2015年のブラジルでのライトビークル販売は前年比21%減の260万台となる見込み。状況の悪化により、250万台に下振れする可能性も高い。高い失業率と物価の高騰により、消費者は慎重な姿勢を強めている。深刻な経済低迷により、販売が300万台に戻るのは2019年以降となる見通し。

 
関連レポート
日系サプライヤーのブラジル動向 (2015年7月)



ブラジル:減税措置が終了し、2015年1-7月の販売は21%減の155万台

 ブラジルの2014年の自動車市場は前年比7.1%減の350万台。国内経済の低迷に加え、2014年から搭載を義務付けられたエアバッグやABSの追加による車両価格上昇、サッカーW杯開催期間中の営業日数減少の影響で販売が落ち込んだ。新車購入時の工業製品税 (IPI) 減税措置が2014年12月で終了した影響もあり、2015年1-7月も前年同期比21.0%減の155万台にとどまった。

 2014年の販売台数のうち、国産車は前年比5.9%減の288万台、輸入車は12.7%減の62万台。販売台数に占める輸入車比率は2011年の23.6%から年々下がり、2015年1-7月には16.4%に低下。2011年に導入された輸入車の税率引き上げや2013年から実施された新自動車政策 INOVAR-AUTO等の国内生産振興策が影響したとされる。

 2014年の生産台数は前年比15.3%減の315万台、うち輸出は40.9%減の33万台。国内需要低迷と主要輸出先であるアルゼンチン向け輸出の減少により、生産が減少した。アルゼンチンへの輸出が引き続き停滞しているため、ブラジル自工会ANFAVEAはコロンビア、ウルグアイ等の周辺国やアフリカ各国へ働きかけ、ブラジルからの輸出先拡大を図るとしている。2015年1-7月の生産は18.1%減の149万台。うち輸出は最近のレアル安が好影響を与え、10.7%増の23万台となった。

ブラジルの生産・輸出台数

(台)
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
(見通し)
2014年
1-7月
2015年
1-7月
生産 3,382,143 3,416,468 3,402,508 3,712,380 3,146,118 2,585,000 1,818,767 1,490,478
輸出 502,754 553,334 445,219 568,299 334,501 338,000 203,615 225,305
輸出/生産 14.9% 16.2% 13.1% 15.3% 10.6% 13.1% 11.2% 15.1%

ブラジルの販売台数

新車販売台数 3,515,064 3,633,248 3,802,071 3,767,370 3,498,012 2,779,000 1,957,688 1,546,565
(内) 国産車 2,854,808 2,775,365 3,014,008 3,060,523 2,880,990 1,604,042 1,293,575
(内) 輸入車 660,256 857,883 788,063 706,847 617,022 353,646 252,990
輸入車/販売 18.8% 23.6% 20.7% 18.8% 17.6% 18.1% 16.4%
資料:ブラジル自動車工業会 (ANFAVEA)
(注) 1. 新車販売台数は登録台数。
2. 2015年の生産/販売見通しはANFAVEAが2015年6月に発表した見通し。生産台数の4月時点での見通しは2,832,000台(10.0%減)だったが、6月には2,585,000台(17.8%減)に下方修正した。輸出の見通しは338,000台(1.1%増)を維持している。
3. 販売台数の2015年初の見通しは前年と同水準の3,490,000万台、4月には3,038,000台(13.2%減)に下方修正し、6月に2,779,000台(20.6%減)にさらに下方修正した。

 

 



メーカー別ライトビークル販売:上位4社 は大幅減少、現代自とトヨタは販売増加

ブラジルのメーカー別ライトビークル販売 ブラジルにおける2014年のライトビークル販売 (乗用車と小型商用車) では、需要低迷を反映し、上位4社の販売台数が大きく減少。FCAは前年比8.5%減の71万台、VWは12.5%減の59万台、GMは10.9%減の58万台、Fordは8.0%減の31万台となった。一方、現代自動車は7.6%増の26万台、トヨタは11.0%増の20万台と販売を伸ばした。現代自動車は、ブラジルで開発・生産を行うコンパクトハッチバック HB20 が好調に推移。トヨタは、新興国向け小型車Etiosが販売を牽引した。

 (「ブラジルのメーカー・ブランド別ライトビークル販売台数」の表は巻末に収録)


 



現地生産するOEMは減産で対応

 ブラジルでは、需要低迷から在庫が増加しており、現地生産している各OEMは相次いで生産調整を実施している。主に一時解雇や集団休暇を実施して減産しているが、本格的な人員整理を行うメーカーも現れている。さらに、解雇通知を受けた労働組合側がストライキに入り、会社側が解雇計画の撤回・変更を余儀なくされている場合もある。

ブラジルでの最近の生産調整の動き (2015年1~9月)

FCA Betim工場:
・2015年3月に20日間、2,000人規模の集団休暇。4ラインのうち2ラインを停止する。
・2015年4月1-6日に生産停止。
・2015年5月に2,000人の集団休暇。
・2015年7月に10日間、12,000人の集団休暇。
・2015年8月に20日間、3,000人の集団休暇。これで同工場の全従業員19,000人が2015年に集団休暇を取ったことになる。
VW Taubate工場:
・2015年3月30日から従業員4,200人に20日間の集団休暇を与え、生産停止。
・2015年4月に他の従業員250人を最大5カ月間一時解雇。4月27日にさらに120人を最大5カ月間一時解雇。
Ancieta工場:
・2015年4月4-14日に従業員13,000人に対して集団休暇を実施。
・2015年5月4-14日に従業員8,000人に対して集団休暇を実施。
GM Sao Jose dos Campos 工場:
・2014年9月3日~2015年2月7日までの5カ月間、従業員 5,350人のうち最大930人の雇用契約を停止。期間終了後には職場復帰と6カ月間の再雇用を保証。
・2015年8月に798人に解雇を通知したが、組合側の12日間のストライキにより計画を保留。
Sao Caetano do Sul工場:
・2015年1月19日から100人以上を一時解雇。
・2015年5月8日に150人を一時解雇。
Ford Taubateエンジン工場: 2015年3月に従業員137人を解雇。
Sao Bernardo do Campo 工場: 2015年3月、希望退職者の募集を開始。従業員4,400人のうち400~600人の削減を計画。
Daimler Sao Bernardo do Campo トラック工場:
・2015年1月に244人、5月に500人を解雇。
・2015年6月1-15日と8月7-20日に7,000人を対象に集団休暇を実施。
・2015年8月に集団休暇中の7,000人のうち1,500人に解雇を通知。
・2015年9月から希望退職制度等を活用して、2,000人の人員整理をすると発表。
Mahindra & Mahindra Manaus工場:2015年4月に組立ラインを閉鎖。
日産 Resende工場: 2014年9月から5ヵ月間、従業員1,800人のうち290人を一時解雇。同工場は2014年4月に開所したばかり。
奇瑞汽車 Jacarei工場: 2015年8月17日~9月5日に200人を対象に集団休暇を実施。

 

 



ブラジル政府:新自動車政策 INOVAR-AUTO により国内生産保護

 ブラジル政府は、国内販売振興のために2012年5月に導入した新車購入時の工業製品税 (IPI) 減税措置を2014年12月末で終了。2015年からは基本税率に戻した。

 国内生産を保護するため、輸入車と現地調達率65%未満の国産車に対するIPI税率引き上げは、引き続き2017年末までの予定で実施中。また2013年に導入した「新自動車政策 (INOVAR-AUTO)」 により、製造工程の現地化や研究開発への投資等の要件を満たすメーカーには、このIPI税率引き上げを減免するとし、国内産業の強化や研究開発への投資を促進している。

 一方、ブラジル政府は2015年に、アルゼンチン政府、メキシコ政府それぞれとの自動車協定の延長・改定に合意した。いずれも完全自由化は先送りし、制限を設けた中で自動車貿易を継続する。

ブラジル政府の自動車政策

国内販売政策:
自動車減税措置の
終了
 ブラジル政府は、新車購入時の工業製品税 (IPI) の減税措置を、一定の役割を果たしたとして2014年12月末で終了した。当初は2012年5月から同年8月末までの時限措置であったが、6度の延期を経て終了し、2015年からは基本税率に戻った。排気量1,000cc以下のガソリン車、フレックス車は2014年の3%から基本税率の7%に、1,000~2,000ccのフレックス車は9%から11%に、同ガソリン車は10%から13%となった。
国内生産保護:
輸入車のIPI税率
引き上げ
 輸入車と現地調達率65%未満の国内生産車について、IPI税率を30%ポイント上乗せする (2011年12月~2017年末まで)。当初は、ブラジルで現地生産するメーカーの輸入車については、税率上乗せを免除していた。2013年に下記の新自動車政策が導入されてからは、現地生産するメーカーも新制度への適合が必要。
国内生産振興:
新自動車政策INOVAR-AUTO
 2013~17年までの自動車産業政策「自動車産業にかかわるイノベーション・科学技術・すそ野産業振興プログラム (INOVAR-AUTO)」(2012年4月発表・同年10月改定)。各メーカーは、研究開発への投資、製造工程の現地化、生産技術への投資、燃費向上等を要件に、上記のIPI税率上乗せを減免される。IPI軽減措置の承認を受けるための要件は下記の通り。
 IPI軽減措置の承認を受けるための要件(2015年)
 ・研究開発・イノベーションへの投資:売上高の0.50%以上
 ・エンジニアリング、基礎工業技術への投資:売上高の1.00%以上
 ・国内で履行すべき製造工程数:乗用車・軽商用車は12行程中7工程
                     バス・トラックは14行程中9工程
 ・INMETRO (政府機関) による省エネ・ラベリングへの対応:生産車両の64%以上
(注) 乗用車メーカーは4つのうち3つ、商用車メーカーは3つのうち2つを満たす必要がある。
国内生産車の
競争力強化:
輸入部品の関税
引き下げ
 ブラジル政府は2014年12月19日、国内生産されていない自動車部品に関して、輸入関税を引き下げると発表した。元々10~20%だった品目の関税を2%に引き下げる。また、エアバッグやABS等の自動車部品についても関税率を引き下げる。同国では近年、安全装備が義務化され、生産コストが上昇したが、今回の措置により、輸出での競争力向上を図る。

(注) 日本政府は2015年7月2日、ブラジルが国内で行う自動車の税制優遇措置について、世界貿易機関(WTO)協定上の義務に違反するとして協定の紛争解決手続きに基づく協議を要請したことを公表した。欧州連合 (EU) は2013年12月に同様の理由でWTOに提訴している。

ブラジル政府の通商政策

アルゼンチンとの
自動車協定
 ブラジル政府とアルゼンチン政府は2015年6月、二国間自動車協定の延長に合意した。新協定の有効期間は2015年7月1日~2016年6月30日。
 今回の協定では、1年前に再導入した協定と同様、原産地規則などの要件に加え、両国の自動車貿易不均衡を是正するための均衡係数を定めている。均衡係数は従来と同じ「1.50」。これは、一方の国の輸入額が、もう一方の国の輸入額の1.5倍を超えない範囲で100%の関税免除を認めるというもの。すなわち、アルゼンチンからの輸入額が100万ドルであれば、ブラジルはアルゼンチンに対して無課税で150万ドルの輸出が可能となる。
メキシコとの
自動車協定
 ブラジル政府とメキシコ政府は2015年3月、メルコスール・メキシコ自動車協定 (ACE55号) の二国間協定の改定に合意。今後4年間はライトビークルの無関税輸出制限枠を継続する。自国産業保護を望むブラジルが自由化再開に難色を示し、制限枠を2019年3月まで延長することで妥結した。
 2015年の無関税輸出上限枠を15億6,000万ドルとし、毎年3%引き上げ、2018年には17億465万ドルとする。この枠を超えた場合は35%の関税が適用される。最低現地調達率はこれまでの35%を維持し、2019年に40%に引き上げる予定。

 

 



上位メーカー (FCA, VW, GM) の動向

FCA:Goiana工場新設、Betim工場能力増強

Goiana工場新設  FCAは2015年4月、ブラジル北東部 Pernambuco 州の Goiana 新工場の開所式を開催した。総額70億レアルを投資。うち30億レアルを組立工場、20億レアルをサプライヤーパーク、20億レアルを製品開発に投資。2015年末までに9,000人(うち組立工場には3,000人)を雇用する計画。
 年産能力は25万台で、3モデルまで生産可能。2015年2月から中南米輸出向け小型SUVの Jeep Renegade の生産を開始。今後は Fiat ブランドモデルの生産も計画。Jeepブランド車を現地生産することにより、市場リーダーとしてのFCAの地位を強固なものにするとしている。
Betim工場能力増強  FCAは2014年にBetim工場に新しい塗装工場を増設。これにより生産効率が向上し、年産能力を80万台から95万台に拡大した。

(注) 2015年8月下旬時点で 1レアル = 約34円

VW:Anchieta 工場と Sao Carlos 工場の生産能力増強、up! のウルグアイへの輸出開始

Anchieta工場への
投資
 2014年8月、Sao Paulo 州Anchieta工場への3億レアルにおよぶ設備投資が完了したと発表した。この設備投資により、小型ピックアップ Saveiro の生産能力が 50% 向上した。Saveiro は小型車 Gol のプラットフォームを使用した中南米市場向けピックアップ。
 2015年上期にAnchieta工場で、中型セダン Jetta の生産を開始。生産ラインを改修し、年産能力は18,000台としている。
Sao Carlos工場への
投資
 2018年にSao Carlos 工場に4.6億レアルを投資する計画 (2015年6月発表)。1.0L 3気筒 TSI フレックスエンジンの生産ライン、工場全体の生産能力増強、クランクシャフトの生産ラインの新設等に投資される。
ブラジル製 up! を
ウルグアイへ輸出
 2015年6月、Taubate工場で生産する up! のウルグアイ向け輸出を開始。現地向けにガソリンエンジンのみを搭載。2014年初めにブラジルで発売した up! は、同年上期にアルゼンチンへの輸出を開始。2015年にはメキシコへの輸出も開始する。

GM:2014~2019年のブラジルへの投資を130億レアルへ倍増

 2015年7月、2014~2019年の6年間でブラジルに130億レアルを投資すると発表した。従来、65億レアルとしていた投資額を倍増する。
 この追加投資は、GMが中国・上海汽車と進める新興国向け乗用車開発プロジェクトの一部。GMと上海汽車は50億ドルを投じて、Chevrolet ブランドの新型車を共同開発し、2019年型からの投入を目指す。新車種から複数のモデルを展開し、ブラジル、中国、インド、メキシコ等の新興国市場に投入する計画。コネクティビティ、安全、燃費性能を重視した新型ラインアップを開発する計画。

 

 



他の欧州メーカー (PSA, BMW, Daimler, JLR) の動向

PSA:クロスオーバーSUV 2008 の生産開始

 2015年3月、Rio de Janeiro州 Porto Real 工場でクロスオーバーSUV の Peugeot 2008 の生産を開始した。同工場に4億レアルを投資し、2008の生産のために最新設備を導入。部品の80%を現地調達する。同モデルは、ブラジルで4月上旬に発売された。

BMW:南米初の四輪車工場で生産開始

 2014年10月9日、BMWグループとして南米初の四輪車工場となる Araquari 新工場 (Santa Catarina州) で生産を開始した。2015年9月までにすべての生産施設が完成する予定。投資総額は約 2億Euro。年産能力は3万台。2014年10月に 3 Series Sedan、11月に X1、2015年3月に 1 Series、8月に X3 の生産を開始。2015年末までに MINI Countryman の生産も開始する計画。

Daimler:Iracemapolis乗用車工場を新設、商用車2工場の施設拡張

乗用車工場を新設  2015年2月5日、Sao Paulo 州 Iracemapolis で新乗用車工場の起工式を開催した。2016年第1四半期に Mercedes-Benz C-Class、同年半ばに SUV の GLA の生産開始を計画している。投資総額は 5億レアル。年産能力は2万台。市場動向により、将来は拡張も検討する。
商用車工場の
施設拡張
 2014年10月10日、ブラジルの商用車関連 2工場に合計 7.3億レアルを投資すると発表した。2015~2018年に、Sao Paulo州 Sao Bernardo do Campo 工場に 5億レアル、Minas Gerais 州 Juiz de Fora 工場に 2.3億レアルを投資し、施設の刷新・拡張を図る計画。

JLR:2016年に新工場を稼働

 Tata 傘下のJaguar Land Rover (JLR) は2014年12月2日、Rio de Janeiro州 Itatiaia工場の建設を開始した。2016年に稼働し、Land Rover のコンパクトSUV Discovery Sport を生産する予定。英国 Halewood 工場から組立キットを輸入して生産する予定。年産能力は2.4万台。当初の従業員数は400名。教育センターも併設する。2020年までに7.5億レアルを投資する。

 

 



日本メーカー (トヨタ、ホンダ、日産、三菱自) の動向

トヨタ:Sorocaba工場の生産能力増強、HVの Prius の生産を計画
Sorocaba工場の
能力増強
 トヨタは2015年1月30日、Sao Paulo州 Sorocaba 工場の年産能力を、2016年初を目標に7.4万台から10.8万台へ増強すると発表した。約45億円を投資し、新興国向け小型車 Etios の需要増に対応する。Etiosは、2012年9月にセダン及びハッチバックタイプを、2013年11月 にクロスオーバーの Etios Cross を発売。現在は月販 6,000~7,000台。アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイにも輸出している。
Priusの組立生産を
開始へ
 トヨタは2018年からブラジルでハイブリッド車(HV) Prius の組立を行う計画と報じられた (日本経済新聞 2015.3.25)。Sao Paulo州 Sao Bernardo do Campo 部品工場に6,000万レアルを投資し、車両組立ラインを新設する計画。連邦政府や州政府と、Priusの現地生産に伴う優遇措置について交渉を進めている。トヨタは、Prius の現地生産で価格を抑え、普及拡大を目指す。
ホンダ:ブラジル第2工場の稼働延期、第1工場でHR-Vの生産開始
Itirapina工場の
稼働延期
 ホンダは2015年4月9日、Itirapina 新工場の建設作業が終了したと発表した。580万平方メートルの敷地や設備の購入費用を含め、10億レアルを投資。年産能力は12万台の予定。
 2015年7月、ホンダは Itirapina 工場の稼働を延期すると発表した (日本経済新聞 2015.7.31他)。当初は2015年末の稼働を予定していたが、2016年3月に延期する。稼働率も当初計画から半減し、年産6万台で稼働する。通貨レアルの相場や現地の経済情勢が不安定なため。稼働後の販売動向により、能力拡大を検討する。
HR-Vの生産開始  2015年3月、Sumare工場で、 コンパクト SUV の HR-V (日本名:Vezel) の生産を開始した。ブラジル仕様 HR-V は 1.8L SOHC i-VTEC フレックス燃料エンジンと CVT を組み合わせて搭載。部品の70% を現地化している。
日産:小型セダン Versa、1.0L 3気筒エンジンの生産開始
Versaの生産開始  2015年1月、Rio de Janeiro州 Resende工場で、小型セダン Versa の生産を開始した。2014年4月に開所した同工場で生産するモデルとしては、Marchに続き2車種目。
新型エンジンの
生産開始
 2015年1月、Resende 工場で新型1.0L 3気筒 エンジンを生産すると発表した。ガソリンとエタノールを併用するフレックス燃料タイプ。新エンジンの生産のために1億レアルを投資。1月にResende工場で生産を開始する Versa に搭載する。同工場では1.6L 直列4気筒エンジンも生産している。
三菱自動車:Lancerの生産開始
 三菱自動車のブラジルの車両組立委託先兼販売総代理店である MMC Automotores do Brasil Ltda.(MMCB)」は、2014年10月から Goias 州 Catalao 工場でセダン Lancer の生産を開始した。11月にはブラジルで販売される三菱車の85%が現地生産となった。MMCBは、2010~2015年に10億レアルを同工場に投資。1月には塗装設備も備わり、生産能力は年間5万台から10万台に増強される計画。

 

 



中国メーカー (奇瑞汽車, BYD) の動向

中国メーカー

奇瑞汽車  2014年8月にSao Paulo 州Jacarei工場を開所。投資額は4億ドル。第1期の年産能力は5万台。第2期では年間15 万台に拡張予定。Celer のハッチバックとセダンを生産。2015年末までに小型車 QQ の生産を開始する計画。2016年には、閉鎖するウルグアイ工場から生産移管するSUV Tiggo 5 の生産を開始する予定。
 Jacareiでは、車両工場と同時にパワートレイン工場も開所した。1.3億ドルを投資し、2015年から本格稼働する。排気量1,000ccと1,500ccの2種のフレックス燃料エンジンを生産する。2016年にはトランスミッションの生産も開始予定。
 2015年5月に Jacarei 市にサプライヤーパークを建設すると発表した。既存の Jacarei 工場に隣接して建設し、2017年に開所予定。400万平方メートルの敷地に25社が入居。25社で総額 7億ドルを投じ、約5,000人の新規雇用を創出する見込み。
BYD  2014年7月14日、2.5億レアルを投資して Sao Paulo 州 Campinas に工場を建設する覚書に署名した。年産能力は 500~1,000台。2015年に稼働し、新規に 450人の直接雇用を創出予定。電気駆動バス、電池、ソーラーパネルの組立施設と、研究開発センターを設立する計画。ブラジルで販売するほか、南米諸国向けに輸出する。

 

 



LMC Automotive 生産予測:ブラジルのライトビークル生産は2018年に260万台へ

(LMC Automotive社、2015年7月)

ブラジルでのライトビークル生産予測 LMC Automotiveの2015年7月版の予測によると、2015年のブラジルでのライトビークル生産は前年比22%減の230万台となる見込み。ブラジル経済は引き続き低迷し、新車需要は減少している。各メーカーは従業員の一時解雇、集団休暇、組立ラインの閉鎖等を実施して、この困難な状況に対応している。LMC Automotiveの予測では、2016年のブラジル生産は、Fiatの新小型車やJeepのコンパクトSUVなど新型車の投入により、増加に転じる見込み (前年比2%増)。ブラジルでのライトビークル生産は2017年以降も増加し、2018年に260万台に達する見通し。


ブラジルのブランド別 light vehicle 生産予測 (LMC Automotive)

(台)
Sales Group Global Make 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
Total 3,244,482 3,492,101 2,994,756 2,332,020 2,370,713 2,552,241 2,641,817
Fiat Chrysler Automobiles Fiat 818,037 755,476 675,190 462,053 459,241 484,359 505,119
Jeep 0 0 0 24,984 48,109 54,349 56,298
Fiat Chrysler Automobiles sub-total 818,037 755,476 675,190 487,037 507,350 538,708 561,417
General Motors Group Chevrolet 612,931 664,599 548,997 394,277 402,466 437,594 466,170
Opel 3,355 0 0 0 0 0 0
General Motors Group sub-total 616,286 664,599 548,997 394,277 402,466 437,594 466,170
Volkswagen Group Audi 0 0 0 1,243 3,821 8,640 8,815
Volkswagen 851,845 761,813 600,388 410,148 412,816 442,927 464,686
Volkswagen Group sub-total 851,845 761,813 600,388 411,391 416,637 451,567 473,501
Ford Group Ford 275,773 351,467 268,922 229,723 224,808 243,798 254,668
Troller 1,027 1,011 1,242 1,250 991 1,075 1,092
Ford Group sub-total 276,800 352,478 270,164 230,973 225,799 244,873 255,760
Renault-Nissan Group Dacia 232,600 247,613 199,393 168,748 159,756 130,336 133,485
Nissan 31,346 27,746 32,874 41,736 40,618 54,257 47,149
Renault 21,241 21,409 15,446 11,437 19,989 52,377 56,521
Renault-Nissan Group sub-total 285,187 296,768 247,713 221,921 220,363 236,970 237,155
Hyundai Group Hyundai 51,243 198,464 217,089 178,625 177,192 179,428 172,459
Honda Group Honda 135,389 134,050 135,242 141,138 145,115 149,496 151,183
Toyota Group Toyota 66,514 134,721 150,241 139,066 135,292 139,732 140,050
PSA Group Citroen 66,741 77,330 48,886 30,729 31,744 33,701 33,746
Peugeot 33,253 69,093 45,501 43,088 34,724 43,424 44,110
PSA Group sub-total 99,994 146,423 94,387 73,817 66,468 77,125 77,856
Mitsubishi Motors Mitsubishi 37,358 40,607 45,484 32,266 33,300 37,004 41,105
Chery Group Chery 0 0 0 6,441 10,989 19,949 20,064
BMW Group BMW 0 0 1,316 9,907 12,692 12,914 13,657
MINI 0 0 0 0 85 1,145 1,220
BMW Group sub-total 0 0 1,316 9,907 12,777 14,059 14,877
Tata Group Land Rover 0 0 0 0 7,952 8,535 8,996
Daimler Group Mercedes-Benz 0 0 0 0 2,836 7,999 8,829
Jianghuai Automotive JAC 0 0 0 0 0 2,472 5,336
Fiat Industrial Iveco 4,214 4,199 3,608 2,691 3,374 3,776 3,916
Suzuki Group Suzuki 0 1,671 4,173 2,331 2,670 2,822 3,011
Agrale SA Agrale 783 163 166 139 133 132 132
Mahindra Group Mahindra 832 669 598 0 0 0 0
Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (July 2015)"
(Note) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

 



資料

ブラジルのメーカー・ブランド別ライトビークル販売台数

(台)
2011年 2012年 2013年 2014年 2014年
1-7月
2015年
1-7月
総計 3,425,596 3,634,421 3,575,935 3,328,716 1,862,488 1,489,283
FCA 759,599 845,304 770,829 705,371 404,325 287,721
Fiat 754,080 838,134 762,928 698,111 400,942 274,326
Dodge 2,277 2,995 3,809 3,615 1,859 1,453
Jeep 2,518 3,415 3,587 3,309 1,299 11,868
Chrysler 639 699 505 301 207 74
Maserati 22 15 0 11 5 0
Ferrari 63 46 0 24 13 0
VW 703,766 772,612 674,191 589,643 333,474 234,997
VW 698,283 768,236 666,538 576,519 327,155 227,472
Audi 5,445 4,376 6,594 12,316 5,936 7,463
Porsche 1,329 634 1,059 808 383 62
Bentley 17 0 0 0 0 0
Lamborghini 21 0 0 0 0 0
GM 632,091 642,094 649,511 578,777 329,382 234,779
Chevrolet 632,059 642,079 649,511 578,749 329,374 234,779
Cadillac 32 15 0 28 8 0
Ford 313,897 323,563 334,939 308,108 168,453 160,440
Renault・日産 261,517 346,277 314,062 309,329 164,890 141,103
Renault 194,250 241,541 236,303 237,009 127,980 105,396
日産 67,207 104,736 77,759 72,320 36,910 35,707
Infiniti 60 0 0 0 0 0
現代-起亜自動車 192,027 149,504 241,983 260,427 143,709 128,911
現代 114,850 108,349 212,852 236,639 130,135 119,122
起亜 77,177 41,155 29,131 23,788 13,574 9,789
トヨタ 99,111 113,694 176,203 195,556 101,821 103,006
トヨタ 99,111 113,674 176,030 195,333 101,782 103,066
Lexus 0 20 173 223 39 0
ホンダ 92,874 134,929 139,264 137,882 72,546 85,103
PSA 175,812 146,619 123,585 93,596 58,995 31,852
Citroen 90,016 74,576 66,083 53,069 33,394 17,744
Peugeot 85,796 72,043 57,502 40,527 25,601 14,108
三菱 55,520 60,565 58,153 59,263 32,984 25,991
安徽江淮汽車(JAC) 23,742 18,028 15,960 7,953 5,372 1,390
BMW 14,967 10,602 14,982 16,530 8,346 7,490
BMW 12,035 8,616 13,473 14,528 7,523 7,457
MINI 2,921 1,972 1,509 2,002 823 33
Rolls-Royce 11 14 0 0 0 0
Daimler 16,515 11,092 13,669 14,850 7,429 8,765
Mercedes-Benz 15,457 10,461 13,063 14,850 7,429 8,765
smart 1,058 631 606 0 0 0
Tata 8,295 8,214 10,846 9,730 5,602 4,914
Land Rover 8,185 8,173 10,623 9,381 5,419 4,738
Jaguar 110 41 223 349 183 176
奇瑞汽車(Chery) 21,676 14,216 8,365 10,354 5,245 2,345
奇瑞 (Chery) 21,676 14,216 7,469 9,466 4,626 2,121
威麟 (Rely) 0 0 896 888 619 224
スズキ 7,380 7,114 6,291 5,975 3,363 3,139
CNH Industrial (Iveco) 4,975 4,601 4,058 3,868 2,173 1,490
吉利控股集団(Geely) 5,210 2,890 2,503 3,252 1,453 1,941
Volvo Cars 5,210 2,890 2,503 3,123 1,415 1,752
帝豪 (Emgrand) 0 0 0 129 38 189
力帆実業(集団)(Lifan) 2,822 1,219 2,136 5,287 2,495 2,920
Mahindra & Mahindra 5,441 2,465 1,863 1,474 988 47
双龍自動車 (Ssangyong) 4,984 2,138 1,253 886 576 0
Mahindra & Mahindra 457 327 610 588 412 47
スバル 2,314 976 511 914 460 707
その他 24,716 17,209 12,031 10,577 8,834 20,232

資料:ブラジル自動車販売協会 (Fenabrave)
(注) Iveco の親会社 Fiat Industrial は2013年9月に CNH Global N.V. と経営統合し、CNH Industrial N.V. の傘下となった。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>