スズキの新中期計画:インド/日本市場を主力に340万台を目指す

VWとの提携解除、軽~Cセグメント/SUVに注力

2015/08/31

要 約

新中期計画「SUZUKI NEXT 100」
  1. インド、日本市場を主力市場に。第三の柱として、インドネシア/タイを生産拠点として育成していく。
  2. 軽~C セグメント、SUVに集中。
  3. プラットフォーム/エンジンを集約。


・スズキは2019年度までの、新たな中期経営計画「SUZUKI NEXT 100」を2015年6月に発表。同社は2020年に創立100周年を迎える。その次の100年のための準備期間としてこれからの5年を位置付ける。
・世界的には小型車市場(軽~Cセグメント、SUV)が伸び、インド市場が今後世界第3位市場になることを想定。

・LMC Automotive社が予測するように、スズキのインド販売は、将来的にはスズキ全体の半分を占める見込みで、スズキ自体も「インド一本足打法」に危機感を持っている。
・しかし、母国市場である、日本の軽自動車市場では競争環境の悪化から収益を圧迫。
・第三の柱と位置付けているタイ/インドネシア市場も、足下では、市場が減速。
・インドでは、スズキはシェアを回復しつつある。そして、2017年稼働予定の新工場建設/新しい高級販売チャンネルの設置と2020年に200万台の販売に向けた施策を打っており、中期経営目標を達成するためには、やはりインドでの成功が鍵となる。


・また中期計画の発表と同時に、約40年にわたってスズキを指揮してきた鈴木修会長兼社長が、社長職を長男 鈴木俊宏氏に譲り、今後、集団指導体制でこの中期経営計画を進めていく方針を明らかにした。

・2015年8月30日には、VWとの提携解除を発表。2009年に結んだ資本・業務提携の解除を、VW側へ2011年9月に申し入れたがVW側が応じなかったため、国際仲裁裁判所に2011年11月に仲裁を申し立てていた。仲裁で、提携の解除とVWが持つスズキ株(19.9%)分の売却が認められた。一方、スズキ側の契約違反も認められ、損害賠償の有無及び金額について引き続き仲裁を受ける。

中期計画 経営目標

2014年度
実績
2015年度
計画値
2019年度
目標
スズキの地域別新車販売台数
連結売上高 3兆155億円 3兆1,000億円 3兆7,000億円
営業利益率 6.0% 6.1% 7.0%
研究開発費 1,259億円 1,300億円 2,000億円
設備投資 1,945億円 5カ年累計1兆円
(2015年度計画:1,800億円)

 
関連レポート
好調な北米が一部新興国の不振をカバー:日本乗用車7社の第1四半期決算 (2015年8月)
スズキの予防安全装備:レーダーブレーキサポートを軽商用車にも設定 (2015年4月)



商品戦略:プラットフォーム/エンジンを集約、小型車を重点化

・モデル計画:5年で20モデル投入

  ・軽乗用車:毎年1モデル投入を継続(5年で5モデル)
  ・Aセグメント:5年で6モデル投入。
  ・B、Cセグメント、SUV:それぞれを5年で3モデル、合計9モデルを投入。
 (こちらのモデルチェンジ情報もご覧下さい

 

新軽自動車用プラットフォーム
新軽自動車用プラットフォーム(レスポンス社提供)

Baleno
2015年9月フランクフルトモーターショーで披露予定の
コンパクトハッチバック「バレーノ(Baleno)」
・軽、A、Bの3つの新軽量プラットフォームに集約

  モジュール化、剛性30%向上、軽量化10-15%。 マルチマテリアル化、セグメント間機能部品共用。新軽プラットフォームは2014年12月(新型アルト)から、新Aプラットフォームは2015年8月(新型ソリオ)から採用開始。

 

・エンジン

  排気量660cc-1400ccに集約して、開発効率を高める。ガソリンエンジン平均熱効率40%に挑戦(高圧縮比化、直噴ターボ、リーンバーン、クールドEGR、低フリクション化)。

 

・予防安全装備/運転支援

  予防安全/運転支援/ブレーキサポートシステムの高性能化。自動駐車等、日常の運転支援機能の充実。検知、自動制動、自動操舵、双方向通信による高度運転支援の技術蓄積。

 

・インフォテイメントシステム

  情報通信・スマホ連携ナビのグローバル展開、車両情報サービスの利用。インドでの情報通信技術開発を促進する。

 

・新技術の海外展開

  S-エネチャージなどの高効率なスタータージェネレーター(ISG)や、インフォテイメントシステムは、新興国のニーズを踏まえた開発を行う。

 

 ISGシステムは日本/インドで積極展開する。日本では高効率なスタータージェネレーター(ISG)とリチウムイオン電池を使い、駆動アシストと減速エネルギー回生を行うシステム(S エネチャージ)を開発し、2014年8月にワゴンRから採用。その後、スペーシア、ハスラーへと順次展開。2015年8月には、フルモデルチェンジしたソリオに搭載。スズキは、このISGシステムを小型車向けには「マイルドハイブリッド」と呼称し、軽自動車向けには「S-エネチャージ」と呼ぶ。

 インドで販売している中型セダンCiazにこのISGシステムの導入を計画。1.3L ディーゼルエンジンと組み合わされ、2015年9月に発売予定。MPV のErtigaにも採用される計画。

 

 



地域戦略:日本、インドを中心とするアジアが主力

日本 ・開発、生産の基盤。
・継続的に軽自動車と小型車の新型車を毎年投入し、軽自動車シェア30%以上(2014年度 31.3%)、小型車10万台以上(同7.6万台)を目指す。
・日本 湖西工場をリニューアルし、CO2排出量半減を目指す(現状比)。
インド ・拡大する新規需要層を今後も中心とし、さらに乗り換え需要増加に対応する商品、販売網、生産力を拡充していく。(2015年7月に、新たな販売チャンネルNEXAを設置)
・乗用車シェア45%以上を目指す(同 45.0%)。
・2017年に稼働する、インド グジャラート新工場はスズキで最も進化した工場を目指す。
アセアン ・インドネシアとタイをアセアン内外への生産拠点として、日本、インドに次ぐ柱に育成。
欧州 ・燃費規制、安全技術、デザインへの対応を通じ、先進技術、商品力を磨く。

 

 



日本の軽市場:シェア争いが激化し、収益を圧迫

 

日本の軽自動車市場のシェア 2015年の自動車販売台数


 日本の軽自動車市場は2014年(暦年)には227.3万台となり、日本の自動車市場の4割を占めるまでになった。 その中、スズキは、2014年(暦年)は7年ぶりに、軽自動車シェア第一位を獲得(前年比13.9%増の70.9万台販売)。スズキのシェアは31.2%で、2位のダイハツとの差は0.1%ポイント、台数にして2,800台の僅差。軽自動車初のクロスオーバーSUV スズキ ハスラーが10.4万台の販売となり大きく貢献。

 一方、2014年度(2014年4月から2015年3月)では、ダイハツが逆転をしてシェア1位を保持。スズキ/ダイハツ間で首位争いが激化する中、ホンダ/日産もここ数年シェアを拡大しており、軽自動車市場の競争環境は厳しくなっている。

 そのため、スズキは2014年度決算では、日本で販売費用がかさんだことから、全体の半分以上を占める日本事業の営業利益は前年度比32.6%減の907億円となり、スズキ全体での減益の大きな要因となった。

 2015年に入ってから、市場全体の軽自動車の販売台数(1-7月)は、前年同期比15.7%減の118.8万台と減少に転じた。2015年4月に軽自動車税が引き上げられたこと等が要因。スズキは同16.3%減となり、シェアも第2位(29.4%)となっている。

 

 



インド市場:シェアを拡大、2020年に200万台販売を目指す

マルチスズキのインド国内販売台数 スズキのインド合弁会社マルチ・スズキのインド国内販売台数は、2014年度(2014年4月-2015年3月)には、前年比11.1%増の117.1万台となった。2014年度に発売したコンパクトセダン Celerio、中型セダンCiazが好調。

 市場シェアは45.0%となり4年ぶりの高水準。2011年度に金融引き締めのため、スズキがメインとする小型車を購入する所得層を中心に自動車ローンが組みにくくなった影響と、労働争議ため生産が停止した影響でシェアが38.3%へ急落したが、徐々に回復。

 2015年度に入ってからも、引き続き販売が全てのセグメントで好調となっており、4-7月の市場シェアは47.5%とここ10年で最高水準となっている。新モデルが好調であることと、販売店網をこの5年間で倍増させたことが要因。

 同社は、2020年までにインドでの販売を200万台まで引き上げていく目標を掲げている。そのため、新工場建設と新たな販売チャンネルの設置と、生産/販売両面で新たな施策を展開している。

 

グジャラート新工場の建設を開始、2017年に稼働へ

 スズキは同社が全額出資する、グジャラート新工場の定礎式を2015年1月に開催。約600億円を投じて、2017年半ばに年産能力25万台の第1ラインを稼働させる予定。これによって、スズキのインドでの年産能力は2017年には175万台へ増強されることになる。将来的には、グジャラート工場の年産能力をさらに50万台分増強して、75万台まで拡大していく計画。
 従来のスズキのインド工場は、マルチとの合弁で運営されていた。このグジャラート新工場では、スズキが全額出資して生産を担い、マルチ・スズキに全量供給される。マルチ・スズキは浮いた資金を、商品開発・販売網の整備などに投じる。

 

高級販売チャンネルNEXA

 スズキは、インドで中~高級車向けの販売店ブランド「NEXA(ネクサ)」を2015年7月に立ち上げた。 まずは約30カ所の販売店を設置し、2015年度末までに100カ所に拡大予定。NEXA店では価格が80万ルピー(約156万円)以上のモデルを販売する計画。8月には、同チャンネルにとって初モデルSUV「Sクロス(S-Cross)」をNEXA店で発売。
 インド市場でも、廉価ブランド車では満たされない顧客層が増えてきている。そのような新たな顧客層を取り込むため、NEXA店は高級感ある内外装で統一していく。

 

高級販売チャンネルNEXAの店舗 S-Cross
高級販売チャンネルNEXAの店舗(マルチ・スズキ提供) SUV「Sクロス(S-Cross)」(マルチ・スズキ提供)

 

 



次の柱 インドネシア・タイ市場:共に販売台数が落ち込む

 

スズキのインドネシアでの生産/販売台数 スズキのタイでの生産/販売/輸出台数

 

 スズキが、日本/インド市場の次ぐ事業の柱としている、インドネシアとタイ市場は、2015年前半は共に低迷。インドネシアでは、インフレ・金利上昇が影響しており、タイでは景気の回復が遅れている。スズキのインドネシアの2015年1-6月の販売台数は前年同期比26.5%減の6.4万台、タイでは10.5%減の1.0万台。

 しかし、ともに現地での生産台数は増加。インドネシアでは2015年1-6月の生産台数は同6.6%増の7.4万台。同国では、Cikarang四輪車組立工場が完成し、稼働開始したと2015年5月29日に発表。「Ertiga」の組み立てを既存のTambun工場から移管。これによりインドネシアでの生産能力は14.2万台から24.8万台へ増強された。

 タイでの2015年1-6月の生産台数、前年同期と比べて約3倍の2.6万台。タイで欧州向けのセレリオの生産を開始し、2014年9月より輸出を始めたため。

 

 



2015度業績見通し: 過去最高の営業利益1,900億円を計画

スズキの連結業績 スズキの2014年度の連結決算は、国内売上高が前期比3.4%減、海外売上高が6.4%増で、連結売上高は2.6%増の3.02兆円。営業利益は4.4%減の1,794億円と過去最高を記録した2013年度から減少。日本事業の減益、リコール費用を引き当てたことなどが要因。 売上高3.02兆円、経常利益率6.4%となって、2014年度までの中期目標(売上3兆円、経常利益率6%)を達成。

 2015年度の連結業績見通しは日本市場で販売が減るものの、インドを中心にアジアで販売台数を増やし、売上高は2.8%増の3.1兆円、営業利益は過去最高の1,900億円(5.9%増)を目指す。

統計表は巻末に収録


 



LMC Automotive 販売予測:スズキのライトビークル販売は2018年に280万台(主要54カ国)

(LMC Automotive社、2015年第2四半期予測)

スズキのライトビークル販売予測 LMC Automotiveの最新予測(2015年Q2)によれば、2015年(暦年)のスズキのライトビークル販売台数(主要54カ国)は、前年比4.9%減の261万台になる。

 軽自動車税の増税が2015年4月に行われたことで、スズキの2015年の日本販売台は大幅に減少し、21.3%減の61.9万台になると予測。

 スズキにとって最大市場であるインドでは、2015年は前年比3.1%増の119万台になる見込み。マルチ・スズキは販売台数が増える中で、販売チャンネルを2つにするという販売戦略を進めている。NEXAと名付けられた販売網の展開が進められており、CiazやS-Crossといったやや上級モデルを販売していく。一方、従来のエントリーモデルは従来の販売網を通じて、消費者に届けられる。

 この戦略は、マルチ・スズキの車をより高級なものとして認識させようとするものであり、ホンダやトヨタ等のモデルとうまく対抗していくためのものであることに疑いの余地はない。スズキにとってインド市場でのシェアを守っていくことは非常に重要なことである。

 中長期的に見れば、スズキの世界販売台数は増加し、2018年には、2014年に比べて3.3%増の284万台となる。持続的なインド市場の拡大とマルチ・スズキの確固たる地位を考えると、スズキのインドでの販売台数は2018年には、2014年比26.1%増の145万台になると見込まれる。一方、日本市場での販売は減少し、同36.4%減の50.1万台になる。

スズキのライトビークル販売台数予測 (主要54カ国)

2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
Total 2,551,663 2,582,147 2,747,309 2,611,374 2,653,972 2,775,144 2,838,423
India 1,064,652 1,064,064 1,150,280 1,185,516 1,213,160 1,322,464 1,450,265
Japan 673,316 701,315 787,358 619,373 581,479 577,828 501,120
China 254,688 233,535 266,348 251,551 256,666 225,810 214,250
Indonesia 126,577 163,856 154,923 127,566 137,495 151,984 164,002
Pakistan 95,763 76,819 77,817 104,805 102,020 106,254 108,585
Germany 30,860 26,910 27,872 41,437 50,339 50,343 48,303
Italy 14,687 13,862 15,797 21,242 30,160 32,275 33,155
Thailand 24,685 45,292 20,183 19,849 24,341 31,365 31,792
Australia 24,057 22,028 17,422 23,461 26,862 28,377 29,066
UK 24,893 33,088 37,395 31,956 30,502 28,576 27,833
France 16,350 15,877 15,845 17,298 20,201 22,603 23,975
Chile 17,389 21,943 21,723 18,407 17,934 18,398 18,996
Mexico 10,733 11,250 12,510 15,116 16,391 18,271 17,743
Russia 32,684 27,724 19,931 9,851 12,149 13,969 16,327
Netherlands 12,522 8,636 8,623 9,706 9,273 11,137 11,532
Poland 5,994 5,994 6,129 7,247 9,010 9,780 10,712
South Africa 4,724 4,865 6,402 7,050 9,416 11,004 10,108
Philippines 4,501 5,146 6,881 8,357 8,274 8,970 9,587
Peru 4,737 9,072 8,746 7,980 8,367 8,567 9,118
Hungary 3,316 3,940 4,742 5,008 5,857 7,292 8,224
Switzerland 7,662 8,323 8,487 6,978 7,383 7,939 7,935
Colombia 1,477 4,777 7,563 6,155 6,267 6,553 6,846
Taiwan 3,939 5,570 6,914 6,723 6,750 6,810 6,805
Brazil 7,120 6,299 6,044 5,590 6,138 6,168 6,563
Belgium 5,100 5,244 6,079 5,750 6,116 6,480 6,530
Spain 3,710 3,104 2,407 3,713 5,646 6,172 6,153
Austria 6,079 5,624 4,619 4,763 5,511 5,888 5,953
Denmark 6,560 5,557 6,158 5,283 4,765 5,285 5,234
Uruguay 3,290 3,282 3,342 6,888 4,967 5,004 5,129
Greece 2,280 2,214 3,347 2,745 3,098 3,758 4,340
Iran 2,643 753 453 2,625 3,023 3,737 4,333
Vietnam 3,457 4,818 3,438 3,841 3,812 4,067 4,239
Sweden 2,694 2,566 2,440 2,606 2,984 3,237 3,189
Norway 2,042 2,300 2,820 2,993 3,084 3,132 3,119
Malaysia 8,087 4,962 4,262 2,803 2,610 2,580 2,729
Turkey 1,781 1,626 960 1,416 2,078 2,128 2,406
Slovakia 2,431 2,772 2,611 1,479 1,780 2,090 2,191
Czech Republic 2,340 2,285 2,350 1,603 1,889 2,141 2,181
Kazakhstan 569 846 352 628 1,021 993 1,401
Ukraine 1,686 1,765 1,344 697 968 983 1,319
Ireland 634 579 653 639 984 1,148 1,272
Romania 1,638 1,226 1,223 582 906 1,102 1,261
Luxembourg 589 571 529 499 539 557 584
Finland 814 623 646 475 381 464 504
Slovenia 204 238 405 375 294 299 309
Portugal 168 76 25 157 270 303 308
Estonia 203 166 329 195 268 247 242
Latvia 192 16 181 153 197 220 235
Lithuania 81 140 155 94 141 154 169
Bulgaria 185 102 123 94 111 141 149
Argentina 20 1 123 56 95 97 102
Venezuela 4 1 0 0 0 0 0
Canada 5,458 3,071 0 0 0 0 0
USA 19,398 5,434 0 0 0 0 0
Source: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Quarter 2, 2015)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

 

 



統計表

スズキの連結業績

(億円)
2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
計画
2014年度
4-6月
2015年度
4-6月
売上高 26,082 25,122 25,783 29,383 30,155 31,000 7,104 7,729
国内売上高 9,375 9,868 10,409 11,327 10,946 9,500 2,560 2,473
海外売上高 16,708 15,254 15,374 18,056 19,209 21,500 4,544 5,256
営業利益 1,069 1,193 1,446 1,877 1,794 1,900 509 552
経常利益 1,225 1,306 1,556 1,978 1,943 2,000 593 623
純利益 452 539 804 1,075 969 1,100 375 317
設備投資 1,303 1,267 1,693 2,136 1,945 1,800 426 337
減価償却費 1,384 1,031 937 1,172 1,344 1,600 309 376
研究開発費 1,041 1,098 1,193 1,271 1,259 1,300 280 316
為替 (1ドル) 86円 79円 83円 100円 110円 115円 102円 121円
為替 (Euro) 113円 109円 107円 134円 139円 125円 140円 134円
為替 (ルピー) (未発表) 1.68円 1.54円 1.68円 1.81円 1.85円 1.72円 1.93円

資料:スズキの決算参考資料
(注) 2015年度見込みは、2015年5月発表。

 

スズキの新車販売台数

(1,000台)
2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
(計画)
2014年度
4-6月
2015年度
4-6月
日本 588 596 672 728 756 645 184 152
欧州 244 223 197 205 195 205 49 50
北米 33 32 30 - - - -  
アジア インド 1,133 1,006 1,051 1,054 1,171 1,288 271 306
中国 290 296 253 232 253 n.a. 67 46
インドネシア 75 94 139 165 148 n.a. 40 32
タイ 6 10 33 40 20 n.a. 6 5
120 144 112 105 129 n.a. 30 48
1,625 1,550 1,588 1,596 1,721 1,931 413 437
その他 153 160 174 181 196 198 45 48
合計 2,643 2,560 2,661 2,709 2,867 2,979 691 688
資料:スズキの決算参考資料
(注) 1. スズキブランド車 (一部ライセンス車を含む) の販売台数。2015年度計画は2015年 5月発表。
2. 2014年度、2015年度4-6月には海外販売台数には一部予想値を含む。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>