フィアット・クライスラー:販売好調も低収益、フェラーリを分離へ

新車計画を先延ばし、マルキオンネCEOは合併を模索

2015/07/17

要 約

FCA グローバル生産予測 本レポートはフィアット・クライスラー(FCA)の最近の動向について報告する。

 FCAは2014年5月に新5カ年計画を発表、2018年にはグローバル販売で700万台を目指す野心的な計画を明らかにした。計画の核となるのが、ジープのグローバル展開とアルファロメオの拡販である。

 2014年の販売ではジープの販売が100万台を超えるなど実績を上げた。しかしながら、LMC Automotiveをはじめ、多くの自動車業界アナリストは2018年にFCAが目標通り700万台のグローバル販売を達成できるかについて懐疑的である。LMC Automotiveは、グローバル生産ベースで2018年は約540万台と予測している。

 FCAの収益状況は、販売が好調な割には低収益である。2015年に入ってから、マルキオンネ(Marchionne) CEOが自動車業界は合併によって効率化を図り、無駄な資金投入をやめるべきと主張。GMへ合併を働きかけたが断られた。

 資金調達のために超高級車部門のFerrari SpAの分離を計画しており、2015年内に実施する予定。また、2015年6月になって、FCAは多くの新車計画を先延ばしていることが明らかになった。

FCAの5カ年計画(2014年5月発表)
概 要 
販売目標700万台  販売台数は、2013年実績の約440万台から、2018年には700万台の販売を目標とする。ブランド別の販売では、ジープのグローバル生産・販売体制を推進するとともに、高級車ブランドのマセラティとアルファロメオの拡販を図る。
地域別販売中国と
北米で拡販
 地域別販売では、アジア太平洋地域の販売を2013年の約20万台から2018年には110万台へ5倍以上拡販する。この大半はジープ車の中国での合弁事業の貢献を見込んでいる。また、北米地域でも5割増の販売を目指す。
高級車拡販
マセラティと
アルファロメオ
 マセラティは、高級SUVセグメントにも参入し、6車種で高級車市場セグメントの全てをカバーする。販売目標は2018年7.5万台(2013年の1.5万台)。アルファロメオは、2018年までに8車種の新型車を投入し、2013年の7.3万台から2018年には40万台の販売を計画。
ジープ拡販
2018年190万台
 2013年の79.8万台から2018年には190万台へ110万台の拡販を期待。2013年時点で北米の4工場で5車種を生産していたが、2018年には6カ国の10工場で6車種を生産する。
財務目標2018年
純利益50億ユーロ
 売上高目標は2018年に1,320億ユーロ(2013年実績は866億ユーロ)、純利益は50億ユーロ(2013年実績は19.5億ユーロ)を設定している。新商品開発と生産工場に、5年間で480億ユーロを投資する。

出所:FCA Investor Day Presentations 2014年5月6-7日

5カ年計画の進捗状況(2015年7月時点)

概 要 
販売目標700万台  販売台数は、2013年実績の約443万台から、2014年には7.2%増の475万台を販売した。700万台達成のためのペース(年率10%増)には届いていないが、主要量販自動車メーカーの中では最も高い伸び率だった。
中国と北米で拡販  アジア太平洋地域の販売を2013年の約20万台から2014年は26.7万台へ34.2%拡販。ジープ車の中国での合弁事業生産開始は2015年第4四半期。また、北米地域ではシェアを11.4%からも12.4%へ1%ポイント増を達成した(目標2018年14.4%)。
マセラティとアルファロメオ  マセラティは、高級中型SUV「Levante」を2015年第4四半期に投入予定。2013年実績1.5万台に対して2014年実績は3.3万台。アルファロメオは、量販が期待できる新型セダン「Giulia」を2015年11月から生産開始予定。アルファロメオの販売は2013年実績の7.3万台から2014年は6.7万台へ減少した。
ジープ拡販2018年190万台  2013年の79.8万台から2014年は100万台へ拡販。2013年時点で北米生産のみだったが、イタリア、ブラジルに加えて、中国でも2015年中に生産を開始する。
財務目標2018年純利益50億ユーロ  売上高は2013年実績866億ユーロに対して2014年実績は10.7%増の961億ユーロ、年率9%増の目標は達成。純利益は2013年実績19.5億ユーロに対して2014年実績は6.3億ユーロ。調整後純利益は2013年実績9.43億ユーロに対して2014年は9.55億ユーロであまり増えていない。

 関連レポート
デトロイトモーターショー2015:米国メーカーの展示:市場回復に自信を示す米国メーカーは高級車と高性能車を出展
米国3社:北米のリコールと南米事業不振で2014年は収益悪化
米国市場:2014年は5.9%増の1,652万台、不況から完全に回復、FCA/日産/スバルが躍進、フォード/VW/ホンダのシェア低下 



FCAの2014年グローバル販売実績

 FCAの2014年の販売台数は前年比7.2%増の約475万台であった。地域別にみると北米とアジア太平洋地域の販売が大幅に拡大した。欧州は自動車市場が回復に転じたことで、僅かながらプラスになった。南米市場ではマーケットシェアは16.0%と前年比0.2%ポイント増と健闘したが、需要の減少で11.0%減となった。

FCA 地域別販売台数
(単位:千台)
地域別 2012年 2013年 2014年 14/13比
北米 1,989 2,148 2,459 14.5%
欧州 1,174 1125 1,151 2.3%
南米 982 933 830 -11.0%
アジア太平洋 115 199 267 34.2%
高級車 14 22 40 81.8%
合計 4,274 4,427 4,747 7.2%

出所: FCA 広報資料

 

米国市場でシェア拡大

米国でのマーケットシェア増減

 FCAは米国市場で人気となっているSUVと大型ピックアップが販売の中心であることで、市場のトレンドに乗って16.1%増の209万台を販売した。マーケットシェアは1.0%ポイントのシェアアップを実現した。

 

3工場に大きな投資

ブラジル  新型ジープ「Renegade」生産のために新工場をPernambuco州Goianaに建設、2015年4月末に稼働を開始した。総投資額は70億レアル(22億ユーロ)。30億レアルが組立工場、20億レアルがサプライヤーパーク、20億レアルが製品開発に充てられた。年間生産能力は25万台。
イタリア  イタリア南部のMelfi工場には10億ユーロを投資して、新型ジープ「Renegade」と新型フィアット「500X」生産のために最新技術を導入した。同一の組立ライン上で4つのモデルを混流生産することが可能で、1日あたりの生産能力は3シフトで最大1,600台となる。
カナダ  オンタリオ州Windsor工場には、新型ミニバン生産のために設計・開発・設備更新・トレーニングなど総額で20億ドルを投資するという。2015年2月末から5月末まで3カ月間Windsor工場は休止し、大規模な設備更新を行った。

 

 



販売台数は増加したが、収益性は改善していない

 

FCA 2014年決算
(単位:百万ユーロ)
2012年 2013年 2014年 14/13比
売上高 83,765 86,624 96,090 10.7%
EBIT (金利税前利益) 3,434 3,002 3,223 7.4%
税引前利益 1,524 1,015 1,176 15.9%
純利益 896 1,951 632 -67.6%
特殊要因 -244 1,008 -323 --
調整後純利益 (試算上の利益) 1,140 943 955 1.3%

出所: FCA 広報資料

 2014年の売上高は10.7%増となったものの、純利益は67.6%減となった。これは合併に伴う税調整の影響が大きく、一時的な項目を除いた調整後の純利益は、2013年の9億4,300万ユーロに対して2014年は9億5,500万ユーロとなった。売上が大幅に増加した割には収益が伸びていない。

 2014年の利益が伸びなかった原因としては、GMに端を発したリコール騒動によるワランティコストの増加、5カ年計画実施に伴う研究開発費や工場投資の増加、米国での販売競争激化に伴うインセンティブの増加などが考えられる。

 

FCA地域別損益

FCA 地域・部門別 EBIT

 地域別にEBITをみると北米の収益が大きいが、2014年は合併に伴う費用など一時的な要因が5億500万ドルあったために減少した。高級車とアジア太平洋地域での収益も大きく伸びている。南米は市場環境の悪化で大きく収益が悪化したが、EBITベースでは黒字を維持した。

 注目すべきは、欧州で2014年通年ではEBITが1億900万ドルの赤字となったが、収益が順調に改善しており、2014年第4四半期、2015年第1四半期と2四半期期連続でEBITが黒字となった。

 



FCAは低収益

売上高税引前利益率 FCAは主要競合他社と比べて、収益率の低さが目立つ。売上高税引前利益率(2014年)で比較すると、Fordの4.4%、 GMの2.7%に対して、FCAは1.2%にすぎない。業界最大手のトヨタ(2014年度:以下同じ)は10.6%となっている。

 FCAは稼働率の悪い欧州事業と南米事業の比率が高いこともあるが、北米事業での売上高EBIT比率をみると、FCAが2.6%に対してGMは6.5%となっている。Fordは売上高税引前利益で8.4%とFCAを大きく上回っている。

 また、「One Ford」戦略で先行するFordや効率的な生産システムでリードしているトヨタなどと比べて、プラットフォームやパワートレインの整理統合や生産の効率化が遅れている影響もあると思われる。

FCAは研究開発費が低く、電動車の開発で後れ

売上高研究開発費率 FCAの2014年の研究開発費は25億3,700万ユーロ、売上高研究開発費の比率は2.6%であった。GMは4.7%、Fordは4.8%と主要競合他社に比べて約2%低い。

 FCAは費用対効果の良くなかったHV/EV/FCVなどの電動化車両では、競合他社に大きな後れを取っている。自力で遅れを早急に取り戻すのは困難で、電動化車両技術を保有する自動車メーカーとの戦略的な提携が必要になっていると思われる。

 

 



フェラーリのスピンオフ計画

 2014年10月末にMarchionne CEOは、高級車部門のFerrari SpAのスピンオフする計画を発表して自動車業界を驚かせた。目的は5カ年計画に必要な480億ユーロの投資のための資金調達。現在FCAはFerrariの株式90%を保有しているが、このうち10%の株式を一般市場で売却、残り80%の株式はFCAの投資家に割り当てて売却するとしている。なお、創業家が10%を保有している。

 Ferrari SpAは、FCA同様にニューヨーク証券取引所に上場し、登記上はオランダになる計画。しかし、納税居住地はイタリアのままで、自動車事業は従来通りイタリアのMaranelloで行われ、イタリア国外では行われない。

 当初計画では2015年6月末が分離独立の日程となっていたが、少なくとも3カ月以上遅れることが明らかになった。なお、Marchionne CEOはFerrari SpAの時価総額は100億ユーロになるだろうとの期待を繰り返し発言している。

 

 



GMへの合併申し入れ

 2015年に入ってから、Marchionne CEOが自動車業界は合併によって効率化を図り、無駄な資金投入をやめるべきと主張。GMのBarra CEOへ合併の打診を行った。Barra CEOは取締役会に諮って断ったという。

 Marchionne CEOの提案がすぐにGMの関係者に受け入れられるのは困難に思えるが、GM株主にとって簡単には無視できない巨額の相乗効果が実現可能であることも事実である。

 

 



新車計画の先延ばし

 FCAは5カ年計画で新商品開発と生産工場に、5年間で480億ユーロを投資すると発表したが、当初からその資金手当ては困難であろうという指摘がされていた。2015年6月初めに、ロイターがサプライヤーの情報として10車種以上の新車計画を先送りしたと報道した。

 FCAは戦略の柱であるアルファロメオの新車とジープの新車を優先し、他の新車計画は先送りするだろうと考えられていたが、6月下旬にはジープ部門のManley CEOがジープの主力車であるGrand Cherokeeのモデルチェンジを1年以上先送りすることを明らかにした。

Alfa Romeo 4C Jeep Renegade
Alfa Romeo 4C(資料 FCA提供) Jeep Renegade(資料 FCA提供)

FCAの新車計画

発売年 モデル 新型車の概要
2014 Alfa Romeo 4C ・「4C」は、アルファロメオのトリノにあるデザインセンターでデザインされ、イタリアModena工場で生産される。2013年に生産開始され、2014年から販売開始。カーボンファイバー製コックピットなどの生産量制限から、当面の生産台数は年間2,500台。欧州1,000台、北米1,000台で残りは他の地域に振り分けられる。
Chrysler 200 ・Chrysler 200およびDodge Avengerを統合した中型セダン。ミシガン州Sterling Heights工場で生産。新型は2014年5月に2015年型として発売。
Dodge Challenger ・2ドア・マッスルカーの2015年型Dodge Challengerを2014年第3四半期に生産開始。内装が全面的に変更され、トランスミッションはセグメント初となる8速ATが標準となった。カナダ・オンタリオ州のBrampton工場で生産。
Dodge Charger ・外観と内装が大幅に変更された4ドア・マッスルカーの2015年型Dodge Chargerを2014年第4四半期に販売開始。Challengerの姉妹車で同じくカナダ・オンタリオ州のBrampton工場で生産。
Jeep Renegade ・Jeep初のサブコンパクトSUV「Renegade」を欧州で2014年10月から販売開始。北米では2015年3月販売開始。フィアット 500Xの姉妹車。イタリアMelfi工場で生産。
2015 Ram ProMaster City ・Fiat Dobloをベースに開発されたFWDのコンパクト商用バン/ワゴン。2015年1月に2015年型として発売された。トルコのBursa工場で生産。
Fiat 500X ・サブコンパクトSUV「500X」を欧州で2015年2月から販売開始。北米では2015年6月販売開始。Jeep Renegadeの姉妹車。イタリアMelfi工場で生産。
Chrysler 300 ・大幅に改良された大型セダンChrysler 300が2015年第1四半期に販売開始。生産工場はカナダのブランプトン(Brampton)工場。セグメントで初めてとなる「TorqueFlite」8速ATが標準装備となり、燃費が改善。
Fiat Compact Sedan ・新型コンパクトセダン。2015年5月のイスタンブール・モーターショーで初公開。フィアットと現地企業コチ(Koc)による合弁会社であるTofas社のブルサ(Bursa)工場で生産され、トルコでは11月に販売を開始。その後欧州、中東にも輸出される計画。車名は未発表。
Fiat Roadster ・Mazdaと協業して開発されたモデルで、Mazda Roadster (MX-5)と姉妹車。マツダの広島工場で生産される。車名は公式には未発表だが、Fiat 124 Spiderになると報道されている。
Alfa Romeo Giulia ・新型ミッドサイズ・スポーツセダン。名前は1962-1978年に生産された高級コンパクト車から継承した。FRで、BMW 3シリーズやAudi A4の競合車として位置づける。イタリアCassino工場で2015年11月から生産開始、販売開始は欧州が2016年第1四半期、北米の販売は第2四半期予定。
Maserati Levante ・新型ミッドサイズ高級SUV。FRで、ポルシェ・カイエンを競合車として位置づける。ツインターボの3.0L V-6および3.8L V-8ガソリンエンジンと3.0L V-6ターボディーゼルエンジンが搭載される計画。イタリアMirafiori工場で生産、販売開始は2015年第4四半期予定。
2016 Fiat B segment FCAの5カ年計画で予定されているFiatブランドのBセグメントの新型車。具体的な計画は未発表。
Jeep Compact SUV ・Jeep CompassおよびPatriotの2モデルを統合するコンパクトクロスオーバーSUV。
Chrysler Town & Country ・Dodge CaravanおよびChrysler Town & Countryの統合モデル。カナダWindsor工場で生産。
Chrysler 100 ・トヨタ カローラ、シボレー クルーズ対抗のコンパクトカー。2016年に発売予定。2.0L 4気筒ターボ、2.4L 4気筒エンジンが設定される模様。
Alfa Romeo Midsize SUV ・BMW X3やAudi Q5に対抗するミッドサイズSUV。イタリアCassino工場で生産される予定。
Maserati Alfieri ・2014年のジュネーブ・モーターショーで初公開された2+2タイプの大型高級スポーツクーペ。想定競合車はポルシェ911やジャガーF-typeで、2016年に生産開始予定。2017年にはコンバーチブル・バージョンも加えられる計画になっている。

 

 



LMC Automotive 生産予測:フィアット・クライスラー(FCA)グループの主要17カ国での2018年生産は540万台へ

(LMC Automotive社、2015年1月)

 LMC Automotiveの2015年6月予測によれば、FCAグループの主要17カ国での2015年生産は 前年比0.5%増の470万台、2018年の生産は2014年比で14.7%増の540万台になると予想している。

 FCAは2018年にグローバル販売700万台という野心的な5カ年計画を打ち出した。拡大戦略は高マージンの高級車であるマセラティとアルファロメオの再生に焦点を絞っている。また、FCAはグローバルな生産拡大でジープ販売の増販を狙っている。

 FCAの目標は今後5年間でグループの利益を2倍にし、世界販売を61%拡大することだが、この高級車戦略のために時間はあるだろうか? アルファロメオを再生するための経営資源を確保するのが、特に困難であると思われる。また、トップ・マネジメントもFCAはグループの長期的な将来を確実なものにするために他の自動車メーカーのパートナーを求めていることを明言している。

 ブランド別の生産では、フィアット・ブランドが2014年の170万台から2018年には195万台へ増加する。フィアット・ブランドはトルコ、ポーランド、インドおよび中国での生産拡大が増加に寄与する。LMC Automotiveは、ジープの生産は2018年に190万台が目標だが140万台にとどまり、マセラティは7万台が目標だが4.4万台に、アルファロメオも40万台が目標だが26万台にとどまると予想している。

 北米はFCAにとって最大の生産地域であることに変わりはないが、ジープ・ブランドのグローバル販売が他の国、主に中国での生産を増加させるであろう。中国では2015年第4四半期からジープの現地生産を開始する予定。

FCAの生産台数予測

2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
FCA Fiat 1,858,576 1,834,739 1,722,374 1,617,635 1,739,034 1,812,640 1,951,432
Jeep 722,968 798,006 1,089,198 1,240,872 1,187,719 1,320,692 1,398,004
Chrysler 373,163 342,682 382,457 397,122 496,107 576,884 611,878
Ram 395,083 468,141 512,285 572,510 586,892 563,403 591,364
Dodge 786,012 870,437 815,242 741,741 647,971 575,500 491,511
Alfa Romeo 92,371 77,346 65,970 55,882 117,735 207,794 259,657
Maserati 6,113 21,043 40,211 34,420 41,136 43,572 44,083
Lancia 75,692 70,832 64,116 52,806 51,573 42,134 34,633
Ferrari 7,121 6,901 7,254 7,271 7,574 7,985 8,194
Total 4,317,099 4,490,127 4,699,107 4,720,259 4,875,741 5,150,604 5,390,756
USA Jeep 714,648 793,911 1,064,906 1,067,234 925,979 782,091 765,603
Ram 227,453 291,464 315,900 332,198 316,883 349,061 366,290
Chrysler 151,639 130,786 159,054 221,320 226,948 241,288 274,111
Dodge 237,081 282,055 176,271 185,110 173,885 171,758 149,874
USA sub-total 1,330,821 1,498,216 1,716,131 1,805,862 1,643,695 1,544,198 1,555,878
Italy Fiat 390,863 395,476 379,910 483,069 439,888 416,850 281,887
Alfa Romeo 92,371 77,346 65,970 55,882 117,735 203,232 251,926
Jeep 0 0 23,303 136,679 113,460 104,810 101,526
Maserati 6,113 21,043 40,211 34,420 41,136 43,572 44,083
Ferrari 7,121 6,901 7,254 7,271 7,574 7,985 8,194
Lancia 27,168 9,471 2,972 0 0 0 0
Italy sub-total 523,636 510,237 519,620 717,321 719,793 776,449 687,616
Mexico Ram 167,630 176,677 196,385 240,312 270,009 214,342 225,074
Jeep 0 0 0 0 0 175,332 204,141
Dodge 178,716 183,353 197,153 187,108 136,230 145,740 147,549
Fiat 81,824 66,090 71,494 65,292 60,750 64,895 63,097
Mexico sub-total 428,170 426,120 465,032 492,712 466,989 600,309 639,861
Brazil Fiat 818,037 755,476 675,190 478,688 489,571 508,543 533,053
Jeep 0 0 0 26,508 53,654 59,551 62,273
Brazil sub-total 818,037 755,476 675,190 505,196 543,225 568,094 595,326
Canada Chrysler 221,524 211,896 223,403 175,802 269,159 335,596 337,767
Dodge 355,732 357,201 372,730 325,926 294,460 214,288 149,075
Canada sub-total 577,256 569,097 596,133 501,728 563,619 549,884 486,842
Poland Fiat 245,366 182,695 198,287 189,951 183,142 174,381 325,058
Lancia 48,524 61,361 61,144 52,806 51,573 42,134 34,633
Poland sub-total 293,890 244,056 259,431 242,757 234,715 216,515 359,691
China Jeep 0 0 0 9,434 89,464 180,169 240,257
Fiat 0 0 0 0 12,371 22,806 59,535
Dodge 13,546 47,828 69,088 43,597 43,396 43,714 45,013
Alfa Romeo 0 0 0 0 0 4,562 7,731
China sub-total 13,546 47,828 69,088 53,031 145,231 251,251 352,536
Turkey Fiat 186,133 185,352 165,985 217,089 316,159 346,985 337,169
Serbia Fiat 25,425 116,134 103,969 94,291 105,191 113,955 154,969
India Fiat 11,032 8,071 13,614 11,010 53,422 74,339 92,111
Jeep 0 0 0 868 4,843 17,916 22,565
India sub-total 11,032 8,071 13,614 11,878 58,265 92,255 114,676
Argentina Fiat 73,863 104,891 95,538 59,896 51,381 39,638 53,503
France Fiat 15,206 13,416 15,789 13,684 14,118 26,763 26,979
Japan Fiat 0 0 0 3,086 11,655 11,644 11,540
Iran Fiat 0 0 0 0 0 10,178 10,431
Venezuela Fiat 0 2,042 521 1,579 1,386 1,663 2,100
Jeep 8,320 4,095 989 149 319 823 1,639
Dodge 937 0 0 0 0 0 0
Venezuela sub-total 9,257 6,137 1,510 1,728 1,705 2,486 3,739
Hungary Fiat 8,868 5,096 2,077 0 0 0 0
Russia Fiat 1,959 0 0 0 0 0 0
資料: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast" (June 2015)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載にはLMC Automotive社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>