メキシコ:ホンダ、マツダに続き、Audi、BMW、日産/Daimler等も新工場建設

2014年1-7月生産は過去最高の186万台、販売は微増の60万台

2014/08/27

要 約

メキシコのlight vehicle 生産・輸出台数
自動車生産・輸出拠点となる理由

 メキシコは、米国という巨大市場と中南米市場の間に位置しているのに加え、太平洋と大西洋に面し、アジアや欧州へのアクセスも容易である。人件費は安価で、社会は比較的安定し、今後の経済成長も期待される。また、45カ国・地域と自由貿易協定(FTA)を締結している。そのため、米州の重要な生産拠点・世界各国への輸出拠点として重視されている。

2013年、2014年1-7月の生産・輸出は過去最高

 メキシコ自動車工業会 (AMIA) によると、2013年のlight vehicle生産台数は過去最高の293万台、輸出台数も242万台で過去最高となった。2014年1-7月では、生産は前年同期比7.5%増の186万台、輸出は同11.2%増の151万台で、いずれも同期で過去最高。

 LMC Automotiveの最新の予測によると、2014年通年の生産台数は317万台となる見込み。メキシコで生産する自動車メーカーは、Fordとトヨタを除く全メーカーが生産を拡大する。中でも、Celayaに工場を新設したホンダの生産が大幅に増加する。LMCA社は、今後3年間もメキシコの生産は拡大を続け、2017年には417万台に達すると予測している。

多数のメーカーが新工場建設

 2013年11月に日産が年産能力17.5万台の新工場を稼働。2014年初めにはホンダが同20万台、マツダが同14万台の新工場を稼働した。今後の計画では、VW傘下のAudiが新工場を2016年に稼働。日産とDaimlerは新設する合弁工場で、2017年から小型高級車を共同生産する。BMWも初となる工場を建設し、2019年に生産を開始する計画。また、現代自動車グループ傘下の起亜自動車も新工場を2016年頃に稼働する、と報道されている。

2013年のメキシコ市場は100万台を突破、2014年1-7月は微増の60万台

 メキシコのlight vehicle販売台数は、2013年は前年比7.7%増の106万台で2007年以来最高となった。しかし、2014年1-7月は、前年同期比1.3%増の60万台にとどまった。

 
関連レポート:
米国市場:販売がリーマンショック以前のレベルまでほぼ回復
(2014年8月掲載)
中南米の日系部品メーカー(上):米州をカバーする工場をメキシコに新設 (2014年2月掲載)
中南米の日系部品メーカー(下):メキシコでの生産能力増強とブラジルでの動向 (2014年2月掲載)



2014年1-7月の生産186万台のうち、約8割を輸出

 メキシコにおける2013年のlight vehicle生産台数 (中大型商用車を除く) は、前年比1.7%増の293万台、輸出はその82.6%の242万台で、いずれも過去最高。2014年1-7月も、生産は前年同期比7.5%増の186万台、輸出はその81.1%の151万台で、いずれも1-7月期としては過去最高を更新した。

  メキシコでは、米国3社、日本4社 (マツダは2014年から)、VWが light vehicle を生産している。その中では日産の生産台数が最も多く、2013年は68.0万台。日産は2013年11月に同国で3つ目の工場を稼働し、年産能力を68万台から85万台に引き上げた。GMは、フルサイズピックアップのSilverado、小型SUVのTrax、小型セダンのSonic等の増産により、前年比13.1%増の64.6万台。

 FordはFusionやLincoln MKZの増産で16.3%増の52.5万台。一方、VWは14.6%減の51.6万台となった。2014年1-7月は、日産が前年同期比18.0%増の47.0万台、GMが13.1%増の41.1万台を生産。メキシコで2つ目の工場を稼働したホンダは63.0%増の6.0万台、同国初の工場を稼働したマツダが3.7万台を生産した。

 2014年1-7月のメキシコ国内のメーカー別light vehicle販売台数は、Renault-日産が最も多く16.4万台。同社の市場シェアは27.6% となった。GMは19.3%で11.5万台、VWは18.2%で10.9万台。次にFordとFiat-Chryslerが続く。2014年から現地生産を開始したマツダは、2.1万台を販売して3.5%のシェアを得た。

メキシコのメーカー別生産台数の推移 メキシコのlight vehicle 市場シェア

 

 

メキシコでの light vehicle 生産・輸出・販売台数

(台)
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2013年
1-7月
2014年
1-7月
生産台数 1,507,527 2,260,776 2,557,550 2,884,869 2,933,465 1,727,473 1,857,228
輸出台数 1,223,333 1,859,517 2,143,884 2,355,564 2,423,084 1,353,821 1,505,505
輸出/生産 81.1% 82.3% 83.8% 81.7% 82.6% 78.4% 81.1%
国内販売台数 754,918 820,406 905,886 987,747 1,063,363 588,632 596,571
資料:メキシコ自動車工業会 (AMIA)
(注) 1. Light vehicle (乗用車と小型トラック) の合計で、中大型トラック・バスは含まない。
2. 国内販売台数は、国産車と輸入車の販売台数の合計。

 

メーカー別 light vehicle 生産・輸出・販売台数

(台)
生産台数 輸出台数 国内販売台数
2012年 2013年 増減率 2012年 2013年 2012年 2013年
GM 570,942 645,823 13.1% 465,277 525,733 186,383 201,604
Ford 451,648 525,220 16.3% 384,665 520,217 84,382 87,487
Fiat-Chrysler 455,334 439,110 -3.6% 424,754 402,105 93,154 87,306
VW 604,508 516,146 -14.6% 518,132 423,937 165,220 189,991
Renault-日産 683,520 680,213 -0.5% 467,338 449,570 270,728 285,653
トヨタ 55,661 63,724 14.5% 55,661 63,724 56,278 60,740
ホンダ 63,256 63,229 0.0% 39,737 37,798 54,515 60,951
その他 - - - - - 77,087 89,631
合計 2,884,869 2,933,465 1.7% 2,355,564 2,423,084 987,747 1,063,363

 

生産台数 輸出台数 国内販売台数
2013年
1-7月
2014年
1-7月
増減率 2013年
1-7月
2014年
1-7月
2013年
1-7月
2014年
1-7月
GM 363,336 410,889 13.1% 277,308 332,833 112,774 115,419
Ford 312,003 265,325 -15.0% 261,991 256,276 49,073 44,642
Fiat-Chrysler 248,629 290,883 17.0% 230,351 266,283 49,181 42,154
VW 331,981 281,757 -15.1% 274,432 236,296 105,064 108,548
Renault-日産 398,433 470,099 18.0% 253,529 310,742 159,199 164,425
トヨタ 36,457 41,178 12.9% 36,457 41,178 31,768 34,299
ホンダ 36,634 59,709 63.0% 19,753 34,760 33,063 30,623
マツダ 0 37,388 0 27,137 17,833 20,826
その他 30,677 35,635
合計 1,727,473 1,857,228 7.5% 1,353,821 1,505,505 588,632 596,571

資料:AMIA

メキシコからの輸出台数

メキシコからの仕向地別 light vehicle 輸出台数


 2014年1-7月のメキシコからの輸出台数は前年同期比11.2%増の151万台。米国向けは19.7%増の108万台で、全体の71.5%。 カナダを含めると北米向けは80.8%を占めた。

 市場が低迷する欧州向けは38.5%減と落ち込んだ。2012年から無関税輸出額に制限が課せられたブラジルとアルゼンチンを含む中南米向けは9.2%減。

 一方、アジア向けは台数はまだ5.7万台と少ないが、36.6%増と大幅に増加した。












主要メーカーの light vehicle 生産拠点

 下表は、メキシコでlight vehicleを生産する主要メーカー11社 (生産計画中のものも含む) の完成車工場の概要である。2013年末には日産がAguascalientes第2工場、2014年初にはホンダがCelaya工場、マツダが同国初のSalamanca工場を稼働した。

 2014年1-6月では、フルサイズピックアップのChevrolet Silveradoを増産したGMのSilao工場の生産台数が増加。Fiat Ducatoベースの大型商用バンRam ProMasterを増産したFiat-ChryslerのSaltillo工場の生産台数も大幅に増加した。

 生産車種拡大の動きでは、VWが2014年1月からPuebla工場で新型Golfの生産を開始。2016年頃投入予定の新型4ドアクーペも同工場で生産する計画。 ホンダは2014年2月からCelaya工場で小型車 Fitの生産を開始。2014年末には、北米市場に投入予定の小型SUV HR-V (日本名 Vezel) もCelaya工場で生産する計画。マツダは2014年1月から新工場でMazda3の生産を開始。2014年中にMazda2、2015年夏にMazda2ベースのトヨタブランド車の生産を開始する。

 今後の生産拠点構築の動きとしては、VW傘下のAudiと現代自グループ傘下の起亜自が2016年に新工場を稼働。DaimlerとRenault-日産Allianceは合弁工場で2017年から共同生産を開始。BMWは2019年に新工場を稼働する計画。トヨタも、メキシコに工場新設を検討中と報道されている。

主要 light vehicle メーカーの生産拠点

OEM 工場名 主要生産モデル 生産台数 (台)
2013年 2013年
1-6月
2014年
1-6月
GM Ramos Arizpe Cadillac SRX, Chevrolet Captiva Sports, Chevrolet Sonic, Chevrolet City Express (Nissan NV200ベース, 2014年秋-) 186,097 92,324 101,128
Silao Chevrolet Silverado/GMC Sierra, Chevrolet Avalanche, Cadillac Escalade 332,454 146,827 188,341
San Luis Potosi Chevrolet Aveo, Trax 127,485 63,990 64,243
GM小計 646,036 303,141 353,712
Ford Hermosillo Ford Fusion, Lincoln MKZ 375,588 194,755 167,689
Cuautitlan Ford Fiesta 139,807 70,258 59,694
Ford小計 515,395 265,013 227,383
Fiat-Chrysler Saltillo Ram Pickup, Ram ProMaster (Fiat Ducatoベース, 2013年7月-) 203,158 88,276 124,268
Toluca Dodge Journey/Fiat Freemont, Fiat 500 236,623 124,683 119,000
Chrysler小計 439,781 212,959 243,268
VW
(Audi)
Puebla VW Beetle, Bora, Jetta, Golf (2014年1月-), 新型4ドアクーペ (2016年頃-) 516,146 292,749 248,443
San Jose Chiapa Audi Q5 (2016年生産開始予定) 年産能力15万台
VW小計 516,146 292,749 248,443
BMW San Luis Potosi 生産車種未定 (2019年生産開始予定) 年産能力15万台
Daimler および
Renault-日産
Alliance
Aguascalientes Daimler と Renault-日産の合弁工場
Infiniti車 (2017年生産開始予定)
Mercedes-Benz車(2018年生産開始予定)
年産能力30万台 (2021年本格稼働時)
日産 Aguascalientes
第1工場
Nissan Sentra, Versa, Tiida, Micra (日本名 March), Versa Note 415,691 205,538 207,561
Aguascalientes
第2工場
Sentra (2013年11月-) 6,213 - 73,541
Cuernavaca Nissan Tsuru, Tiida, NV200, Chevrolet City Express (NV200ベース, 2014年秋-), NP300, Frontier, Pickup, シャシー 258,309 144,399 131,210
日産小計 680,213 349,937 412,312
トヨタ Tijuana Toyota Tacoma 63,694 31,597 34,404
ホンダ El Salto Honda CR-V 63,172 30,506 31,619
Celaya Honda Fit (2014年2月-), HR-V (日本名 Vezel, 2014年末-) - - 17,936
ホンダ小計 63,172 30,506 49,555
マツダ Salamanca Mazda3 (日本名 Axela, 2014年1月-), Mazda2 (日本名 Demio, 2014年-), トヨタブランド小型車 (Mazda2ベース, 2015年夏-) - - 25,466
現代自動車
(起亜自)
未定 2016年頃生産開始予定 (報道) 年産能力30万台 (報道)
資料:Ward's Automotive Yearbook, Ward's Automotive Report
(注) 1. 生産台数は、出典が異なるためAMIA発表の台数と一致しない。
2. メキシコでは上表の他に、中大型商用車をいすゞ、日野、Daimler、Volvo Trucks、Scania、MAN、Paccar、Navistarの各社が生産している (2013年は12.8万台)。

 

 



米国3社:GM、Ford、Fiat-Chryslerの動向

GM:日産からNV200の供給を受け、Chevrolet City Expressとして発売へ

 2013年5月、GMと日産は、日産が製造する小型商用車 NV200 の供給をGMが受け、Chevrolet City Express として2014年秋から北米で販売すると発表した。City Express は、メキシコにある日産のCuernavaca工場で生産された後、GMのRamos Arizpe工場でChevroletブランドとしてフロント/リアエンドを改修され、出荷される。今回の提携により、GMは商用車のラインナップを拡充し、日産は効率性向上と成長につなげるとしている。

 

Ford:中型トラックの新型 F-650, F-750 の生産をメキシコから米国へ移管

 Fordは2015年春に発売する中型トラックの新型F-650とF-750の生産を、メキシコから米国へ移管する。現在は、Navistar International との合弁会社 Blue Diamond Truck LLC の Escobedo工場で生産しているが、2011年のUAWとの労働協約で米国に戻す予定で、2015年春からオハイオ州のAvon Lake工場で生産する。

 

Fiat-Chrysler:Saltilloの2工場に12.49億ドルを投資

新工場でRam ProMasterを生産  Fiat-Chryslerはメキシコ・Saltilloの2工場に12.49億ドルを投資する。10.85億ドルは、大型バンの新型Ram ProMasterを生産する新工場の建設に投資された。新工場は2013年7月に稼働を開始し、Fiat DucatoをベースとするRam ProMasterを生産。メキシコ、米国、カナダで販売している。
エンジン工場  1.64億ドルはSaltillo Northエンジン工場に投資され、Tigersharkエンジンの新組立ラインが追加された。同工場はフラッグシップエンジンである HEMI V8 エンジンを生産しているが、2014年第1四半期から 2.0L と 2.4L Tigershark エンジンの生産を開始した。

(注) 2015年型車として北米市場に投入される予定の小型商用バン Ram ProMaster City (Fiat Dobloベース) は、メキシコでの生産が予想されていたが、トルコのTOFAS工場で生産されることが決定した (2014年6月)。

 

 



欧州・韓国メーカー:BMW, Audi, Daimler/Renault-日産、起亜自は新工場を建設

BMW: 年産能力15万台の新工場を建設、2019年に生産開始

 BMWは2014年7月、San Luis Potosi市近郊に新工場を建設すると発表した。投資額は10億ドルで、2019年に稼働開始予定。年産能力は15万台で、生産モデルは未定。生産開始時の従業員は1,500人の予定。
 BMWは2014年3月に米国サウスカロライナ州Spartanburg工場に10億ドルを投資し、年産能力を45万台に引き上げると発表。また、同年5月には、米国ワシントン州 Moses Lake にある炭素繊維工場 (独SGLグループとの合弁工場) に2億ドルを投資すると発表。今回のメキシコ新工場投資で、2019年までにNAFTA地域に22億ドルを投資することになる。

 

VW:エンジン工場に追加投資、生産車種を拡大

エンジン工場に1.18億ドル追加投資  VWは2013年11月、Guanajuato州Silaoのエンジン工場に1.18億ドルを追加投資すると発表した。EA888型TSIエンジン用の新型可変カムシャフトを生産するため、12万平方メートルの既存工場に、3.7万平方メートルの建屋を増設する。新建屋での生産開始は2016年第1四半期の予定。同工場は5.5億ドルを投じて建設され、2013年1月に稼働を開始。エンジンの年産能力は33万基。
新型Golf生産開始  VWは2014年1月、メキシコ・Puebla工場で新型Golfの生産を開始した。同社は約7億ドルを投じて、新型Golf生産のために設備を更新した。VWは、2014-2018年の5年間で北米に計70億ドルを投資し、新型車の開発と生産能力の整備を進める計画。また、VWとAudiの両ブランドで、2018年までに米国内で年間100万台を販売することを目標としている。
新型4ドアクーペを
生産へ
 VWは2014年4月の北京モーターショーで New Midsize Coupe (NMC) コンセプトを発表。セダンとスポーツカーを融合させたスタイルで、Passat CC の下に位置する新型4ドアクーペ。VWグループの最新モジュール MQB を採用する。直噴2.0L直列4気筒ガソリンターボ TSI エンジンと7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載。2016年頃に投入するとされる。生産は、中国・上海汽車との合弁工場とメキシコのPuebla工場で行う予定。

Audi:年産能力15万台の新工場で2016年半ばから Q5 を生産

 VW傘下のAudiは、2013年5月から同社初の北米工場をメキシコ・San Jose Chiapa に建設している。建設は順調に進んでおり、2016年半ばから中型 SUV の Audi Q5 を生産する計画。年産能力は15万台。工場の隣接地に新たにサプライヤーパークも設けられる予定で、Q5 の部品の 65% (金額ベース)を北米内で調達できる見込み。同社は、中期的には北米内で 90% 調達することを目指している。

 

Daimler と Renault-日産アライアンス:年産能力30万台の合弁工場を建設

 Daimler と Renault-日産アライアンスは2014年6月、メキシコ中北部の Aguascalientes に合弁工場を建設すると発表した。両社は、出資比率50:50の合弁会社を設立し、日産の既存の Aguascalientes 工場に隣接する敷地に新工場を建設する。投資額は10億Euroで、両社で折半する。2017年にInfiniti車、2018年にMercedes-Benz車の生産を開始する計画。2021年の本格稼働時には、年産能力は30万台となる見込み。
 両社は、同工場で生産する次世代プレミアムコンパクト車のプラットフォームを共同開発する。デザインや仕様は、各ブランドで異なるものとなる。日産は、このプラットフォームを使用して、2017年からクーペ、ハッチバック、クロスオーバーを融合させたInfiniti Q30を生産し、2020年までに小型SUVを含む2車種を追加する見込み。DaimlerとRenault-日産アライアンスは、このプレミアムコンパクト車の共同開発とメキシコでの共同生産は、両社のパートナーシップを次のレベルに引き上げる重要なプロジェクトだとしている。

 

現代自動車グループ:起亜自は工場新設を計画、現代自は自社ブランドで販売開始

起亜自は新工場を
計画 (報道)
 各種報道によると、現代自グループ傘下の起亜自動車は、メキシコに同グループ初となる工場の建設を計画している。年産能力は約30万台で、2016年頃の稼働を目指すとされる。投資額は15億ドル以上。メキシコのほか、米国や南米への供給拠点となる見込み。起亜自は現在、韓国、米国、中国、スロバキアに工場を有している。(2014年8月27日(現地時間)に正式発表。)
現代自は販売網を
立ち上げ
 現代自動車は 2000年から2013年までChrysler de Mexico に小型車のHyundai Accent と Hyundai i10 を OEM供給し、Chrysler はメキシコ市場でその車両を Dodge Attitude と Dodge i10 として販売していた。しかし、現代自動車はChryslerとの供給契約を終了し、2014年からメキシコで自社販売網を立ち上げた。同社は6月には、Hyundai ブランド車を1,002台販売した。

 

 



日本メーカー:日産、ホンダ、マツダは新工場を稼働

日産:年産能力を85万台へ、電気自動車 Leaf を発売

新工場を稼働  日産は2013年11月、メキシコで 3番目の工場となる Aguascalientes 第2工場の第1期工事を完了し、稼働を開始した。第1期工事の投資額は 20億米ドルで、当初の年産能力は 17.5万台。小型車 Sentra を生産し、世界 20カ国以上に輸出する。同工場の稼働により、メキシコでの日産の年産能力は 68万台から 85万台に拡大した。同社は中期的にはメキシコで 100万台の生産を目指している。
EV Leaf を発売  日産は2014年6月、メキシコで初の電気自動車 (EV) となる Leaf を発売した。同モデルには、アラウンドビューモニター、急速充電ポート、レザーシート、7インチタッチスクリーン等を装備。当初は、メキシコシティにある日産の正規ディーラーを通してのみ販売する。また、充電インフラの整備にも注力。モレロス州政府と協力し、中南米初の Electric corridor (充電装置ネットワーク) を、同州のクエルナバカ市とメキシコシティの間に構築する。

 

ホンダ:新工場で Fit を生産開始、新モデル HR-Vも生産へ、CVT工場も新設

新工場での生産開始  ホンダは、Guanajuato州 Celaya に新設した四輪車工場で、2014年 2月から新型 Fit の生産を開始した。新工場への投資額は 8億ドルで、年産能力は 20万台。日本の寄居新工場で開発された最新の生産技術を採用。Celaya工場の稼働により、ホンダのメキシコでの年産能力は 26.3万台、北米では 192万台となり、北米販売に占める北米生産比率は 95%超。
小型SUVのHR-Vも
生産へ
 ホンダは、小型 SUV の新モデル、HR-V (日本名 Vezel) の写真と名称を 2014年4月開催のニューヨークモーターショーで発表。サブコンパクト車 Fit のプラットフォームを採用し、サイズおよび価格面で CR-V の下に位置づけられる。2015年初に北米市場に投入される計画で、生産は2014年末から Fit と同じメキシコの Celaya工場で行われる。
CVT工場も新設  Celaya工場と同じ敷地内に、4.7億ドルを投じて2013年 9月から新たに変速機工場も建設している。2015年後半に CVT の生産を開始する予定。当初の年産能力は 35万基だが、将来は 70万基に引き上げる計画。同工場の稼働により、ホンダの北米における変速機の年産能力は 2016年時点で 170万基、メキシコ新工場のフル生産時には 200万基超となる見込み。

 

マツダ:新工場で Mazda3 の生産開始、Mazda2とトヨタブランド車も生産へ

 マツダは、 Guanajuato州 Salamanca市に新工場を建設した。同社にとって28年ぶりの単独海外工場進出であり、構造改革の最重要拠点である。2014年 1月から Mazda3 (日本名:Axela) の生産を開始。2014年中に Mazda2 (日本名:Demio)、2015年夏に Mazda2 をベースとするトヨタブランドの小型車の生産を開始する。当初の年産能力は14万台、2016年3月には23万台にまで引き上げる計画。
 同工場は住友商事との合弁生産拠点。メキシコ国内と米国向け車両の生産拠点であるとともに、中南米・欧州への輸出拠点としての役割も重視されている。車両一貫生産工場とエンジン組立工場を擁する。2014年10月には、追加投資により建設中のエンジン機械加工工場も稼働し、シリンダーブロックやシリンダーヘッドを生産する予定。当初の現地調達率は50%だが、5年以内に62.5%まで引き上げる計画。総投資額は7.7億ドル。

 

三菱自動車:Chrysler de Mexicoにタイ製 Attrage を OEM 供給

 三菱自動車はChrysler de Mexico に、グローバル・コンパクトセダン Attrage を、2014年11月から 5年間 OEM 供給する契約を締結した (2014年 7月)。三菱自は、タイの Laemchabang 工場で生産する Attrage を、年1万台以上供給する見込み。Chryslerはこの車両を、Dodgeブランドでメキシコ国内でのみ販売する計画。
 三菱自は2003年から、Chrysler de Mexico を通じてメキシコで三菱車の販売を行っている。三菱自はAttrageを供給すると同時に、同モデルのベース車であるハッチバック車 Mirage を、三菱ブランドで年3,000台の計画でメキシコで発売する。三菱自は今回の契約により、タイ工場の稼働率を維持する。

 

 



LMC Automotive 販売予測:メキシコ市場は2017年に127万台へ

(LMC Automotive社、2014年第2四半期予測)

メキシコのグループ別 light vehicle 販売予測 メキシコのlight vehicle市場は2013年に着実に成長し、販売台数は2008年以来初めて100万台を突破。前年比7.7%増の106万台に達した。しかし、2014年に入ってから販売は伸び悩んでいる。同年1~4月の販売が予測を下回り、メキシコと米国の経済回復が遅れていることから、LMC Automotiveは、2014年通年のメキシコの販売台数は、前年とほぼ同じの106万台と予測している。

 中長期的には、メキシコの若年層の人口増加により自動車販売が拡大すると見込まれるが、メキシコ市場の自動車保有率は比較的高いため、大幅な拡大とはならない見通し。LMCA社の予測によると、今後3年間、メキシコのlight vehicle市場は年5-6%拡大し、2017年には127万台に達する見込み。ただし、石油事業の民営化など政府の構造改革がすすめば、メキシコ経済および自動車市場は現時点での予測以上に好転する可能性がある、としている。

メキシコのブランド別ライトビークル販売予測

(台)
SALES GROUP GLOBAL MAKE 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
Total 898,556 981,435 1,057,483 1,062,562 1,128,332 1,206,361 1,271,182
Fiat-Chrysler
Group
Jeep 21,173 22,907 22,276 26,241 29,522 26,948 29,629
Dodge 22,826 22,196 20,520 15,612 16,939 14,630 19,274
Fiat 2,823 5,343 8,602 10,812 13,698 14,858 15,786
RAM 9,325 9,903 9,117 8,743 10,048 10,279 13,871
Chrysler 4,692 4,922 4,371 5,105 6,830 8,980 9,660
Maserati 0 127 469 401 487 541 431
Alfa Romeo 20 92 104 125 159 375 1,017
Fiat-Chrysler Group Sub-total 60,859 65,490 65,459 67,039 77,683 76,611 89,668
Ford Group Ford 84,307 80,442 84,098 84,617 97,411 103,351 106,263
Lincoln 2,016 2,026 1,766 2,142 2,775 3,031 3,176
Ford Group Sub-total 86,323 82,468 85,864 86,759 100,186 106,382 109,439
General Motors
Group
Chevrolet 161,484 179,418 193,072 183,268 188,752 212,085 223,977
GMC 4,404 4,585 5,009 6,107 7,136 7,440 7,964
Buick 1,103 1,122 2,319 2,587 2,938 3,231 3,448
Cadillac 1,414 1,398 1,204 1,328 1,529 1,808 2,041
General Motors Group Sub-total 168,405 186,523 201,604 193,290 200,355 224,564 237,430
BMW Group BMW 6,636 8,006 9,635 9,660 10,397 11,450 12,374
MINI 3,003 3,695 3,888 3,526 4,236 4,276 4,590
BMW Group Sub-total 9,639 11,701 13,523 13,186 14,633 15,726 16,964
Daimler Group Mercedes-Benz 7,695 8,966 8,871 10,532 14,085 15,295 16,009
Smart 1,470 1,758 1,676 1,432 2,382 2,590 2,572
Daimler Group Sub-total 9,165 10,724 10,547 11,964 16,467 17,885 18,581
Volkswagen
Group
Volkswagen 126,830 133,964 156,313 161,642 158,055 168,457 175,253
SEAT 18,115 21,114 21,189 20,779 23,292 26,508 28,112
Audi 8,060 9,491 11,712 12,728 13,353 13,720 14,804
Porsche 539 650 765 939 988 1,084 1,175
Bentley 6 10 12 15 24 29 30
Volkswagen Group Sub-total 153,550 165,229 189,991 196,103 195,712 209,798 219,374
PSA Group Peugeot 5,544 4,701 6,733 7,504 9,758 11,172 12,321
Renault-Nissan
Group
Nissan 224,248 244,913 263,104 275,041 270,472 279,466 279,715
Dacia 7,940 13,542 14,317 14,301 15,102 16,234 16,855
Renault 8,043 6,615 5,800 6,646 7,684 8,570 9,314
Infiniti 231 736 989 1,409 1,734 2,135 2,645
Samsung 7,149 5,258 1,070 1,134 1,370 1,604 1,719
Renault-Nissan Group Sub-total 247,611 271,064 285,280 298,531 296,362 308,009 310,248
Toyota Group Toyota 48,579 57,372 60,740 57,995 62,413 72,917 76,911
Honda Group Honda 34,426 52,351 58,381 52,218 62,167 65,386 78,312
Acura 1,773 2,141 2,570 2,673 3,129 3,260 3,480
Honda Group Sub-total 36,199 54,492 60,951 54,891 65,296 68,646 81,792
Mazda Motors Mazda 29,860 25,424 33,348 34,745 42,724 42,928 43,297
Suzuki Group Suzuki 9,179 10,733 11,250 12,820 14,336 15,698 17,041
Mitsubishi Motors Mitsubishi 10,496 8,753 8,997 12,183 16,202 18,746 19,286
Fuji Heavy
Industries
Subaru 587 283 533 891 855 950 992
Hyundai Group Hyundai 20,572 23,939 19,598 11,435 11,186 11,439 11,895
Tata Group Land Rover 613 927 1,357 1,510 1,447 1,509 1,592
Jaguar 54 117 143 174 217 452 540
Tata Group Sub-total 667 1,044 1,500 1,684 1,664 1,961 2,132
Geely Group Volvo 1,321 1,495 1,565 1,542 2,500 2,929 3,000
Geely 0 0 0 0 0 0 811
Geely Group Sub-total 1,321 1,495 1,565 1,542 2,500 2,929 3,811
Source: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Q2 2014)
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>