東京モーターショー 2013 海外メーカー編:新型Mini、twin up!が世界初披露

海外乗用車ブランドの主要モデル出展概要

2013/12/06

要 約

東京モーターショーの会場
新型Mini ワールドプレミアの様子

 本レポートは第43回東京モーターショー(2013年11月22日~12月1日)における、海外乗用車メーカーの出展概要である。

 欧州メーカーはVW、BMW、Daimlerがコンセプトと市販モデルを数多く出展していた。VWグループはPHVコンセプト、twin up!がワールドプレミアとなった。BMWグループではBMW i3、i8を展示したほか、新型Mini Cooperを世界初披露。Volvo Carsは6年ぶりに東京モーターショーに出展し、今後のVolvo Carsのデザインの方向性をしめすConcept Coupeを展示していた。
 その他にJaguar F-type Coupe、Porsche MacanがLAモーターショーとほぼ同時に世界初公開された。RenaultやPSAグループはルーテシア(Clio)など量販モデルを展示していた。

 米国からはGM、Ford、Chryslerの出展はなかったものの、新興EVメーカーであるTesla Motors が初登場。

関連レポート
▽東京モーターショー2013:

・日本メーカー:コンセプトカー編 日本メーカー: 軽自動車と市販車編 次世代パワートレイン技術と商用車
サプライヤー編 EV/HV関連部品 サプライヤー編 安全装備、燃費向上  ・EV/FCV/CNG車の最新動向 


VWグループ:PHVコンセプトカー twin up! を世界初公開

VWブランド

 

twin up!
twin up!
twin up!のPHEVシステム
twin up!のPHEVシステム。リアにLiイオンバッテリーパックと33L燃料タンクが搭載されている。

 

twin up!  量産モデルのup!をベースに開発されている、4人乗り小型PHVコンセプトカー。PHV XL1の駆動システムを搭載するため、フロントオーバーハングが30mm延長されている。twin up!は2年以内の販売を目標としていると報道されている。世界初公開。
 出力35kWの0.8L 2気筒ディーゼルエンジンと35kWの電気モーターがフロント部分に横置きで搭載され、動力システムの合計出力は55kW、最大トルク215Nm。7速デュアルクラッチギアボックス(DSG)と組みわされる。リアシートと後方のラゲッジルーム下には、8.6kWhのLiイオンバッテリーと12Vバッテリー、33Lの燃料タンクが搭載されている。エンジンと7速DSGの間に電気モーターと遮断クラッチが設置されていて、電気モーターはLiイオンバッテリーから電力の供給と、エンジンによる充電が可能になる。
 燃費はNEDC複合モードで1.1L/100km、CO2排出量は27g/km。EV走行モードではTDIエンジンがクラッチによって切り離され、最大50kmモーターのみで走行可能。モーターのみの走行時には遮断クラッチがエンジンを駆動系から切り離し、エンジンが停止。再始動時にはモーターが先に回転して必要な速度まで上げ、エンジン側のクラッチと再接続する。また、回生ブレーキ機能を搭載し、ブレーキ時の制動エネルギーをバッテリーの再充電に活用。

 

XL1
XL1

 

XL1  日本初公開のPHVで、ボディサイズは全長3,888mm、全幅1,665mm、全高1,153mm、ホイールベース2,224mm。CFRP(カーボン繊維強化ポリマー)製の軽量ボディを採用。空気抵抗係数0.186。0.8L 2気筒TDIエンジン(最高出力 35kW(48ps)、最大トルク 120Nm)、電気モーター(最高出力20kW(27ps)、最大トルク 100Nm)、7速DSG、Li-イオンバッテリーで構成されるリアエンジン・リアドライブのPHVシステムの燃費は、NEDC複合モードで0.9L/100km。モーターのみのEV走行モードでは35kmを走行可能。

 

e-up!
e-up!
e-Golf
e-Golf

 

e-up!  日本初公開となるVWブランド初のEV。最高出力60kw(82ps)、最大トルク210Nmのモーターと18.7kWhのLi-イオンバッテリーを搭載する。2013年10月にドイツ市場で投入され、2014年に日本導入予定。(フランクフルト・モーターショーでの出展へ)
e-Golf  新型GolfベースのEV。最高出力85kW(115ps)、最大トルク270Nmのモーター、24.2kWhのLi-イオンバッテリーを搭載する。航続距離は130km~190km。2014年春に西欧、後半以降から日本や北米で順次投入予定。(フランクフルト・モーターショーでの出展へ)

 

Audiブランド

 

Audi A3 Sportback e-tron
Audi A3 Sportback e-tron
S8
S8

 

Audi A3 Sportback e-tron  日本初公開となるA3のPHV版で、最大出力110kW(150hp)、最大トルク250Nmの1.4L TFSIガソリンエンジンと、最高出力75kW、最大トルク330Nmの電気モーターを搭載。システムの合計では最高出力150kW(204hp)、最大トルクが350Nm。バッテリー容量は8.8kWhとなっている。EV走行モードでは50kmを走行可能。2014年春に発売開始予定。
S8  Audi A8のスポーツモデルセダンで、最高出力382kW(520hp)の4.0LツインターボV8エンジンを搭載。通常のA8と同じく、Bピラー以外のボディのほぼ全てがアルミニウム製。日本初公開。

 

Porscheブランド

SUV Macan
SUV Macan (写真はMacan Turbo)

 

SUV Macan  Porsche初のコンパクトSUV Macanには、Macan S、Macan S Diesel、Macan Turboの3バージョンがある。東京モーターショーではMacan Turboが展示され、LAモーターショーの前夜祭と、ほぼ同時に世界初披露となった。ドイツ市場では2014年4月導入予定。ドイツLeipzig工場は、Macan生産にあたり5億ユーロが投入され、年5万台の生産ラインを新設。
 同じSUVであるCayenneよりひと回り小さく、全長4,681mm(Macan Turbo: 4,699mm)、全幅1,923mm、全高1,624mm、ホイールベースは2,807mm。Macan Sには最高出力250kW(340ps)の3.0L V型6気筒ツインターボエンジン、Macan S Dieselには最高出力190kW(258ps)の3.0L V型6気筒ターボディーゼルエンジン、Macan Turboは最高出力294kW(400ps)の3.6L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。全グレードで7速DCTが組み合わされる。

 

Panamera Turbo S Executive
Panamera Turbo S Executive
911 Turbo S Cabriolet
911 Turbo S Cabriolet

 

Panamera Turbo S Executive  世界初公開されたPanameraの最上位グレード、Panamera Turbo Sのロングホイールベース版。全長5,165mm、全幅1,931mm、全高1,425mm。ホイールベースは通常モデルより150mm延長され、3,070mmとなっている。
 4.8L V型8気筒エンジンは、大型のコンプレッサーを組み込んだターボチャージャーにより、Panamera  Turboのエンジンより出力が増加し、Panamera Turbo S、Turbo S Executiveの搭載エンジンは、最高出力419kW(570ps)、最大トルク750Nmを達成。同時に燃費は先代モデルよりも11%向上し、NEDC測定値で10.2L/100km。
911 Turbo S Cabriolet  LAモーターショーと東京モーターショーでほぼ同時に世界初公開となった新型911 Turbo Sのオープンカー版。最高出力383 kW(520ps)の、ターボチャージャー付3.8L 6気筒エンジンを搭載。

 

 



BMWグループ:新型Mini、4 series convertibleをワールドプレミア

 

4 series convertible
4 series convertible

 

BMW 4 series convertible  世界初公開したBMW 4 series convertible はオープントップ、2ドア4シーターで、先代モデルであるBMW 3 series convertibleよりボディサイズが大きくなり、全長4,638mm、全幅1,825mm、全高1,384mm、ホイールベースは2,810mm。4 Series は3 Seriesのクーペとコンバーチブルから独立し、スポーティさや独自性を出すため新たに新規車種として設定された。(フランクフルト・モーターショーへの出展へ)
 リトラクタブル・ハードトップは3分割方式となっており、20秒で開閉。走行中は18km/h以下で操作可能。
 BMW 435i convertibleには3.0L 直列6気筒ガソリンエンジンが、428i convertibleには2.0L 4気筒ガソリンエンジン、420d convertibleは2.0L 4気筒ディーゼルエンジンが搭載される。出力は135kW~225kW (184ps~306ps)、最大トルクは350Nm~400Nmで、いずれもEuro 6 排出ガス基準を満たしている。
 トランスミッションは6MTと8ATで、駆動方式はFR。428iは4WDシステム、「BMW xDrive」がオプション設定される。

 

BMW i3
BMW i3
BMW i8
BMW i8

 

BMW i3  日本初公開となるBMW iブランド初のモデルで、5ドア4シーターのEV。日本市場導入は2014年春を予定。ボディサイズは全長3,999mm、全幅1,775mm、全高1,578mm、ホイールベースが2,570mm。最高出力125kW(170ps)、最大トルク250Nmのモーターを搭載していて、航続距離は130km~160km。オプションの、レンジエクステンダー用の2気筒ガソリンエンジンを搭載すると、航続距離は300kmに延長される。(フランクフルト・モーターショーへの出展へ)
BMW i8  BMW iブランドの2番目のモデルで、全長4,689mm、全幅1,942mm、全高1,293mm、ホイールベース2,800mmの、2ドア4シーターのスポーツPHV。フロントにはモーター、リアには1.5L直列3気筒ガソリンエンジンが搭載され、システム最高出力266kW(362ps)となっている。今回のモーターショーで日本初公開となり、2014年に日本市場投入予定。(フランクフルト・モーターショーへの出展へ)

 

BMW X5
BMW X5

 

BMW X5  全長4,886mm、全幅1,938mm、全高1,762mmのSUVの3代目モデル。2013年10月に発売された。BMWの四輪駆動システム「BMW xDrive」がほぼ全てのモデルに設定されていて、8速ATと組み合わされている。エンジンは3.0L直列6気筒ツインパワー・ターボディーゼルエンジン(最高出力190kW/258ps)、3.0L直列6気筒ツインパワー・ガソリンエンジン(225kW/306ps)、V型4.4L8気筒ツインパワー・ターボガソリンエンジン(330kW/450ps)が設定される。

 

Concept Active Tourer Outdoor
Concept Active Tourer Outdoor
Concept Active Tourer Outdoor
Concept Active Tourer Outdoor (自転車マウント時)

 

Concept Active Tourer Outdoor  2013年フランクフルト・モーターショーに続き、本モーターショーでも展示されたPHVコンセプトモデル。駆動システムはBMW i8とコンセプトを共有する。システム合計の出力は140kW(190ps)となっている。バイシクルキャリアに自転車がマウントされた状態で展示されていた。ボディサイズは全長4,350mm、全幅1,833mm、全高1,576mm、ホイールベース2,670mm。

 

MINI

New Mini Cooper
New Mini Cooper
New Mini Cooper S
New Mini Cooper S

 

新型Mini  2014年春に販売予定の新型Miniの、Mini CooperとMini Cooper Sの2グレードが、世界初披露された。2013年11月に、英国Oxford工場で生産が開始され、BMWは同拠点に、2012年~2015年間に合計7.5億ポンドの投入を計画している。
 ボディサイズは先代モデルより一回り大きくなり、Mini Cooperは全長3,821mm、全幅1,727mm、全高1,414mm、ホイールベースは2,495mm。最高出力100kW(136hp)1.5L直列3気筒エンジンと6MTもしくは6ATが設定される。
 Mini Cooper Sのボディサイズは全長3,850mm、全幅1,727mm、全高1,414mm、ホイールベースは2,495mm。最高出力141kW(192ps)の2.0L直列4気筒ガソリンエンジンが設定され、6MT/6ATが設定される。
 内装は先代モデルのセンターメーターから、8.8インチのワイドスクリーンに変更され、スマートフォン等のデバイスとの接続機能やFacebook、TwitterなどのSNSサイトとの連携、音声認識、リアビューカメラ映像の表示などが可能になっている。
 パーキングアシスト機能を搭載しており、縦列駐車時にシステムが自動的に駐車スペースを認識して、ステアリング操作を自動的に行う。

 

 



Daimler:S-Classの最上級モデルの世界初公開とCoupeコンセプトを展示

Mercedes-Benz

 

S 65 AMG long
S 65 AMG long
SLS AMG GT Final Edition
SLS AMG GT Final Edition

 

S 65 AMG long  S-Classの最上級モデルである、S 65 AMG longが世界初披露された。搭載エンジンは6.0L V12ツインターボエンジンで、最高出力463kW(630ps)、最大トルク1,000Nm。前モデルと比較して、スターターバッテリーに軽量リチウムイオンの採用するなど、軽量化を行い燃費がNEDC複合モードで先代モデルの14.3L/100kmより、2.4L/100km向上して、11.9L/100kmとなった。
SLS AMG GT Final Edition 全世界限定350台生産のスポーツカーSLS AMGの最終生産モデルが世界初披露された。日本市場では25台が導入される。SLS AMGとしては最終モデルとなるが、AMGブランドとして同コンセプトのスポーツカーは生産して行くとしている。

 

Concept S-Class Coupe
Concept S-Class Coupe

 

Concept S-Class Coupe  2013年フランクフルト・モーターショーで世界初披露されたS-Classの2ドアクーペコンセプトモデル。日本初公開。ボディサイズは全長5,050mm、全幅1,958mm、全高1,409mm、ホイールベース2,945mm。4.7L V8 ツインターボエンジンを搭載し、最高出力335kW(455hp)最大トルクは700Nmとなる。

 

 



Jaguar Land Rover:スポーツ2シーターF-TYPE Coupeを世界初披露

Jaguar

 

Jaguar F-Type R Coupe
Jaguar F-TYPE R Coupe
Jaguar F-Type R Coupe (rear view)
Jaguar F-TYPE R Coupe (rear view)

 

Jaguar F-TYPE Coupe  東京モーターショー、LAモーターショーでほぼ同時に発表されたF-TYPE CoupeはコンバーチブルであるF-TYPEのクローズド版の2シータースポーツカー。2011年のフランクフルトモーターショーで初披露されたC-X16コンセプトのデザインを受け継ぐ、フルアルミニウム製プラットフォームベースのモデル。出展されていたF-type R Coupeは最上級モデルで、最高出力405kw(550ps)、最大トルク680Nmの5.0L V8スーパーチャージャー付きエンジンを搭載。2014年に市場に投入予定。
 その他のグレードは、最高出力280kW(380ps)の3.0LV6スーパーチャージャー付きエンジンを搭載したF-TYPE S、最高出力250kW(340ps)のV6スーパーチャージャー付きエンジンを搭載したF-TYPEが設定され、駆動方式は後輪駆動、ZF製8速マニュアルモード付きATと組み合わせる。

 

Land Rover

 

Range Rover Sport
Range Rover Sport

 

Range Rover Sport  2013年3月のニューヨークモーターショーで公開された、5ドア・7シーターのSUVで日本初公開。ボディサイズは全長4,855mm、全幅1,985mm、全高1,800mm、ホイールベースは2,920mm。フルアルミニウムのプラットフォームをクラスで初採用して、前モデル比で39%軽量化されている。最高出力375kW(510ps)最大トルク625Nmの5.0L V8エンジン、または新開発された最高出力250kW(340ps)3.0L V6スーパーチャージャー付きエンジンが、ZF製電子制御式8速ATと組み合わされている。駆動方式はフルタイム4WD。

 

 



Volvo Cars:Concept Coupeを日本初出展

 

Concept Coupe
Concept Coupe
Concept Coupe (Rear view)
Concept Coupe (Rear view)

 

Concept Coupe  日本市場初出展となる、フランクフルト・モーターショーで公開された2ドアPHVクーペのコンセプトモデル。2014年末発表予定の新型SUV Volvo XC90にデザインコンセプトが継承される。Volvo Cars独自のScalable Architecture(SPA)はデザインの自由さに貢献しているとされ、今後のVolvo Carsのデザインの方向性を表す、3台のコンセプトカーの内の第一弾に位置づけられる。

 

 



PSAグループ:Peugeot 208ベースの車両の展示、Citroenは最新プラットフォーム搭載車を展示

Peugeot

 

2008
2008
208 GTI
208 GTI

 

2008  最量販モデル207の後継モデルであるハッチバックPeugeot 208がベースとなっている5ドアSUVで、全長4,160mm、全幅1,740mm、全高1,550mm、ホイールベース2,540mm。日本市場向けの仕様では最大出力60kW(82ps)、最大トルク118Nmの1.2L直列3気筒DOHCエンジンと、5速AMT(Automated Manual Transmission)を組み合わせる。日本初出展で、2014年2月より発売予定。
208 GTI Peugeot 208のハイパフォーマンス版。ターボチャージャー付き1.6L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTと組み合わされる。

Citroen

 

C4 Grand Picasso
C4 Grand Picasso

 

C4 Grand Picasso  新型モジュラー・プラットフォームEMP2(Efficient Modular Platform 2)を採用した、日本初公開の7人乗りミニバン。全長は先代モデルと同じ4,590mmだが、ホイールベースは110mm拡大し、2,840mmとなりキャビンスペースとラゲッジスペースを拡大した。360度カメラやアクティブクルーズコントロールなどの安全装備も設定されている。日本市場には2014年投入予定。

 

 



Renault:最量販モデルClio(ルーテシア)と、コンパクトSUV Capturを出展

 

Clio (ルーテシア)
Clio (ルーテシア)
Captur
Captur

 

Clio (ルーテシア)  Renault-日産アライアンスのBプラットフォームを使用している、5ドアハッチバック。コンセプトスポーツEV DeZirからフロントマスクなどにデザインコンセプトが受け継がれている。全長4,095mm、全幅1,750mm、全高1,445mm、ホイールベース2,600mm。最大出力88kW(120ps)、最大トルク190Nmの4気筒ターボチャージャ-付き1.2Lガソリンエンジンを搭載。2013年9月に日本市場で発売している。
Captur  コンパクトSUVであるCapturは日本初公開で、市場投入は2014年2月が予定されている。全長4,125mm、全幅1,780mm、全高1,565mm、ホイールベース2,605mm。Renault ルーテシアと同等のターボ付き1.2Lエンジンを搭載している。



Tesla Motors:東京モーターショーに初出展

 

Tesla Model S
Tesla Model S
Model Sのプラットフォーム
Model Sのプラットフォーム

 

Model S  東京モーターショー初出展となるTeslaは、大型EVセダンModel Sを、テスラのショールームを模したスペースに展示していた。バッテリー容量は60kWhと80kWhの2種類あり、80kWhの航続距離は最大 480km(300マイル)。日本市場では2014年に納車開始予定。(注:バッテリーはパナソニックが提供している。)

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>