東京モーターショー 2013:日本メーカーが多くのコンセプトカーを初披露

多数のコンセプトSUVが初公開、トヨタは燃料電池車デザインコンセプトを展示

2013/11/29

要 約

東京モーターショーの会場
東京モーターショー会場(東京ビックサイト)

 第43回東京モーターショーは、2013年11月20日(水) から(一般公開は23日(土)から)12月1日(日)まで東京ビックサイトにて 開催されている。
 日本メーカーは今回のモーターショーでは、数多くのコンセプトカー・新型車を初披露し、海外メーカーでもVWが小型PHV twin up!を、BMWが新型MINIを世界初公開したことから、会場全体は活況を呈した。最初の1週間(11月28日(木)まで)の入場者数は、前回の同期間に比べて13%増の約57.8万人(主催者発表)。

 東京モーターショーの取材レポートを、日本メーカー(3編)、海外メーカー、部品サプライヤー(2編)に分けて報告する予定。
 この日本メーカー編の1本目では、乗用車メーカーのコンセプトカーを中心に取り上げる(なお、コンセプトカーのうち、軽自動車や市販が近い車については、2本目のレポートで取り上げる予定)。

 会場では、トヨタは2015年に市販予定の燃料電池車のデザインコンセプトカーを初披露し、燃料電池車としての特徴のあるデザインを狙う。

 日産は、顧客と共同で開発するという開発手法のコンセプトを示したコンセプトカーIDxを2台、プレスデー初日に事前予告なしで展示した。

 三菱自動車、富士重工、スズキはSUV のコンセプトカーをそれぞれ複数台初披露し、世界で人気が拡大しているSUV に戦略の重点を置いていることを提示した。

 また、ホンダは2005年に生産を中止したスーパースポーツカーNSXの次期型コンセプトカーを展示し、トヨタはコンパクトスポーツカー86ベースのオープンカーのコンセプトを提示(他に軽スポーツ コンセプトカーとして、ホンダがS660 CONCEPTを、ダイハツがKOPENを展示。次回のレポートで取り上げる予定)。

 (注) 下記の表でモデル名に「*」がついているのは東京モーターショー2013で世界初披露されたモデルを示す。


関連レポート

▽東京モーターショー2013:

日本メーカー 軽自動車と市販車編 次世代パワートレイン技術と商用車 ・海外メーカー編
サプライヤー編 EV/HV関連部品 サプライヤー編 安全装備、燃費向上 EV/FCV/CNG車の最新動向


燃料電池車/CNGコンセプト:トヨタが2015年市販予定の燃料電池車のデザインコンセプトを展示

 燃料電池車(Fuel Cell Vehicle)のコンセプトカーをトヨタグループの2社が展示。トヨタは、2015年に発売する予定のセダンタイプのデザインコンセプトを、ダイハツは液体燃料を用いた軽商用車タイプのコンセプトカーを初披露した。

 また、マツダはガソリンとCNG(圧縮天然ガス)のバイフューエルエンジンSKYACTIV-CNGを搭載したMazda3を展示した。

TOYOTA FCV CONCEPT

燃料電池車のベアシャシー

TOYOTA FCV CONCEPT

燃料電池車のベアシャシー。フロント部分(写真左側)にパワーコントロールユニットとモータが収められ、前部座席下部分に燃料電池と昇圧コンバーターを収納。後部座席下に水素タンク1本、後部座席の後ろの部分に水素タンク1本と2次電池を搭載。

燃料電池車のコンセプトカー

TOYOTA FCV CONCEPT* 2015年に市販を予定している、セダンタイプの燃料電池車(FCV)のデザインコンセプト。全長は4,870mmとクラウンより25mm短い(4人乗り)。空気と水素から発電して水を排出するFCVらしさが一目で伝わるようなデザインを狙う(プリウスが、外観だけでプリウスと認知されたように)。具体的にはフロントに、大型のサイドラジエーターグリルを設け、サイドラインは空気から水への流れを表現した。ヘッドランプはグリルを大きくするために非常に薄いデザインをしているが、量産車も同じように薄いデザインになるとのこと。
新しいFCスタックは、2008年6月に発表した現行のFCHV-advに搭載したものと比較して、出力密度を約2倍の3kW/Lとして、小型化/軽量化を図りつつ出力100kW以上を実現した。FCシステム全体では、高効率の昇圧コンバーターを採用して高電圧化を図り、モーターの小型化、燃料電池のセル数削減を行った。トヨタ社内測定の車両システム効率(注)は65%(LA#4モード)。水素タンクは2本搭載し、充填圧力は70MPa、タンク貯蔵性能は5.7wt%(タンク質量あたりの水素貯蔵量)と世界最高水準だとしている。
航続距離は約700km(JC08モード: トヨタ測定値)で、水素充填時間は3分程度。外部給電能力も持ち、一般家庭の使用電力(一日10kWh)を1週間分以上供給できる。
 Daihatsu FC 凸 (Deco) deck* ダイハツ独自の貴金属を使わない液体燃料電池を搭載した、軽商用車のコンセプトカー。2011年に出展した「FC 商 CASE」は実際の走行はできなかったが、このFC 凸(Deco) deckは走行が可能で、2台を作成して実験している。一般に利用してもらうまでには、まだ5-6年程度の時間がかかるとのこと。
座席下に、燃料電池スタックがあり、燃料タンク、燃料電池などをシャシー部分に収めている。燃料電池の出力は35kW。
(参考)
Honda
FCEV CONCEPT
ホンダは、東京モーターショープレスデーの同日(11月20日)にロサンゼルスオートショーで燃料電池車のコンセプトカー Honda FCEV CONCEPTを初披露した。70MPaの水素貯蔵タンクを搭載しており、再充填は3分程度で可能。航続距離は300マイル以上としている。
新開発の燃料電池スタックは100kW以上の高出力と3kW/L以上の出力密度を図りつつ、FCXクラリティのものと比べて33%小型化。そのスタックを含めたパワートレインをセダンタイプのフロントフード下に搭載しており、車室空間を広く取ることが可能(5人乗り)。

(注) 車両システム効率=車両の走行に使えるエネルギー/タンク内の水素の持つエネルギー

Daihatsu FC  凸 deck
Daihatsu FC 凸 deck

 

CNG車のコンセプトカー

Mazda3 SKYACTIV-CNG Concept* Mazda3(日本名Axela)のガソリンエンジンモデルをベースにCNG燃料でも走行が可能としたモデル。走行中にガソリンとCNGの間で燃料を切替えられ、燃費重視の時はCNG、走りを楽しみたい時はガソリンを使うといった使い方ができる。マツダはガソリンエンジンSKYACTIV-GをベースにE85(エタノール混合率85%)のバイオ燃料対応エンジンも開発中。
SKYACTIV-Gは圧縮比が14と高いためCNG対応をするにあたってのエンジンの圧縮比を高める改良などが必要なく、少ない追加開発で実現できた。容量75LのCNGタンクは後部荷室の半分を占めている。

 

Mazda3 SKYACTIV-CNG Concept
Mazda3 SKYACTIV-CNG Concept

Mazda3 SKYACTIV-CNG Conceptのエンジンルーム
Mazda3 SKYACTIV-CNG Conceptのエンジンルーム

 



車の未来を示すコンセプトカー

 トヨタは未来の愛車をイメージし、カラダとココロで通じ合うをコンセプトとした TOYOTA FV2と、次世代のタクシーのコンセプトカーを初披露。
日産は顧客と共に車を開発(共同創造)するという新しい開発手法を示した2台のコンセプトカーIDxを展示。また、三角形の形をした3人乗りのEVコンセプト BLADE GLIDERも展示。

TOYOTA FV2
TOYOTA FV2
トヨタ JPN TAXI Concept
トヨタ JPN TAXI Concept

 



TOYOTA FV2* 未来の愛車を具現化するため、「愛馬」のようにカラダで通じ合う/ココロで通じ合うを、コンセプトとした車。運転手の前後左右の体重移動で運転操作可能。運転手の個人的な情報を蓄積したTOYOTA HEARTとリンクさせ、感情を推測し、コミュニケーションが可能。
駆動輪は左右の二輪を想定しているが、展示車は前後の二輪で走行する(時速5km程度)。なお、ハンドルなど運転手がつかまるところは備えていない。
JPN TAXI Concept* 次世代のタクシー専用車のコンセプト。前輪駆動車とすることで、後部座席の居住性を高めた。また、大型のスライドドア、低い最低地上高、フラットなフロアをもち、乗降性も高めた。デザインは、海外のお客様に日本らしさをアピールするものとした。LPG(液化石油ガス)ハイブリッドシステムの採用を想定。
日産 IDx Freeflow & IDx NISMO* 1990年代以降に生まれた顧客層と共同創造したセダンタイプのコンセプトカー。開発の途中の段階で、何度も顧客とやり取りを行い、彼らの欲するクルマを作り上げた。実際の開発に反映させるには、顧客とのコミュニケーション方法、開発の工程管理などの開発手法の新たな「開発」が必要となるとのこと。
IDx Freeflow:シンプルかつクリーンで本物感を求める顧客と作り上げたモデル。インテリアは実用性と居心地の良さを兼ね備えた、ファッショナブルなデザインとなっている。全長4.1m、全幅1.7m、全高1.3m。パワートレインは1.2-1.5LのガソリンエンジンとCVTを組み合わせる。
IDx NISMO:レーシングゲームを楽しんできた顧客層と作り上げたモデル。全幅は1.8mとFreeflowに比べやや広げられ、1.6Lの直噴ガソリンエンジン、6速マニュアルモード付CVTを搭載する。
BLADE GLIDER* グライダーと三角翼をイメージしたデザインを持つEVコンセプト。三角形の形状を取ることで、空気抵抗を抑えながらも、大きなダウン/フォースを得ることができる。全長4.2m、全幅(前輪)1.0m、全幅(後輪)1.89m、全高1.14m。運転席(1座)は車体中央にあり、後部座席は左右2座ある。
後輪に収められたインホイールモーターが左右別々に駆動する。リチウムイオン電池は後輪の軸上に収められている。前後の重量配分は3:7。
将来の市販化を見据えたコンセプトモデルだとしており、市販化に向けてはフロント部分の幅を大きくすることも検討。軽量化のため炭素繊維強化樹脂を多用していることも価格面での課題になっている。

 

日産 IDx Freeflow
日産 IDx Freeflow
日産 IDx NISMO
日産 IDx NISMO
日産 BLADE GLIDER
日産 BLADE GLIDER 
日産 BLADE GLIDER
日産 BLADE GLIDERのリアサイド 

 



SUVのコンセプトカー(1):三菱自動車は3台のコンセプトSUVを初披露

 三菱自動車は2013年11月に発表した中期経営計画「ニューステージ2016」で、売上の大半を占めるピックアップトラック・SUV・クロスオーバー系車種を戦略商品と位置づけ、2020年における電動車両生産比率を20%まで高めることを掲げた。
 そして、ピックアップトラックTriton、Pajero Sportの新型車を、それぞれ2014年度・2015年度に投入する。また、新型Pajero、新型RVR、新型Delica D:5、PHV技術の開発も進めており、これらの商品・技術を2015年度以降、順次市場に投入していく。

 今回の東京モーターショーでは、これらの戦略を具体的に示す3台の、そしてそれぞれ独自の電動化技術を採用している、SUVコンセプトカーを展示。

三菱 Concept GC-PHEV
三菱 Concept GC-PHEV

三菱 Concept GC-PHEVのハイブリッドシステム(三菱自動車提供)
三菱 Concept GC-PHEVのハイブリッドシステム
(三菱自動車提供)

三菱 Concept XR-PHEV
三菱 Concept XR-PHEV 
三菱 Concept XR-PHEVのハイブリッドシステム(三菱自動車提供)
三菱 Concept XR-PHEVのハイブリッドシステム
(三菱自動車提供) 

 

Concept GC-PHEV* 次世代Pajeroを示唆する大型SUVコンセプトカー。FR方式の四輪駆動車をベースとしたPHV。FF方式をベースとしたOutlander PHEVと異なるシステムを採用したのは、悪路走破性を重視したため。4人乗りで車室の中央部にはタクティカルテーブルと呼ぶ、大型の液晶表示のテーブルを備えている。また、ARウインドシールドと呼ぶ、AR(拡張現実)機能を活用して、フロントガラスに走行に必要な情報を映し出す機能を搭載している。
フルタイム4WDのPHVシステムは、3.0L V6 スーパーチャージドエンジン(最高出力250kW)、モーター(最高出力70kW)、8速AT、電子制御センターLSD、リアディファレンシャルからなる。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は12kWh。ハイブリッド燃料消費率15km/L以上、EV走行距離40km以上が目標。
Concept XR-PHEV* クーペのフォルムとSUVを融合させた、次世代コンパクトSUVのコンセプトカー。Outlander PHEVの方式をベースとした、FF方式のPHVシステムを搭載(後輪を駆動するモーターはXR-PHEVには搭載されない)。ルーフには補機への充電用の太陽電池と、後端部には可変スポイラーを装備。全長は4,370mmと現行RVRより75mm長い。
開発中のダウンサイズ過給エンジン 1.1L 直列3気筒直噴ターボエンジン(最高出力100kW)と、モーター/ジェネレーター(最高出力120kW)を搭載し、床下に置くリチウムイオンバッテリーの容量は14 kWh。ハイブリッド燃料消費率28km/L以上、EV走行距離85km以上が目標。
Concept AR* SUVの機動性とMPVの居住性を両立した次世代コンパクトMPVのコンセプトカー。全長は4,350mmとDELICA D:5より380mm、DELICA D:3(日産NV200ベース)よりも50mm短い。目標燃費は24km/L以上。
XRにも搭載されている1.1L 直列3気筒直噴ターボエンジンと、ベルト駆動型のスターター/ジェネレーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを持つ。このシステムは、車体後部に48VのリチウムイオンバッテリーとDC-DCコンバーターを搭載し、アイドリングストップからの迅速なエンジン始動と、加速時のアシストを行う。
Concept GR-HEV 2013年3月のジュネーブモーターショーで初披露したピックアップトラックのコンセプト。FRベースのHVシステムを搭載し、2.5L クリーンディーゼルエンジンとモーター、8速ATを組み合わせる。走行時のCO2排出量を140g/km台を目指す。

 

三菱 Concept AR
三菱 Concept AR

三Concept GR-HEV)
三菱 Concept GR-HEV

 



SUVのコンセプトカー(2):富士重工BRZベースのコンセプト、スズキ Crosshiker、レクサスLF-NX

 富士重工は2015年にも投入が予想される7人乗りのCROSSOVER 7 CONCEPTと、同社のラインナップにないBセグメントSUVである CROSS SPORT DESIGN CONCEPT(BRZベース) を初披露。また、同社の次世代技術を示し、自動運転技術を搭載したコンセプトカー VIZIV EVOLUTION CONCEPTも展示。
スズキは、次世代の軽量プラットフォームを採用したコンパクトクロスオーバーCrosshikerとオープンSUV X-LANDERの2台のコンセプトカーを披露した。
レクサスは、2.0Lのダウンサイズターボエンジンを搭載した、同ブランド初のコンパクトSUVのコンセプトカーLF-NXを展示。

SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT
SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT

SUBARU CROSSOVER 7 CONCEPT
SUBARU CROSSOVER 7 CONCEPT

SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT
SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT 

 

富士重工

SUBARU
CROSS SPORT DESIGN CONCEPT*
「SPORT」と「UTILITY」を融合したクロススポーツモデルのデザインコンセプト。BRZをベースに車高を高くして、ワゴンのような室内空間とラゲッジスペースを確保し、「シューティングブレーク」としてデザイン。全長は4,300mmとBRZより60mm大きい。同社が販売していないBセグメントのSUVとしての役割を担う。発売するとしても2016年以降とのこと。
 SUBARU 
CROSSOVER 7
CONCEPT *
7人乗りのクロスオーバーのコンセプトモデルを提案。内装は質感高いレザーシートを採用しており上質感を演出。全長4,780mm、全幅1,800mm、全高1,705mmと、7人乗りの現行EXIGAより一回り大きく、全高を45mm高めた。2.5L水平対向エンジンを搭載している。
2011年7月発表の中期経営計画“Motion-V”で示した、「2015年に発売するモデル」の可能性がある。
SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT 2013年3月ジュネーブモーターショーで初披露した、スバルの次世代技術を表現したクロスオーバーコンセプトVIZIV CONCEPT。東京モーターショーモデルでは、2.0Lディーゼルエンジンを1.6L直噴ターボ"DIT"エンジンに置き換えたPHVシステムを提案。さらに、ステレオカメラを中心とした360度センシングによるオートパイロットシステムを搭載。

 

スズキ

Crosshiker*  次世代軽量プラットフォームを用いた、コンパクトなクロスオーバーのコンセプトカーCrosshikerを展示。Aセグメントのサイズであるが、車重を軽自動車並みの810kgに抑えた。全長3,650mm、全幅1,695mm、全高1,540mm。回生能力を向上させ、駆動力もエンジンに伝えることができる、改良型の減速エネルギー回生システム エネチャージIIも搭載。
同プラットフォームは2011年の東京モーターショーで展示したREGINAでも採用されており、これを用いたモデルは近い将来発売するとのこと。1気筒に2つのインジェクターを採用した、新開発の1L3気筒 デュアルジェット エンジンを搭載している(同ショーで展示)。
X-LANDER* 小型4WDジムニーをベースにしたオープンSUVのコンセプトカー。1.3Lデュアルジェット エンジンと新開発のAMT、トランスファーにモーターを組み込んだ小型のマイルドハイブリッドシステムを搭載。AMTを採用したのは構造がシンプルで強度アップしやすいため。シフトチェンジの瞬間にモーターを動かし、トルク抜けを防ぐように制御している。
フロントと両サイドにカメラを搭載しタイヤ付近の路面状況を計器板に映し出す機能を持つ。全長3,600mm、全幅1,695mm、全高1,700mm。

 

スズキ Crosshiker
スズキ Crosshiker

X-LANDER
スズキ X-LANDER

 

レクサス

LF-NX 2013年9月のフランクフルトモーターショーで初披露された、レクサス初のコンパクトSUVのコンセプトカー。東京モーターショーのモデルは、パワートレインをハイブリッドから、新開発の2.0Lターボエンジン搭載モデルへ変更している。エクステリアもフェンダー部分の色合いなどを変更。2014年にも発売されると見られている。

 

レクサス LF-NX
レクサス LF-NX

 



スポーツカーコンセプト:NSX Concept、FT-86 Open concept

 ホンダは、2015年に発売が予定されるスーパースポーツNSXのコンセプトカーを、トヨタはコンパクトスポーツカー86をベースとしたオープンカーのコンセプトカーを展示した。(他に軽スポーツ コンセプトカーとして、ホンダがS660 CONCEPTを、ダイハツがKOPENを展示。次回のレポートで取り上げる予定)。

Honda NSX Concept
Honda NSX Concept

Toyota FT-86 Open concept
Toyota FT-86 Open concept

 

Honda NSX Concept 次世代スーパースポーツ NSX CONCEPTを日本初披露。外装色は白色へ変更されていた。市販モデルは2014年のデトロイトモーターショーで発表される予定で、2015年から北米より順次、各地域へ投入予定。ハイブリッドシステムSPORT HYBRID SH-AWDを搭載し、前輪を左右2つのモーターが駆動し、後輪をミッドシップに搭載したV6エンジンとDCTに内蔵したモーターで駆動する。
ホンダは、V6 3.5Lエンジンと7速DCTを採用したSPORT HYBRID SH-AWDを搭載した大型セダン LEGENDを2014年秋に発売予定。こちらは後輪を2つのモーターで駆動するするレイアウトで、NSXと逆の配置となっている。2014年春にはコンパクトクラスのハイブリッドセダンも投入する予定。
Toyota
FT-86 Open concept
2013年3月のジュネーブモーターショーで初披露された小型スポーツカー86のオープンモデルのコンセプト。車体の色をフラッシュレッドに変更し、インテリアの色合いもコントラストを意識してグレーに変更(ジュネーブモデルは内外装とも白色)。市販化の有無は明らかにされていないが、より市販可能なモデルになっているとのこと。車重は86より少し重くなる程度で、軽量化を図るためにソフトトップを採用している。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>