欧州商用車メーカー4社:2013年上期も減収・減益が続く

Euro6基準対応エンジン車を導入、新興国市場への展開を強化

2013/09/26

要 約

欧州商用車の販売台数 欧州の商用車メーカー4社、Volvo/Iveco/MAN/Scaniaの2012年の合計販売台数は前年比10.1%減の57.5万台。2013年上半期も縮小傾向は続き、26.1万台と前年同期比で3.8%減少した。

 2013年上半期では、Scaniaのみ4.3万台と前年より22.5%増加したが、他3社は減少した。唯一販売台数が増加したScaniaだが、営業利益は前年同期比で6.7%減の39.7億SEKとなった。一方、Ivecoは800万ユーロの営業損益で赤字に転落した。

 欧州では2014年1月より中・大型商用車の全車両に、排出ガスへの新たな規制であるEuro 6が適用される。各社はそれに対応したSCR・EGR技術を搭載したラインアップへの刷新や、天然ガスエンジンを発表した。

 新興国市場ではVolvo、Ivecoが中国・アジア市場での新型生産や現地法人と提携し、生産・販売網を強化する。MANはロシア市場での販売網整備のため投資する。Scaniaは需要拡大に対応するため、アルゼンチン工場でのトランスミッション生産を拡大する。

 2013年通年の見通しとして、Volvoは欧州のトラック市場は当初の予測である23万台規模であると据え置いている。MANは、欧州市場は債務危機の影響が続き、不振が続くがブラジル市場は回復しつつあると見ている。Scaniaは、2013年後半、Euro6適用前にEuro5車両に駆け込み需要が発生するとしている。

 
関連レポート:
Daimlerの商用車事業:2015年までに94万台販売を目指す(2013年2月掲載)
北米の中型/大型商用車市場と商用車メーカーの動向(2013年1月掲載)

Volvo/Iveco/MAN/Scania の販売台数と売上高/営業利益

単位 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年

2012年
変化率
1月~6月
2012年 2013年 変化率
Volvo 販売台数 261,088 137,538 190,218 251,177 234,695 (6.6%) 104,374 90,400 (13.4%)
売上高 100万SEK 304,642 218,361 264,749 310,367 303,647 (2.2%) 160,746 131,100 (18.4%)
営業利益 15,851 (17,013) 18,000 26,899 17,622 (34.5%) 13,949 3,744 (73.2%)
Iveco 販売台数 192,100 103,900 129,600 153,400 137,000 (10.7%) 62,766 61,401 (2.2%)
売上高 100万Euro 10,894 7,183 8,307 9,562 8,924 (6.7%) 4,172 3,970 (4.8%)
営業利益 838 105 270 490 469 (4.3%) 189 (8) -
MAN 販売台数 103,705 82,609 126,279 155,520 136,271 (12.4%) 68,383 65,550 (4.1%)
売上高 100万Euro 10,610 7,807 10,586 12,563 11,692 (6.9%) 5,796 5,828 0.6%
営業利益 1,056 51 528 965 454 (53.0%) 213 142 (33.3%)
Scania 販売台数 73,793 43,443 63,712 80,108 67,401 (15.9%) 35,395 43,351 22.5%
売上高 100万SEK 88,977 62,074 78,168 87,686 79,603 (9.2%) 42,139 39,338 (6.6%)
営業利益 12,512 2,473 12,746 12,398 8,300 (33.1%) 4,257 3,971 (6.7%)
4社合計販売台数 630,686 367,490 509,809 640,205 575,367 (10.1%) 270,918 260,702 (3.8%)
資料・各社Annual Report, Interim Report
(注) 1. ( )」内の数値はマイナス値を表す。
2. SEK はスウェーデンクローナ、2013年 9月下旬で 1 SEK は約 0.12Euro/約 15円。

(参考) 欧州市場の中型/大型商用車の新車登録台数

GVW 地域 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年

2012年
変化率
1月~6月
2012年 2013年 変化率
3.5t~16t
未満の
商用車
西欧 18ヶ国 406,265 254,417 258,751 315,395 297,904 (5.9%) 135,701 118,317 (14.7%)
EU新加盟国 64,406 23,303 31,907 44,456 42,302 (5.1%) 19,714 19,389 (1.7%)
欧州合計 470,671 277,720 290,658 359,851 340,206 (5.8%) 155,415 137,706 (12.9%)
16t以上の
大型商用車
西欧 18ヶ国 290,939 172,146 175,558 225,985 211,165 (7.0%) 99,573 87,023 (14.4%)
EU新加盟国 47,116 14,967 23,143 37,078 35,440 (4.6%) 17,353 16,837 (3.1%)
欧州合計 338,055 187,113 198,701 263,063 246,605 (6.7%) 116,926 103,860 (12.6%)
合計 西欧 18ヶ国 697,204 426,563 434,309 541,380 509,069 (6.3%) 235,274 205,340 (14.6%)
EU新加盟国 111,522 38,270 55,050 81,534 77,742 (4.9%) 37,067 36,226 (2.3%)
欧州合計 808,726 464,833 489,359 622,914 586,811 (6.2%) 272,341 241,566 (12.7%)
資料:ACEA(Association des Constructeurs Europeens d'Automobiles g.i.e.)
(注) 1. 2012年/2013年の1~6月数値は暫定値
2. 西欧 18ヶ国は、旧EU 15ヶ国と、ノルウェー, スイス, アイスランド。
3. EU新加盟国は、チェコ、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、ハンガリー、ブルガリア。
4. 2012/2013年1-6月の数値には、中型・大型バスは含まれない。中型・大型バスの登録台数の欧州合計は、2012年 1-6月が 15,989台、2013年 1-6月が 14,694台。
5. ( )」内の数値はマイナス値を表す。


Volvo:2015年までに収益改善と新市場での成長を目指す

 Volvo の2012年販売は前年比6.6%減の23.5万台となった。主要市場の欧州市場は前年比11.2%減の8.7万台、南米市場は前年比18.5%減の2.6万台となった。同社は販売減少が、同グループのRenault Truckの主要市場である南欧市場不振や、南米市場、特にブラジル市場での経済情勢悪化を要因として落ち込んだとしている。一方、北米市場は2012年のトレーラートラックの買い替え需要による販売増加で、前年比8.8%増の5.0万台となった。Volvoの2012年の売上高は前年比2.2%減で、営業利益は34.5%減の176.2億SEKに減少した。


 2013年1-6月の販売台数は前年同期比で13.6%減の9.4万台、営業利益は、大幅に73.2%減の37.4億SEKになった。Volvoはこの状況に対応するため、2013年~2015年の間に収益性の改善を第一目標に業界トップの収益性を目指し、新型商品の開発に投資し、新市場での成長を図るとしている。

 

Volvoの地域別販売

(台)
欧州 北米 南米 アジア その他 合計
Trucks 2011年 95,113 42,613 29,274 56,165 15,226 238,391
2012年 84,355 47,806 23,443 51,514 16,899 224,017
(11.3%) 12.2% (19.9%) (8.3%) 11.0% (6.0%)
2012 1H 42,565 26,670 10,618 15,763 8,758 104,374
2013 1H 34,916 20,910 13,785 13,083 7,706 90,400
(18.0%) (21.6%) 29.8% (17.0%) (12.0%) (13.4%)
Buses 2011年 2,695 3,014 2620 3,417 1040 12,786
2012年 2,491 1,826 2,560 2,945 856 10,678
(7.6%) (39.4%) (2.3%) (13.8%) (17.7%) (16.5%)
2012 1H 1,296 941 1,176 805 464 4,682
2013 1H 1,022 661 1,113 751 328 3,875
(21.1%) (29.8%) (5.4%) (6.7%) (29.3%) (17.2%)
Total 2011年 97,808 45,627 31,894 59,582 16,266 251,177
2012年 86,846 49,632 26,003 54,459 17,755 234,695
(11.2%) 8.8% (18.5%) (8.6%) 9.2% (6.6%)
2012 1H 43,861 27,611 11,794 16,568 9,222 109,056
2013 1H 35,938 21,571 14,898 13,834 8,034 94,275
(18.1%) (21.9%) 26.3% (16.5%) (12.9%) (13.6%)

資料:Volvo Group Annual Report 2012, Quarterly Report 2013
注:「( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Volvo Group の業績概要

(100万SEK)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 比較 1-6月
2012 2013 比較
販売台数 (台) 261,088 137,538 190,218 251,177 234,695 (6.6%) 104,374 90,400 (13.4%)
Net sales Trucks 203,642 138,940 167,305 198,920 192,283 (3.3%) 98,532 83,265 (15.5%)
Buses 17,350 18,465 20,516 21,823 20,295 (7.0%) 10,126 7,490 (26.0%)
Others 83,650 60,956 76,928 89,624 91,069 1.6% 52,088 40,345 (22.5%)
Total 304,642 218,361 264,749 310,367 303,647 (2.2%) 160,746 131,100 (18.4%)
Operating
income
(loss)
Trucks 12,167 (10,805) 10,112 18,227 10,216 (44.0%) 7,961 1,936 (75.7%)
Buses (76) (350) 780 1,114 51 (95.4%) 234 (77) -
Others 3,760 (5,858) 7,108 7,558 7,355 (2.7%) 5,754 1,885 (67.2%)
Total 15,851 (17,013) 18,000 26,899 17,622 (34.5%) 13,949 3,744 (73.2%)
Net income(loss) 10,016 (14,685) 11,212 18,115 11,258 (37.9%) 9,097 1,838 (79.8%)
R & D costs 14,348 13,193 12,970 13,276 14,794 11.4% 7,222 7,554 4.6%

資料:Volvo Group Annual Report 各年版, Quarterly Report 2013
注:「( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Volvo Group の地域別売上高

(100万SEK)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 比較 1-6月
2012 2013 比較
Western Europe 124,261 84,452 87,241 97,925 88,325 (9.8%) 24,406 21,420 (12.2%)
Eastern Europe 28,212 9,632 12,570 20,298 20,751 2.2% 5,829 4,527 (22.3%)
Europe total 152,473 94,084 99,811 118,223 109,076 (7.7%) 30,235 25,947 (14.2%)
North America 47,746 37,291 45,409 58,253 68,297 17.2% 20,159 16,715 (17.1%)
South America 19,613 16,610 27,876 34,013 27,970 (17.8%) 6,644 7,762 16.8%
Asia 55,812 44,842 65,072 73,017 68,500 (6.2%) 17,874 14,733 (17.6%)
Other markets 20,192 15,660 19,207 20,083 22,188 10.5% 6,065 5,674 (6.4%)
Total 295,836 208,487 257,375 303,589 296,031 (2.5%) 80,977 70,830 (12.5%)

資料:Volvo Group Annual Report 各年版, Quarterly Report 2013
注:「( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Volvo Groupの動向

トラック事業の中期戦略  Volvoは2012年9月、トラック事業の中期戦略を発表。2013~2015年間に下記を実施。
・各市場の総利益率を3%ポイント引き上げ、販売コストを10%削減し、販売費用を売上高の5%に引き下げる。
・利益率を上げるため、リストラや生産効率を向上し、年間支出を40億SEK削減する。
・研究開発費を115億SEKに削減し、IT関連コストは2015年までに総費用の2%に抑える。
・今後の商用車需要の拡大に対応して、アジア・太平洋地域では50%、アフリカでは25%の売上拡大をめざす。
・アジア、南米、アフリカなどの新興国及び成長市場に大型トラックの新型車の投入を計画。
・インドとタイではグループ傘下の工場、中国では東風汽車との合弁工場で生産を計画。
提携 ボルボと東風汽車
集団、商用車事業
で戦略提携
 2013年1月、Volvoグループと東風汽車集団(Dongfeng Motor Group Co., Ltd.、DFG)は、商用車事業において戦略的提携を結ぶことで合意。東風汽車集団が55%、ボルボが45%を出資する合弁会社を新設し、東風(Dongfeng)ブランドのグローバル展開と、両社の製品プラットフォームや調達先、サプライチェーン、販売網などを共有し、コスト削減に繋げる。Volvoは東風汽車との提携により、中国及びアジア市場で販売を強化し、東風汽車は、Volvoとの提携を通じて商用車事業の海外市場開拓を促進。
2013年末、Karsan
Otomotivとの生産
委託契約終了へ
 2013年8月、Renault Truckの、トルコのKarsan Otomotivとの生産委託契約を2013年末に終了すると発表。Renault Truckの新型モデルの生産は、フランス国内の工場へ移管予定。Volvoは今年第3四半期に9,500万SEKの損失を計上する予定だが、Volvoグループの発表によると、フランスでの工場稼働率を向上させることにより、中長期的にはグループへプラスの効果が期待できるとしている。
Euro6基準への対応 Renault Truck  2013年6月、Renault Truckは、トラックの全ラインナップを2014年1月から施行される新排出基準であるEuro 6に対応した新モデルに刷新したと発表。新ラインナップは、20億ユーロを投じ、7年間をかけて開発された。新ラインアップの作成にあたり、フランスのLyonエンジン工場に大型プレス機の導入やBlainville-sur-Orne工場にボディ生産ライン等を新設した。
Volvo  Volvo TrucksはEuro 6に適合したエンジンを搭載する新型トラックを2013年6月に投入。中型5リットルエンジン「D5」から大型13リットルエンジン「D13」の合計4タイプと、2014年春にはEuro 6対応の16リットルエンジン「D16」を投入予定。大型エンジンである「D11」、「D13」、「D16」には改良したSCR(選択触媒還元)ユニットと尿素水噴射システムを搭載。各エンジンに、それぞれEGR(排気ガス再循環)およびディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)などを組み合せ、Euro6基準に対応した。
生産体制整備 UD Trucks、新型
トラックをタイで生産
 2013年8月26日、UD Trucksは新興国に特化した新大型トラック Questerをバンコクで世界初披露、タイやインドネシア、フィリピンなどでの受注を開始、年内からバンコク工場で量産を始める。来年以降は中国、インドでも生産開始。タイ国内向けだけでなく、東南アジアや中近東、アフリカなどに向け輸出する。タイ工場は約20億バーツを投じて2万平方メートル拡張し、年間生産能力は約2万台。エンジンは日本から供給され、部品調達は主に現地調達される。将来的に中国・インド市場向けに、中国で同モデルを生産予定。
欧州のバス生産を
ポーランド工場に移管
 VolvoはスウェーデンのSaffle工場を2013年6月末閉鎖し、ポーランドのWroclaw工場に集約。同社はバスの生産を一つの工場に集約することで、コスト削減および利益率の向上が可能になるとしている。
ボルボ、2014年から
トラックキャブを生産
 Volvoは2012年9月、ロシアKaluga工場に7億8,300万SEKを投資して、2014年よりVolvo/Renault Truck向けのキャブを生産すると発表した。キャブの年産能力は1万5,000台となる予定。

 

 



Iveco:2013年上半期は赤字転落

 Iveco の2012年販売台数は前年比10.7%減の13.7万台。2013年1~6月の販売は前年同期比2.2%減の6.1万台で、営業利益は1.89億ユーロの黒字から、800万ユーロの赤字に転落した。同社は欧州市場の需要減少をラテンアメリカ市場の増加で相殺出来なかったことが要因としている。

Ivecoの地域別販売台数

(1,000台)
欧州 欧州計 その他 合計
France Germany UK Italy Spain その他 西欧計 東欧
2008年 27.6 19.6 13.8 31.3 13.3 19.6 125.2 29.5 154.7 37.4 192.1
2009年 15.0 11.1 3.7 21.7 5.3 10 66.8 8.1 74.9 29 103.9
2010年 18.3 14.7 5.1 21.7 7.4 11.1 78.3 11.5 89.8 39.8 129.6
2011年 21.6 16.8 8.3 22.1 7.1 12.1 88.0 14.4 102.4 51 153.4
2012年 17.8 14.1 7.0 13.9 5.4 11.2 69.4 18.1 87.5 49.5 137.0

資料:Fiat Industrial Annual Report 各年版

 

Iveco Group の業績概要

(100万Euro)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 変化率 1月-6月
2012 2013 変化率
連結販売台数 (台) 192,100 103,900 129,600 153,400 137,000 (10.7%) 62,766 61,401 (2.2%)
関連会社・販売合計 (台) 81,200 95,300 129,100 133,000 131,800 (0.9%) - - -
  Naveco・販売 (台) 58,900 75,700 98,600 101,500 114,800 13.1% - - -
SAIC Iveco Hongyan・販売 (台) 22,300 19,600 30,500 31,500 17,000 (46.0%) - - -
販売台数合計 (台) 273,300 199,200 258,700 286,400 268,800 (6.1%) - - -
Net revenues 10,894 7,183 8,307 9,562 8,924 (6.7%) 4,172 3,970 (4.8%)
Trading Profit/loss 838 105 270 490 469 (4.3%) 189 (8) -
Net profit 779 (90) 240 408 288 (29.4%) - - -
R & D costs 246 169 214 254 289 13.8% - - -
Number of employees 27,108 24,917 25,583 26,202 26,307 +105 - - -

注:「( )」内の数値はマイナス値を表す。
資料:Fiat Industrial Annual Report 各年版 Quarterly Report 2013

 

Ivecoの目標と動向

新モデル 新型Stralis  2013年4月、IvecoはEuro 6基準を満たすHigh-Efficiency SCR (HI -eSCR)技術を用いたエンジンを搭載した新型Stralis Truckを2013年のCommercial Vehicle Showで発表した。EGR技術を使用せず、SCR・DPFなどの組み合わせでEuro6規制に対応している。
新ブランド  2013年5月、Ivecoは新たなブランド、Iveco Busを発表した。Iveco Irisbusブランドを置き換えるものとなる。また、新モデルUrbanway city busを発表。同ブランド初のEuro 6 基準対応モデルとなった。
現地法人
との協業
ロシア・Gazprom PLC
とCNG車両の開発
 2013年6月、IvecoはロシアのGazprom PLCとのCNG車両の、ロシア国内での共同開発を発表した。CNG車両の開発・テストの他、CNG車両普及の促進も行うとしている。
上海汽車との合弁
生産モデルの発表
 2013年4月、Ivecoは上海汽車(SAIC)との合弁会社、上汽Iveco紅岩(Saic-Iveco-Hongyan)での生産モデルを2013年上海モーターショーにて展示。Iveco Dailyのプラットフォームをベースにした新型Naveco Power Daily 2013と、Iveco 682トラクターを発表した。
南アフリカにトラック・
バス組立工場設立
 2012年10月、Ivecoは南アフリカLarimarグループと合弁契約を締結。トラックとバスを生産する合弁会社を首都プレトリア(Pretoria)に設立すると発表。Ivecoが60%を出資し、2013年後半よりEurocargoシリーズの生産開始予定。さらに小型、中型、大型のトラックと、市内バスも今後組み立てる計画。

 

 



MAN:南米市場で販売増加、欧州市場は不振が続く

 MANの2012年の販売台数は13.6万台で、前年比12.4%減、売上高が6.9%減の116.9億ユーロ、営業利益が53.0%減の4.5億ユーロ、EBITが3.1億ユーロとなった。同社は欧州市場不振と、ブラジルのユーロ5導入に伴った需要低下等が要因としている。


 2013年1~6月の販売台数は前年同期比で4.1%減の6.6万台となった。その内、南米を除く商用車事業であるMAN truck & Busは前年同期比11.5%減少の3.5万台となったが、MAN Latin Americaは6.1%増の3万台。売上高については前年同期比の0.6%増の58.3億ユーロだったが、営業利益が33.3%減の1.4億ユーロ、EBITが42.4%減の9,500万ユーロ。競争激化や需要不振による販売台数低下や、ブラジルレアル安の影響により利益が減少したとしている。

 MANは、2013年後半に、欧州商用車市場は縮小し続け2014年も同程度になるとしている。しかし、ドイツ国内でEuro 6基準への切り替え時に、Euro6車両買い替え助成策がある場合、需要発生の可能性を見込んでいる。

 

MAN Commercial Vehicles 部門の業績概況

(100万Euro)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 変化率 1月-6月
2012年 2013年 変化率
販売台数 (台) 103,705 82,609 126,279 155,520 136,271 (12.4%) 68,383 65,550 (4.1%)
MAN Truck & Bus 103,705 46,767 60,649 83,418 79,966 (4.1%) 39,824 35,249 (11.5%)
MAN Latin America 35,842 65,630 72,102 56,305 (21.9%) 28,559 30,301 6.1%
Sales 10,610 7,807 10,586 12,563 11,692 (6.9%) 5,796 5,828 0.6%
MAN Truck & Bus - 6,395 7,446 8,984 8,822 (1.8%) 4,372 4,253 (2.7%)
MAN Latin America 1,412 3,140 3,579 2,870 (19.8%) 1,424 1,575 10.6%
(内)ドイツ 2,993 2,175 2,566 2,960 2,643 (10.7%) 1,337 1,292 (3.4%)
(内)ドイツ以外 7,617 5,632 8,020 9,603 9,049 (5.8%) 4,459 4,536 1.7%
Operating profit 1,056 51 528 965 454 (53.0%) 213 142 (33.3%)
MAN Truck & Bus 1,056 (91) 158 565 225 (60.2%) 83 35 (57.8%)
MAN Latin America 142 370 400 229 (42.8%) 130 107 (17.7%)
営業利益率(RoS) 10.0% 0.7% 5.0% 7.7% 3.9% (3.8%pts) 3.7% 2.4% (1.3%pts)
EBIT 1,062 (122) 429 977 310 (68.3%) 165 95 (42.4%)
Net profit 582 (170) 380 950 194 (79.6%) 122 65 (46.7%)
Employees (人) 36,010 32,292 32,196 35,212 36,231 +1019 - 35,740 (491)
*2012年末比

資料:MAN Group Annual Report 各年版 Interim Report Q2 2013
注:「( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

MANの動向

2013年見通し ・MANは2013年通年のグループ全体の売上高は、前年と同水準としているが、営業利益の減少は顕著だとしている。
・欧州市場は債務危機の影響が続き、不振が続くとしている。
・ブラジル市場は回復しつつあると判断している。
ブラジル:
生産体制強化
 2013年9月、MANはブラジルResende工場に1,100万レアルを投資し、トラックの組み立てラインの追加を発表した。2ラインに増加し、1日の生産数が8台から16台に倍増した。
ロシア:
販売網整備
 2013年9月、MANは5,000万ユーロを、ロシア国内の販売網整備のために投入すると発表した。現在ロシア国内にはMANの商用車5万台が稼働中。2013年前半にはSt Petersburgの販売拠点設立のため、1,000万ユーロを投資している。
Euro6規制対応
新型トラック
 2012年9月、MANはEuro 6 規制に対応した新型トラック、MAN TGS、MAN TGXを発表した。SCR(Selective Catalytic Reduction)を搭載し、燃費効率を維持しつつEuro 6に対応した。

 

 



Scania:2013年上半期は販売台数が前年比増加するが、利益減少

 Scaniaの2012年の販売台数は、前年同期比15.9%減の6.7万台、売上高は9.2%減の796億SEK、営業利益が33.1%減の83億SEK、純利益が29.5%減の66.4億SEKとなった。南欧市場不振や、南米でのEuro 5規制への移行による販売台数減少が主な要因としている。


 2013年1~6月の販売台数は4.3万台と前年同期比で22.5%増と大きく伸び、アジア市場が前年同期比15.3%減の5,121台となったが、他市場では販売が拡大。ヨーロッパ市場では前年同期比19.4%増の1.9万台、中南米市場では前年同期比63.7%増の1.3万台と大きく販売台数が伸びた。一方、売上高は6.6%減の393.4億SEK、営業利益が6.7%減の39.7億SEK、純利益が14.7%減の27.7億SEKと減少している。ScaniaはSEK高と価格競争激化の為、業績が伸びなかったとしている。


 同社は2013年後半は、欧州での受注が回復すると見ている。納期を早めるために第3四半期に増産し、第4四半期には更にペースを上げる目標。また、2014年1月から欧州で排出基準がより厳しいEuro6に切り替わるため、2013年後半は比較的コストが低いEuro5車両の駆け込み需要発生を見込む。また、ScaniaのEuro5対応エンジンより燃費が良いとされる第二世代Euro6対応エンジンへの需要を予測しているが、車両価格が上がるためEuro6車両の需要について明らかにしていない。

Scaniaはドイツでの、Euro6対応車両への買い替え助成金の可能性を見込む。

 

Scania の大型トラック・バス地域別販売台数

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 比較 1-6月
2012年 2013年 比較
ヨーロッパ - 20,778 25,075 33,359 29,032 (13.0%) 15,580 18,601 19.4%
ユーラシア - 1,214 2,451 7,529 6,996 (7.1%) 3,875 3,991 3.0%
中南米 12,784 10,987 20,160 20,904 18,129 (13.3%) 8,073 13,213 63.7%
アジア 8,442 6,719 12,299 14,550 9,393 (35.4%) 6,045 5,121 (15.3%)
その他 3,322 3,745 3,727 3,766 3,851 2.3% 1,822 2,425 33.1%
合計 73,793 43,443 63,712 80,108 67,401 (15.9%) 35,395 43,351 22.5%
資料:Scania Annual Report 各年版 Interim Report Jan-Jun. 2013
(注) 1. ヨーロッパは欧州全土の32カ国、ユーラシアはロシアとCIS諸国で構成される。その他に含まれるのは主にアフリカとオセアニア。
2. ( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Scania の業績概要

(100万SEK)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 比較 1-6月
2012年 2013年 比較
Sales 88,977 62,074 78,168 87,686 79,603 (9.2%) 42139 39338 (6.6%)
Operating Income 12,512 2,473 12,746 12,398 8,300 (33.1%) 4257 3971 (6.7%)
Operating margin(%) 14.1% 4.0% 16.3% 14.1% 10.4% (3.7%pts) 10.8% 9.4% (1.4%)
Net income 8,890 1,129 9,103 9,422 6,640 (29.5%) 3249 2771 (14.7%)
R & D costs 3,955 3,234 3,688 4,658 5,312 14.0% 2536 2462 (2.9%)
Number of employees 34,777 32,330 35,514 37,496 38,597 +1101 - 40116 +1519
*2012年末比
資料:Scania Annual Report 各年版, Interim Report Jan-Jun. 2013
(注) 1. Scania は、カスタマイズ (customer-tailored) 商用車を中心とする GVW 16t 以上の Heavy Truck と大型バスを生産するほか、産業用・船舶用エンジンも手掛ける。販売は欧州と中南米中心で、北米販売はない。
2. ( )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Scaniaの動向

2013年の目標 ・第3四半期より生産効率を上げ、納品までのスピードを向上させ、第4四半期はさらに速く納車できるようにする
・新興国市場のサービス・販売網の強化、拡大を進める
・今後3年間で15億SEK(約232億円)を生産拠点への投資を計画、年産能力12万台を目標とする。また、2020年には年間12万台のトラック販売倍増を目指す(2012年は年間6.1万台)
MANとの協力体制  2013年9月、ScaniaはVWグループの商用車部門MANとの規模の経済による車軸、トランスミッション、ハイブリッド駆動部品などのコスト削減などの相乗効果を期待し、様々な分野で協力を検討すると発表した。
アルゼンチン工場に追加投資  2013年6月、ScaniaはアルゼンチンTucuman工場に300万ドルの追加投資を発表。同地域の需要増加に伴い、トランスミッション関連部品の生産を拡大させる。同工場への投資額は累計1,500万ドル。
Siemensと電動車両を開発へ  2013年3月、ScaniaはSiemensとEV走行が可能な商用車の共同開発を発表した。HV技術についてはScaniaが、給電・充電技術についてはSiemensが担当し、スウェーデンをEVトラックと商用給電道路を設置した世界で最初の国にすることを目指す。屋根に取り付けたパンタグラフが電線から電力を供給、もしくは路面から非接触型給電が可能なシステムを搭載したEV走行が可能となるトラックを開発中。電気モーターとディーゼルエンジンの両方で走行するハイブリッドパワートレインを搭載。
Euro6対応エンジン発表  2012年9月、ScaniaはEuro6に対応した250hp~480hpのエンジンを搭載したモデルラインアップを発表した。それぞれSCRを搭載したエンジンと、EGRとSCRを組み合わせたエンジンが投入されている。また、天然ガスエンジンも併せて発表されている。
インド バスの販売開始  2013年2月、Scaniaは都市間交通バス「Metrolink」の発売を発表した。新型バスはインドで発売後、世界展開を予定している。「Metrolink」は、定員45人~53人、9L(310hp)~13L(410hp)、全長12m~14.5mの3モデルが設定される。インド国内で販売する「Metrolink」はNarasapura新工場で製造し、2013年中旬から納車する予定。
新工場の建設開始  2012年7月、Scaniaは、バンガロール郊外にNarasapura新工場の建設開始を発表した。 同社のインドにおける初の生産工場であり、2013年初めの稼動を予定する。新工場建設への投資額はおよそ25億ルピー。CKDによりトラックとバスのシャシーの組立を行い2013年以降、市内バスや「Metrolink」などの長距離バスのボディも生産し2017年までに、年間生産規模を大型トラック2,000台、長距離バス1,000台達成を計画する。
韓国の重工業企業、
斗山へのエンジン提供拡大
 2012年4月、Scaniaは韓国の総合重工業企業、斗山(Doosan)に2014年より他の重機へのエンジン供給を拡大すると発表。斗山は中国市場で好調で、Scaniaは2万台のエンジンを供給するとしている。Scaniaは2010年からディーゼルエンジンをダンプトラックやホイールローダー向けに供給している。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>