メキシコ:2013年生産は300万台規模、販売は100万台へ

輸出はブラジル/アルゼンチンへの無関税輸出額の制限で減少

2013/07/31

要 約

メキシコの生産台数予測 (LMC Automotive) メキシコは、北米・南米共に輸出しやすいという地理的条件に加え、自由貿易協定を44カ国と締結しており、北米・南米および世界各国への輸出拠点としても存在感を増している。

 2012年の生産台数は過去最高の288万台、輸出台数も236万台で、過去最高を更新。2013年1-6月では、生産は前年同期比5.1%増の149万台となり、上半期で過去最高。各社の新工場建設があり、今後も生産は拡大していく見通し(右グラフ参照)。

 国内市場は、2012年は前年比9.0%増の98.7万台、2013年1-6月は前年同期比8.6%増の50.2万台を販売。LMC Automotiveは2013年の販売は前年比8.5%増の107万台、2016年には126万台まで拡大すると予測している(6月時点)。同社は「(この2013年の販売は)、2008年以来初めて100万台の大台を超えることになる。ただ、欧州の債務危機と、米国の「財政の崖」の影響に伴う新車販売低迷がリスク要因となる可能性がある。2014年には前年比6.6%増の113万台近くの販売となり、経済危機前の水準に回復が期待される」としている。

 また、自動車メーカーの新たな投資も続いている。日本メーカーでは日産、ホンダ、マツダが、それぞれ年産能力17.5万台、20万台、23万台の新工場を建設し2013-14年に稼動する。また、欧州メーカーではVW傘下のAudiが年産能力15万台の工場を2016年に稼動。

 2013年1-6月の輸出台数は前年同期比1.2%減少の116万台となった。それは、重要な輸出先であるブラジルとアルゼンチンとの間で、2012年初頭からメキシコとの自動車協定をめぐって摩擦が生じ、それぞれ2015年3月まで無関税輸出の制限が課せられることが一因。

 関連レポート2013年上半期のメキシコ国内市場動向(2013年7月)
                     日産の北米事業:2017年をめどに北米新工場建設を検討(2013年7月)
                     米国市場:拡大基調で投資が活性化 (米国販売予測付レポート)(2013年7月)
                     メキシコ・ブラジルの日系部品メーカー(2013年5月)



2013年1-6月の生産は過去最高の149万台、輸出は1.2%減少

 メキシコにおける2012年のLight Vehicle生産台数 (中大型商用車を除く) は、前年比12.8%増の288万台、輸出台数は同9.9%増の236万台で過去最高を更新。好調な米国市場向けの輸出が伸びたこと、国内販売も増加したことが生産拡大の要因。

 2013年1-6月は149万台生産し過去最高となったものの、伸び率は前年同期比5.1%増とやや鈍化した。輸出はブラジル/アルゼンチン向けの非関税輸出に制限が課せられたため減少し、同1.2%減の116万台となった。

 また、2012年のLight Vehicle販売台数は、前年比9.0%増の98.7万台となり、2008年の金融危機以前の100万台超の水準に近づいた。2013年1-6月は前年同期比8.6%増の50.2万台と100万台ペース。金融危機前と比べて販売が生産のように回復していないのは、米国からの中古車輸入の規制緩和が2011年にあったためとされる。

メキシコでの Light Vehicle 生産・輸出・販売台数

(台)
  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2012年
1-6月
2013年
1-6月
生産台数 2,022,241 2,102,801 1,507,527 2,260,776 2,557,550 2,884,869 1,416,563 1,488,162
輸出台数 1,613,313 1,661,619 1,223,333 1,859,517 2,143,884 2,355,564 1,174,508 1,160,881
輸出/生産 79.8% 79.0% 81.1% 82.3% 83.8% 81.7% 82.9% 78.0%
国内販売台数 1,099,866 1,025,520 754,918 820,406 905,886 987,747 462,239 501,987
資料:メキシコ自動車工業会 (AMIA)
(注) 1. Light Vehicle (乗用車と小型トラック) の合計で、中大型トラック・バスは含まない。
2. 国内販売台数は、国産車と輸入車の販売台数の合計。


 メキシコでは、米国3社、日本3社、VWが Light Vehicle の生産を行っている。Fiat-Chryslerは、Fiatブランド車の生産やChrysler車のピックアップ生産の増加から2012年も約3割増産が続いたが、2013年1-6月は逆にそれらのモデルが減産となり前年同期比7.7%減。また、フルサイズ・ピックアップの新型Silverado、小型SUV Trax、小型セダンSonicの生産を開始したGMは、2013年1-6月に前年同期比18.3%増の30.2万台を生産した。

メーカー別Light Vehicle生産・輸出・販売台数

(台)
  生産台数 輸出台数 国内販売台数
2011年 2012年 増減率 2011年 2012年 2011年 2012年
GM 543,502 570,942 5.0% 443,242 465,277 168,502 186,383
Ford 462,462 451,648 (2.3%) 449,925 384,665 88,004 84,382
Fiat-Chrysler 338,772 455,334 34.4% 323,096 424,754 84,682 93,154
VW 510,041 604,508 18.5% 429,987 518,132 153,010 164,570
Renault-日産 607,087 683,520 12.6% 411,661 467,338 247,872 270,728
トヨタ 49,596 55,661 12.2% 49,539 55,661 48,589 56,278
ホンダ 45,390 63,256 39.4% 36,429 39,737 36,209 54,515
その他 700 0 (100.0%) - - 79,018 77,737
合計 2,557,550 2,884,869 12.8% 2,143,879 2,355,564 905,886 987,747

 

  生産台数 輸出台数 国内販売台数
2012年
1-6月
2013年
1-6月
増減率 2012年
1-6月
2013年
1-6月
2012年
1-6月
2013年
1-6月
GM 255,389 302,219 18.3% 218,207 229,996 86,514 94,455
Ford 242,013 268,846 11.1% 228,187 226,115 39,233 40,894
Fiat-Chrysler 229,965 212,260 (7.7%) 214,136 194,927 42,703 42,819
VW 278,026 292,749 5.3% 240,574 239,722 75,537 89,949
Renault-日産 351,315 349,937 (0.4%) 230,416 222,812 129,510 137,001
トヨタ 28,329 31,645 11.7% 28,329 31,645 25,687 27,317
ホンダ 31,431 30,506 (2.9%) 14,658 15,664 25,165 28,111
その他 - - - - - 37,890 41,501
合計 1,416,468 1,488,162 5.1% 1,174,507 1,160,881 462,239 502,047

資料:AMIA
注:()表示は減少を示す。

 2013年1-6月のメキシコからの輸出台数は中南米・欧州向けが減少したことにより、前年同期比1.2%減の116.1万台。特に、非関税での輸出枠に制限が加わったブラジル/アルゼンチン向けを含む中南米向けの輸出は同32.8%の大幅減。最大の輸出先である米国向けは4.5%増の77.4万台となっている。また、大きく伸びたのがアジア向けで前年同期に比べ2.5倍の約4万台を輸出。同地域向けに輸出している3社(Chrysler、VW、日産)とも伸ばしている。

メキシコからの仕向地別 Light Vehicle 輸出台数

(台)
  2009年 2010年 2011年 2012年 2012年
1-6月
2013年
1-6月
米国 878,742 1,277,184 1,362,425 1,504,364 740,945 773,972
カナダ 98,949 142,800 159,440 160,086 85,612 95,496
中南米 104,073 206,468 319,561 366,133 204,809 137,608
アフリカ 0 9,494 8,012 34,734 10,571 11,472
アジア 12,333 29,050 25,538 46,640 15,405 39,583
欧州 126,515 178,221 220,788 212,792 100,067 88,547
その他 2,721 15,965 48,115 30,815 17,098 14,203
合計 1,223,333 1,859,182 2,143,879 2,355,564 1,174,507 1,160,881

資料:AMIA

 

 



主要メーカーの Light Vehicle 生産拠点

 下表は、Light Vehicleを現地生産する主要メーカー8社(生産計画中のマツダを含む)の完成車工場の概要である。

 2013年1-6月では、GMは、Ramos Arizpe工場でのフルサイズ・ピックアップ Chevrolet Silverado/GMC Sierra、San Luis Potosi工場でのコンパクトSUV Traxの生産開始により、生産台数が増加した。Ford Hermosillo工場も、新型Fusion、新型MKZの生産開始により増産した。一方、Fiat-ChryslerのSaltillo/Tolucaの両工場は減産となった。

 生産モデル投入の動きでは、Fiat-ChryslerがSaltillo工場で2013年7月より大型商用バンFiat DucatoベースのRam ProMasterの生産を開始。VWは2014年より、Puebla工場でGolfの生産を開始する予定。日産は小型商用バンNV200をGMにChevrolet City Expressとして2014年秋より供給する。

 今後稼動する新工場では、VW傘下のAudiが2016年からSUVの次期型Q5を生産する予定。日産は新工場で2013年末からBプラットフォーム車を、ホンダは2014年春から小型車Fitを、マツダは2014年第1四半期からMazda2とMazda3、トヨタブランド小型車(Mazda2ベース)を生産する。

主要 Light Vehicle メーカーの生産拠点

OEM 工場名 主要生産モデル 生産台数 (台)
2012年 2012年
1-5月
2013年
1-5月
GM Ramos Arizpe Cadillac SRX, Chevrolet Captiva Sports,
Chevrolet Sonic
172,432 64,098 76,552
Silao Chevrolet Silverado,GMC Sierra, Cadillac Escalade, Chevrolet Avalanche(2013年4月まで) 300,931 107,382 115,043
San Luis Potosi Chevrolet Aveo, Trax 96,238 34,259 52,237
GM小計   569,601 205,739 243,832
Ford Hermosillo Ford Fusion, Lincoln MKZ 305,975 137,772 162,099
Cuautitlan Ford Fiesta 138,450 57,921 58,151
Ford小計   444,425 195,693 220,250
Fiat-Chrysler Saltillo Ram Pickup, Ram ProMaster(2013年7月-) 181,836 75,757 71,353
Toluca Dodge Journey/Fiat Freemont, Fiat 500  260,590 113,131 103,218
Chrysler小計   442,426 188,888 174,571
VW
(Audi)
Puebla VW Beetle/Cabrio, Bora, Jetta,
Golf(2014年から)
604,508 217,522 240,555
SanJose Chiapa Audi Q5 (2016年生産開始予定) 年産能力 15万台
VW小計   604,508 217,522 240,555
日産 Aguascalientes  Nissan Sentra, Versa, Tiida, Micra(日本名 March), Versa Note(2013年春~) 384,196 169,818 188,785
Cuernavaca Nissan Tsuru, Tiida, NV200(Chevrolet City Express, 2014年-), NP300, Frontier, Pickup, シャシー 299,324 118,297 101,571
第3工場 (Aguascalientes) Bプラットフォーム車
(2013年末生産開始予定)
年産能力 (第1段階) 17.5万台
→(中期目標) 20万台
日産小計   683,520 288,115 290,356
トヨタ Tijuana Toyota Tacoma 55,676 23,597 25,996
ホンダ El Salto  Honda CR-V 61,813 26,300 25,158
Celaya Honda Fit (2014年春生産開始予定) 年産能力 20万台
ホンダ小計   61,813 26,300 25,158
マツダ Salamanca Mazda2(日本名 Demio), Mazda3 (日本名 Axela) トヨタブランド小型車(Mazda2ベース)
(2014年Q1生産開始予定)
年産能力 23万台(2015年度)
資料:Ward's Automotive Yearbook, Ward's Automotive Report
(注) 1. 生産台数は、出典が異なるためAMIA発表の台数と一致しない。
2. メキシコでは上表の他に、中大型商用車をいすゞ、日野、Daimler、Volvo Trucks、Scania、MAN、Paccar、Navistarの各社が生産している(2012年は14.0万台)。

 

 



米国3社:GM、Ford、Fiat-Chryslerの動向

GM、メキシコの3工場に6.91億米ドル投資しパワートレイン生産を強化

GMは2013年6月、メキシコの3工場に合計6.91億米ドルを投資すると発表した。Silao工場には、3.49億米ドルを投資して8速ATの生産に備え、San Luis Potosi工場には1.31億米ドルを投じて、次世代ATの生産を行う。また、エンジンを生産するToluca工場には 2.11億米ドルを投資して、生産能力拡大を図る。
 また、GMは Silao工場で生産していたフルサイズピックアップ Avalancheの生産を2013年春に中止した。同工場では、新型ピックアップChevrolet Silverado/GMC Sierraの生産のため2億米ドルを投資し、2012年末より生産開始。

 

Ford:Cuautitlan工場でのFiestaの生産をタイへ移管を計画

 Fordは、北米での生産余力を高めるため、メキシコのCuautitlan工場での小型車Fiestaの生産を2016年にタイへ移管するとされる。2013年5月時点の北米での稼働率は110%を超えており、生産体制の最適化を図る。またFiestaクラスの小型車の販売はアジア/欧州が中心となることも背景にある。Cuautitlan工場では2008年までは、最量販モデルF-seriesの生産を行っていた。

 

Fiat-Chrysler:Saltillo工場でFiatベースの大型商用バンを生産

 Chryslerは2013年7月に、メキシコのSaltillo工場で大型商用バンRam ProMasterの生産を開始したと発表した。同年秋から北米で販売される。同モデルはFiat Ducatoをベースにしており、メルセデスベースのSprinterが2010年に販売を終了してから途絶えていた大型バンをRamブランドのラインナップに追加する。
また、Chryslerはトルコで生産される Fiat Dobloの供給を受け、Ramブランドの小型商用バンとして、2014MYに投入する予定。

 

 



欧州メーカー:Audiは初の北米工場でQ5を2016年より生産、Daimlerもメキシコ生産を検討

VW:7代目Golfの生産を2014年に開始

 VWは、7代目GolfのメキシコPuebla工場での生産を2014年第1四半期より開始する。そのために、同社は約7億米ドルを投じて生産能力を約1割増強していく(2012年の生産台数は約60万台)。VWは北米で2018年までに年間100万台の販売(うちAudiブランド20万台)を目標としており、その75%を北米で生産する計画(2012年は北米販売のうち70%弱を北米で生産)。2013年から3年間で50億米ドルの投資を行っていく。
 同社は、2013年1月、Guanajuato州Silaoのエンジン工場をオープンした。5億5,000万ドルの投資を行い、生産能力は年間33万基。VWの北米完成車工場であるメキシコのPuebla工場と米国のChattanooga工場に低燃費ガソリンエンジン「TSI」を供給する。

Audi:メキシコに新工場を建設、2016年からSUV Q5 を生産する計画

 VW傘下のAudiは2013年5月、同社初の北米工場であるSan Jose Chiapa工場の起工式を行った。2016年半ばからSUV Q5の次期モデルを生産する計画。年産能力は15万台で、米国および世界各国へ供給していく。今後2年間で9億ドル以上を投資して、車体、塗装、組立工程だけでなく、プレス工程も設置する計画。長期的には生産能力の倍増を検討。
 Audiは、メキシコ工場の隣接地と近隣地域に、それぞれサプライヤーパークを2016年までに設ける計画。同社はQ5の部品のうち60%を北米3か国から調達する目標を掲げ、最終的には80%以上を目標としている。同工場の近くにはVWの既存工場も立地している。

 

Daimler:日産のメキシコ工場でMercedes-Benz車の生産を検討

 Daimlerは、メキシコでMercedes-Benz の小型4ドアクーペ CLAの次世代モデルの生産を検討しており、来年初めまでに決定される模様(2013年7月報道)。生産は提携している日産のAguascalientes工場で2018年からの見込み。現行モデルは2013年1月からハンガリーで生産を開始し、販売は好調。北米でも生産することにより、為替変動の影響を抑える。

 

 



日本メーカー:日産、ホンダ、マツダが新工場を建設中

日産:メキシコに第3工場を建設、2013年末からBプラットフォーム車を生産

 日産は20億米ドルを投資し、Aguascalientes州に第3工場(同州既存拠点の隣接地)を建設しており、2013年末までに稼働を開始する予定。第1段階では年産能力 17.5万台として中期的に20万台へ引き上げる計画。メキシコおよび海外市場向けにBプラットフォーム車(Versaとされる)を生産する。資本・業務提携するDaimlerの小型モデルの生産も計画している(上述)。

(注)また、同社は2017年を目処に、メキシコまたは米国に新たな工場建設を検討している。

日産:メキシコ生産のNV200をGMへ供給

 日産はCuernavaca工場で生産する小型バンNV200をGMへ供給し、GMはChevrolet City Expressとして2014年秋から発売予定。GMは自社のメキシコRamos Arizpe工場で、フロントマスクなどの改修を行い、米国/カナダで発売する。
 日産はNV200を2013年初めから生産を開始しており、6月までの生産台数は約2,800台。月産台数を今後1,000台以上に引き上げていく計画。2013年後半からは、タクシー仕様の乗用バンをニューヨーク市に独占供給予定。

 

ホンダ:年産能力20万台の新工場とCVT工場を建設

 ホンダは、約8億米ドルを投資し、Guanajuato州Celayaで新四輪車工場の建設しており、年産能力は20万台(二直定時)で、2014年春に稼動する予定。生産車種は主力小型車Fitとその派生モデル(セダンとクロスオーバー)を計画しており、メキシコ、米国、カナダのほか、他地域へも供給していく。年産能力をさらに倍増させるとの報道もある。
 また、2013年5月に、同工場内にCVTを生産するトランスミッション工場を新設すると発表。トランスミッション新工場への投資額は約4.7億米ドル。初年度の年産能力は35万基規模で、2016年後半には70万基規模へと拡張していく予定。

 

マツダ:建設中の新工場に追加投資、トヨタへ小型車供給

 マツダは、Guanajuato州Salamanca市に建設中のメキシコ新工場の生産能力を、当初計画の14万台から23万台(2015年度)に増強すると2013年1月に発表した。トヨタへ小型車を供給することと、SKYACTIV車の販売増を見込んだもの。同工場は2014年初めに操業開始を予定しており、能力増強に伴う追加投資額は1.5億米ドルで総投資額は6.5億米ドルとなる。エンジン、車体、プレス、組立等で構成される(変速機は日本から輸出)。Mazda2 (Demio) と Mazda3 (Axela)、トヨタモデル車を生産する計画。
 マツダとトヨタは2012年11月、マツダがメキシコ新工場で、トヨタの北米向けを中心とした車両を生産することを発表した。2015年夏頃から「Mazda2」をベースとしたトヨタブランドの小型車を年間5万台程度生産する。トヨタは同モデルの生産にあたり、生産能力増強分の設備投資および開発費用について応分を拠出する。

(注)当初、マツダは同工場を中南米向けの小型車の生産拠点と位置付け、ブラジルへの輸出を計画していた。しかし、メキシコからブラジルへの乗用車の輸出額が2012年から3年間は制限されることになったため(下記)、ブラジルへの輸出を断念したとされる。

 



ブラジル・アルゼンチンへの自動車の無関税輸出額を2015年3月まで制限

 ブラジルとアルゼンチンでは、近年、メキシコからの自動車輸入が急増し、メキシコ政府との間で自動車協定をめぐって摩擦が生じた。ブラジル政府とは2012年3月に無関税輸出額の制限で合意した。それを受け、アルゼンチン政府も同様の制限を要求し、アルゼンチン側の一方的な協定の停止をへて、同年12月に無関税輸出額の制限で合意した

ブラジル政府:無関税輸出の3年間制限でメキシコ政府と合意

合意事項 ブラジル政府は、国内産業保護のため、メキシコ政府に無関税輸出の制限と現地調達率の引き上げを求め、2012年3月に以下のように合意した。
(1)メキシコからブラジルへの乗用車の無関税輸出額を、2012年から3年間制限する。2012年度(注)は14.5億米ドル、2013年度は15.6億米ドル、2014年度は16.4億米ドル。その後は制限枠を撤廃する。
(2)上記の無関税輸出車の現地調達率を、現在の30%から2013年3月までに35%、2016年3月までに 40%に引き上げる(ブラジルからメキシコへの無関税輸出車の現地調達率基準は65%)。
企業別配分
(2012年4月発表)
日産は3億2,898万米ドル、Ford 2億6,414万米ドル、VW 2億6,404万米ドル、Chrysler 2億5,683万米ドル、GM 2億2,658万米ドル、ホンダ 1億551万米ドル。各メーカーの割当額は3年間同額。他に、新規参入予備枠(2012年度はなし、2013年度1億1,000万米ドル、2014年度1億9,000万米ドル)がある。

 注:年度は毎年3月19日から翌年3月18日まで。

アルゼンチン政府:無関税輸出の3年間制限でメキシコ政府と合意

アルゼンチンの
要求
ブラジルと同様アルゼンチンも、メキシコと2002年に経済補完協定 (ACE) 55号を締結し、自動車および同部品の関税を減免した。近年、メキシコからの輸入増加で自国の自動車関連産業が圧迫されていた。
2012年3月、ブラジル/メキシコ間で無関税輸出の制限の合意を受け、アルゼンチン政府は同様の見直しをメキシコに要求。メキシコ側が認めなかったため、アルゼンチン政府は一方的に同協定を3年間停止すると発表し、6月以降停止していた。2012年12月に両政府は新たな協定を締結したと発表。
合意事項 乗用車と小型商用車の輸入について、1年目(2012年12月18日~2013年12月17日)は5億7,500万米ドル、2年目(2013年12月18日~2014年12月17日)は6億2,500万米ドル、3年目(ただし3ヵ月間:2014年12月18日~2015年3月18日)は1億8,750万米ドルまで関税を無税とした。その後は制限枠を撤廃する。
2011年の実績は8.7億米ドルであり、無関税枠は約3/4の水準となっている。
企業別配分 各社への配分割合は以下の通り(3年間一定)。GM約25.3%、VW 約24.5%、日産 約18.0%、Ford 約17.3%、Chrysler 約10.3%、ホンダ 約4.7%。アルゼンチンからの輸出を増加させた場合などは、追加枠の設定がされる。

 

 



LMC Automotive 生産予測:メキシコの生産台数は2016年に366万台へ

(LMC Automotive社、2013年6月)

 LMC Automotive社の2013年6月の予測によると、メキシコの2013年のLight Vehicle生産は前年比3.0%増の293万台になり、今後、日産、ホンダ、マツダ、VWの生産拡大により、2016年には366万台に達する見通し。同社は「2014年のメキシコ生産は2013年に比べてさらに5%増加する。同年4月にはホンダがCelaya工場での生産をFitから開始する予定である(現在は北米では[日本からの]輸入モデルが販売されている)」とコメントしている。

メキシコのメーカー別生産台数予測

(台)
SALES GROUP

GLOBAL MAKE

(ブランド別)

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
Total 2,211,034 2,532,469 2,846,438 2,933,194 3,139,291 3,469,860 3,660,622
Fiat-Chrysler Group Chrysler 11,083 0 0 0 0 0 0
Dodge 226,612 265,785 346,347 335,258 328,090 254,625 218,929
Fiat 724 56,972 81,824 71,054 82,316 56,420 29,480
Jeep 0 0 0 0 0 75,645 165,597
Fiat-Chrysler Group Sub-total 238,419 322,757 428,171 406,312 410,406 386,690 414,006
Ford Group Ford 344,891 420,092 423,423 461,296 432,445 322,951 309,303
Lincoln 24,342 35,399 20,740 46,974 44,560 45,920 48,839
Mercury 21,155 0 0 0 0 0 0
Ford Group Sub-total 390,388 455,491 444,163 508,270 477,005 368,871 358,142
General Motors Group Cadillac 79,238 87,856 92,716 85,707 84,161 77,625 0
Chevrolet/Daewoo 381,403 368,029 381,489 449,000 469,931 502,878 502,029
GMC 80,594 86,489 94,711 97,080 110,880 108,124 101,223
Saturn 2,886 0 0 0 0 0 0
General Motors Group Sub-total 544,121 542,374 568,916 631,787 664,972 688,627 603,252
Honda Group Honda 55,001 45,426 61,813 58,072 163,334 321,871 481,174
Mazda Motors Mazda 0 0 0 0 55,719 163,144 175,327
Other Saab 0 604 0 0 0 0 0
Renault-Nissan Group Infiniti 0 0 0 0 0 30,126 46,558
Nissan 494,581 607,098 685,035 724,006 758,890 762,443 731,452
Renault 2 0 0 0 0 0 0
Renault-Nissan Group Sub-total 494,583 607,098 685,035 724,006 758,890 792,569 778,010
Toyota Group Toyota 53,830 49,596 55,676 57,733 54,185 68,952 97,563
Volkswagen Group Audi 0 0 0 0 0 0 70,458
Volkswagen 434,692 509,123 602,664 547,014 554,780 679,136 682,690
Volkswagen Group Sub-total 434,692 509,123 602,664 547,014 554,780 679,136 753,148
資料:LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (June, 2013)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>