GM:2013年も引き続き業績改善の見込み

需要拡大に対応して生産能力を増強

2013/05/02

要 約

 GMの2012年世界販売台数は929万台で、前年比2.9%の伸びを示したが、世界市場シェアは0.4ポイント縮小して11.5%。世界販売台数ではトヨタの975万台には及ばなかったが、VWの907万台を上回って第2位の座を占めた。米国での市場シェアは2011年の19.6%から17.9%に縮小し、1920年代以降で最低レベルとなった。

 GMの発表によると、2012年の純利益は49億ドル、希薄化後1株当たり利益は2.92ドルで、2011年の純利益76億ドル、希薄化後1株当たり利益4.58ドルより減少した。減益の理由は、営業権減損費用 (現金支出は伴わない) など主に特別項目による損失である。売上高は、2011年の1,503億ドルから1%増加して1,523億ドル。EBIT (利払税引前利益) は、欧州を除くすべての地域で増加した。

 北米・南米では増収が続いて利益を確保し、中国では売上高が過去最高を記録したが、欧州では不振が続いている。GMの欧州部門は2012年に18億ドルの損失を計上、1990年代後半から現在までの累積損失は180億ドル以上にのぼる。GMの会長兼CEOのダン・アカーソン氏は、2013年にこの損失を30~50%削減し、2015年までに赤字解消という目標を達成するための最初の1歩にしたいと考えている。

 2012年12月、GMは "Government Motors" というイメージを払拭するため、米国政府が保有していたGM株2億株を1株27.50ドル、計55億ドルで買い戻した。政府はGM株を12~15カ月以内に全て放出する計画で、今回のGMの買い戻しは、この計画に沿ったものである。

GMの世界生産台数の予測 GMは、これまでで最大級の新型車投入計画を開始した。米国市場向け製品の更新は2012年に始まったが、2013年末までにラインアップの70%を更新する予定。今後12~18カ月間に、ピックアップのChevrolet Silveradoと GMC Sierraや4車種の大型SUVなど、GM最大の収益源であるモデルの新型車を発売する。この新型車投入計画と生産能力拡充計画から、LMC Automotive社はGMの2013年世界販売台数が前年比6.1%増加し、世界生産台数は2016 年まで着実に増加すると予測している。

 GMのアカーソンCEOは、2012年の業績を踏まえ、GMが2013年に優先すべきことは「新型車のスムーズな投入、コスト削減、優れた価値を持つ車両をお客様に届けること」であると述べている。

 LMC Automotive社は、GMの世界販売台数は2012年に前年比1.0%増加した後、2013年には6.1%増の790万台に達すると予測している (上汽GM五菱の販売台数を除く)。GMが世界で展開するプラットフォーム削減計画により、集約されたプラットフォームをベースに、より多様な車種が開発され、スケールメリットが増大する。

 北米では、大型ピックアップが販売台数の相当な部分を占めているため、近い将来、GMが成功を収めるためには、トラックが重要である。2013年のGMの北米販売は280万台超と予測されるが、市場シェアは2012年の18.8%から18.4%に低下する見込み。

 アジア・太平洋地域では、2013年の販売台数は初めて200万台を超える見通し。これは主に中国、インド、インドネシアでの販売拡大による。同地域での販売は、今後も引き続き中国市場に大きく依存する見込み。


関連レポート:デトロイトオートショー2013 米国と欧州の自動車メーカー展示取材
GMの中国事業:2015年国内生産目標は431万台


2013年の成長は米国と中国が牽引

 GMの予測によると、2013年の世界市場規模は前年比約2%増の8,200万台。米国と中国はこの成長を牽引するが、欧州市場は引き続き縮小する見込み。GMは、2013年の米国におけるlight vehicle市場は1,500万~1,550万台と予測している。しかし、アカーソンCEOは、市場の不確実性を理由に、GMの米国販売予測については慎重である。

 このような市場の成長予測と新型車投入により、GMは2013年の利益が若干増加すると予測している。各地域の利益が拡大し、調整後EBITは小幅であるが増加する見込み。GMのダン・アマンCFOは「積極的な新型車投入、売上高拡大努力、厳しいコスト削減により、引き続き業績向上を目指す」と述べている。

 上述した理由により、米国における市場シェアも緩やかに回復すると予想される。アカーソンCEOは、「積極的な新型車攻勢により」シェア拡大を目指すとしている。

 



税引前利益対売上高比10%を達成するための戦略を発表

 GMを率いて3年目となるアカーソンCEOは、売上高税引前利益率を現在の約6%から10%に引き上げることを目標に、努力を続けている。利益率が10%になれば、GMはVWやトヨタと対抗できる水準に達したと言える。目標達成のため、GMは次のような戦略を実施している。

商品開発の手法を変え、効率化を推進

開発手法の変更  メリー・バーラ氏の指揮のもと、1996年以来行われてきた商品開発の手法を変えた。技術面の変更について3人の幹部が決定するという従来の方法をやめ、1人の主任技術者が1つの車種について全ての責任を負う。これにより、20人の幹部が早期退職または他の業務に移動することになり、現状を変えようとするバーラ氏の固い決心を伝えるものとなった。
 バーラ氏は担当チームに対し、開発の早い段階でデザインやエンジニアリング、マーケティングに関する決定を行うよう要請した。これは、多額の費用がかかり、発売が遅れる原因となる最終段階での変更を回避するためである。バーラ氏が取った手法により、GMは変化に素早く対応し、収益をあげられる企業になろうとしている。
プラットフォーム
半減
 また、GMは2018年までにプラットフォームの数を半減させると発表した (2012年)。少ない数のプラットフォームで、より多くの車をつくることにより、プロトタイプの数の削減、より適切な価格設定、生産設備の共用、品質保証関連経費の低減などコスト削減が期待できる。
ITの内製化によりシステムのシナジーを実現
 GMは現在、1万人余のIT専門家を採用している最中で、今後はこれまで外注していたIT業務を内製化する方針。アカーソンCEOはこれにより、各部門の連携がうまく行っていなかった従来のシステムを改善し、将来の商品開発における競争力を確保できると考えている。現在、IT業務の約90%は外注であるが、GMはこれを10%に低減するとしている。
年金負担を削減し、バランスシートを改善
 長期的な年金負債を削減するため、GMは米国の固定給退職者に、従来の年金給付に代えて一括払いという選択肢を提示。受給権者の約30%がこの提案を受け入れた。また、米国における残りの固定給退職者への年金支払い義務は、Prudential Insurance Company of Americaが引き受けた。Prudentialとの契約合意と一括払いにより、米国におけるGMの固定級社員向け年金負債が約280億ドル削減された。

 

 



米国のラインアップの70%を2013年までに刷新

 GMは2012年から2013年にかけて、米国における商品ラインアップの70%を新モデルまたは新型車とする計画。ピックアップのChevrolet SilveradoやGMC Sierra、4車種の大型SUVなど最大の収益源である車種の新型車を投入する。


Chevrolet Silverado Pickup
Chevrolet Silverado Pickup

Chevrolet Corvette Stingray
Chevrolet Corvette Stingray


 2013年における他の主な投入車種には、次期Chevrolet Corvette, 新型Chevrolet Impala、新モデルのBuick Encoreなどが含まれる。

最近のモデル計画:積極的なラインアップの刷新

2012 2013 2014
Chevrolet Spark, Malibu *Silverado, *Tahoe,
*Suburban, Impala, SS,
Corvette Stingray,
*Trax (Europe), Onix (SA),
Spin (SA), Sail (China)
*Equinox, Traverse,
*Colorado
Cadillac ATS, XTS *Escalade, CTS,
XTS (China)
ELR, New Crossover
Buick Encore Verano
GMC *Sierra, *Yukon *Terrain, Acadia,
*Canyon
Opel (Europe) *Mokka ADAM, Cascada

*印はトラックまたはSUVを示す。

最近の投入モデルの概要

発売年 モデル 概要
2012 Chevrolet Silverado,
GMC Sierra
 フルサイズピックアップのChevrolet SilveradoとGMC Sierraは全面改良して2012年末に発売。両モデルとも3種のEcoTec3エンジン、4.3L/V6, 5.3L/V8, 6.2L/V8を設定。旧モデルより出力、トルク、燃費が改善された。米国インディアナ州Fort Wayne工場とメキシコのSilao工場で生産。
2012 Chevrolet Onix  小型ハッチバック車。ブラジル・Rio Grande do SulのGravatai工場で生産され、2012年11月に発売。トランスミッションは5速MTと6速ATを設定。ブラジル市場向けで、1.0Lと1.4Lのエンジンはエタノールのみとエタノールとガソリンの混合燃料のいずれも利用可能。
2013 Chevrolet Impala  2014年型Chevrolet Impalaは10代目。4ドアのフラッグシップ・セダン。米国におけるフルサイズセダンの最量販車で、ミズーリ州Hamtramck工場とカナダ・オンタリオ州のOshawa工場で生産される。新型Impalaは2013年4月末に店頭に並ぶ予定。
2013 Chevrolet Corvette
Stingray
 Corvetteの7代目。最高出力は450hpで、歴代モデルの中で最高性能を誇る。0-60mph (0-97km/h) 加速は4秒以内。車両全体に軽量材を採用しており、カーボンファイバー製のエンジンフードと脱着可能ルーフパネル、複合材製のフェンダー、ドア、リアクォーターパネル、カーボンナノコンポジット製アンダーボディパネル、新設計のアルミ製フレーム等を使用する。
2013 Chevrolet SS  GMはこの少量生産モデルを豪州のGM Holdenから米国に輸入する計画。高性能車Chevrolet SSは、同ブランドとして1990年代以降では初のV8 FRセダン。最高出力は415hp、0-60mph加速は約5秒。
2013 Chevrolet Spin  Chevrolet Spinは都市生活者向けの7人乗り小型MPV。開発・設計はブラジル・サンパウロにあるGMのエンジニアリング・デザインセンターが担当し、生産はインドネシアのBekasi工場が行う。2013年にタイとインドネシアで発売する予定。
2013 Buick Encore  高級小型クロスオーバーの2013年型Buick Encoreは、2013年第1四半期に発売。メーカー希望小売価格は24,950ドル。エンジンは可変バルブタイミング機構を採用した1.4L ECOTEC ターボエンジンを搭載。最高出力は138hp。Buickブランドとして中国で現地生産される初のSUV。
2013 Opel Cascada  CascadaはOpelの新型4人乗りオールシーズンコンバーチブル。2013年4月から販売。モデルラインアップの目玉として、ドイツで設計・開発された。ポーランド・Gliwiceの最新式工場で生産される。
2013 Opel ADAM  欧州では新しいライフスタイルを提案するAセグメント車の需要が拡大しつつあるが、Opelは新モデルADAMの投入により、同セグメントに参入する。全長3.70メートル、全幅1.72メートル(ミラーを除く)。ドイツのRusselsheimで開発され、生産も効率性に優れたドイツ・Eisenach工場で行う。
2014 Cadillac ELR  レンジエクステンダーEVのCadillac ELRは、2013年第4四半期からデトロイトのHamtramck工場で限定生産される計画。ELRのEVモードでの航続距離はGM推定で約35マイル (56km) 、最大航続可能距離は300マイル超 (480km超)。北米では2014年初頭に投入され、その後、中国や欧州を含む世界市場で発売される予定。
2014 or 2015 Chevrolet Colorado
GMC Canyon
 GM 北米部門のマーク・ルイス社長は、2014年末にも中型ピックアップ2車種の新型車を投入すると発表した。2012年に生産を中止したChevrolet ColoradoとGMC Canyonより大型になる見込み。Toyota Tacomaよりもサイズは若干大きく、新たなパワートレインも設定される。

 



GM:2017年までに電動車両50万台販売を目標

 GMは2012年11月、2017年までに累計50万台の電動車両を販売すると表明した。GMの世界戦略は、多様な種類の電動パワートレインを消費者に提供するものとしている。商品開発部門を率いるバーラ氏によると、GMは、従来のHV (ハイブリッド)用パワートレインより、PHV (プラグインハイブリッド) とEV (電気自動車) を重視するとしている。この戦略では、次の3つの技術に焦点を当てる。

技術 搭載モデル例
EV Chevrolet Spark
レンジエクステンダーEV (PHV) Chevrolet Volt, Cadillac ELR
eAssist技術(マイルドHV技術) Buick LaCrosse, Buick Regal, Chevrolet Malibu, Chevrolet Impala

 

新型車の発表で電動車両の選択肢が拡大

モデル 概要
Chevrolet Spark EV  Spark EVは2012年11月開催のロサンゼルスオートショーに出展された。まず、カリフォルニア州、オレゴン州、カナダ、韓国、欧州で発売後、世界各市場で販売する。駆動部品と電気モーターは米国のBaltimore工場で生産し、完成車の組み立ては韓国で行う。
Cadillac ELR  レンジエクステンダーEVのCadillac ELRは、Chevrolet Voltと同様のパワートレインを使用。2013年1月開催のデトロイトモーターショーで世界初公開。2013年末に米国・デトロイトのHamtramck工場で少量生産を始め、2014年第1四半期に販売を開始する。
Sail SPRINGO  EVのSail SPRINGOは2012年11月開催の広州モーターショーに出展された。中国で生産・販売されるEV。上海GMとPan Asia Technical Automotive Center (PATAC) が共同開発した。SPRINGOを販売するショールームの第1号は、2013年上期に上海にオープンする計画。

 

2014年型Cadillac ELR (PHV)
2014年型Cadillac ELR (PHV)
2014年型Cadillac ELR (PHV)の後部
2014年型Cadillac ELR (PHV)の後部

 

中国はGMの電動車両戦略の重要市場
 GMは車両電動化を重要戦略としている中国の政策を支援するため、同国での電動車両開発を加速化させている。上海にあるGM China Advanced Technical Center内のChina Science Labは、中国で自動車メーカーが運営する電池試験施設としては最大かつ最新鋭の施設である。GMはこのほか、電池セルプロトタイプ試験施設も設立している。
EVコンセプトEN-Vを都市向けモビリティソリューションへ
 GMが電動化技術と車のネットワーク接続技術を利用するもう一つの重要な分野に、都市向けモビリティソリューションのEN-V (Electric Networked Vehicle) コンセプトがある。GMは中国・シンガポール天津エコシティ投資開発会社および天津エコシティ行政委員会と覚書を締結し、天津エコシティにおけるEN-V 2.0コンセプトの実用性を評価している。

 

 



GM:2020年までに排出ガス20%削減を約束

 2013年3月に開催されたCERAWeek Energy Conferenceにおけるスピーチで、アカーソンCEOはGMの燃費改善計画の概要について語った。またGMは、2020年までに世界の自動車の1台当たりCO2排出量を20%削減することを約束した。同氏はこの目標を達成するため、次のような戦略を立てている。

GMの燃費改善計画

車両重量の削減  車両重量を約10%削減すると、燃費は約6.5%向上する。
先進的な
材料への投資
 ナノスチール、カーボンファイバー、アルミニウム構造物の抵抗スポット溶接など。
クリーンディーゼル
エンジンの搭載
 経営上理にかなっている場合にのみ、クリーンディーゼルエンジンを搭載する。たとえばChevrolet Cruzeのディーゼル車はVW車と直接対抗する。
ガソリンエンジンの
熱力学的効率の改善
 ターボ過給、直噴、可変バルブタイミング、気筒休止など一連の技術を利用する。
車両電動化の拡大  電動車両が増加すれば、性能と燃費が向上する。

 

 



需要拡大と新型車投入により工場への投資が増大

 2013年1月、GM北米部門のマーク・ルイス社長は、GMが2013年に北米事業拡大のために約15億ドルを投じると発表した。GMは2013年の米国市場規模を1,550万台と予測しており、需要増に対応するために増産する必要がある。またGMは、グローバル製品の開発に年間80億ドルを投資する計画。米国向けモデルの70%は、2012~2013年に刷新される予定。

GMの主要な工場拡張計画

工場 投資額 内容
北米
Wentzville組立工場
(米国・ミズーリ州)
3.8億ドル  中型ピックアップChevrolet Coloradoの新型車を生産するため工場を拡張。
Fairfax組立・プレス工場
(米国・カンザス州)
6億ドル  45万平方フィートの塗装工場の新設、新しいプレス機の導入、その他の設備更新。Fairfax工場は現在Buick LaCrosseとChevrolet Malibuを生産している。
Arlington組立工場
(米国・テキサス州)
2億ドル  プレス工場を新設し、外装・内装用シートメタル部品を生産して組立工場に供給する。また、工場を3直化し、Chevrolet Tahoe, Chevrolet Suburban, GMC Yukon, Cadillac Escaladeなど大型SUVの需要拡大に対応する。
Lordstown工場
(米国・オハイオ州)と
Parma Metal Center
(同オハイオ州)
2.2億ドル  次世代Chevrolet Cruze生産のための工作機械・設備の増強。
Spring Hillエンジン工場
(米国・テネシー州)
4.6億ドル  最近開設されたエンジン工場で、フレキシブル生産が可能。同工場では2013年型Chevrolet Malibuに搭載される2.5L Ecotecエンジンを生産している。
Ingersoll工場
(カナダ・オンタリオ州)
2.5億ドル  将来の投入モデル用に複数のグローバルプラットフォームとボディスタイルに対応できるフレキシブルな車体工場の設備と工作機械を整備。
San Luis Potosi工場
(メキシコ)
1.2億ドル  パリモーターショーで発表された5人乗り小型SUVのChevrolet Traxを生産するために設備更新。Traxは世界140カ国以上で販売予定のグローバルモデル。
Silao工場
(メキシコ・グアナフアト州)
2億ドル  2014年型のChevrolet SilveradoやGMC Sierraなど次世代の大型ピックアップを生産するために設備更新。
南米
Rosario工場
(アルゼンチン)
4.5億ドル  Chevroletブランドの新型グローバルモデルを生産するために工場を拡張。拡張後、GM Argentinaはアルゼンチン国内市場および輸出向けに新モデルを追加することができる。
Gravatai組立工場
(ブラジル)
建設・拡張に
合計10億ドル
 Chevrolet Onixがブラジル市場で好調なことに加え、新型小型セダンの生産も開始するため、GMはGravatai工場の年産能力を23万台から38万台に増強した。
Joinvilleエンジン工場
(ブラジル)
1.72億ドル  最近、新型エンジンとシリンダーヘッドの生産を開始し、アルゼンチンのRosario工場とブラジルのGravatai組立工場に供給している。
欧州
GM Auto (ロシア・
St Petersburg・Susary)
ロシアに
今後5カ年で
合計10 億ドル
 2015年までに年産能力を現行の9.8万台から23万台に増強する。新型Opel Astraセダンなど、ChevroletとOpelの両ブランド車を生産する。
GM-Avtovaz 合弁工場
(ロシア・Togliatti)
ロシアへの
総投資額10億
ドルの一部
 GMは、このAvtovazとの合弁工場の生産能力を増強し、ロシアにおける年産能力を合計35万台に引き上げる計画。
Szentgotthard工場
(ハンガリー)
1.3億Euro  新設されたばかりのフレキシブルなこのOpelのエンジン工場を拡張し、年産能力を10万基増やして60万基とする計画が発表された。現在は1.6L 4気筒 SIDI ECOTEC ターボエンジンを生産している。
アジア
重慶工場 (中国)
(新工場)
66億元
(第1期工事)
 上汽GM五菱汽車は重慶市に第3工場を建設すると発表した。2015年に第1期工事が完了し、稼働開始する計画。年産能力は完成車40万台、エンジン40万基。
武漢工場 (中国・湖北省)
(新工場)
70億元  上海GMは湖北省武漢市で新工場の起工式を開催した。年産能力は30万台で、中・小型乗用車、SUV、新エネルギー車を生産する。2014年に稼働開始予定。

 

 



米国財務省、12~15カ月以内にGM株を放出

 2012年12月、米国財務省は12~15カ月以内にGMの全保有株を売却すると発表した。売却は法律に則り、様々な方法で実施される。最初にGMが2億株を買い戻し、財務省に残るのは約3億株となる。同省は2008~2009年に、自動車業界救済の一環としてGM株を取得していた。GMのアカーソン会長兼CEOは、「今回の財務省の発表は、自動車業界の救済が成功裏に終了したことを示す重要なステップであり、GMが政府の管理下にあるというイメージを払拭するものだ」と述べている。

 



欧州事業の再編をさらに推進

アカーソンCEO、2015年までに欧州の赤字解消を目指す
 GMのアカーソンCEOは、2015年までに欧州部門の赤字を解消するという目標を掲げており、その途上である2013年には赤字の30~50% 低減を目指す。GMは、10年にわたる業績不振を改善するため、欧州事業の再編を実施している。2012年の赤字は前年の2倍の18億ドルにのぼった。
 赤字にもかかわらず、GMは、2016年までにOpelと欧州事業に40億Euroを投資し、新型車投入を強化すると表明した。2013~2016年に一部改良車を含む新型車23車種を投入する計画。

 

ドイツでの労使交渉を組合側が否決、長期的にはGMに利益
 最近の労使交渉において、ドイツのBochum工場を2016年末まで継続するというOpel側の提案は、IG Metall (金属産業労働組合) の組合員によって否決された。Opelは即時、組合との交渉はこれ以上行わず、譲歩もしないとする方針を発表。GMは、Zafiraの生産を2014年末に終了するという、当初の計画に戻ることとした。この計画変更は、短期的にはリストラ費用を増大させるが、長期的には欧州の生産能力と固定費の削減につながり、会社の利益になると考えられる。

 

GMとPSA、提携により年間20億ドルのコスト削減へ

 GMとPSAは、2012年2月に発表したグローバル戦略提携のより具体的な詳細を明らかにした。提携による最初のモデルは2016年に投入される見込み。両社は、以下のような共通のプラットフォームを使用した車両プロジェクトについて協力する。

Cセグメント 多目的車MPV:Opel/Vauxhallブランド向け
小型クロスオーバーユーティリティ車CUV :Peugeotブランド向け
Bセグメントの多目的車共同計画  GM主導によりOpel/VauxhallおよびCitroenブランド向け
Bセグメントプラットフォームの
CO2低排出車
 欧州とその他の地域におけるOpel/VauxhallおよびPSAの次世代車向け

 そのほか、次のようなグローバル戦略も検討中である。

 PSAのグローバル小型ガソリンエンジン計画 (EBエンジン) をベースとした次世代の高性能・低燃費小型ガソリンエンジンの共同開発
 中南米や他の成長市場における商品・事業戦略の探求

 また、両社は欧州における共同調達組織を設立し、調達コストの削減にも取り組むとしている。GMとPSAは、今回の提携によるシナジー効果として、5年以内に年間20億ドルのコスト削減を見込んでいる。

 

GM、保有するPSA株の評価損2.2億ドルを計上
 GMのアマンCFOは、欧州での自動車需要が2013年中に拡大するとは見込めず、赤字に苦しむ提携相手のPSAに新たな資金援助をする計画はないことを明らかにした。GMは2012年3月にPSA株の7%を4億ドルで取得したが、2012年第4四半期の利益に、同株の適正市場価格を反映して2.2億ドルの減損費用を計上した。これは、PSAの普通株が取得時よりも55%値下がりしたことと、第4四半期に行った欧州の自動車産業に対する評価に基づく。これに先立ちPSAは2012年決算で、67.4億ドルという過去最高の赤字を報告していた。

 

 



中国は引き続きGMの重要市場

中国での販売台数は過去最高レベル
 GMおよび中国の合弁相手メーカーの合計販売台数は2,836,128台で、2011年を11.3%上回った。販売拡大を後押ししたのは、販売が10.9%増加した上海GMと12.4%増加した上汽GM五菱。一汽GMの2012年販売は前年より0.9%減少した。
 上海GMと上汽GM五菱は、需要増に対応するため、各社の工場の生産能力を拡充している。それと同時にGMは、中国での販売店数を拡大中である。GM Chinaのボブ・ソシア社長は「GMは2012年も引き続き中国の将来を見据えて行動してきた」と述べている。
安徽省広德県に中国最大のテストコースを開設
 2012年9月、GMと上海汽車、両社の合弁会社である上海GMとPan Asia Technical Automotive Center (PATAC) は、中国最大のテストコースの竣工を発表した。16億元を投資し、安徽省広德県に総面積5.67平方キロメートルのテストコースを開設した。コースの全長は60km以上で、様々な補助施設も併設されている。同テストコースの開設により、上海GMとPATACの車両開発・設計業務の品質が向上すると見られる。

 

 



業績

2012年のEBITは微減だが高い水準を維持

 GM北米部門 (GMNA) の調整後EBITは、2011年の72億ドルに対し、2012年も70億ドルを確保した。この好調な結果を受け、GMは米国の時間給従業員約4万9,000名に対し、最高6,750ドルの利益分配手当を支払う計画を発表した。

 GM欧州部門の調整後EBITは、2011年に7.47億ドルだった損失が2012年には18億ドルに拡大した。欧州部門は13年連続で損失を計上しており、欧州の自動車需要と経済状況が急速に悪化していることを示している。1999年以来、GM欧州部門の累積損失額は180億ドルにのぼる。経済不振により、GMは長期保有資産減損にともなう非現金費用52億ドルを計上した。GMは欧州で資産の簿価切り下げを行う一方で、2015年までに赤字を解消するという目標を繰り返し強調している。

 GM国際部門 (GMIO) の調整後EBITは、2011年の19億ドルに対し、2012年は22億ドル。南米部門 (GMSA) の調整後EBITは、2011年が1億ドルの損失に対し、2012年は3億ドルの利益に転換した。

 GMは、8年前に失った投資適格級の格付けを、2013年には復活させたいとしている。アカーソンCEOは、「重要な取り組みを進めた結果、将来の成長に向けてGMを確実な軌道に乗せることができた」と述べている。

GMの業績概要 (単位:10億ドル、1株当たりの項目は除く)

2011 2012
Revenue 150.3 152.3
Net income attributable to common stockholders 7.6 4.9
Earnings per share (EPS) fully diluted 4.58 2.92
Impact of special items on EPS fully diluted 0.70 (0.32)
EBIT-adjusted 8.3 7.9
Automotive net cash flow from operating activities 7.4 9.6
Adjusted automotive free cash flow 3.0 4.3

Source: GM Earnings release, 2013-02-14

部門別EBIT (単位:100万ドル)

EBIT Adjusted 2011 2012
GM North America(a) 7,194 6,953
GM Europe (a) (747) (1,797)
GM International Operations(a) 1,897 2,191
GM South America (a) (122) 271
GM Financial (b) 622 744
Total operating segments (b) 8,844 8,362
Corporate and eliminations (540) (503)
EBIT-adjusted (b) 8,304 7,859
 
Operating Income (loss) (c) 5,656 (30,363)
Net income (loss) attributable to common stockholders 7,585 4,859
Source: GM Financial Highlights 2013.02.14; GM 10-K, pg 31, 77, 2013.02.15
Notes: (a) GMの自動車部門の金利と税金は全社 (Corporate) に計上されるため、自動車部門の調整後EBITと純利益の間に調整項目は存在しない。
(b) GM Financialの数値は税引前利益である。
(c) GMは2012年において、営業権減損費用 (非現金) 271億ドル、欧州の資産減損費用 (非現金) 55億ドル、米国の年金関連の措置に伴う費用 22億ドル、その他の調整により、営業損失を計上した。 資料:GM 10-K p.41

 

 



LMC Automotive 生産予測:GMの国別/ブランド別 light vehicle 生産予測

(LMC Automotive社、2013年2月)

 LMC Automotive社は、GMのlight vehicle世界生産は2016年まで着実に増加する、と予測している。GMがグローバルプラットフォーム戦略を引き続き重視していることが、その要因と見られる。2013年の世界生産 (上汽GM五菱と宝駿ブランド車を含む) は前年比3.2%増加し982万台を生産し、2014~2016年は年平均6.3%増加し1,178万台まで拡大する見込み。

 2013年の生産増は主にアジア太平洋地域からもたらされる。同地域での生産は前年比13.2%増の見込み (上汽GM五菱と宝駿ブランドを含まない)。一方、2013年の北米生産は前年比1.9%減、欧州生産は9.5%減と予測されている。

GMの国別/ブランド別 light vehicle生産予測

(台)
Global Make 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
Total 8,567,202 9,186,392 9,509,809 9,817,995 10,452,615 11,251,119 11,777,290
Argentina Chevrolet / Daewoo 135,301 136,428 128,501 111,285 97,262 75,014 122,504
Australia Holden 65,514 90,662 104,387 103,357 102,434 103,770 105,959
Belgium Opel 51,625 0 0 0 0 0 0
Brazil Chevrolet / Daewoo 637,932 635,784 584,783 624,962 635,823 653,876 700,787
Canada Buick 0 23,374 21,359 20,862 19,980 45,997 63,823
Cadillac 0 0 28,197 37,198 35,567 39,240 39,713
Chevrolet / Daewoo 452,682 527,416 514,238 434,740 378,764 306,800 241,936
GMC 76,823 110,684 118,604 112,035 111,294 96,498 93,180
Canada Sub- total 529,505 661,474 682,398 604,835 545,605 488,535 438,652
China Baojun 0 21,968 91,555 144,259 185,563 217,204 236,245
Buick 244,028 257,808 233,900 303,768 348,820 423,350 472,448
Cadillac 5,355 7,249 6,546 9,137 15,354 21,847 62,124
Chevrolet / Daewoo 773,152 867,996 952,833 998,559 1,057,259 1,148,735 1,189,957
Holden 3,585 2,188 1,307 310 0 0 0
Opel 84,571 138,943 172,722 182,726 206,871 242,804 254,207
Wuling 1,179,852 1,192,411 1,383,787 1,467,520 1,675,899 1,826,825 1,954,769
China Sub-total 2,290,543 2,488,563 2,842,650 3,106,279 3,489,766 3,880,765 4,169,750
Colombia Chevrolet / Daewoo 58,286 75,413 53,505 51,158 54,386 60,471 74,498
Ecuador Chevrolet / Daewoo 36,952 35,578 36,507 31,317 29,787 24,795 25,523
Germany Opel 464,445 442,040 387,051 292,357 280,992 329,836 321,886
Hungary Opel 32,495 27,797 19,490 12,669 0 0 0
India Chevrolet / Daewoo 89,724 91,265 85,137 105,738 113,842 127,091 139,277
Wuling 0 0 18,858 36,234 47,497 57,877 68,157
India Sub-total 89,724 91,265 103,995 141,972 161,339 184,968 207,434
Indonesia Chevrolet / Daewoo 0 0 0 32,450 51,636 49,100 54,545
Japan Chevrolet / Daewoo 4,969 0 0 0 0 0 0
Kazakhstan Chevrolet / Daewoo 570 2,026 3,635 3,320 4,080 5,920 5,902
Korea Buick 0 6,691 6,890 5,370 34,153 29,381 24,116
Chevrolet / Daewoo 549,500 773,154 778,867 854,992 826,371 871,684 898,614
Opel 85,881 12,520 0 0 0 0 0
Pontiac 108,707 18,489 0 0 0 0 0
Korea Sub-total 744,088 810,854 785,757 860,362 860,524 901,065 922,730
Malaysia Hicom 3,997 2,570 1,548 2,114 2,129 2,163 2,210
Mexico Cadillac 79,238 87,856 92,716 82,321 84,161 77,625 82,531
Chevrolet / Daewoo 381,403 368,029 381,489 445,466 459,310 369,319 371,561
GMC 80,594 86,489 94,711 97,674 110,880 167,749 195,817
Saturn 2,886 0 0 0 0 0 0
Mexico Sub-total 544,121 542,374 568,916 625,461 654,351 614,693 649,909
Poland Chevrolet / Daewoo 45,800 5,167 0 0 4,507 39,041 39,929
Opel 140,956 152,889 111,561 131,888 156,399 208,442 218,898
Poland Sub-total 186,756 158,056 111,561 131,888 160,906 247,483 258,827
Russia Buick 0 0 3,097 23,855 22,632 19,459 16,350
Cadillac 1,271 3,379 1,354 2,034 0 0 0
Chevrolet / Daewoo 114,234 163,486 207,174 168,329 170,354 189,941 198,400
Opel 29,505 59,485 72,416 78,911 68,854 72,249 74,336
Russia Sub-total 145,010 226,350 284,041 273,129 261,840 281,649 289,086
South Africa Chevrolet / Daewoo 0 0 0 28,795 28,363 27,360 26,773
Opel 18,888 19,788 28,911 18,282 26,811 35,610 36,804
South Africa Sub-total 18,888 19,788 28,911 47,077 55,174 62,970 63,577
Spain Opel 380,895 366,288 265,881 253,755 233,583 195,495 157,719
Thailand Chevrolet / Daewoo 26,213 40,007 103,622 163,590 183,148 202,854 225,847
Turkey Opel 0 5,254 18,811 17,788 18,001 18,710 18,781
UK Opel 145,155 194,952 132,568 90,982 98,381 104,922 102,705
Ukraine Chevrolet / Daewoo 2,695 524 0 0 0 0 0
USA Buick 177,548 166,152 175,987 162,624 175,202 178,336 201,839
Cadillac 122,200 98,183 99,780 103,785 159,975 187,675 195,919
Chevrolet / Daewoo 1,090,374 1,278,765 1,385,201 1,347,663 1,499,014 1,761,351 1,869,573
GMC 323,970 334,355 331,130 338,996 333,945 300,529 273,401
Hummer 1,504 0 0 0 0 0 0
Saturn 2,507 0 0 0 0 0 0
USA Sub-total 1,718,103 1,877,455 1,992,098 1,953,068 2,168,136 2,427,891 2,540,732
Uzbekistan Chevrolet / Daewoo 216,836 223,599 236,636 244,751 232,309 237,103 203,386
Venezuela Chevrolet / Daewoo 36,584 31,291 32,557 38,069 71,023 97,071 114,341
Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (February, 2013)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 値は中国での上海汽車GM五菱の生産台数を含んでいる
3. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>