ホンダ(2):海外事業における生産・開発・調達の現地化を推進

2012年米国で143万台(25%増)、中国で75万台(21%増)販売を計画

2012/01/30

要 約

 本レポート「ホンダ(2)」では、ホンダの(i)海外市場での生産・開発・調達現地化の動きと、(ii)最大市場である北米を中心に、海外主要地域の商品計画、2012年販売計画の概要をレポートする。

 (先に2012年1月13日付レポート「ホンダ(1)」では、ホンダの(i)日本国内販売強化計画と、(ii)商品計画の方向、パワートレイン計画、を報告した。)


 ホンダは、海外事業について、完成車生産の現地化に加え、開発・調達の現地化を進める。今後拡大していく新興国市場では、シンプルな設計、現地基準やニーズに基づく仕様、現地調達率の向上に努め、コスト競争力のある商品を提供していく計画。

 このために、2014年に発売する次期型Fitから、世界6極(日本、北米、中国、アジア・大洋州、南米、欧州)で、同時並行で開発を進める計画。基本設計は共通だが、細部仕様や調達は、それぞれの地域のニーズや状況を反映させる。

 Acuraブランドについては、最大市場である北米を開発・生産の拠点とすると発表した。

 中国でも、中国の顧客ニーズに合った商品を、現地の従業員が開発する体制を強化する。また2011年にタイとインドで発売した新興国向けエントリーカーBRIO(ブリオ)は、タイとインドで異なった図面を使用し、両国のニーズに対応したとしている。


 ホンダは、2011年3月の東日本大震災と10月からのタイ洪水の影響が特に大きく、在庫不足が続き、2011年米国販売は2010年の123.0万台から114.7万台に減少、中国の販売は64.7万台から61.8万台に減少した。2012年には生産・在庫も正常に戻り、積極的に新型車を投入して、米国で143万台(25%増)、中国で75万台(21%増)の販売を計画している。

関連レポート: 

東京モーターショー2011:日本の自動車メーカーの展示取材(1):2011年12月
東京モーターショー2011:日本の自動車メーカーの展示取材(2):2011年12月
ホンダ(1):軽自動車を国内販売の4割に、HVを登録車の5割に拡大:2012年1月

デトロイトモーターショー2012:日本の自動車メーカーの展示取材:2012年1月



世界6極で新車開発:現地ニーズに対応

 ホンダは、世界各地のニーズに対応し、円高の影響を軽減して価格競争力を高めるため、2014年に発売する次期型Fitから、世界6極で開発する体制を整える。世界6地域の開発・調達機能を強化して、海外各地で競合する車種の材料や仕様を比較し、現地ニーズへ適切に対応することに努める。部品調達では、日本からの部品供給を大幅に減らして、現地サプライヤーからの調達比率を高める方針。

 また、2014年前半に稼働開始するメキシコ工場を、部品供給のハブ拠点としても活用していく方針。

次期型Fitから、世界6極で新車を開発

 ホンダは、2014年に発売する次期型Fitから、新車開発を、世界6地域(日本、中国、アジア・大洋州、北米、南米、欧州)に分かれた開発・調達拠点で同時並行で進める方針。車両の骨格やエンジンなど基幹部品は共通だが、細部仕様や部品調達先は、各地の開発部門が現地ニーズに合わせて決定する。
 日本からの部品供給を大幅に減らし、地域のニーズに合致しコスト競争力も高い海外製部品の採用を拡大する。このために、ホンダの海外拠点の開発機能を強化するとともに、主要部品サプライヤーもホンダの方針に応え海外の開発要員を増やす計画とされる。

資料:日本経済新聞 2011.9.8/2012.1.1/2012.1.25、日刊工業新聞 2012.1.13
(注)ホンダは、従来から「世界6極体制」を謳っていたが、実質は北米中心とも言われてきた。今後本当の意味で6極体制を強化し、各地域の事業を充実させるとしている。

メキシコ新工場を、部品供給のハブ拠点に活用
 ホンダは、2014年に生産を開始するメキシコ工場を、日本やタイの主力工場と同様に、世界の各生産拠点に部品を供給する基地として活用する方針。タイ工場をモデルとして、北米の他の工場、ブラジル工場、さらに日本やアジアの工場向けに部品を供給する、国際的な相互補完体制における中核工場の一つとする。
 これにより、グローバル規模で生産コストを下げ競争力を高めるとともに、特定の工場が自然災害などで機能を停止した場合のリスクに備える。

資料:日刊自動車新聞 2012.1.13

 

 



北米モデル計画:2011年末から新型車を積極投入

 Hondaブランドでは2011年4月のCivic、12月のCR-Vに続き、2012年秋にAccordと、主力3モデルを相次いで更新する(この3車種で、ホンダブランド車米国販売の約6割を占める)。またMY 2014 で、世界6極体制で開発する次期型Fitを投入する。

 Acuraブランドでは、2012年春にエントリーモデルILXコンセプトと、2代目Acura RDXを投入する。またMY2013で、フラグシップカーのRL(日本名Legend)の大型化した後継車を投入するとされる。また中断していたNSX後継車開発を再開し、2014年末までに投入すると発表した。

 ホンダは2012年Detroitモーターショーで発表したAcuraブランドの3モデル(ILX、RDX、NSX)を米国で生産する。ホンダは、北米をAcuraブランドの開発・生産の拠点とし、今後3年以内に全モデルを更新する計画。

 HV(Hybrid Vehicle)については、現行のCivic、Insight、CR-Zの3車種に加え、ILXコンセプトにIMA HVシステムを搭載、新型Accordには2012年にPHVシステムを、2013年に2モーター式HVシステムを搭載する。

2012年Detroitモーターショーに出展したNSXコンセプト
2012年Detroitモーターショーに出展したNSXコンセプト(米国で開発し、生産する)

北米モデル計画

MY 2012 MY 2013 MY 2014 MY 2015
Honda 新型Civic(注1)、
新型CR-V(注2)
Fit EV、
新型Accord(注3)
新型Fit、
新型Pilot
新型Insight
Acura ILXコンセプト(注4)、
新型RDX(注5)、
新型RL(注6)
新型TL、
新型MDX
新型NSX(注7)
資料:ホンダ広報資料 2011.11.28/2012.1.10、Automotive News 2011.8.1/2011.11.21/2012.1.16
(注) 1.  2011年に発売した新型Civicは、2008年経済危機の最中に、当初の大型化・上級化する計画を変更し、ホイールベースを短縮した(全長と全幅は変わらず)。燃費とコンパクトなボディーと広い室内を強調し、コストも押さえた。しかしインストルメントパネルやセンターコンソール他室内の見栄えがライバル車に劣るなどの不評もあり、通常より早く2013年にもモデルサイクル中間でのマイナーチェンジをするとされる。
2.  2011年12月に新型CR-Vを発売した。全長を1.0インチ(2.54cm)短くし、全高を1.4インチ下げながら、室内空間を拡大した。また内装に、プラットフォーム姉妹車のCivicより上質の素材を使用した。エンジンは、前代と同じ2.4Lエンジンだが、軽量化やエンジンのフリクション低減などで燃費を21→23 mpg city/28→31 mpg highwayと向上させた。
3-1.  新型(9代目)Accordクーペコンセプトを、2012年Detroitモーターショーに出展し、秋にセダンを含むAccordシリーズを発売する。直噴2.4Lエンジン、V6エンジン(ホンダ初の6速ATと組み合わせる)、 2 モーター式PHV、の3種類のパワートレインを搭載する。いずれもクラスをリードする燃費を実現する見込み。
3-2.  PHVは、2.0Lアトキンソンサイクルエンジン、6kWhのリチウムイオン電池、120kWのモーター、E-CVTを搭載。EV航続距離は市街地走行で10~15マイルが可能で、最高時速は62マイル。高速走行を効率化するため、エンジンのみで走行するモードを設定した。
4.  2012年Detroitモーターショーに出展したILXは、Civicベース車で、2007年にRSXの生産を終了して以来のAcuraブランドのコンパクトセグメント参入となる。2.0L直噴、2.4Lと、1.5Lエンジン+IMAシステムを搭載するAcura初のHVを設定する。米国インディアナ工場で生産する(ホンダがHVを海外生産するのも初)。年間販売目標は4万台。
5.  Acura RDXは、Civicベースの小型CUV。エンジンを前代モデルの2.3LターボエンジンからV6 3.5Lに切り替え、ラグジュアリーSUVにふさわしい重厚感、走行性能、燃費性能を高める。
6.  AcuraブランドのフラグシップカーRLの後継車を2012年秋に投入する。現行のMercedes-Benz E-Class、BMW 5 Series対抗車の位置付けからレベルアップし、BMW 7-Series並みの室内空間を持ち、5-Series並みに俊敏に走るとされる。電動SH-AWDを搭載する見込み。
7-1.  ホンダは、2012年Detroitモーターショーで、NSX後継車を開発中と発表し、コンセプト車を出展した。V6直噴エンジンをミッドシップに配置し、モーターを内蔵するDCT(Dual Clutch Transmission)と組み合わせ後輪を駆動し、左右の前輪を独立した2個のモーターで駆動する電動式四輪駆動システムを採用。米国で開発し、オハイオ工場の最先端生産ラインで生産する。2014年末までに米国で発売し、順次グローバルに展開する。
7-2.  ホンダは2005年12月に、V10エンジンを搭載するNSX後継車を開発すると発表したが、撤回した。Acuraブランドは、顧客のニーズの変化と技術の進化に合わせた"Smart Luxury"を目指すとしている。

 



北米での現地生産を拡大、日本からの輸出は減少

 ホンダは、2011年に米国で販売した車両の85.1%を北米で生産したが、さらに北米での生産体制を強化する計画。

 2012年に、日本から輸出しているCR-V生産の一部をカナダOntario工場へ移管し、2013年に同工場のMDX生産をAlabama工場に移す。北米での生産を効率化するとともに、日本からの輸出を減らし、円高の影響を軽減する。

 2012年春に発売するAcura ILXコンセプトは米国インディアナ工場で生産する。

 2014年前半に、メキシコ新工場が稼働開始し、年産20万台の能力で小型車を生産する。

 また、2012年から中国製Fitのカナダへの輸出を開始した。

北米事業に関連する、海外生産の強化

現在の状況 計画
カナダ
Ontario工場
CivicとMDXを生産。 2012年、日本から輸出するCR-V生産の一部を移管。
2013年、Acura MDXをAlabama工場に移管。
(注)Ontario工場は、4気筒エンジン車生産に集中する。
Alabama工場 Odyssey、Pilot、Ridgelineを生産 2013年、Ontario工場からMDXの生産を移管
(注)Alabama工場は、3億ドル弱を投じて、生産能力を30万台から34万台に拡張する。同工場は、V6エンジン車を生産している。
Indiana工場 Civicを生産。 2012年、Civicとプラットフォームを共有するAcura ILXコンセプトを、年間4万台規模生産する。
メキシコ新工場 2014年前半から、年産20万台体制で小型車を生産する。
本田汽車(中国) (日本からカナダを含む北米へ、
Fitを輸出してきた。)
2012年1月から、中国製Fit(Jazz)をカナダに輸出(年間約6,000台)。

資料:ホンダ広報資料 2011.8.13、日本経済新聞 2011.11.23、Automotive News 2011.12.19

 



米国市場:2012年は在庫、生産が回復し、25%増の143万台販売を計画

 2011年の米国Light vehicle市場は、1,278万台に10.3%増加したが、ホンダの米国販売は、2011年3月の東日本大震災と秋のタイ洪水の影響で在庫不足が続き、123.0万台から114.7万台に減少、米国Light vehicle市場でのシェアは10.6%から9.0%に低下した。

 主力モデルの販売では、Accordが2010年の28.3万台から2011年は23.6万台に、Civicは26万台から22.1万台に減少した。

 ホンダは、2012年3月までに北米の在庫を正常の状態に戻し、また北米の各工場は遅くとも4月にはフル生産に入るとしている。2012年から新型車を積極投入し、2012年にAcuraブランドは2011年比46%増の18万台、Hondaブランドは22%増の125万台、米国ホンダ全体で25%増の143万台販売を計画している。

米国でのモデル別販売台数(Light Vehicles)

2007 2008 2009 2010 2011 2012年計画
NSX 2 0
RL 6,262 4,517 2,043 2,037 1,096
RSX 296 1
TL 58,545 46,766 33,620 34,049 31,237
TSX 33,037 31,998 28,650 32,076 30,935
Acura car 98,142 83,282 64,313 68,162 63,268
MDX 58,606 45,377 31,178 47,210 43,271
RDX 23,356 15,845 10,153 14,975 15,196
ZDX 0 0 79 3,259 1,564
Acura truck 81,962 61,222 41,410 65,444 60,031
ACURAブランド計 180,104 144,504 105,723 133,606 123,299 180,000
Accord 392,231 372,789 290,056 282,530 235,625
Crosstour 28,851 17,974
Civic 331,095 339,289 259,722 260,218 221,235
CR-Z 0 5,249 11,330
FCX 10 11 5 17 2
Fit 56,432 79,794 67,315 54,354 59,235
Insight 3 0 20,572 20,962 15,549
S2000 4,302 2,538 795 85 5
Honda car 784,073 794,421 638,465 652,266 560,955
CR-V 219,160 197,279 191,214 203,714 218,373
Element 35,218 26,447 14,884 14,247 11,534
Odyssey 173,046 135,493 100,133 108,182 107,068
Pilot 117,146 96,746 83,901 102,323 116,297
Ridgeline 42,795 33,875 16,464 16,142 9,759
Honda truck 587,365 489,840 406,596 444,608 463,031
HONDAブランド計 1,371,438 1,284,261 1,045,061 1,096,874 1,023,986 1,250,000
米国ホンダ合計 1,551,542 1,428,765 1,150,784 1,230,480 1,147,285 1,430,000
ホンダのシェア 9.6% 10.8% 11.0% 10.6% 9.0% 10.6%
米国全体需要 16,154,064 13,245,718 10,431,509 11,590,274 12,778,885 13,500,000
資料:Automotive News 2009.1.12/2011.1.10/2012.1.9
(注) 1.  2012年のホンダのシェア10.6%は、ホンダの販売計画とホンダの米国市場予測からの試算値。
2.  2012年の米国Light vehicle全体需要について、大手各社は1,300万台後半を予想している。経済の緩やかな回復と、ホンダ・トヨタの生産・在庫が正常に戻ることが大きな要因。ホンダ以外各社の予想は、GMとVW(1,350~1,400万台)、トヨタ(1,360万台)、Ford(1,320~1,420万台)、Chrysler(1,380万台)、など。

 



ブラジル:現地部品採用拡大などに、約436億円投資するとの報道

 ホンダはブラジル工場で、2010年にFit、City、Civicを13.1万台生産し、輸入するCR-Vも含めて13.0万台販売した(2011年1~11月は、7.5万台を生産し8.7万台を販売)。

 現在約73%の現地調達率を向上させる対策や新型モデル開発に、2014年までに10億レアル(約436億円)を投資する方針と報道されている。

 



欧州:新型Civicと新型CR-Vで欧州事業の拡大を目指す

 ホンダは、2007年度には欧州で39.1万台販売したが、2011年4~9月期は7.5万台(前年同期は10.1万台)と低迷した。

 英国工場では、2011年12月に新型欧州専用Civicの生産を開始した。2012年にはCR-Vも新型に切替え(秋に発売予定)、英国工場の生産は、2011年比およそ倍の18万台に拡大する計画。ホンダは、新型Civicと新型CR-Vで欧州ビジネスの拡大を目指す。

 2011年11月に正式発表した新型1.6Lディーゼルエンジンは、まず欧州で販売するCivicに搭載する。

 またホンダは、ロシアでKD生産を計画し、ロシア政府と交渉中とされている。

 



中国市場:2012年に75万台販売を計画、現地の開発・調達機能を強化

 ホンダの2011年中国販売は、2010年の64.7万台から61.8万台に減少した。前年割れは1999年に中国で生産を開始して以来初。震災による、日本からの部品供給不足を受けた減産が響いた。

 2012年には、2010年度実績21%増の75万台販売を計画。新型Accordや大型ミニバンElysionを投入、さらに自主ブランドとして開発する「理念」ブランド車も、第一号の理念SIに続き第二号モデルを投入する。

 ホンダは、中国に研究開発と商品企画の機能を設けた。中国顧客のニーズに合った商品を、中国人の開発担当者が中心で開発する体制をより強化するとしている。

 また、中国での部品調達機能を強化し、品質・サービスレベルを高めるとともに、グローバルで活用していく。

ホンダ:中国での生産と販売

2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年計画
生産 464,033 518,346 602,455 676,877 647,232
販売 広汽ホンダ 295,299 306,230 365,623 386,031 362,294
東風ホンダ 127,042 164,035 210,601 260,600 255,468
合計 422,341 470,265 576,224 646,631 617,762 750,000
本田汽車(中国) 43,124 45,500 28,299 25,009 24,249
総合計 465,465 515,765 604,523 671,640 642,011

資料:ホンダ広報資料 2010.1.25/2011.1.27、Marklines Data Center
(注)本田汽車(中国)は、輸出専用のJazz(Fit)を主に欧州向けに生産・販売する。2012年からカナダへも輸出する。

 

EVとHVを中国で生産、2モーター式HV生産も計画

 電動車両については、2011年11月から広州市でFit EVの実証実験を開始し、2012年内を目標に広汽ホンダでEVを現地生産する計画。

 また、HVについて、既に販売しているCivic HVに加え、2012年にInsight、CR-Z、Fit HVの輸入販売を開始するとともに、2013年にも中国での現地生産を開始する計画。基幹部品も現地調達する方向で検討中としている。また、2014年以降、新開発の中大型車向け2モーター式HVも現地生産するとされる。

 



アジア:タイとインドでBRIO(ブリオ)の生産を開始

 ホンダは、タイやインドなどアジア地域で拡大するエントリーカー市場に向け開発した小型車BRIO(ブリオ)を、5月にタイで、9月にインドで発売した。

 タイとインドでは、異なる図面を使用して両国のニーズにそれぞれ対応した。タイ仕様は、政府のエコカー基準に対応する。またインド仕様車は、鋼板やエンジンなどの部品調達の現地化を進め、39万5,000ルピー(約71万円)の低価格を実現した。

 生産の都合でタイからスタートしたが、今後の展開はインドをメインとするとされる。

タイとインドでBRIO(ブリオ)を開発・発売

BRIO
(タイ)
2011年5月
発売
 BRIO(ブリオ)は、ホンダのM・M(マン・マキシム/メカ・ミニマム、人のためのスペースは最大に、メカニズムのためのスペースは最小にという、「人が中心」のホンダのクルマづくりの基本思想)をベースに、都市でも扱いやすいコンパクトな車体サイズ(全長3610mm、全幅1485mm、全高は1485mm)に、存在感を主張するデザインとゆったりした室内空間を実現した。1.2L i-VTECエンジンを搭載する。
 2011年5月にタイで発売した。発売から1年間で4万台の販売を計画し、将来は周辺国への輸出も行う。
 タイ仕様は、タイ政府のエコカー認定基準である5L/100km(欧州のECE R101モード、注)以上の燃費性能やEuro4排出ガス規制値に対応した環境性能を実現した。価格は399,900バーツ(約107万9,730円)と、タイ市場で求められる性能と手頃な価格を両立させた。
BRIO(インド) 2011年9月
発売
 インド仕様車は、搭載するエンジンや全長、全幅はタイと同じで、全高は1500mm。鋼板やエンジンなどの部品調達の現地化を進め、39万5,000ルピー(約71万円)という低価格を実現した。

資料:ホンダ広報資料 2011.3.17/2011.9.27、JAMAGAZINE 2011年9月号
(注)欧州で販売するトヨタPrius 5人乗り車の、この基準での燃費は3.9L/100km(25.6km/L)で、日本のJC08モードより厳しい基準。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>