電動車のバッテリー冷却に関する技術動向

トヨタ、LG CHEM、デンソーによる特許出願動向

2020/06/05

要約

  本レポートは、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(TTDC)が提供している「技術情報配信サービス-swimy」の特許情報をもとに、昨今の自動車業界を取り巻く技術トピックスに関するレポートをMarkLinesが作成した。TTDCは、知的財産(IP)事業と計測制御事業を展開。知的財産(IP)事業では世界の自動車開発に関する情報収集と解析を行い、研究企画のコンサルティングをはじめ、外国語特許の出願や技術翻訳を実施している。


  ハイブリッド自動車や電気自動車といった電動車の普及に伴い、電動車の走行性能を向上させるためにバッテリーの冷却が重要な課題の一つとなっている。そこで電動車の走行用バッテリーを冷却するための技術について、各社が取り組んでいる課題や開発アイテムについての動向を示す。


  電動車の走行用電池冷却に関する技術について、トヨタ自動車、LG CHEM、デンソー、の順に特許出願件数が多く、デンソーは増加傾向にあるが、他各社は減少傾向にある。「空調による冷却」、「不具合や安全に関する対策」、「プレートアセンブリの組立て」、といった課題についての特許出願が多い動向があり、トヨタ自動車、デンソーは「空調による冷却」の課題に関する特許出願、LG CHEMは「製造コスト低減」の課題に関する特許出願が多い。


トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

技術情報配信サービス-swimy URL:http://www.toyota-td.jp/business/ip/swimy/
自動車に関するコンテンツを多数収録。気になるコンテンツを1クリックでグラフ化。更に詳細表示、ダウンロードにも対応。


TTDC関連レポート:
ヘッドライト照射方向自動調節機能に関する技術動向 (2020年1月)
居眠り検知に関する技術動向 (2019年11月)
バックミラーに関する技術動向 (2019年9月)
各種のモーターに関する自動車関連主要メーカーの技術動向 (2019年8月)
タイヤ空気圧モニタリングシステム (TPMS) に関する技術動向 (2019年6月)