【ものづくり】TECHNO-FRONTIER 2021:EV部品、検査機など

EVモーターハウジング、高性能ボンド磁石、低周波シールド、電磁鋼鈑用残留応力検査機

2021/07/01

要約

  TECHNO-FRONTIER(会期:2021年6月23日(水)~6月25日(金)、会場:東京ビッグサイト青海展示棟)は一般社団法人日本能率協会が主催するメカトロニクス・エレクトロニクス分野の要素技術と製品設計を支援する専門家向けの展示会。本展示会は、「モーター技術展」「EMC・ノイズ対策技術展」など10の展示会で構成され、今年は約130社の出展があった。本稿ではEVの分解の展示などを含めEV部品の展示を中心に取材した。
  ※EMC (Electromagnetic Compatibility) 電磁両立性:機器が発する電磁波が周囲の機器に影響を与えず、他からの電磁波の影響を受けずに動作する性能。

入場口 会場全景
TECHNO-FRONTIER 2021
入場口
TECHNO-FRONTIER 2021
会場全景


【ものづくり】関連レポート:
インターモールド2021:自動車部品のコストダウン事例 (2021年4月)
第6回名古屋機械要素技術展2021:軽量化、コスト低減など (2021年4月)
第11回とよたビジネスフェア2021 (2021年3月)
オートモーティブワールド2021:EV部品、軽量化技術 (2021年2月)
オートモーティブワールド2021:第7回自動車部品&加工EXPO (2021年1月)
TECHNO-FRONTIER 2019:EV部品の展示取材(2019年4月)