バンコク国際モーターショー2021 (1):長城汽車が電動車のラインアップを披露

レクサスやVolvo CarsのEV、日系メーカーの主力モデルなど

2021/04/01

要約

42nd Bangkok International Motor Show 2021 venue
第42回バンコク国際モーターショー2021 会場

  2021年3月24日から4月4日にかけて、第42回バンコク国際モーターショー(42nd BIMS)が「Shaping the Next Chapter(次の一章を形作る)」というテーマのもと、タイのバンコクで開催された。

  Ford、MINI、スズキ、Rolls-Royce、Aston Martin、Maserati、Peugeot、マツダ、現代、Mercedes-Benz、長城汽車、日産、トヨタ、Lexus、ホンダ、Audi、MG、いすゞ、三菱、Porsche、Bentley、Volvo、起亜、スバル、現代Truck & Bus、TAKANO、AP Honda、スズキMotorcycle、ヤマハ、Harley-Davidson、BAJAJ、KTM、そしてHusqvarnaなど、世界のトップ自動車ブランドや二輪車メーカーが名を連ね、展示スペースは170,960平方メートルに及ぶ。

  ショーのハイライトとなるモデルには、新型Audi Q5 45 TFSI quattro S line Black Edition、Ford Ranger FX4 Max、新登場のHaval H6 Hybrid SUV、ORA Good Cat、ORA Black Cat、POER EV電動ピックアップ、Haval 「Concept H」、新登場マツダBT-50、新型MG Extender、新型日産Navara Pro 4X、新登場プジョー2008、新型スズキSwift、トヨタYaris、Ativ 「PLAY」 Limited Edition、新型Volvo XC40 Recharge、BMW M4 Coupé 、Mercedes-Benz E-Class Coupé、ホンダCity e:HEV、現代Palisade、Maserati MC20、スバル Outbackなどがある。

  また、今回加わった「EV Smart City」と呼ばれる特設ゾーンでは、自動車分野のイノベーション、電動バイク、電動スクーターを始めとした革新的な製品や最先端のテクノロジーを体験することができる。さらに「Car Buddy by GPI application」のコーナーでは、自動車モデル、メンテナンス、ロードサイドアシスタンスに関する情報を入手でき、また自動車メーカー各社が提供するキャンペーンやプロモーションを利用することもできる。

  イベント開催にあたっては、最大限の公衆衛生を確保するために政府方針に準拠する厳格な新型コロナウイルス予防措置が徹底される。昨年と同様に来場者には常時マスク着用が義務付けられ、展示車に乗る前には手の消毒が求められる。

  本レポートでは長城汽車の電動モデルや日系メーカーの主力乗用車を中心に紹介する。


関連レポート:
タイ国際モーターエキスポ 2020: Whatever Changes Will Be Move On(2020年12月)
タイ: ASEAN地域のEV生産ハブへ コロナ禍を経て計画推進を再開(2020年9月)
バンコク国際モーターショー2020:主力SUVの競演(2020年7月)
ASEAN:域内のEVハブ目指すタイとインドネシア、各国がCASE事業を推進(2020年5月)
長城汽車:2019年に4大ブランドの体制を整え、部品メーカーを再編(2020年1月)